この問題がどうしても解けません。
(a) どんな単純グラフにも次数が同じ点が2個以上あることを示せ。
どうかお願いいたします。

A 回答 (1件)

帰納法を使います。



頂点数が2の時(a)は成り立つ。
頂点数が2以上k以下の時(a)が成り立つと仮定すると、
頂点数がk+1の時、

1)グラフに辺が一本も無いとき、明らか。

2)グラフが非連結で辺が一本以上あるとき、
このグラフは頂点数2以上k以下の連結成分を持つ。
この連結成分は帰納法の仮定より同じ次数の頂点を持つ。
よってこのグラフも同じ次数の頂点を持つ。

3)グラフが連結であるとき、
各頂点の次数は1以上k以下のk種類である。頂点はk+1個あるので
鳩の巣原理より、同じ次数の頂点が存在する。

以上より(a)は成り立つ。


もうちょっとうまいやり方がありそうなものですが、
ちと思い付きませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。おかげさまで後の問題もすんなり解くことができました。

お礼日時:2001/07/01 21:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学I 二次関数です。次の2次関数のグラフは、関数y=2x^2のグラフをどのように平行移動したも

数学I 二次関数です。

次の2次関数のグラフは、関数y=2x^2のグラフをどのように平行移動したものか。

⑴ y=2(x-2)^2
⑵ y=2(x+5)^2
⑶ y=2(x+1)^2-2

答え ⑴x軸方向に 2
⑵x軸方向に -5
⑶x軸方向に-1、y軸方向に-2

よろしくお願いします…(._.)

Aベストアンサー

(1)~(3)のグラフと、y=2x^2のグラフを実施に書いてみれば分かります。
論より証拠、百聞は一見に如かず、です。

これが「事実」「現実」であって、理由もへったくれもありません。各々がどういう関係にあるか、
 x = -10 ~ 10
ぐらいで何点か計算して、グラフ用紙にプロットして、それを曲線でつないでみてください。
添付は、エクセルで計算して作図したものです。

Q数直線上の2点A(a),B(b)を結ぶ線分ABをm:nに内分する点P。

数直線上の2点A(a),B(b)を結ぶ線分ABをm:nに内分する点P。ただし、m>0,n>0とする。
点Pの座標はna+mb/m+n

a<0,b<0やa<0,b>0の場合も成り立つんですか??またそう言える理由を論理的にできるだけ分かり易く教えて下さい

Aベストアンサー

a<bのときは、aにABの距離のm/(m+n)倍を足せばよく、a>bの時はaからABの距離のm/(m+n)倍を引けばよいことになります。
距離は前者の場合はb-aであり、後者の場合はa-bですから、前者では足し、後者では引くので結局両者は同じ式になります。

Q数学の問題ですnを3以上の自然数とする。n個の玉を3つの箱に分配する方法は、次の各々の場合に何通り

数学の問題です
nを3以上の自然数とする。n個の玉を3つの箱に分配する方法は、次の各々の場合に何通りあるか。ただし空き箱は作らないとする。

(1)球は区別しないが箱は区別する場合
(2)球も箱も区別する場合
(3)球は区別するが箱は区別しない場合

考え方や途中式も教えていただければありがたいです
よろしくお願いします

Aベストアンサー

(1)の場合、各箱に入る玉の数だけでパターンが決まるので

Aに入る玉の数 a = 1~n-2
Bに入る玉の数 b = 1~n-a-1
Cに入る玉の数は a, b が決まれば決まるので

a = 1 では b = 1~n-2 で n-2通り
a = 2 では b = 1~n-3 で n-3通り
 :
 :
a = n-2 では b=1 で一通り

つまり (n-2) + (n-3) + ・・・ +2 + 1 = (n-1)(n-2)/2

(2) 各桁が 1~3 の n 桁の数の内、3種類の数字を使っているものを
数えればよい。

1~2種類の数字を使っているのは 3C2 x 2^n -3
1~3種類の数字を使っているのは 3^n

だから 3^n - 3 x 2^n + 3

(3) (2)で箱の並びを無視すると パターンは3P3 分の1になるので

(3^n - 3 x 2^n + 3)/6

Qn+1点を通るn次関数のグラフは一意に決まる?

はじめまして。
2点を通る直線は1本だけですよね、また3点を通る二次関数も一意に決まりますよね。
これはつまり、nをn≧1の整数とするとき、(n+1)点を通るn次関数のグラフは一意に決まると言えますか?

また、その証明も併せて教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

x の n 次関数 y を
y = a[n] x^n + a[n-1] x^(n-1) + ・・・ + a[1] x^1 + a[0]
と書きましょう。係数 a[i] は全部で n+1 個あり、これらが決まればy が決まります。いま、n+1 個の点の座標 (x,y) が与えられるとすると、それらを上の式に代入することにより、n+1 個の式が得られます。それらの式を係数 a[i] に関する連立方程式として解くことができれば、係数が決まります。

ただし、例えば、与えられた n+1 個の点が一直線上に並んでいると、n≧2 であっても一次関数しか決まらないように、求められる関数の次数は n より低くなることがあります。

また、例えば (0,0) と (0,1) を通る直線の式は y = a[1] x + a[0] の形では求められないように、解が求められないこともあります。その場合には、座標軸を回転するなどの工夫をして考え直す必要があります。

Q次の二次不等式を解けという問題です。写真の問題が分かりません。教えてください!

次の二次不等式を解けという問題です。写真の問題が分かりません。教えてください!

Aベストアンサー

判別式を考えてみます。
D=16-4・6=-8<0
実数の解を持ちませんね。

解の公式を使います。
x=(-4±√16-4・6)/2
=(-4±√-8)/2
=(-2±√2i)
となり複素数の解をもつことが判ります。

問題の答えとしては、実数解なし、だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報