出産前後の痔にはご注意!

行政書士の資格は、不動産の仕事をする上で使えますか?

質問者からの補足コメント

  • ちなみに、銀行員は行政書士の資格は使えますか?

      補足日時:2016/11/25 19:14

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

資格が使えるかどうか微妙です。



行政書士試験の受験者の多くは、試験範囲が重複するという点もあり、宅地建物取引士の資格も取ることが多いです。

ですので、資格を目指すのであれば宅建の資格も取得されるとよいでしょう。

不動産の仕事でも、農地転用などの業務を行政書士は業務として行えます。
自社物件などの登記業務であれば資格は不要です。

行政書士試験は、資格業をするうえでの素養を確認するための試験となります。業務に直結する試験ではありません。ですが、法的な考え方などを学び、業務の範囲であればある程度の相談業務も行えることでしょう。

不動産業の付加価値や保険的なものなどと考えれば有用だと思います。
    • good
    • 0

#2です。


>ちなみに、銀行員は行政書士の資格は使えますか?

銀行員も税理士や公認会計士ならまだ解りますけど(それらも無くても良い訳ですが)、行政書士の資格はもっと不要ですね。
    • good
    • 0

不動産業を営むに際して,行政書士資格は基本的にいらないです。



宅地建物取引士は欲しいです。宅建業を営むに当たり,一定員数以上の専任の宅建士が必要ですから。専任の宅建士だけを置いておいたところ,誰かが辞めて足りなくなっちゃった,なんてことになったら大変ですからね。

マンションの管理業務行うなら,管理業務主任者も欲しいです。これも宅建士と同じです。

マンション管理士は管理組合側の立場に立つものなので,あっても直接は使えませんが,その知識はマンション管理には役立てられそうです。

行政書士は,たとえば農地転用を資格者がするなら行政書士ですが,この行政書士とは,登録して開業した行政書士であって,「行政書士となる資格を有する者」を含みません。行政書士として仕事をするなら専任の宅建士にはなれません(兼業になってしまうから)。かといって会社として顧客の農地転用を代理すると行政書士法違反になります。あっても知識しか使えませんし,知識だけを利用するなら資格は特に必要ありません。
これは司法書士についても同様です。
    • good
    • 2

不動産会社で、行政書士の資格を持つ人を社員として雇う、という考え方だと、宅建士より使い勝手は悪いでしょうね。

行政書士に受かる人なら宅建程度の資格はスグ取れるでしょう。ただ、行政書士は宅建士の比べ、扱う法律の範囲が異なる分、幅広い法律解釈を求められるような場合に重宝されるカモ知れません。

不動産会社と、そこから仕事を受ける行政書士という考え方だと、自社でやっているような宅建免許の更新手続き、50条2項(いわゆる現地案内所の設営)の届け出などを有償で引き受ける事は出来ます。

行政書士は、独立自営を前提として考えた方が良いと思いますよ。そこが宅建士とは大きく異なります。
    • good
    • 0

不動産登記することが出来るのでその点では使えますけど、それ以外では特に使えないですね。

    • good
    • 0

特にいらないです。


宅建やマンション管理士の方が圧倒的に良いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q行政書士試験に合格したら、行政書士会への登録・独立開業しなくても資格取得になるのですか?

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても勉強をして資格試験に合格するのとでは知識の差が違うのではないかな?(勤務が学校ですから分野(?)が限定されてしまいますので…)と思うので、受験して合格し、資格をとりたいなと考えています。
そこで、まだ勉強を始めたばかりなのですが、心配事ができてしまい、質問をさせていただきました。
☆質問☆
(1)行政書士試験に合格=行政書士の資格を取得と考えてよいのでしょうか?
(2)行政書士試験合格のその後には、行政書士会へ申請し登録すると開業できると言うことですが、公務員なので開業は考えていませんが、登録しなくても、行政書士資格取得となるのでしょうか?
(3)試験合格後、登録しないまま年月が過ぎても開業したいときに申請したら開業は可能なのでしょうか?
似ているような(?)内容3点になりますが、教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても...続きを読む

Aベストアンサー

お分かりだとは思いますが、試験合格しても行政書士会への入会をしなければ、行政書士を名乗ることも行政書士業務を行うことも出来ません。

履歴書などには、
○年○月 行政書士試験合格
ですし、名乗っても行政書士有資格者です。

知り合いのそこそこ大きい士業総合事務所では、支店や業務責任者以外の有資格者は、名刺に○○士有資格者と記載しています。あくまで登録者の補助業務として業務を行うためお金をかけないためでしょう。

合格時の証明書や試験センターなどが発行する合格証明などがあれば、いつでも登録・開業は可能でしょう。

Q持っているだけで稼げる資格

持っているだけで稼げる資格はないでしょうか?
中年男性ですが、介護等の問題もあって現在失業中です。(勉強の時間はたっぷりあります...)
・多少困難でも1年くらいの勉強で資格がとれるもの
・実務経験がなくてもよいもの(簡単な実務経験はOK)
・資格をもっているだけで、稼げるもの(金額は問わず)
・稼ぐ形態(会社勤務、自営)は問わず。

上記条件を満たす資格につき、アドバイスをお願いいたします。
以上

Aベストアンサー

士業資格なんかは取ったとしても、その後は自己責任で営業活動しなくてはいけませんので本人に能力がなければまったく意味ないです。
取得が簡単でおいしい資格があれば、取得者が増えますので、試験が難しくなるか、資格の価値が下がるかします。

ですから、持っているだけで稼げる資格というのは
1. 資格を取得するのがかなり困難(学歴が必要とか、試験が無駄に難しいとか)
2. 実質的な仕事が無いにもかかわらず配置が必要とされている。(そうでないと実質的に実務経験が無いと仕事ができない)

といった資格だと思います。

1年くらいで取れる資格で、これに適合する資格は無いと思います。

10年位前までの薬剤師は典型的な「おいしい資格」でした。ドラッグストア等での名義貸しが横行してましたから。ただし、現在は”登録販売者”の資格ができて薬剤師の需要は減ったのでそんなにおいしい資格ではなくなっています。

ビル管理関係資格(ビル管、電気主任、ボイラのセット)は拘束時間が長くて体を使わなくてもいい仕事もありますが給料安いです。高齢者が結構小金稼ぎにしています。無線従事者(1級陸上無線技術士)にも手を出さずに監視だけの仕事があります。

士業資格なんかは取ったとしても、その後は自己責任で営業活動しなくてはいけませんので本人に能力がなければまったく意味ないです。
取得が簡単でおいしい資格があれば、取得者が増えますので、試験が難しくなるか、資格の価値が下がるかします。

ですから、持っているだけで稼げる資格というのは
1. 資格を取得するのがかなり困難(学歴が必要とか、試験が無駄に難しいとか)
2. 実質的な仕事が無いにもかかわらず配置が必要とされている。(そうでないと実質的に実務経験が無いと仕事ができない)

...続きを読む

Q士業の資格難易度を格付けしてください。

士業の資格難易度を格付けしてください。

世の中にたくさんある資格の中で士業(●●士)の資格
の難易度をランキング付けしていただきたいと思います。

対象は下記です。

司法書士・行政書士・不動産鑑定士・土地家屋調査士・FP
公認会計士・弁理士・宅建・海事代理士・社会保険労務士
中小企業診断士

※宅建・FPは士業とは言い難いですが、参考までに入れてみました。
※司法試験・税理士は受験資格自体狭き門の為省いています。

もちろん、それぞれ専門分野が違う為、全く普通の人間(理系・文系等全て平均知識)
が受験する感覚で一般的なランキングを付けていただければと思います。

2位タイ、3位タイとかでもOKです!!

もしよろしければその理由を付けていただければ幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

うーん、受験者の属性や試験の形式にも因るので、単純な順位付けは
難しいですが・・・

(1)この中では「司法書士」「公認会計士」「不動産鑑定士」「弁理士」は
 国家資格中、最難関グループに属します。特に、司法書士は「科目免除」
 や「科目合格」が全く無い「一発勝負」で(口述だけは1回、リトライ
 できますが・・)合格率が約2~3%程度になるよう、調整も事実上入
 る、書式試験は実務の能力が試される、等、著しい難易度です。他は科
 目合格や一部免除が申請できるので、条件に当てはまれば、幾らかは難
 易度が下がります。とはいえ、受験生は一流の大学や大学院を出ている
 人が多数なので、元々の受験者の母集団のレベルが高く、そんな中での
 10%前後の合格率ですから、厳しいことには変わりありません。反面、
 司法書士には「受験要件」が無いため、誰でも受験できます。これらは、
 いわゆる「才能」と「運」が「努力」と共に必要な資格と言えると思い
 ます。

(2)次に「土地家屋調査士」も「2次試験」が測量士などの既得資格で免除
 になれば、大分ハードルは下がるものの、それでも司法書士と同じく実
 務形式の「書式」試験、口述試験がありますし、免除なしで全受験する
 なら、(1)に匹敵する難易度になります。

(3)「診断士」「社労士」「行政書士」は、(1)よりは「努力」でカバーでき
 る資格なので、現実、普通のサラリーマンや学生の合格者も多いですが、
 それでも、時間をこなすだけの学習では合格は困難です。情報収集して、
 的確かつ効果的なやり方が求められます。

(4)「海事代理士」は合格率的には難関とは言えませんが、受験者の多くは
 関連業務で既に法知識のある「司法書士」「行政書士」開業者が、業域
 の拡大を狙って受けるためです。また、試験内容が特殊で教材が少ない
 事から、二次の口述試験など、むしろ「勉強の仕方」が分らなくて苦労
 します。

(5)「宅建」「FP」はこの中では、受験要件も無く、最も容易な「エント
 リー」クラスの資格ですが、さりとて合格率は20%を切る(FPは2
 級技能士以上)国家資格であり、安易な気持ちで挑戦すると、何度受け
 ても受かりません。特に宅建は何度も不合格で、結局、諦めてしまう人
 が意外といます。ただ、キチンと努力出来れば、運などに左右されず、
 必ず合格できる資格だと思います。

 (結論)
 
 司法書士≒会計士・不動産鑑定士、弁理士>調査士>診断士>社労士≒行政書士>海事代理士>
 宅建・FP(2級以上)

 ※正直、最難関資格は個人の属性や得意・不得意分野などで主観が入り、一概にはいえない。
 ※「診断士」は二次で実務講習or専門教育が必要なため社労士以上の難易度とした。
 ※社労士と行政書士は年度で難易度にバラつきがあり、どちらが上かは一概に言えない。ただ、
  専門性や出題の深さ、細かさでいえば、「社労士」がやや難しいという意見も多い。

うーん、受験者の属性や試験の形式にも因るので、単純な順位付けは
難しいですが・・・

(1)この中では「司法書士」「公認会計士」「不動産鑑定士」「弁理士」は
 国家資格中、最難関グループに属します。特に、司法書士は「科目免除」
 や「科目合格」が全く無い「一発勝負」で(口述だけは1回、リトライ
 できますが・・)合格率が約2~3%程度になるよう、調整も事実上入
 る、書式試験は実務の能力が試される、等、著しい難易度です。他は科
 目合格や一部免除が申請できるので、条件に当てはまれば、...続きを読む

Q行政書士になるのはなぜやめておいた方がいい?

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務などの獲得を目指して動いているようですが、他士業ががっちりスクラムを組んで行政書士に新規の仕事を与えないよう共闘しているような状況だということも知りました。
 2000年ぐらいを境に、それ以降の新規登録者で急成長している行政書士事務所や行政書士法人は、ほとんどが商業登記を違法に行ったり(非司行為)、法律相談や法的交渉の代理などの業務を行ったり(非弁行為)して市民の法的権利を害するようなことで大きくなったことも知りました。
 新人行政書士に「仕事を教える」として研修費名目でお金を払わせたり、実務マニュアルを売ると売り込みがあったり、宣伝広告のノウハウを教えるという情報商材があったりするいわゆる「ヒヨコ食い」の話もさんざん知らされました。
 挙句の果てには外国人の不法入国の手引を行うものが後を絶たないとして、警察が行政書士会を監視対象にしているという事も知りました。
 資格学校の安くない受講料と、合格までに費やした2年間という時間は、自らの無知が招いた授業料と割り切ることもできます。
 であればこそ、今後、資格学校の「街の法律家」「法廷に立たない弁護士」「扱える書類は10000種以上」「就・転職にも有利」などの謳い文句に踊らされてこの無駄な資格試験を受検する人が出てこないよう、思いとどまれるように折にふれて説得していくことで、自分のできる社会貢献としたいと思っています。
 上記しましたように、行政書士にはならない方がいいという根拠になる事実はたくさん知っています。しかし、ひとことで「ズバッ」と説明する訴求力には欠けていると思うんです。
 「行政書士にはならない方がいい」端的に説明できる方法を、何か教えて下さい。

 表題のとおりなのですが。
 私は行政書士試験合格者です。しかし、登録はしていません。今後、登録して開業する気もありません。
 許認可の仕事は古参の行政書士が既におさえている状態で新規参入は極めて難しく、入国管理は珍しい外国語ができなければ顧客獲得が難しく、車庫証明は自動車ディーラーがついでにやってしまっているような状況で独立して行政書士事務所を運営するにとても足りないということがわかったからです。
 行政書士会や行政書士会連合会、行政書士政治連盟は商業登記開放や成年後見業務...続きを読む

Aベストアンサー

行政書士は独占業務がないから。あっても付随的な業務だから。

この一言に尽きると思います。

私は弁理士試験の受験生時代に行政書士登録をしていました。これは2次試験の選択科目免除のためです。登録中に県の行政書士名簿をもらっていました。そこで分かったのは、行政書士一本でやっている人は圧倒的に少ないってことです。大多数は司法書士か税理士がダブルライセンスとしてもっていました。司法書士は農地法の許可申請のためであり、税理士は建設業の許可申請のためですね。

会社設立を業務にしている行政書士がいますが、登記ができなければ意味がないし、記帳業務をしている行政書士がいますが、税務申告ができなければ意味がない。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング