実父が亡くなり、今年は新盆となります。関東地方ですが月遅れで8月13日からです。
父には娘(私と妹)のほか身内はなく、長女の私が嫁ぎ先で仏壇を購入しました。
お墓、菩提寺は県外にあります(車で1時間半くらい)。
正直言って、嫁ぎ先で行事をするのも気が引けるのですが・・・。
すでに嫁いだ娘は、どのように実家のお盆を営めばいいのでしょうか。

・8月上旬に菩提寺で檀家を集め施餓鬼供養があり、それには夫と、妹夫妻で出席予定です。
 幼少のころの記憶では、これがお盆の供養を兼ねていたと思うのですが、間違いありませんか?
・自宅にご住職を呼んでの、いわゆる「棚経」は必要でしょうか。
・盆提灯は買うべきでしょうか。
・迎え火、送り火はどうすればいいでしょうか。

まだまだお聞きしたいことがどんどん出てきそうなのですが・・・。
とにかく知識がないもので、どんな小さなことでも構いません。
一般的なしきたりはもちろん、こんな風にしたよという体験談もぜひお聞きしたいと思います。
どうぞアドバイスをお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご主人のご実家と、お宅様の両方の新盆で、


なにかと大変だと思います。
さて、
施餓鬼が盆供養を兼ねているという表現は的確な表現ではなく、本来微妙に違いますが、在家の方の認識としては、
当らずとも遠からずといったところで、いいでしょう。
 是非菩提寺の施餓鬼会には出席なさってください。
その際のこまごましたことは、菩提寺に問い合わせてください。
「棚経」も菩提寺に相談してください。ただ新規に買った仏壇とのことなので、開眼等してなければ、依頼を前提にした相談にしたほうがよろしいかと思います。
 送り火等は…、う~ん、これって地域ごとにいろいろルールがあるので、一概にはいえませんね。
 新盆を迎える際、ご実家(お父上がすんでおられた地域)での近所の付き合い等もあるかと思います。
 上記を踏まえ、ご主人達と相談されたほうがよろしいかと思います。
 細かいことは下記URLのBBSにて相談してください。

参考URL:http://freepage.gaiax.com/home/tyoutokuji/main
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わあ、oresamaさん、香炉の件ではお世話になりました。
またもレスいただいて大変恐縮です。HPにもおじゃましてきました。
そうですね。お寺に相談するのが一番いいんですよね。こういうのって地域性とか
これまでのお付き合いとかありますしね。
菩提寺の施餓鬼会はたしかお寺の本堂に檀家が集まり、
その中でも新盆の家だけ別にされて手厚く供養した記憶があります。(20年前の実母のとき)
その記憶から「盆」イコール「施餓鬼」と思ったのですが、厳密には別物なのですね。確認しておきます。

あ。

毎年お施餓鬼に行っていれば、こんな質問することもなかったんですね!まずいっ!(冷や汗)
チョット事情があり、お寺ともまったく交渉がなかったもので。
これからちゃんと供養しますから、大目に見てください!!!
ともあれ、ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/26 15:17

嫁ぎ先で仏壇を買っておられるなら、その時点で嫁ぎ先との話し合いが終わっている(唯一の身内として長女が仏壇やお墓を守る)筈ですが・・まだならこの機会に


明確にして、普通の家のようにお盆を迎えたらよいと思います。(嫁ぎ先にも迎える仏様がいる場合は住職に相談された方がよいでしょう)

お盆の行事については下記サイトに詳しく説明があります。

参考URL:http://www.ohnoya.co.jp/faq/qa3.html#2-0
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答、ありがとうございます。サイトも見てまいりました。
そうですね、仏壇を買う際、夫や義父母は快諾してくれました。
お盆を迎えたいので・・・と素直に相談すればいいのですね。
婚家は義父が次男のため、仏壇もありません。
が、義父の父(夫の祖父)も昨年亡くなり、そちらも新盆のはずです。
義父の郷里ではおそらく新盆の計画があることでしょう。
義母が義父方の親戚と没交渉なので、義父も遠慮して言いにくいのかもしれません。
義父にとっても私にとっても、自分の親や祖先を大事にしたい気持ちは同じだと思いますので、
とにかく話してみることにしますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/25 16:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお盆前の施餓鬼会で頂いた塔婆はどうするの?

今年は主人の新盆なので、先日お寺での施餓鬼会に出席しました。そこで頂いた塔婆はどのようにしたら良かったのでしょうか?皆さん持ち帰られる方が多かったようなのですが・・宗派は曹洞宗です。

Aベストアンサー

私の実家ではお施餓鬼でいただいてきたお塔婆はお墓に持っていって立てておきます。1年くらい立ってさすがに汚くなったらお墓の焼却場で焼いてるみたいですが。

そもそも卒塔婆=塔婆=塔はお釈迦様のお骨(舎利)を納めたのストゥーパから来ています。早く言えばお墓です。そして造像起塔(仏様をこしらえたり、塔を立てたりすること)が功徳であるとされたので、その功徳を亡者の追善として回向しました。お施餓鬼でまさか五重塔や石塔を建てるほどのお金はありませんから、五輪塔の形をした木をお塔婆として追善供養を行うわけですから、後はお墓に持って行けばいいんじゃないでしょうか。

Q初盆の盆提灯は誰が買うの?お布施はいくら?

父の初盆があるのですが、盆提灯は誰が準備するものですか?
また、お坊さんに包むお布施は いくらくらいが相場ですか?
(曹洞宗です)教えてください♪

Aベストアンサー

初盆の提灯は、大体の場合親類などに頂く場合が多いようです。もしもなければ、ご自分で購入されるのもよろしいかと思います。お布施については、相場というものはそれぞれのお寺さんで違うと思います。お寺さんに直接聞いたら答えてくれるかもしれませんし、直接聞くのを失礼がるお寺さんもいらっしゃるかもしれません。そのお寺さんの檀家さんで親しい人がいたらそのかたに聞くのが一番だと思います。

Q初の盆で、提灯を送るのは直系のみでで良いのかな

初の盆で、提灯を送る風習があります。
真言です。
直系のみが、提灯送る。家紋の入った提灯を。
直系以外は、提灯は送らなくても良い。ジュースなどや線香などで良い。
と、思うのですが あってますか。
教えてください。

Aベストアンサー

基本、亡くなられた方の近い方、子供さんや親、兄弟等初盆が近くなると近親者で初盆会される所も多くその際お供を近親者で送る風習あります。近年では灯籠等自分で買ってもらう前提で御仏前としてお金を一緒に包まれる所も多いですね

Q粗供養と祖供養は違うのか?

はじめまして
ギフト関係で仕事をしていて、粗供養を祖供養とのしを作成し、上司に注意されました。
その後、いろいろ調べたのですがよく分かりません。
粗供養と祖供養は同じ意味なのか、それとも違うか?
もし、違うのであればその内容を教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#1さんへの補足に対して失礼しますが、
> 祖供養は法要に使用し、粗供養は仏事で使用する
面白いことを書いてあるサイトですね。
冠婚葬祭のサイトは、平気で間違ったことを掲載しているところもありますから、鵜呑みにして上司に反論すると余計に上司の方を怒らせることになりますから注意してくださいね。

ところで、ご質問者さま自身は、「法要」と「仏事」の違いはどのように捉えられているのでしょうか?
違うものと思われたから、そのサイトを信じる気にもなったんですよね?
「仏事」というのは、【仏教における祭事。死者の冥福を祈る行事。法事。法要。法会】(大辞林)の意味ですから、仏事の中に法要も入ります。
ギフト関係でお仕事をされているのですから、そういう点は押さえておいてくださらないと、さらに不慣れな利用者(客側)が迷惑を被りますのでよろしくお願いします。

ギフト関係-と仰ることから判断すれば…。
施主側から、法要への臨席者へのお礼の品につけるのしの場合かな?と推察しました。
私が住んでいる地域(&我が家の宗派)では、年忌法要等の仏式の法要の際には、臨席者はご仏前(お金)とお供えの品をお供えします。
そのお礼に、施主側が法要に臨席してくれた方々に対してお渡しする品物には「粗供養」ののし紙をつけます。
「祖供養」は使用しません。
推測ですが、#1さんの仰るように、「ささやかな」お礼、お返しの意味で「粗」の字を使うのが一般的だと思います(粗品などと一緒ですね)。
ただ、のしの書き方は地域や宗派によって、本当に様々あり、一概に「『祖供養』は誤り」と断言はできないと思います。
一般的=絶対、とはならないのが、冠婚葬祭に関する風習だと思いますので。
先祖供養とかけて、わざと「粗」を「祖」にされる-ということがないとは言い切れないと思います(実際、「祖供養」でネット検索をしてもたくさんヒットしますから)。
ご質問者さまのお住まいの地域や宗派は「祖供養」を使われていたので、「祖供養」と書かれてしまったのでしょうか。

http://www.taka.co.jp/okuru/o-sou.htm
こちらのサイトの「献辞(表書き)辞典」や「なるほど☆知識」なども、知識としては参考になるサイトだと思います。
ご存知かもしれませんが、ご参考までに。

#1さんへの補足に対して失礼しますが、
> 祖供養は法要に使用し、粗供養は仏事で使用する
面白いことを書いてあるサイトですね。
冠婚葬祭のサイトは、平気で間違ったことを掲載しているところもありますから、鵜呑みにして上司に反論すると余計に上司の方を怒らせることになりますから注意してくださいね。

ところで、ご質問者さま自身は、「法要」と「仏事」の違いはどのように捉えられているのでしょうか?
違うものと思われたから、そのサイトを信じる気にもなったんですよね?
「仏事」というのは...続きを読む

Q菩提寺をかえることについて

菩提寺をかえることについて一般的な基準について教えてください。お墓は一般の霊園なのでその件でのしがらみはありません。うちは分家なのですがしばらく本家の旦那寺にお世話になりました。しばらくといのは、その後引越でお寺をかわっています。元のお寺とは公共交通機関で1時間半から2時間の距離なので、少し遠いががんばればお参りできるって距離でしょうか?元のお寺からはひきとめられたようです。(毎月お布施もお渡ししていたのでその分へりますからね)お寺をかわるときの基準は「お参りにいくのにつらくないか」でした。だからお寺を選ぶとき、近くても坂の上のお寺はパスでした。引っ越した場合、お寺をかわる重要なポイントになると思いますが一般的な基準を教えてください

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

菩提寺を変えるというのは、それぞれのお家とお寺の事情によるもので、一般的な基準というものはありません。どのような場合でも、それぞれの事情で止むを得なければ菩提寺を変えること自体には何も問題はありません。

「お参りがつらくないか」云々は必ずしも重要視されない方も沢山おいでのようです。
 私の寺の例では、以前、地元を離れて首都圏に出られご縁が切れた元檀家さんの子孫の方が在京のまま再び檀家になって頂いたケースもあります。「我が家にも古里があってよかった」とおっしゃっています。私の寺は新潟にありますが、最も遠い檀家さんは北海道においでです。なかなかお参りにおいでになれませんが、それでもお盆の時はお供物を送って頂き、年忌法要も北海道のお宅まで伺って御仏壇の前で行います。
人それぞれだということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報