保育園の申し込みで悩んでます!マイナンバー導入によって保育係勤めの友人に上の子の就学援助受けてることは知られてしまいますか??可能性はありますか?それともゼロですか?

下の子の保育園の申し込みを来年春入園希望で今準備中なのですが、、実は今年度は上の子の学校で就学援助受けてます。昨年の旦那の収入が減ってしまい、やむなく申請したら、通ったので受けています。
そこで、悩みというのは、友人に区役所の保育係に勤めている人が居て、保育園関係の仕事をしているのですが、最近同じ区にうちが引っ越したので、うちの保育園の申請書類などを目にすることも可能性もしてはあるかもしれなくて。無いかもしれませんが、仕事関係のことは、余り深く聞けません。内情もよくは知らないですが。。
保育園の申し込みと、就学援助とは管轄も違うし、全く関係ないとは思うのですが、マイナンバーの導入で、いろんな情報が紐づけられる、??と勝手に思ってるのですが、友人に就学援助のことまで知られてしまう可能性ってあるとおもいますか??例えば、収入などを調べる際に関連情報として、出てきたり??

正直、収入とかも知られたくないのですが、就学援助まで知られてしまうのは恥ずかしい、と感じてしまいます。知った所で勿論バカにするような友人ではないとは分かって居ても、やはりためらいます。保育園の申し込み自体辞めようか、来年度は就学援助を辞めて、その次の年まで保育園の申し込みは待とうか、など色々考えてしまいます。。
保育園の申込書にマイナンバーを書く欄が新たに出来てて、戸惑ってしまって質問しました。
役所勤めの方などの意見だとなお助かります!!アドバイスお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは



マイナンバーがあっても今まで通りです。

マイナンバーは元々官庁内で個人を内部的に番号で(パソコンで)管理していたものを、毎回名前や住所を入力して番号を探して紐付けしてというのが時間が掛かるのとミスがでるので、無駄な時間(お金)を無くそうということで配布された番号というだけだったりします。

住所と郵便番号の関係に近いです。

なので元々情報は紐付いているので役所内で情報にアクセス出来る人は今まで通り名前で探すことも出来ますし、マイナンバーでも探すことが出来るようになった。と言う感じです。
そして関係の無い管轄では通常権限がなく見られないようにされていますので今まで通り見られないかと思います。
また見られる権限の人には、例え来年援助を止めても履歴として見られますので、待つ意味はあまりないです。

参考になれば
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい情報ありがとうございました!住所と郵便番号、分かりやすい解説ありがとうございました!

違う管轄なら見られないようですね!安心しました。

参考になりました!

お礼日時:2016/11/25 08:17

気持ちは分かるのですが、恥ずかしいからという理由で、保育園の申し込みも就学援助も辞める事が出来る状況なんですか?


就学援助が受けられる位なら経済的にけっこう厳しいのだと思いますが…
つまらない理由とは思いません。
私が貴女だったらやっぱり気になります。
でもそんな余裕のある事を言える状況では無いと思います。
子供が私立の幼稚園や小学校に通っているのでないなら、今が一番お金がかからない時期です。
お子さんの将来の為にも、お仕事して貯金が出来る位の生活をした方がいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

そうですね、子供たちの為にも頑張らねば、、
余裕は無いです。。頑張って働きますね。

お礼日時:2016/11/25 08:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q友引の葬式?火葬場は休み?

普通友引にはお葬式をしてはいけないと言いますがなぜですか?
また、神式やカトリックでもそうなのでしょうか?友引の日は火葬場は休みと聞いたことがありますが本当でしょうか・

Aベストアンサー

kyaezawaさんが既にお答えの通りです。
仏教でもキリスト教でも友引にはお葬式をしてはいけないということはありません。
「葬儀日程」を決めるときに、「友引」の日に葬儀をすると、語呂合わせで「友を引く」との連想から葬儀をしない習俗がありますが、宗教的な根拠のないまったくの迷信です。もともと「友引」は古い中国の「六曜」(「六曜」は仏教と関係がない。)の中で「共引」、共に引き合う、つまり勝負なし、引き分けを意味する日だったのです。長い歴史の中で「共」の字が「友」に変化したのだす。ですから、友引の日に葬儀を行ってもまったく問題はありません。子供でも笑いそうな漢字の語呂合わせ出しかありません。
ただ、火葬場や葬儀関係者の休業日が友引の日となっている場合も多く、火葬場が休みの場合、現実的にできないのが現状です。
私の地区では、共引の日も火葬場が運営されていますので、共引の日にも葬儀を行っています。しかし、檀家さんの中には気になさる方も多く数的には少ないのも事実です。仏教会では、こう言った迷信を払拭するために、自治体に友引の日に火葬場を運営するように働きかけたり、住職の葬儀を友引に行ったりとかして、払拭しようと努力しています。
以上amida3@坊さんでした。

kyaezawaさんが既にお答えの通りです。
仏教でもキリスト教でも友引にはお葬式をしてはいけないということはありません。
「葬儀日程」を決めるときに、「友引」の日に葬儀をすると、語呂合わせで「友を引く」との連想から葬儀をしない習俗がありますが、宗教的な根拠のないまったくの迷信です。もともと「友引」は古い中国の「六曜」(「六曜」は仏教と関係がない。)の中で「共引」、共に引き合う、つまり勝負なし、引き分けを意味する日だったのです。長い歴史の中で「共」の字が「友」に変化したのだす。で...続きを読む

Q就学援助費って・・・。

子供が小学生になり学校から就学援助費を申請するかどうかのおたよりがきました。
うちでは普通の家庭なのですが、受給できる年収にあてあまっているようでした。(住んでいる所の基準が他市町村に比べて緩いようです。)
もらえるものは貰った方がいいの?と思いつつ申請理由が生活保護、その他になっていて受給申請したほうがいいのか迷っています。

Aベストアンサー

こんにちは。

私のところは、主人の職業上の理由で、ガクンと収入が
減ってしまった時があって、もらうつもりはなかったのですけど、
ある理由から、源泉徴収票を学校に出さなければならないことが
あって、(普通はこんなことは滅多にありません。ウチは
子供に特別の理由があるので、他の書類と共に提出しています)
学校の事務員さんから「就学援助費を申請した方がいいのでは?」
と、言われたのです。それで、

「収入が基準に満たないのなら、遠慮せずにもらっていいものだ」

と、言われましたよ。だから、申請してもいいのではないかと
思います。

理由は、その他で、「収入が基準に満たないため」と、
書きました。事務員さんもそれで大丈夫だと言ってくれました。
そしてちゃんと、「就学援助費」をいただきました。

堂々ともらっていいものだと思います。
だって、就学援助費は口座に振り込まれるものでしょう?
(ところによって違うのかしら・・・?)
学校でお子さんが受け取るとか、保護者に来させて受け取る
しくみではないですよね?

よく、これを受け取っていることが他の子供達にバレて、
自分の子供が肩身のせまい思いをするなんてことになるのなら、
考えものかな?とも思いますが、学校もプライバシーのこと
なので、こういうことは外に知られないようにしているはずです。

もらってくださいな。ぜひ!
今のうちだけだと思いますよ。
ご主人様のお給料などもこれから先、どんどんと
上がっていくのですから・・・。

こんにちは。

私のところは、主人の職業上の理由で、ガクンと収入が
減ってしまった時があって、もらうつもりはなかったのですけど、
ある理由から、源泉徴収票を学校に出さなければならないことが
あって、(普通はこんなことは滅多にありません。ウチは
子供に特別の理由があるので、他の書類と共に提出しています)
学校の事務員さんから「就学援助費を申請した方がいいのでは?」
と、言われたのです。それで、

「収入が基準に満たないのなら、遠慮せずにもらっていいものだ」

と、言われまし...続きを読む

Q葬式欠席理由について

葬式欠席理由について

一般に「無宗教だから」や「他宗教だから」という理由での葬儀参列の断りは失礼に当たりますか?

Aベストアンサー

一般的には失礼に当たるでしょう。

お葬式はふつうは故人や喪主の宗派や希望に添って営まれるもので
参列者の都合に合わせるものではないからです。
なのでキリスト教式のお葬式にお数珠を持って参列した方が大勢いたこともありましたが
こちらでは誰も非常識とは受け止めていませんでした。
故人を悼む気持があればどのような形式でも参列できると思いますが、
断固たる決意があって関わりを持たないのであればそれも生き方の一つかと思います。

もし欠席なさるのでしたら、具体的な理由を伝えるのも大変失礼なことになります。
慶事や弔事が重なったり、行楽など自己都合での欠席の場合は
先方を慮ってや『むをえない都合で欠席いたします』と伝えるのが一般的ですから
欠席の場合も理由を伝える必要は無いと思います。

Q就学援助について

現在小学校2年の息子がおります。1年生の時に経済的理由で就学援助の申請をいたしました。(母子家庭、低収入)
今年の4月から給食費が口座から引き落とされている事に気がつきました。
就学援助は毎年更新をしなければいけないのでしょうか。
そのような通知が来ていた覚えもないですし。。

問い合わせは学校ではなく役所に問い合わせてみたらいいのでしょうか。

ご回答宜しくお願いいたします。

地域は京都の宇治です。

Aベストアンサー

>就学援助は毎年更新をしなければいけないのでしょうか。

その通りです。何故なら、就学援助は前年の収入を審査するものだからです。通知については決まった書式はありませんが、学校では前年度就学援助を受けた方には、個別に封筒で申請用紙を配布するのが普通です。

もう6月ですから、そろそろ用紙が届かないとおかしいですね。一度問い合わせをしてみたらいかがでしょうか?
なお、給食費の口座引き落としについては、心配しなくても大丈夫です。申請が通った場合には、さかのぼって返還されます。なお、お子さんが二人通学されている場合には、二人別々に申請用紙が必要です。

Q葬式をする理由(仏教的な葬式)がわかりません。

 そもそも、日本人の大半は仏教の事を勉強してない(筈)なのに、
坊さんに念仏を挙げてもらい、線香を炊き、仏壇に祈るのでしょうか?
 つい最近親戚が亡くなったのですが、僕はそんな葬式には参列を拒否しました。
 世間体で葬式にでる事がいやなのです。
 そうした、仏教の勉強などした事のないやからに、
 「私はこうだから世間体のためだけにやる葬式にはでない」
 という方法を相手が納得する回答を教えてください。
 もしくは
 「こうこうこう言う理由で坊さんは念仏をあげ、線香をあげるのだから、葬式には
 参列すべきだ」という回答でも結構です。

 それなりに宗教(仏教、キリスト教)については勉強してます。詳しくはしてませんが。
 
 

Aベストアンサー

#8です。補足ありがとうございます。以下追加です。

>私は、その亡くなった親戚の人があんまり好きではありませんでしたし、親しい中でも無かったのです。
 そんな人間(私)が、亡くなった親戚の人の葬儀に来て、仮に、霊魂の存在を肯定するとして、亡くなった人の魂が喜ぶでしょうか? 喜ばないと思います。

それでいいんじゃないですか。結局葬式の形式の問題ではなく「心の問題」ということでしょう。

逆にどうしても見送りたい大切な人なら、その人が望むやり方で送る、という意思表明もなされていますよね(お父様の場合は嫌々らしいですが・・)

ここから先は私の経験です。

実をいうと私自身も宗教に対する考え方は質問者様とほぼ同じです。しかし、現在40代でこの歳までに全ての祖父母・叔父叔母数人・実母・友人4人を見送ってきました。友人は病気1人事故3人です。

特に実母の葬式のときに強く思ったのは「葬式というのは生きている人のためのものだな」ということです。

どういうことかというと、生きている人が亡くなった人のことを諦めて「もういないんだ」という気持ちを得るために行う儀式ということです。そこには「救い」という意味も在るのです。

この「救い」を考えたときに、宗教の必要性が高まります。亡くなった方をどうしても忘れることができない、1年経っても3年経っても悲しい・・
そういう場合に「心のより所」として必要なのが宗教で、葬式はきっかけでありそれから仏教なりキリスト教なりを「心のより所(必ずしも信仰しているわけではなく、故人との結びつきのツール)」として宗教を利用する人が多いのだと思います。

質問者様に大切な人を亡くした経験がおありかどうか分かりませんし、質問者様のような方であれば宗教により所を見出す必要もないのでしょうが、普通の人の心はもっと弱いものなのです。
たとえば子供を亡くした母親に、教会の牧師が「あの子は神が望んで天にお召しになったのですよ。あなたはつらいかもしれませんが、あの子はきっと神様のお側で幸せにしていますよ」といえば、それだけでも救いにつながっていくのです。

ですから一般的に葬式をなんらかの宗教形式で行うことに私は違和感を感じません。

質問者様が葬式に出たくないのは「弔いの気持ちがない」からでしょう。逆に弔いの気持ちがあれば形式には拘らずに参加されるのだと思います。

あの人は好きじゃなかったから「葬式には参加しない」それでいいんじゃないですか。

#8です。補足ありがとうございます。以下追加です。

>私は、その亡くなった親戚の人があんまり好きではありませんでしたし、親しい中でも無かったのです。
 そんな人間(私)が、亡くなった親戚の人の葬儀に来て、仮に、霊魂の存在を肯定するとして、亡くなった人の魂が喜ぶでしょうか? 喜ばないと思います。

それでいいんじゃないですか。結局葬式の形式の問題ではなく「心の問題」ということでしょう。

逆にどうしても見送りたい大切な人なら、その人が望むやり方で送る、という意思表明もなされていま...続きを読む

Q就学援助費について

10月に主人が亡くなり経済的な理由から就学援助を受けることになりました。
先日学校から決定通知がきまして振込みの日程なども書かれていたのですが振り込まれる金額が「学用品費7380円」だけになってました。
給食費などは援助してもらえないってことでしょうか?
それと長女は春から中学生になります。入学準備費などは支給してもらえるのでしょうか?
初めてのことでわからないことばかりですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

中学校で就学援助の担当をしていたことがあります。10月認定ですと、4月1日にはさかのぼっての認定ではないため、額がかなり少なかったのではと思います。4月認定ですと、新学期準備援助金として、市町村によっては2万7千円ほど振り込まれます。もちろん、学校に毎月納入する教材費や積立金などは、かならずご自分の口座から引き落とされます。さらに、林間学園や修学旅行の学校積み立ても全額返金されます。給食費は免除になりますから、引き落とされません。入学年度は、新学期準備援助金よりももっと多い、新入学準備金も含んだ金額が援助されます。私の住んでいる市では6万7千円でした。制服代や体操服、ジャージ、かばんなど出費も多いことでしょう。すべて、かかった金額をメモしておくことをお勧めします。購入報告書というものを提出しますから。

Qお葬式休みを取ってよいものかについて。

お葬式休みを取ってよいものかについて。
親戚ではないのですが、親戚同然で小さい時から可愛がって頂いた人が病気のため今危篤状態です。いつ亡くなられてもおかしくない状態です‥。
そこで、もし亡くなられたら‥お葬式には参列したいと思っているのですが、親戚ではないので会社を休んでいいものか悩んでいます。私はどうしても参列したいのですが。。会社には親戚というこにしておこうと思っています。親戚ではないというとややこしくなりそうなので‥(いけない事でしょうか‥)
こういう場合、会社を休んでいいものなのでしょうか?
困ってます。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

「親戚の葬儀」ということでよいのではないでしょうか。
正直に「知り合いの葬儀」というと上司の方も会社への手前休暇を認めずらいかもしれません。あなたの方から「親戚の葬儀」といってもらえれば、上司の方も許可を出しやすいかと思います。

それとどうしても葬儀に参列できない場合は、お通夜へ出席するという方法もあります。
また、葬儀はせいぜい2時間程度ですので、もし会社から近隣の場所であれば、半日だけ休んであとは出勤するという形もあると思います。あるいは、1時間だけでも会社へ顔を出すという形をとれば、あなたの気苦労も少しは軽減できるかもしれませんし、会社側もあなたの誠意を組んでくれるように感じます。

Q就学援助費を申請するか迷ってます

23区内に住む5人家族の者です。
子供が3人いて、上の二人は小学生です。下はまだ小さいです。毎年春に就学援助費のお知らせを持って帰ってきてますが、申し込んだことはありません。しかし、よく内容を見てみると、援助可能な収入の目安に家は該当しているのではないかと気づきました。書かれてある家族構成とは子供の年齢が違いますが、うちの収入より書かれてある目安の年収は60万ほど多いのです。
家は生活保護を受けるほどの収入では全くないし、むしろ普通か少し多いかな?と思っていたほどだったので少し驚きましたが・・・でも日頃贅沢な暮しはしてませんし、逆に困り果てて子供に何も買ってやれないというほど困ってはいません。まあ、普通かな?くらいです。
でも目安では当てはまっています。担任に知られるのを恥じて申請しないべきか、もしももらえるなら、教育費の足しになるし・貰わないともったいないという気持ちで申し込むべきか悩んでます。
たぶん家みたいな家庭はほかにもいらっしゃるのでは?みなさんの体験、またはご意見聞かせてください。
ちなみにどのくらいの割合で申し込む方いらっしゃるんでしょうか?めったにいないのでしょうか?簡単に言うとプライドや恥を捨てて貰えるもんは貰っとけ・・的な考えでいいのかどうか知りたいのです。
明らかに先生にはばれますし・・・大して貧乏ではないですが、子供がそう思われてしますのかが心配です。
補足としては、もしかしたら来年住宅ローンを組みマンションを購入するかもしれません。逆にそうなった後はローンが大変になるので切実に必要に感じるかもしれません・・・
わかりづらくてすみませんm--mよろしくです!!

23区内に住む5人家族の者です。
子供が3人いて、上の二人は小学生です。下はまだ小さいです。毎年春に就学援助費のお知らせを持って帰ってきてますが、申し込んだことはありません。しかし、よく内容を見てみると、援助可能な収入の目安に家は該当しているのではないかと気づきました。書かれてある家族構成とは子供の年齢が違いますが、うちの収入より書かれてある目安の年収は60万ほど多いのです。
家は生活保護を受けるほどの収入では全くないし、むしろ普通か少し多いかな?と思っていたほどだったので...続きを読む

Aベストアンサー

No.2と3です。

ご質問者のご家庭(ご主人)は推定ですが、35歳から40歳未満でしょうか。平成21年度の、この年代のサラリーマンの平均年収は約500万円です。おそらく、ご質問者から見れば非常に高額のはずです。30歳から35歳未満だと400万円越えになります。下記URLを参照して下さい。

次に、私の地域での就学援助費の支給条件ですが( ご質問者の地域の条件は不明なので )、家族五人で、持ち家なら年収274万円以下、借家で年収358円以下です。

ご質問文から推測し、借家ではないかという仮定でお話ししますと、条件より約60万ほど低いとの事ですね。なので約300万円の年収となるでしょうか。その中から家賃が仮に3分の1として、残りは年200万円でしょうか。(持ち家でも約210万円程度ですね)

年約200万円で5人の生計を立てるというのは大変ご立派です。しかも、23区という物価の高い都内での生活です。今後、お子様にも勉強のための塾へ通わせたり、学校での臨時出費など、さまざまな出費があることと思われます。

さて、今回の大震災と就学援助費とは、全く無関係です。もちろん世間で不評の的である「自粛」とは無関係です。これは教育の問題です。
就学援助費の制度は、大震災以前からあったものです。結びつけて考える必要は全くありません。大震災が起きようが起きまいが、この制度はこれからも存続していくということです。

遠慮なく、支給を受けて下さい。支給を受けるということはお金を使うということです。それが日本経済の活性化につながります。
たとえば給食費は、食材購入や燃料費に使われ、お金が回る状態になります。日本経済、日本のためにもなります。
品物が大量にあっても消費者が買わなければ( お金を使わなければ )日本経済は発展しません。条件に合うのであれば、多くの方々がこの制度を利用して、日本の経済を発展させて下さい。

話が大きくなりましたが、それぞれの役所はきちんとした予算を組み、議会の決議も経ていますので何の心配もありません。

また、お子様が大きくなってしまえば受給資格を失います。たとえば、成人後に「あのとき、手続きを忘れていたので」といって支給はされません。今しかありません。

参考URL:http://nensyu-labo.com/heikin_nenrei.htm

No.2と3です。

ご質問者のご家庭(ご主人)は推定ですが、35歳から40歳未満でしょうか。平成21年度の、この年代のサラリーマンの平均年収は約500万円です。おそらく、ご質問者から見れば非常に高額のはずです。30歳から35歳未満だと400万円越えになります。下記URLを参照して下さい。

次に、私の地域での就学援助費の支給条件ですが( ご質問者の地域の条件は不明なので )、家族五人で、持ち家なら年収274万円以下、借家で年収358円以下です。

ご質問文から推測し、借家ではないかという仮定でお話ししますと、条...続きを読む

Q葬式で饅頭が出る理由

どうして
葬式で饅頭が出るのでしょうか

”ようかん”や”おはぎ”でもいいような気がしますが

どうして葬式に饅頭が出るのでしょうか
あと葬式で使用する饅頭ですが
葬式饅頭ではなく薄皮饅頭はだめなのでしょうか

教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仏教的にみると葬式饅頭を配るのは、「故人の所有していた財物を、広く喜んでもらえる形にして社会に返す」ことが目的である、と言えます。

ひとは生前にはなかなか物欲を断ち切れないわけで、その結果として死後に財物が残るわけですが、遺族はせめて死後にその財産を広く世間に返し、それによって故人の滅罪を図って成仏の因としようとしているのだ、と言えます。こういう行為を仏教では「布施」と言うのですが、その手段のひとつとして饅頭があるに過ぎないので、この目的に合致すれば別に羊羹でもおはぎでもよい事になりますし、実際に地方によっては実際に行われていると思います。

例えば、葬式に際して小銭を入れたおひねりをたくさん準備しておき、墓への道すがらこれをまいたり、あるいは訪れた乞食に施したりする、といった事なら昭和40年代ごろまで全国どこでもやっていました。あるいは、葬式にたくさんご飯を炊いて、村中の人間に食べさせる地域もたくさんありました。
これらは全部「葬式饅頭」と同根の行為で、「喜ばれながらたくさんの人の手にわたる」という共通の目的のためのものです。今でこそ饅頭はさほど珍しくも有り難くもありませんが、時代を遡れば甘くおいしい饅頭は貴重でとても喜ばれたはずですし、日保ちもするしハンディに取り扱うこともできますから、大変重宝したわけです。

※ 以前、似た質問に回答していますのでご参照ください:
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=285355 「お葬式にキャラメル?」

念の為に付け加えておきますが、ただ、このような行為がまるきり仏教の唱導で始まったわけではありません。上に述べた事は、ある程度まで「民俗の仏教的な説明」です。
実際には近世以来、例えば厄年にあたる年齢の人が神社でのお祓いの際に饅頭をたくさん準備して参詣者に配るとか、漁師町でどうしようもなく不漁が続いた時に呑めや歌えやのどんちゃん騒ぎをする、などといったように、ケガレというか一種の危機的状況の逆転を狙ってふるまいや散財をする、という伝統があります。葬式に限らずいろいろな非日常の事態、広義の「ハレ」の折りに我々日本人はふるまいを実践してきた下地があって、そういう精神性があったからこそ、布施としての葬式の布施一般がやすやすと根づいたと言えると思います。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=285355

仏教的にみると葬式饅頭を配るのは、「故人の所有していた財物を、広く喜んでもらえる形にして社会に返す」ことが目的である、と言えます。

ひとは生前にはなかなか物欲を断ち切れないわけで、その結果として死後に財物が残るわけですが、遺族はせめて死後にその財産を広く世間に返し、それによって故人の滅罪を図って成仏の因としようとしているのだ、と言えます。こういう行為を仏教では「布施」と言うのですが、その手段のひとつとして饅頭があるに過ぎないので、この目的に合致すれば別に羊羹でもおはぎで...続きを読む

Q県立中学校での就学援助制度

うちは母子家庭で、現在小6の息子がおり、地元の公立小学校で就学援助を受けています。

質問ですが、もし子どもが県立の中高一貫校へ進学した場合、就学援助はどうなりますでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

県立でも義務教育課程の学齢のお子さんをお持ちですので、就学援助制度が受けられると思います。

今の援助費と同じように、
お住まいの市町村(住民票の登録地)の教育委員会が担当かと思いますので
一度お電話で問い合わせてみてはいかがですか?


人気Q&Aランキング