エントロピーがS=-kΣ(j=1からN)PjlogPjで与えられると仮定する。Pjはj番目の量子状態の出現する確率である。次の束縛条件のもとで、Sが最大となるような分布Pjを求めろ。
(1)Σ(j=1からN)Pj=1
(2)Σ(j=1からN)Pj=1 かつ Σ(j=1からN)EjPj=E=const

中間テストでこんな問題が出たのですが、解説などしてくれず、わからないままで気持ちが悪いです。どなたかわかる人教えてくださいm(__)m
お願いします。

A 回答 (3件)

物理系かと思ったら,化学系ですか.


化学系の学生さんにはちょっと難しいかも知れませんね.
とんでもなくレベルが高すぎる,と言うほどのことはないですが.

しかし,
> 実際聞きにいったのですがまるで相手にしてもらえず
ってのは,困りましたね~
大学によっては,
「学生は自分で勉強せよ.丁寧に教えることはしない.
 その方が学生の創造性を養うことになる.
 こういう土壌により,わが大学から世界的大学者が出たのだ」
という学風の大学もありますが....
おんぶにだっこ,になっても自分じゃ何もできない学生を作ってしまうし,
難しいところだな~.

さて,(1)はあっていますよ.
つまり,ミクロカノニカル分布ですね.

(2)の方は
ΣPj=1 かつ ΣEj Pj=E=const
というのだから,λ,ξ をラグランジュの未定係数として
  S + λ + ξE   【1】
を束縛条件なしで極大にすればよい.
Pj を Pj + δPj に変化させたときのSの変化 δS が停留値を取るように
すればよいわけです.
  (Pj+δPj) log (Pj+δPj)
  = (Pj+δPj) [log Pj] {1 + (δPj/Pj) + (1/2)(δPj/Pj)^2 + ...}  【2】
ですから
  δS = Σ {-k log Pj - k + ξEj + λ} δPj
     - (1/2)Σ (k/Pj)(δPj)^2 + ...    【3】
で,δPjに関する1次の変化が消えるようにする,
すなわちδPjの係数をゼロとすればよい.
したがって,
  -k log Pj - k + ξEj = 0  【4】
から
  Pj = exp{(ξ/k)Ej + (λ/k) - 1}  【5】
が得られます(ここでカノニカル分布の形が見えていますね).
得られたPjは常に正ですから,(δPj)^2 の係数は負で,
今の停留値は実は極大値になっていることがわかります.
エネルギーが高い方が実現確率が小さいのが自然なので,
  ξ/k = - β  (β>0)  【6】
とおくことにする.
【5】のPjを1番目の束縛条件に代入して
  ΣPj = exp[(λ/k)-1] Σexp(-βEj) = exp[(λ/k)-1] Z(β) = 1  【7】
ですから
  Pj = exp(-βEj) / Z(β)  【8】
が最終的な形です.
Z(β) = Σexp(-βEj) で,これは分配関数に他なりません.

βがわからないまま残っているようですが,これは束縛条件の2番目から
Eの関数として与えられます.
形が具体的にどうなるかは,Ej の具体的形が決まらないとこれ以上はできません.

最初にカノニカル分布が仮定されていて Ej の形がわかっているときは,
(つまり,一番普通の話の組み立て)
Eがβの関数として求められるわけですが,
今は話が逆でEの方が先に与えられているわけです.

βが温度の逆数に相当しているのはもうおわかりですね.
通常,β=1/kT としていますが,これは単にTのスケールの問題です.
水の三重点を 273.16 K としたことから,ジュール単位のエネルギーとの
換算係数がボルツマン定数になったのです.
エントロピーの定義の頭にkがついているのは,
熱力学でのエントロピーの導入を dS = d'Q / T としたので,
そこらへんと話を合わせるためです.

(1)は書きませんでしたが,ξ=0 としてほとんど平行にできますね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました!
大学の方針というか先生の方針がそのようで、、、
2のほう、参考書片手にsiegmundさんの解法を読ませてもらうことで理解できました。
気持ち悪かったのが治りました。本当にありがとうございました。

1のほうなんですが、確認のため僕が解いたのを見て欲しいのですが。

ΣPj=1に未知定数αをかけ、
P=-kΣ(PjlogPj-αPj)
∂P/∂Pj=-k(logPj+1-α)=0 , logPj=α-1
よって
P1=P2=・・・=Pj=・・・=PN=α-1
となり全て等しくPj=1/N

大体こんな感じでよろしいのでしょうか?

お礼日時:2001/06/26 00:19

(1)は yamikuro2001 さんの解答であっていますよ.



logPj=α-1
だから,Pj は実はjによらず,全部等しい.
1番目の束縛条件に代入して,Pj = 1/N,と言うわけですね.

Pj は数でなくて関数です.
したがって,∂P/∂Pj のように普通の偏微分でなくて
汎関数微分 δP/δPj で書いた方がよいでしょう.
私の No.2 の【3】式のあたりを参考にしてください.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございましたm(__)m
siegmundのように書いたほうがいいんですね。どうもです。
すっきりしましたっ!

お礼日時:2001/06/26 02:31

物理学科(の類)の3年生くらいですかね.


中間試験に出た問題でしたら,関係ありそうなところを十分復習した上で,
講義(演習?)の先生に「教えてください」とお願いするのが筋です.
ちゃんと勉強してそれなりの礼を尽くせば,(喜んで?)教えてくれると思いますよ.
授業料も払っているんだし...
ついでに,名前も覚えてもらって,○○君(さん?)はよく勉強しているし熱心だ,
ということになれば,またこの次も丁寧に教えてもらえるというものです.

それに,直接話をするときの理解度は,
ここでやりとり(メールやりとり等も同じ)するときより遥かに上ですよ.

せっかくですから,ヒントだけ.
解析力学は勉強済みですよね.
ある関数の和(or 積分)が停留値になるような関数を求めるのはどうするんでしたっけ.
解析力学の一番最初に多分出てきましたよね.
作用積分が停留値になるように...
で,束縛条件がついているときはどうするんでしたっけ.
未定係数法を使って,最速降下線の問題なんてなかったかな?

先生にお願いしても教えてもらえないのでしたら,補足下さい.

この回答への補足

どうもありがとうございます。はい、三回生の化学系の者です。
でも物理化学系は苦手な分野です(泣
実はこの先生がすごく意地悪で有名な人で、実際聞きにいったのですがまるで相手にしてもらえず、仕方なく友人達とがんばっていたのですが、みんな苦手でどうしようもないという事で質問させてもらいました。

未定係数法っていうのはラグランジュというやつでしょうか?
具体的に習っていないので調べてみてやってみたのですが、
1は Pj=1/N であっているのでしょうか。

補足日時:2001/06/25 18:15
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電力量1w・hはなぜ3600Jになるのですか? また、1w=J/sのようですが、これを1w・hに代入

電力量1w・hはなぜ3600Jになるのですか?
また、1w=J/sのようですが、これを1w・hに代入すると1w=3600J/sになると思うのですが…
w・hとJ、/sの関係がいまいちよく分かりません

Aベストアンサー

1w=1J/s …1Wとは、1秒間当たりの熱量が1Jということです。
これを1時間分集めると、1時間=3600秒なので、3600Jになります。
一方、1Whとは、1Wを1時間連続した値(電力量)です。
電力量も熱量なので、この両者が等しいことになります。

/sとは、1秒当たり、ということです。
時速36kmの場合は、36km/hと現し、/hは時間当たりを意味します。
これを秒あたりに直すと、
36km/h==36000m/3600秒=10m/秒→10m/s
100mを10秒で走る速度はこれと一致し、36km/h、ということになります。

Aベストアンサー

力のモーメントと仕事の次元は一致することは事実です(^^;)
でも、だからといって、力のモーメントの単位を[J]にすることは出来ません(-_-)
それは、[m]の単位の意味が違うからですね(^^)
[J]=[N・m] では、[m]は物体の移動距離ですが、
力のモーメントの[N・m] では、[m]は”うでの長さ"であり、物体の移動距離ではありません(^^;)
ですから、力のモーメントの単位に[J]を使わないで下さいね(・・;)
また、仕事の単位は、原則[J]を用い、[N・m]は避けるべきです。

なお、これは紛らわしいって言うんで、力のモーメントの単位を「m-Kg」で表す場合もあるようです("-"はマイナスではなく、ハイフン)

参考になれば幸いです(^^v)

Q物理の公式 v=s2-s1/t2-t1    sって何の略?

物理の公式で、単位時間あたりの平均の速さを求める公式についての質問です。

たとえば、次のページなどにも、その求め方が書かれています。

http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/undo2.html

速さ=移動距離÷移動するのにかかった時間・・・で求めることは高校時代に習いました。その公式で表される変数のアルファベットについて質問します。

vが、veloscityの略であるとか、 tはtimeの略であることは想像もつきました。ですが、sは一体、何の略なのでしょうか? 

dで書いてあれば、distanceの略語なのかなぁ、と想像は出来るのですが・・・

どなたか、ご存知の方が見えましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

No2、No4,&No5です。度々お邪魔します。

補足を読んでいて気付いたのですが、
どうも、自分の日本語力(?)のせいで会話がかみ合ってないようです。

 回答と関係の無い事なのですが、このままでは、変な回答者になってしまいますので、

 最後に、自分の意図した、平均速度(どうも、正確な日本語ではなかったようです。)、
 つまり、Average velosityについて説明させてください。

 例えば普通列車(時速90km)のあとを、新幹線(時速144km)が走っていて、1kmまで接近した時に新幹線の運転手が気が付いたとします。
 新幹線はブレーキを踏んでから、止まるまでに4kmかかるとします。

144km/h   1km        90km/h
 □------------------------→○
(停車まで4km)

この場合衝突するか?


解答。

 先ずは、秒速に直して考えます。
 
  普通列車の速度を、秒速に直すと、
  90000m÷3600秒=秒速25m

  新幹線の速度を、秒速に直すと、
  144000÷3600=秒速40m

 よって、新幹線と、列車の相対的速度(Relative velocity)は、
 40-25=秒速15m

  (1)先ず、減速を求める。

 初速(initial velocity)は、
 144000m÷3600秒=40m/s(秒速40m)
 
 終速(止まった時)は、
 秒速0m

Average velosity(直訳すると、平均速度)は、
 (初速+終速)÷2=(40+0)÷2=20
  秒速20m

 時間=距離÷速度=4000m÷20=200

 新幹線がブレーキをかけてから、4km走ってとまるまでの時間が、200秒だとわかります。

 減速する時の加速度をこれで求める事ができます。
 a=Δv/t 
 加速度(a)=Δv/t=40m/s÷200秒=0.2(m/s^-2)

 (2)
   
  そこで、新幹線が、減速してから、秒速25mにいたるまでに、何秒掛かるか、求めます。

 Δv(相対速度)=at(速度x時間)
 よって、時間=相対的速度÷加速度
  =秒速15m÷0.2m/s^2
  =75秒

 (3)
 75秒間でどれだけ、距離を接近するか?

 新幹線と普通列車の速度の違いは、秒速15m
 つまり、初速=秒速15m

 終速=0(ブレーキによって止まった状態)
 
 Average velosity(直訳すると、平均速度)は、
 (15+0)÷2=秒速7.5m

 このことから、時速144km新幹線がブレーキをかけてから、時速90kmの列車に接近する距離は、

 距離=Vavxt=Average velosity(直訳すると、平均速度)×時間=秒速7.5mx75秒
 =562.5m

 これは、新幹線と普通列車の距離1kmより短いので、衝突はしない。
     437.5m
 □------------------→○

 

最後に、こちらこそ、いろいろとおつきあい頂き、ありがとうございます。

No2、No4,&No5です。度々お邪魔します。

補足を読んでいて気付いたのですが、
どうも、自分の日本語力(?)のせいで会話がかみ合ってないようです。

 回答と関係の無い事なのですが、このままでは、変な回答者になってしまいますので、

 最後に、自分の意図した、平均速度(どうも、正確な日本語ではなかったようです。)、
 つまり、Average velosityについて説明させてください。

 例えば普通列車(時速90km)のあとを、新幹線(時速144km)が走っていて、1kmまで接近した時に...続きを読む

Q度々申し訳ありません。 (2)で 時計回りに閉路をみて、 V1-V2=R1I1-R2I2=R1I1-

度々申し訳ありません。
(2)で
時計回りに閉路をみて、
V1-V2=R1I1-R2I2=R1I1-R2(I3-I1)=(R1+R2)I1-R2I3

V1=R1I1+R3I3
の2つの式を立てて、
その先のI3の求め方がわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

>時計回りに閉路をみて、
>V1-V2=R1I1-R2I2=R1I1-R2(I3-I1)=(R1+R2)I1-R2I3
>と
>V1=R1I1+R3I3

左のループの時計回りの電流が I1、右のループの時計回りの電流が I3 ということですか?
だとすれば、キルヒホッフの第2法則(電圧則)より
左のループの時計回りの電圧の関係式は
 V1 - I1R1 - (I1 - I3)R2 - V2 = 0
→ V1 - V2 = (R1 + R2)I1 - I3R2    ①
右のループの時計回りの電圧の関係式は
 V2 - (I3 - I1)R2 - I3R3 = 0
→ V2 = (R2 + R3)I3 - I1R2   ②
ですね。

 お示しの「V1=R1I1+R3I3」は最外周ループの時計回りの電圧の関係式
  V1 - I1R1 - I3R3 = 0   ③
でしょうか。

 いずれにせよ、①②③のいずれか2つを使って、I1、I3 を求めればよいだけです。

 ①と③で解いてみれば、③より
  I3 = (V1 - I1R1) / R3    ④
を①に代入して
  V1 - V2 = (R1 + R2)I1 - (V1 - I1R1)R2 / R3
→ (R1 + R2 + R1R2/R3)I1 = V1 - V2 + V1R2/R3
→ (R1R3 + R2R3 + R1R2)I1 = V1R3 - V2R3 + V1R2
→ I1 = ( V1R2 + V1R3 - V2R3) / (R1R3 + R2R3 + R1R2)

これを④に代入して
  I3 = V1/R3 - (R1/R3)(V1R3 - V2R3 + V1R2) / (R1R3 + R2R3 + R1R2)
   = [ V1(R1R3 + R2R3 + R1R2) - R1(V1R3 - V2R3 + V1R2) ] / [ R3(R1R3 + R2R3 + R1R2) ]
   = ( V1R1R3 + V1R2R3 + V1R1R2 - V1R1R3 + V2R1R3 - V1R1R2) / [ R3(R1R3 + R2R3 + R1R2) ]
   = ( V1R2R3 + V2R1R3) / [ R3(R1R3 + R2R3 + R1R2) ]
   = ( V1R2 + V2R1) / (R1R3 + R2R3 + R1R2)

>時計回りに閉路をみて、
>V1-V2=R1I1-R2I2=R1I1-R2(I3-I1)=(R1+R2)I1-R2I3
>と
>V1=R1I1+R3I3

左のループの時計回りの電流が I1、右のループの時計回りの電流が I3 ということですか?
だとすれば、キルヒホッフの第2法則(電圧則)より
左のループの時計回りの電圧の関係式は
 V1 - I1R1 - (I1 - I3)R2 - V2 = 0
→ V1 - V2 = (R1 + R2)I1 - I3R2    ①
右のループの時計回りの電圧の関係式は
 V2 - (I3 - I1)R2 - I3R3 = 0
→ V2 = (R2 + R3)I3 - I1R2   ②
ですね。

 お示しの「V1=R1I1+...続きを読む

Q抵抗R=5Ω、誘導リアクタンスXL=3Ωの直列回路にV=12+j16V

抵抗R=5Ω、誘導リアクタンスXL=3Ωの直列回路にV=12+j16Vを加えたときの回路に流れる電流Iとその大きさおよび位相角を求める詳しい途中式教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次のサイトに解説記事がありますので参考にして下さい。
http://www.itoffice.jp/ITOFFELC3.htm
新人のための電気の基礎知識(交流回路)

5.2.ベクトル・複素数:数学の基礎1A-(1.9.複素数・ベクトル参照)
5.3.RLC回路 (瞬時値・位相の関係は5.4.位相参照)

1.9.複素数・ベクトル
公式・(a+jb)/(c+jd)=(ac+bd)/(c2+d2)+j((bc-ad)/(c2+d2))

求める電流は次のようになります。
I = V/Z = V/(R+jXL) = (12+j16)/(5+j3)
後は複素数の割り算ですので直ぐに求まると思います。
電流の絶対値は3.43Aです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報