デントコーンやトウモロコシの節の呼び名、葉の呼び名が知りたいです。
また、デントコーンのいろいろなことを知りたいので本や、URL教えていただきたいです。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

ネットで「デント コーン」で検索するとたくさんHitしますが・・・??



御参考まで。
    • good
    • 0

農山漁村文化協会(農文協)発行「農業技術体系(畜産編)7-飼料作物-」


にいろいろ載っています。
個人で買う類の書籍ではないので、
農業関係の大学、研究機関、県庁の出先指導機関などで見せて戴くのが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。探してみたいと思います。

お礼日時:2001/06/26 13:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q葉色値と葉中窒素含有量について

葉色値と葉中窒素含有量は何が分かるんですか?
ウィキなどでも調べても出てこないのでお願いしますm(__)m
意味などもよろしくです(^_^;)

Aベストアンサー

意味は言葉通りですよ。

葉色値⇒葉の色を表した指標(色見本)
(私は米をやらないので数値までは分かりませんが…)
葉中窒素含有量⇒葉の中の窒素成分の含まれている量
(この場合アンモニア態と硝酸態・亜硝酸態等の調べた数値の事を指します)

何がわかるか?の問いには前述の方もお答えになっている通りです。

葉色値は窒素の含有量を簡易に(見た目だけを)利用して現状の対応を判断します。
(窒素成分を足すのか追肥の成分を減らすのか現状維持でよいか)

葉中窒素含有量はその判断の精度を高めるため利用することが多いです。
例えば、窒素肥料は多くないはずなのに緑が濃かったりする時、多くの判断材料を絞りきれないため
検査をして、原因は窒素なのかそうでないのかを探ります。

さらに例えれば

窒素が多かった⇒土壌肥料は多くない⇒水が切れていた(原因)

窒素はちょうどよかった⇒肥料も大丈夫⇒水も大丈夫⇒バカ苗病だった(原因)

また、その両方と生育ステージを表で表したりすることで今の生育状況は良好であるかの判断が
可能であると同時に新品種の適正窒素量を研究する時に使ったりもしますよ。

意味は言葉通りですよ。

葉色値⇒葉の色を表した指標(色見本)
(私は米をやらないので数値までは分かりませんが…)
葉中窒素含有量⇒葉の中の窒素成分の含まれている量
(この場合アンモニア態と硝酸態・亜硝酸態等の調べた数値の事を指します)

何がわかるか?の問いには前述の方もお答えになっている通りです。

葉色値は窒素の含有量を簡易に(見た目だけを)利用して現状の対応を判断します。
(窒素成分を足すのか追肥の成分を減らすのか現状維持でよいか)

葉中窒素含有量はその判断の精度を高めるため利用すること...続きを読む

Q植物 大根のつくり 理科 側根であるくぼみの並びは、180度2列なのに 葉のつきかたは、2/5葉序で

植物 大根のつくり 理科
側根であるくぼみの並びは、180度2列なのに
葉のつきかたは、2/5葉序ですよね?
葉の付き方とくぼみの並びは一致しないのですか?
じゃがいもは、葉の並びとイモのくぼみは一致しますもんね…

Aベストアンサー

地下にあるからと言って、根とは限らない。
ダイコンは根であるが、ジャガイモは茎である「塊茎」です。
したがって地上部の茎と一緒と考えられる。
参考URL:https://ww1.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/5-3.html
参考URLの「表面に弧状の葉が点在し」・・・
えっ!葉が点在している?ビックリです。

Qトウモロコシについてです。

最近、バイオエタノールが騒がれていますが、トウモロコシ1kgを栽培するのにどのくらい水が必要であるかわかる人がいたら教えてください。

Aベストアンサー

特に詳しいわけではありませんが、
植物の生育量と蒸発散する水の量との間には一定の法則があります。
C3植物とC4植物とでは値が違うのですが、この際(トウモロコシ=C4)大きめの値(300)を仮定して、植物重量の1/2が実になるとすれば、トウモロコシ1kgを栽培するのに必要な水の量は600kg=600リットルと試算されます。
極めて大まかな試算です。

Qトウモロコシを主食にしない理由

日本でトウモロコシが主食とされていない理由はなんですか。味ですか?

Aベストアンサー

日本は稲作ですからね。
水が豊富な日本はトウモロコシでなくて良かったのです。

昔、トウモロコシを主食にしてペラグラという病気が流行ったことがありますしね。

Q野菜収穫後の茎や葉は捨てるべき?

 植物から堆肥を作るには乾燥させてから山積みにして切り返しを行うとよく書いていますが、その様な堆肥作りは難しいのが実情です。
 現在サツマイモとタマネギを交互に栽培していますが、いつも悩むのがサツマイモを収穫した後のツルや葉、それから定期的に抜く雑草の取り扱いです。
 化学肥料だけをやり続けても土は硬いままで、何らかの堆肥をやりたいところですが、例えばツルや雑草(この場合種子は覚悟する必要はあるが)をある程度小切りにして畝にパラパラと巻いておけば一応肥料にはなるのでしょうか?
連作障害はないものと仮定して回答頂けないでしょうか。

実際に巻いてみると丸虫が集っているようですし、その結果分解すれば立派に肥料成分は回収出来そうな気がします。
また、これを濡れたまま積み過ぎて嫌気性になると脱窒素反応により硝酸塩も分解されて窒素になってしまうと、あるサイトで解説していましたが、私は少なくとも燐酸や加里、石灰などはそのままその場に残るような気がします。

Aベストアンサー

ご希望により回答します。
 新鮮な残渣を土中に鋤き込むことは、次の作目に向けた効率的な農作業として普及しております。醗酵しておりませんので、当然この残渣は堆肥ではありません。過剰な残渣を鋤き込めば分解に伴うガス発生が懸念されますが、この残渣は少量ですので数週間たてば障害にはなりません。この間、元肥として家畜堆肥、化学肥料を施用したり、耕起、整地など植え付け準備があります。残渣や灰の肥料効果はご期待されているほど大きくはありません。それは家畜堆肥の適正施用量は1反に乾物(含水率0%)で600kg前後、原物で2t前後であり、さらに化学肥料を散布することからもお分かりとお思います。複雑な生態系を持つ土を維持する1つの努力とご理解ください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報