人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

現在、週あたりの労働時間を計算する表を作ろうとしています。

日曜日を起算日とし、1週間の労働時間を計算しているため
図のように土曜日の横の欄にその週の日曜日~土曜日までの合計の労働時間を表示するようにしています。
1週目と5週目は端数週となるので単純にその週の労働時間を合算しています。
そのため下記計算式を用いています。

V13以降のV列に入力されている式

=IF(B13="土",SUM($U$13:U13),0)


しかしこれでは月によって日数も曜日もちがってくるため、いまの計算式ですと
次の月にはめちゃくちゃになってしまいます。

OFFSET関数などを式に組み込むのではないだろうかということを
ぼんやりと認識してはいるのですが、どのようにすれば
毎月の計算を自動的に行えるようになりますでしょうか。

ご回答の程、よろしくお願いいたします。

質問者からの補足コメント

  • 申し訳ありません、画像の添付ができていませんでした。
    画像を添付いたしました。

    「週の労働時間を計算するエクセル」の補足画像1
      補足日時:2016/11/16 09:02

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

本件、土曜日のほかに月末日も週労働時間を表示しますので、


A列の日付が何年何月のものかを知る必要があります。
その為、一か所、月初日をどこかに記述しておきます。(例 2016/8/1)
添付の例では、W12に書きましたので、関数で参照時"$W$12"で参照します。
もし、ほかの箇所に書いた場合は、適宜、変更してください。

日の列はA13へ
=IF(MONTH($W$12)=MONTH($W$12+ROW()-13),DAY($W$12+ROW()-13),"")
と設定します。
更にオートフィルでA43までコピーします。
これで、31日までの日をもたない月の場合、存在しない日付は空白になります。

曜日の列はB13へ
=IF(A13="","",TEXT($W$12+A13-1,"aaa"))
と設定し、更にオートフィルでB43までコピーします。

週労働時間はV13へ
=IF(OR(B13="土",A13=DAY(EOMONTH($W$12,0))),SUM(INDIRECT("U"&(IF(A13<7,0,A13-WEEKDAY($W$12+A13-1))+13)):U13),"")
と設定し、更にオートフィルでV43までコピーします。

これで、完了です。
W12の月初日を変えることにより、適切に変わることを確認してください。

V13の設定の考え方を簡単に補足しますと
表示対象は、土は月末日の為、OR(B13="土",A13=DAY(EOMONTH($W$12,0)))
が真の場合、表示し、偽の場合は空白 となります。
SUMをとる範囲は、XXから該当セルまでとなります。
XXは、7日未満なら1日から(後で13を加算するので0開始とします)
①土曜日なら該当セルの日-7となります。(7はWEEKDAY関数で取得可能)
②月末日なら該当セルのWEEKDAYを該当セルの日から引きます。
従って①②はともに 該当セルの日ーWEEKDAY(該当セルの日付)となります。
該当セルの日付は、$W$12+A13-1で求められます。
従って XX=A13-WEEKDAY($W$12+A13-1)) となります。
結局、集計開始のセルは
"U"+XX+13 で与えられます。この式を直接書くと単なる文字列なので
INDIRECT()で関節参照指定を行い、セルの位置であることを明示します。
「週の労働時間を計算するエクセル」の回答画像2
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。
まずは動作確認のため、適用してみました。
思ったとおりの動作になりました。

ただ、日付、曜日、労働時間を全てCSVからマクロで取り込んでいたため
日付、曜日を取り込まないようにし、ご教示いただいた式を日付、曜日欄に入力しました。
ついでにW12に月初日を取り込むようにし、無事思い通りに動作できました。

まだご教示いただいた式の内容を完全に把握できていないため
これから時間をかけて読み解こうと思います。

ご回答いただきありがとうございました。

こちらベストアンサーにさせて頂きます。

今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2016/11/16 14:30

図のように土曜日の横の欄にその週の日曜日~土曜日までの合計の労働時間を表示するようにしています。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
この図を添付してください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

返事と対応が遅くなり申し訳ありません。
補足に画像を追加いたしましたのでご確認ください。
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2016/11/16 09:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労基法の週40時間を超える時間を計算するため、日曜日を起点とする1週間

労基法の週40時間を超える時間を計算するため、日曜日を起点とする1週間毎の労働時間を集計する暦月単位の勤務実績表(12Sheet)があります。
例えば本年4月分のSheetであれば次表(簡略化)のとおりです。

   A列       B列   C列        D列
2   前月繰越      32.0
3   4月1日   木  12.5  =IF(B6<>"土","",SUM(C$2:C3))
4   4月2日   金   6.5  =IF(B6<>"土","",SUM(C$2:C4))
5   4月3日   土  10.0  =IF(B6<>"土","",SUM(C$2:C5))
6   4月4日   日   8.0  =IF(B6<>"土","",SUM(#REF))
  ↓(中略)
26  4月24日  土   7.5  =IF(B6<>"土","",SUM(C20:C26))
27  4月25日  日   9.5  =IF(B6<>"土","",SUM(C21:C27))
28  4月26日  月  11.0  =IF(B6<>"土","",SUM(C22:C28))
29  4月27日  火   8.0  =IF(B6<>"土","",SUM(C23:C29))
30  4月28日  水   7.0  =IF(B6<>"土","",SUM(C24:C30))
31  4月29日  木   9.5  =IF(B6<>"土","",SUM(C25:C31))
32  4月30日  金   9.0  =IF(B6<>"土","",SUM(C26:C32))
33  (空行)           =IF(B6<>"土","",SUM(C27:C33))
34  次月繰越            ?

  この表の行数はブックを1年単位で作っているため、作業の都合上、月の前後の繰越行を含め33行に統一しています。

 さて、質問ですが、最終週の末日が土曜日でないときは翌月に繰り越す就労日数があるので、次月繰越欄(この場合D34)に最終週の日曜から月末までの就労日数を集計する数式を入力する必要があります。このセルに12か月分すべてにあてはまる同じ関数式を入力したいのですが、月によって曜日が異なるため良い知恵が浮かびません。どなたか教えていただけないでしょうか。

 ついでに、前月繰越がある月の初週のD列数式もできれば1か月を通じ同じ数式に統一したいのですが、良い方法がありましたら併せてお願いします。

更に、12か月分のSheetをアクティブにして、翌月繰越の数値を、次Sheetの前月繰越セル(この場合C7)に12Sheet一括入力(又は最初の月分を残りの11Sheetにコピー)できる関数式があれば、それについても教えていただければ助かります。

 以上の作業は、各月毎に曜日の配置を見て手作業で入力しても大して手数はかかりませんが、実際のブックはスタート月が違うものも含めて多数存在するため、一括した数式を入力できれば作業が容易なのでお尋ねする次第です。

よろしくお願いします。

労基法の週40時間を超える時間を計算するため、日曜日を起点とする1週間毎の労働時間を集計する暦月単位の勤務実績表(12Sheet)があります。
例えば本年4月分のSheetであれば次表(簡略化)のとおりです。

   A列       B列   C列        D列
2   前月繰越      32.0
3   4月1日   木  12.5  =IF(B6<>"土","",SUM(C$2:C3))
4   4月2日   金   6.5  =IF(B6<>"土","",SUM(C$2:C4))
5   4月3日   土  10.0  =IF(B6<>"土","",SUM(C$2...続きを読む

Aベストアンサー

初めに4月から翌年の3月までのシートをシート1からシート12までに作成するとします。
そこでシート見出しでSheet1をクリックしてからShiftキーを押しながらSheet12をクリックします。これですべてのシートが同じ作業グループとなります。
そこで次の操作はシート1で行います。
A1セルには2010/4/1と入力してからセルの表示形式の日付で2010年4月と表示させます。
A2セルには前月繰越と入力します。
C2セルには次の式を入力します。

=INDIRECT("Sheet"&SUBSTITUTE(TRIM(MID(CELL("filename",A1),FIND("]",CELL("filename",A1))+1,10)),"Sheet","")-1&"!D34")

この式を入力した時点ではエラー表示になってしまうでしょう。しかしそのままにします。実はこの式は前月シートのD34セルのデータを表示させるための式でシート1ではエラーとなりますが後ほど、作業グループの解除を行った後に、シート1については実際のデータで数値を入力することにします。
A3セルには次の式を入力してA33セルまでオートフィルドラッグします。


=IF(A$1="","",IF(MONTH(A$1+ROW(A1)-1)<>MONTH(A$1),"",A$1+ROW(A1)-1))

これでその月に応じた末尾までの日にちが表示されます。セルの表示形式は4月1日などとします。
次にB3セルには次の式を入力してB33セルまでオートフィルドラッグします。

=IF(A3="","",TEXT(A3,"aaa"))

D3セルには次の式を入力してD33セルまでオートフィルドラッグします。

=IF(OR(B3<>"土",B3=""),"",IF(ROW()=3,C2+C3,SUM(C$2:C3)-SUM(D$2:D2)))

A34セルには次月繰越の文字を入力しD34セルには次の式を入力します。

=SUM(C$2:C33)-SUM(D$2:D33)

これでシート1からシート12には同じ式や文字が入力されました。この後はシート見出しを右クリックして「作業グループの解除」を選択します。この操作は必ず行ってください。
その後にシート1のC2セルには32.0などの数値を入力します。

なお、各シートには4月の表示がされていますが各シートでA1セルには5月のシートすなわちシート2のA1セルには2010/5/1と入力してください。2010年5月と表示されその月の日付が自動的に表示されるでしょう。

ここで示した方法を新しいブックなどで試験してください。ご参考になりましたら幸いです。

初めに4月から翌年の3月までのシートをシート1からシート12までに作成するとします。
そこでシート見出しでSheet1をクリックしてからShiftキーを押しながらSheet12をクリックします。これですべてのシートが同じ作業グループとなります。
そこで次の操作はシート1で行います。
A1セルには2010/4/1と入力してからセルの表示形式の日付で2010年4月と表示させます。
A2セルには前月繰越と入力します。
C2セルには次の式を入力します。

=INDIRECT("Sheet"&SUBSTITUTE(TRIM(MID(CELL("filename",A1),FIND("]",CELL(...続きを読む

Q1週間当たりの労働時間の計算方法

労働基準法の「変形労働時間制」に関わる計算式で疑問点があり、数学的にご解説を頂戴いたしたく投稿いたしました。

労働基準法では、
「1箇月以内の一定期間を平均し1週間の労働時間が40時間を超えない範囲内において、各労働日の労働時間を具体的に定める」ことが出来るとされています。
解説書を見ると、「1箇月以内の一定期間を平均した1週間の労働時間」を算出する方法として、以下のような数式が掲載されているのですが、なぜこのような数式になるのかまったく理解できず、先に進むことが出来ずにおります。

【解説書の具体例】
(1)対象となる月を31日間とする。
(2)対象となる月に、177時間働いたとする。
(3)以上を踏まえ、「1箇月以内の一定期間を平均した1週間の労働時間」を以下の数式で導く
→177時間×7日/31日≒39.97時間

一体なぜ、上記のような数式になるのでしょうか?
まったく理解できません。

私は数学や算数はまったく出来ないのですが、真剣に以下のように考えました。

(177÷31)×7

→1月に177時間働いたので、これをその月の日数で割れば、1日当たりの平均労働時間が出る(ただし、この場合は休日という概念は存在せず、31日間休みなく働いたことになる)。これを7倍すれば、1週間当たりの労働時間になるのではないか?

上記の考え方、そしてそこから導いた数式は間違っているのでしょうか?

以上の話を踏まえ、数学の専門家の皆様に、数学音痴の私にも分かるようにご解説をいただきたいのです。
なお、私の数学力は、小学生程度です。
幼稚な質問をお許しください。
でも、気になって気になって仕方がないのです。
ぜひ、ご解説をお願いいたします。

労働基準法の「変形労働時間制」に関わる計算式で疑問点があり、数学的にご解説を頂戴いたしたく投稿いたしました。

労働基準法では、
「1箇月以内の一定期間を平均し1週間の労働時間が40時間を超えない範囲内において、各労働日の労働時間を具体的に定める」ことが出来るとされています。
解説書を見ると、「1箇月以内の一定期間を平均した1週間の労働時間」を算出する方法として、以下のような数式が掲載されているのですが、なぜこのような数式になるのかまったく理解できず、先に進むことが出来ずに...続きを読む

Aベストアンサー

内容同じですよ
数式の書き方が違うだけです
÷31は×1/31と一緒です
掛け算はどの順番でも答えは同じになります
つまり
177×7×1/31(解説書)でも(177÷31)×7でも同じです
先に掛けるのは割り切れないと答えがわずかにずれる場合が
あるためと思います

Qエクセルで一週間単位で数値を集計する方法について質問です。

エクセルで一週間単位で数値を集計する方法について質問です。

毎週”日曜日まで”で区切った合計数値を算出したいのですが、
月が変わったりすると、また合計する範囲を選択し直さなくてはならないのが面倒です。
曜日を入力している箇所があるので、”日”と表示される箇所を数えたりして、
1週目・2週目の合計を自動で計算できる方法はありますでしょうか。

必ず”日曜日”で区切るので、5月でしたら、5/1~2、5/3~5/9・・・と
数値を合計したいです。

↑とても説明が下手だと思うのですが、
画像から汲み取っていただけましたら、是非解決策を頂きたいです。

Aベストアンサー

あまり詳しくないですが回答させてください。

A3 [=IF(NOT(MONTH(A2)=MONTH(A2+1)),"",A2+1)] A2に月の初めを入力すると自動的に日にちが表示されます。
B2 [=IF(A2="","",WEEKDAY(A2))]右クリック→セルの書式設定→ユーザー定義[aaa]
D2 [=IF(B2=1,0,1)]
D3 [=IF(A3="","",IF(B3=2,D2+1,D2))]
F4 [=MAX(D2:D32)]
F5 [=MIN(D2:D32)]
F6 [=IF(F5+1>$F$4,"",F5+1)]
H5 [=SUMIF($D$2:$D$32,F5,$C$2:$C$32)]

あとは下にびろーんとやってみてください。
間違えがあれば連絡下さい。

Q残業時間の計算をするにはどのような関数あるいは計算式を設定すればいいの

残業時間の計算をするにはどのような関数あるいは計算式を設定すればいいのですか?
私、エクセルについてはまったくの初心者です。よろしくお願いします。

(例)
       A      B
 
1行目 出勤時間  9:00

2行目 退社時間  19:30

3行目 残業時間  2:00 ←ここの計算式を教えていただきたいのです。

             ※ ただし、定時の終了時間は17:30で、拘束時間は休憩時間を含めて
               8:30とした場合でお願いします。

Aベストアンサー

勤務時間=退社時間-出勤時間
残業時間=勤務時間-8:30
で数式を組み立てると

残業時間 B3=IF(OR(B1>0,B2>B1),MAX(B2-B1-"8:30",0),"")

時間を30分単位で切り捨てにする場合
残業時間 B3=IF(OR(B1>0,B2>B1),FLOOR(MAX(B2-B1-"8:30",0),"0:30"*1),"")

Qエクセル2010 深夜残業時間の計算

出社・退社の時間から、残業、深夜残業など、
残業時間を算出する数式を作成していますがどうにもうまく出来ません。

残業となる時間の切り分けは、平日は以下のようになっています。、
 基本時間→8:30~17:15
 残業→5:00~8:30 と17:15~22:00
 深夜残業→22:00~翌朝5:00
 休憩時間→0:45(C1) 基本勤務時間→8:00(B1)

例えば平日、朝6:00出社→23:00退社であれば、
早朝残業が2:30、通常残業が4:45、計7:15です。深夜残業が1:00となります。

F欄に時間外、 G欄に深夜残業としています。
現状は時間外を出すのに  =SUM(E5-D5)-$B$1-$C$1-G5 と単純にしてます。(G5は手入力)
これを自動で入力できたらと考えています。
5:00前に出勤することはほとんどありませんが、22:00を超えることはあります。
ただし、24:00を超えると翌日計算になります。

過去欄を参考にしようにも理解できなく困っています。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8147465.html
よろしくお願いいたします。

出社・退社の時間から、残業、深夜残業など、
残業時間を算出する数式を作成していますがどうにもうまく出来ません。

残業となる時間の切り分けは、平日は以下のようになっています。、
 基本時間→8:30~17:15
 残業→5:00~8:30 と17:15~22:00
 深夜残業→22:00~翌朝5:00
 休憩時間→0:45(C1) 基本勤務時間→8:00(B1)

例えば平日、朝6:00出社→23:00退社であれば、
早朝残業が2:30、通常残業が4:45、計7:15です。深夜残業が1:00となります。

F欄に時間外、 G欄に深夜残業としています。
現状...続きを読む

Aベストアンサー

深夜部分の残業時間を計算するなら、以下のような数式で早朝(5:00以前)部分と夜間(22:00以降)部分の深夜残業を足し算するのが簡単です。
(退出時間が翌日になる場合は25:00のような形式で入力した場合)。

=5/24-MIN(D5,5/24)+MAX(E5,22/24)-22/24

退出時間を「25:00」ではなく通常の「1:00」のように入力する場合は、以下の式で計算することができます。

=5/24-MIN(D5,5/24)+MAX((E5<D5)+E5,22/24)-22/24

ところで、深夜部分がメインの勤務がある場合、休憩時間などは考慮しなくてもよいのでしょうか?

Qエクセル残業計算の関数教えてください!!

EXCELで残業計算書を作成していますが、なにぶん素人なもので、独り孤軍奮闘しております。
どうしても、うまく組めず困り果てております。皆様のお知恵をお貸しください・・・


エクセル表で

A列   B列    C列      D列         E列
12/1  月曜日  残業時間  労働時間    結果(1週間の合計D列が40時 間を超えた場合は、超えた時間 
                   (残業含む)             43.25h→3.25h)
12/2                             (40hを超えていない場合は、C列の計)をだしたいんです。
 ・
12/28(日)-12/31(水)のような場合はD列計は次の月のD列頭に移行する


通常は日曜から土曜日で1週間を区切るのですが、月初めと月終わりが素直に日曜~土曜までではなく、
週の途中から始まってしまったりします。

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

こんにちは
質問者さんの意図するところと違うかもしれませんがご了承ください。

一週間の労働時間が40時間を越えていない場合
        残業時間  労働時間  結果
11/30 日曜日   0.0h    0.0h   0.0h
12/ 1 月曜日   1.5h    9.5h   1.5h
12/ 2 火曜日   2.0h    10.0h   3.5h
12/ 3 水曜日   3.0h    11.0h   6.5h
12/ 4 木曜日
12/ 5 金曜日
12/ 6 土曜日

一週間の労働時間が40時間を超えた場合
        残業時間  労働時間  結果
11/30 日曜日   0.0h    0.0h   6.5h
12/ 1 月曜日   1.5h    9.5h   6.5h
12/ 2 火曜日   2.0h    10.0h   6.5h
12/ 3 水曜日   3.0h    11.0h   6.5h
12/ 4 木曜日   0.0h    8.0h   6.5h
12/ 5 金曜日   0.0h    8.0h   6.5h
12/ 6 土曜日   0.0h    0.0h   6.5h

としたいのでしょうか?
質問の内容からだとそう受け取れますが・・

ちなみに労働時間に残業時間を含んでいるので、一週間の労働時間を
40時間(8時間/日×5日)とした場合、超えた時間(労働時間累計 - 40時間)
は、残業時間の累計と同じになり、残業時間がそもそも表示されている
のならば、40時間を越える超えないに関わらず、累計を求めるだけで
よいと思いますが、どうでしょうか?

一応、上記のようにするならば
11/30(日)~12/6(土)まで7行存在するという前提でE2に

=IF(SUM(D$2:D$8)>40,SUM(D$2:D$8)-40,IF(SUM(D2:D$8)=0,"",SUM(C$2:C2)))

と入力して、E8までコピーします。
コピーしたらE2からE8までセルを選択してメニューの編集から
置き換えを使って、$を""に置き換えて$を消します。
 検索する文字列に$
 置換後の文字列には何も入力しない

これで、一週間分の式ができますので、12/7~12/13も同じように
行を作って、1週間の式(E2~E8)をE9~E15にコピーします。 以降、必要なだけ繰り返し。

単に一週間の累計だけを別の列に表示したいのなら

=SUM(C$2:C2)

とE2に入力して同じようにE8までコピー。
上記と同様に置き換えを使って$を消せば、一週間分の式ができます。

ご参考まで

こんにちは
質問者さんの意図するところと違うかもしれませんがご了承ください。

一週間の労働時間が40時間を越えていない場合
        残業時間  労働時間  結果
11/30 日曜日   0.0h    0.0h   0.0h
12/ 1 月曜日   1.5h    9.5h   1.5h
12/ 2 火曜日   2.0h    10.0h   3.5h
12/ 3 水曜日   3.0h    11.0h   6.5h
12/ 4 木曜日
12/ 5 金曜日
12/ 6 土曜日

一週間の労働時間が40時間を超えた場合
        残業時間  労...続きを読む

Qエクセルで、条件に一致した行を別のセルに抜き出す方法

エクセルで、指定した条件に一致するセルを含む行をすべて抜き出す方法が知りたいです。

たとえば、

<A列> <B列> <C列>
7/1 りんご 100円
7/2 ぶどう 200円
7/2 すいか 300円
7/3 みかん 100円

このような表があって、100円を含む行をそのままの形で、
別のセル(同じシート内)に抜き出したいのですが。

7/1 りんご 100円
7/3 みかん 100円

抽出するだけならオートフィルターでもできますが、
抽出結果を自動的に、別の場所に、常に表示させておきたいのです。

初歩的な質問だと思いますが、検索しても分からなかったので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ質問が結構よく出てますが、そんなに初歩的でもありません
別シートのA1セルに「100円」と入力し、そのシートの任意のセルに以下の式を貼り付けて下さい。後は、下方向、右方向にコピー。
日付のセル書式は「日付」形式に再設定してください

=IF(COUNTIF(Sheet1!$C:$C,$A$1)>=ROW(A1),INDEX(Sheet1!A:A,LARGE(INDEX((Sheet1!$C$1:$C$500=$A$1)*ROW(Sheet1!$C$1:$C$500),),COUNTIF(Sheet1!$C:$C,$A$1)-ROW(A1)+1)),"")

データ範囲は500行までとしていますが、必要に応じて変更して下さい

Q労働基準法 1日8時間 週40時間について

時間外残業の計算についてご質問します。
労働基準法の、1日8時間 週40時間を超えた時間については、割増手当てを支払わなければなりませんが、極端な例として
ある週の1日目と2日目に、それぞれ実働20時間働いたとします(休憩時間などは無視します)。両日とも12時間ずつの時間外手当てが付きます。この場合、3日目は1時間目からイキナリ週40時間を超えたとして、時間外割増手当てが付くのでしょうか?つまりこの週は、これ(41時間)以降ずっと割増手当ての対象になるのでしょうか?「1日8時間 週40時間」は、どちらか一方のみ適用なのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
36協定をどの様に結んでるかによります。
一般的には、8時間/日を就業時間、5日/週を稼働日としそれを超えるのを時間外とする。
この場合は#3で示した通り、毎日清算するので4日目の様に8時間に満たない場合は1日目の残業時間と差し引きせず準欠勤(遅刻・早退扱い)として給料を差し引きます。(1日目、2日目の残業は支払う)

別の勤務形態の場合、1日の勤務時間を決めずに40時間/週を労働時間とする協定を結んだ場合....
1日・・・20時間
2日・・・20時間
3日・・・8時間
4日・・・2時間
5日・・・2時間
合計すると52時間だから52-40=12・・・12時間の残業を支払う
この場合、
1日・・・20時間
2日・・・20時間
3日・・・出社せず
4日・・・出社せず
5日・・・出社せず
これでも残業は0で勤務上の問題もない事になります。

しかし、始めに紹介した協定なら
1日・・・20時間・・・12時間残業
2日・・・20時間・・・12時間残業
3日・・・出社せず・・・欠勤(減給)
4日・・・出社せず・・・欠勤(減給)
5日・・・出社せず・・・欠勤(減給)
となり、(24時間残業の手当て)-(減給3日)+(欠勤3日のマイナス査定)

 

 
36協定をどの様に結んでるかによります。
一般的には、8時間/日を就業時間、5日/週を稼働日としそれを超えるのを時間外とする。
この場合は#3で示した通り、毎日清算するので4日目の様に8時間に満たない場合は1日目の残業時間と差し引きせず準欠勤(遅刻・早退扱い)として給料を差し引きます。(1日目、2日目の残業は支払う)

別の勤務形態の場合、1日の勤務時間を決めずに40時間/週を労働時間とする協定を結んだ場合....
1日・・・20時間
2日・・・20時間
3日・・・8時間
4日・・・2時間
5日・・...続きを読む

QエクセルのIF関数で、文字が入力されていたならば~

エクセルのIF関数で文字が入力されていたならば~、という論理式を組み立てたいと思っています。

=IF(A1="『どんな文字でも』","",+B1-C1)

A1セルに『どんな文字でも』入っていたならば、空白に。
文字が入っていなければB1セルからC1セルを引く、という状態です。

この『どんな文字でも』の部分に何を入れればいいのか教えてください。

またIF関数以外でも同様のことができれば構いません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

=IF(ISTEXT(A1),"",B1-C1)

でどうでしょうか?

QExcelで1ヶ月間の勤務時間の計算

Excelで勤務時間の計算をしたいのですが
1日の労働時間から、1ヶ月間の労働時間を計算する方法を教えて下さい。

●日付-1日の労働時間
5/1 - 8:55
5/2 - 8:20
5/3 - 8:35
5/4 - 8:10

こういう感じで入力されている1日の労働時間の合計を
計算したいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1日の勤務時間を入力し、合計を求めたいところのセルにsumで合計を求めます。
   A    B
1  5/1   8:55
2  5/2   8:20
・  ・    ・
・  ・    ・


そして、メニューバーの【書式】→【セル】の表示形式のタブで、分類をユーザ定義にして、種類のところで[h]:mmとしてみてください。
合計時間が計算されます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング