dポイントを20倍にするたった2つの方法

北海道の初心者ランナーです。

旭川近郊なのですが、現在マイナス8度、走るのを躊躇しています。
マイナス2度くらいまででしたら寒くても走れましたが…みなさんどれだけ気温が下がっても走っているのでしょうか…
雪はなんとでもなるのですが、気温がネックです。

北海道のみなさんはマイナス10度以下まで気温が下がったとき、全身どんな服装で走っていますか?
肺が苦しくなったりしませんか?
ジムでも走ってはいますが、トレッドミルは物足りなくて外を走りたくなってしまいます(;_;)

またウインドブレーカーを新調しようと思っていますが、ウーブン素材?というのがよく分かりません。ウインドブレーカーの役割を果たす素材なのでしょうか?

アドバイスお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

旭川育ちです。



体育の授業で外でスポーツしたりするので、
運動自体は大丈夫でしょう。

雪中サッカーで、冷気をたくさん吸い込んで、具合の悪くなった人も見たことありません。
クロスカントリースキのの選手など、汗だくになりながらやってますし。
雪かきだって、寒い中で、すごい運動量ですし。

事前のストレッチやウォームアップを十分にやって、
事後の始末をきちんとすれば、の話です。

ただ、ランニングは転倒の危険が大きいです。
どんなに靴に気を使っても、雪道やカリカリの道は、走るべきではないです。
足元をよく確認しながら歩くのが、北国の歩道です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言われてハッとしました。
そういえば学生時代、寒くても雪でも外を走っていました…
勇気を持って走ってみます。
回答ありがとうございます!

お礼日時:2016/11/23 13:51

はじめまして。

同じく北海道旭川市在住の者です。
冬場のランニングは、この極寒&大雪&ツルツル路面に、ランニングも躊躇しちゃいますよね。わかります。
実は私は、マイナス20度だろうが何だろうが厚着はしません!
ミズノのネックタイプのアンダーシャツにナイキのウィンドブレーカー。下半身は、アンダータイツに同じくウィンドブレーカー。後、大事なのがネックウォーマー、手袋、耳あて、帽子、レッグウォーマー、シューズは冬道仕様のアシックスのスノーターサー!
これさえあれば、へっちゃら!
以外とマイナス20度でも走れちゃいますよ!
走る前のアップは入念に❗️

冬道は、タイムより距離や心地よさを重点にして、路面状況や天候に考慮してケガなく安全に楽しくお互いランしましょうね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
真冬でも走ってらっしゃるんですね!
冬のランは初めてなので、アイテムを揃えるところから始まります…
目や鼻などの凍結も怖いですので、体は軽めにウインドブレーカー、顔周りはしっかりめに装備って感じで走ってみます!
お互い冬ラン怪我しないよう頑張りましょう!

お礼日時:2016/11/25 21:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウォーキングを冬も続けられるコツ

身長160cm、体重65kgです。
産後太りで10キロオーバーのままです。
去年、春夏秋にウォーキングやダンベルなどで
3キロほど痩せたのですが、冬の間に(寒くてやめてしまった)また元に戻ってしまいました。
 ウォーキングダイエットを何年も続けているという人たちは真冬などはどうやって乗り切っているのでしょうか?ちなみに子供が寝てからなので夜中11時ごろに40分歩いています。
 あと、何ヶ月ウォーキングをあけてしまうと(休む)体質が元に戻ってしまうものなのでしょうか?
 効果があらわれるのが3ヶ月ほど経ってからと遅い方なので冬の間休むとまた春から3ヶ月は体重が減らないので・・・

Aベストアンサー

2・3日、間が開いても良いので、続ける事が大事です。
中には雨天時もありますし、体調がすぐれない時もあります。
そんな時は思い切って、ウォーキングはお休みしちゃいましょう。

お休みしたからといって、ずっと休んでいるとそのまま終わっちゃうんで、4日後でも再開しましょう。
冬は始めちゃうとすぐに暖かくなるんですが、始めるまでが苦痛なんですよね。。。
そんな時はやはり着るしかないんですよね。
でも運動に適したスタイルってものもあります。
風を通し難い素材ってあるじゃないですか。ウインドブレーカとか。
そんな物を試されると良いかもしれません。
あとオシャレとは言えませんが、首にタオルを巻いたりすると寒さが凌げたりしますよ。
足はストッキングやタイツを履くとか、いろんな工夫をしてみてください。
降雪地ならともかく、それ以外の地域では乗り切れない寒さではないと思います。
あと冬は夜中に歩かず、昼間に歩かれるといいんではないでしょうか。買い物ついでにとか。。。

QG-SHOCKの時刻修正

G-SHOCKの時刻修正するにはどのようにしたらいいですか?
早く進んでいるので、今の時刻に直したいのですか。。。
教えて頂けますか?よろしくお願い致します。
CASIOのG-COOLという時計です。

Aベストアンサー

私、G-COOLを持っていますよ

時刻の設定についてはNo.1のかたがかかれているので大体OKだと思います。

解り難いかなと書かれているので、私は分かりやすく書けるよう努めますね。

ADJUSTを押しつづける(ピッと音がします。)

秒が点滅するので、時報の00秒に合わせてSTART/STOPを押す。

MODEを押す。

時が点滅するので、START/STOPとSPLIT/RESETを押して合わせる。
(時が狂ってることはないと思うけど。)

MODEを押す。

分が点滅するので、時と同じようにSTART/STOPとSPLIT/RESETを
押して合わせる。

このあとは、MODEをおすたびに、年、月、日、秒、時、分・・・
と変わっていくので、必要ならばMODEで点滅個所を変えて
START/STOPとSPLIT/RESETで合わせる。

全部合わせたら、最後にADJUSTを押す。(時報に合わせなくてもいいです)

ちなみに、30秒以内の誤差なら、普通の状態での
START/STOPとSPLIT/RESETの同時押しで00秒に合わせられます。

私、G-COOLを持っていますよ

時刻の設定についてはNo.1のかたがかかれているので大体OKだと思います。

解り難いかなと書かれているので、私は分かりやすく書けるよう努めますね。

ADJUSTを押しつづける(ピッと音がします。)

秒が点滅するので、時報の00秒に合わせてSTART/STOPを押す。

MODEを押す。

時が点滅するので、START/STOPとSPLIT/RESETを押して合わせる。
(時が狂ってることはないと思うけど。)

MODEを押す。

分が点滅するので、時と同じようにSTART/STOPとSPLIT/RESET...続きを読む

Q同じ距離ならウォーキングとジョギングどちらが減量に効果的?

現在、毎日10kmのウォーキングを行っているのですが、「同じ時間」ならウォーキングよりジョギングの方が脂肪燃焼効率が高いという事を聞いたことがあります。そこで質問ですが、「同じ距離(10km)」なら、ウォーキングとジョギングのどちらが脂肪燃焼効率が高く、減量に効果的でしょうか?どなたか詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

1番さんと2番さんと、5番さんのお話が参考になります。

糖質に対する脂肪の利用比率はウォーキングのほうが高いですが、脂肪が燃焼する「量」はジョギングのほうが高いです。スピードを出すほうが体に負担がかかり、エネルギーを大量に使います。軽いペースで運動したほうが脂肪が燃えるなんて話してるオバちゃんをよくジムで見かけますが、量と割合を混同しているだけです。
他にもアイスクリームを食べると冷えた体の体温を上げるためにカロリーを使うから太らない、なんて話を聞いたことがありますが、オカルトです(笑)それと似たようなものです。


特にNo.2さんのおっしゃるような密度の高いメニューのインターバル走は、私の知る限り脂肪を最も短期間で落とせる方法です。
ダッシュが最も効果が高いですが、1時間どころか通常は数秒~数十秒でバテてしまい、効果が見えるほどの量を継続できません。じゃあ軽い運動にすればいいのかというと、それはそれで軽すぎて何時間やってもなかなか効果が出ません。

インターバルはダッシュをして心臓を休める間はジョギングやウォーキングで繋ぐのを交互に繰り返すことで、比較的まとまった時間できるように工夫したものです。脂肪分解効果が高く、消費カロリーも大きいので合計10~20分程度でもウォーキングやジョギングを1時間やるよりぜい肉が削げ落ちますよ。けっこう苦しいので心肺機能も鍛えられます。心肺機能が強い場合、同じ運動をするにしても糖質より脂肪優位に燃焼できる体になりますから、将来的な意味でもメリットは高いです。

最後に、効果の高いトレーニングほど、体への負担も高く怪我のリスクも高いです。効果的に運動したいなら、そのあたりも良く考えて準備運動、ウォーミングアップ、クールダウン、ストレッチなどをしっかりおこないましょう。また、毎日やらずに週2日程度は休息するなども大切です。
逆に、効果が低い運動ほど体にも優しいし疲れも残りにくいので、毎日できたりします。しかしそのせいで実は負担がかかっていることや不調に気付かなかったりもします。毎日必ず運動!なんて考えていると、ウォーキング程度でも思わぬ故障に見舞われるので気をつけましょう。

1番さんと2番さんと、5番さんのお話が参考になります。

糖質に対する脂肪の利用比率はウォーキングのほうが高いですが、脂肪が燃焼する「量」はジョギングのほうが高いです。スピードを出すほうが体に負担がかかり、エネルギーを大量に使います。軽いペースで運動したほうが脂肪が燃えるなんて話してるオバちゃんをよくジムで見かけますが、量と割合を混同しているだけです。
他にもアイスクリームを食べると冷えた体の体温を上げるためにカロリーを使うから太らない、なんて話を聞いたことがありますが、オカ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報