テレビなどのガンコ親父のラーメン屋みたいな放送で、食べ方を強制してる所や「店にあっていない食べ方だ!!」とか言って追い出すのを見た事があるんですが、そういう行為って法律的に許されているのかなぁ?お金を払ってるのはお客さんなのに・・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

事前にそういうことだと分かっていて、


お金を払っているんなら問題ないと思いますよ。
知らされていなかったとすると、裁判で争って勝てるかもしれませんね。
(普通、訴えないと思いますけど)
店によっては「金返すから、帰ってくれ!」なんてありますけど、
これならまったく問題なしですよね。

大体が、そういう店に行く人って、
うまいラーメン食うためなら、我慢しようって人たちじゃないの?
僕はそんなことしてまでラーメン食いたくないから行きませんね。
でも実際行く人がいっぱいいるから、そんなことしてても経営が成り立つんですよね。

※そういう店には人が寄り付かないってなれば、
 世の中からそういう店が消えていくのになぁ…。(何でみんな行くんだろう?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事ありがとうございます。凄い無茶なお店だったから、なんで潰れずにTVとかに取り上げてるんだろぉ?と思いまして。ちなみにそのお店は激辛ラーメンのお店で、絶対に水は出さんとか言って水を頼んでたお客さんを怒鳴ってました・・・。それなのにメニューにはビールとかは書いてあったし…

お礼日時:2001/06/25 17:18

 たしかに強要罪と言えば強要罪ですね(笑)


 でもそんな細かいこと言ってたらきりがないです(笑)

 お客のマナーが悪いならともかく、常識的に食事をしようとしている客を怒鳴るような人は商売人として失格です。ラーメンの味は美味しいかもしれないけど、接客業という仕事そのものを営むべきではないと思いますね。
 あるいは、奥へ引き込んで、接客を別の人に任せるとか。
 モラルの問題ですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに言われる通りにモラルの問題だと思うのですが、丁度そのときのTVでは激辛ラーメンのお店を特集していて、そのお店は水を絶対に出さないとか言って水を頼んでいたお客さんを怒鳴ってたから、そりゃ~ないだろ?って思ってしまって。

お礼日時:2001/06/25 17:19

法律というよりその店独特のマナーなのではないでしょうか?



お客としては、行かなきゃいい訳だし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早くからお返事ありがとうございます。確かに言われる通りです。もちろん行って見たいとも思いませんが、偶然にそう言うお店だと知らずに行った場合はどうなるのかと思いまして・・・。お金を払って、挙句の果てに怒鳴られて、さらに追い返されたらたまったものじゃ無いと思ったので・・・

お礼日時:2001/06/25 17:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「法律行為」と「事実行為」について

「法律行為」と「事実行為」は、それぞれどういうもので、どの点が異なるのでしょうか。
事例等、具体的にも教示いただければ、幸いです。
法律初学者で、基本的部分を理解しておりませんので、これを前提によろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律行為は、表示された通りの効果が、法的に認められる意思表示をすること(例えば、遺言や契約の申込等)です。それに対して、事実行為は、人の意思に基づかないで法律効果が発生する行為のことで、例えば、民法第240条で「遺失物は、遺失物法の定めるところに従い公告をした後3箇月以内にその所有者が判明しないときは、これを拾得した者がその所有権を取得する。」と定められているので、遺失物拾得者は、所有権の取得について意思表示をしなくても、公告をした後3箇月以内にその所有者が判明しないときは、所有権を取得することになります。
一言で言えば、法律効果の発生に、意思表示が必要なのが法律行為で、不要なのが事実行為です。

Q無許可で許される行為

タレントさんのサイン会のレポートを
ブログで公開したい時に無許可で公開してOKなのは何番でしょうか?

1、撮影したタレントさんの写真を公開する。
2、タレントさんにしてもらったサインを公開する。
3、写真集の表紙を公開する。
4、サイン会場の部屋を公開する。(タレントさんがいない状態で舞台を撮影)
5、サイン会場の外観を公開する。(本屋の外観を撮影)
6、画像は一切無しでリポートをする。

1番など完全に禁止だろうと分かっていることも
とりあえずは質問させていただきます。。
なお、ブログは完全に個人ブログであり広告もなく
アフィリエイトなども一切使用していません。

Aベストアンサー

アフェリエイトの有無に関係なく
1肖像権
3著作権
に絡み、確実にアウトをとられます。2は現状ではグレーでしょう。多分、クレームは来ません。4と5は、会場によっては撮影不可なところもありますが、芸能人がサイン会で使うところならばほとんどの場合、OKではあると思います。6にいたっては、心配する点はありません。

経験上、仮に写真をいきなり載せたとしても、最初は「削除しなさい」という内容の警告メールが来ます(かといって、警告メールが来るまでなら掲載可というわけでは決してありません)

ちなみに、ブログに載せたいけれど、サインや写真を使っていいか?と問い合わせると、ほぼ間違いなく「だめ」と言われます。現行の法律に則っているだけなので、ケチとか意地悪とかではないのですが、これは仕方ないことでしょう。大学のサークル内のみで使用しているサーバに置くこと前提で許してくれる事務所もありましたが、かなり稀なケースだと思います。

Qお墓を勝手に撤去することは法律上の許されるのか

400~500年位前のお墓を複数、持っておりました。
場所はお寺ではありません。墓地です。
大昔からの墓地ですので、県営とか市営ではありません。
近年、自治会が管理者になっているようです。
ところが、3年程度、お墓参りにいかない間に勝手に更地にされておりました。
話を聞くと、ちょうどその3年前立て看板をお墓の前に立て、
官報で撤去案内をしていたとのことでした。
法律上、このようなことは許されるのでしょうか?
また、現状回復を要求したり、ダメな場合、損害賠償請求は可能でしょうか?
なお、墓地の整理事業となっており、目的は道路の拡張のようでした。

Aベストアンサー

 概ね合法的な措置です。
 自治会が管理者とのことですが,集落の墓地であれば,その墓地の所有者は登記簿上,「○○財産区」となっていることが多いようです。
 財産区の墓地にしろ,寺院墓地にしろ,公営墓地にしろ,一定の時期に墓地の整理が行われます。それぞれの墓地によってやり方は異なりますが,墓地に掲示したり,官報に掲載する他,墓に札を掛けたり,墓に紐を巻いたりします。墓参した方はこれらの札や紐を管理者に返すような方法が採られています。
 法律上,1年間そのような措置をすれば,何の反応のない墓については撤去しても良いのですが,余裕を見て,1年半や2年間の猶予をしているところが多いようです。
 今回の措置は適法な行為ですので,原状回復請求や損害賠償金請求をすることはできますし,墓地管理者がこれに応じれば,原状回復や損害賠償も可能です。(あくまでも任意です。)法廷に持ち込めば,ほとんど質問者の方の主張は通りません。敗訴します。

 

Q客への合理的な駆け引きを超える行為を規制する法律は

店側の顧客側に対する合理的経済的な駆け引きを逸脱する商法を規制する法律はなんでしたでしょうか。

例えば千円の安物で済むところ、顧客の無知につけこんで1万円もするものを売りつけるのは詐欺だと思いますが、そのほかにこのような商法は、店側と顧客側との許される合理的経済的な駆け引きの限度を超えるものとして規制する法律があったと思いますが、なんでしたでしょうか。独占禁止法じゃなかったと思いますが。罰則も教えて頂けるとありがたいです。

Aベストアンサー

消費者安全法、消費者契約法です。
罰則は、程度に応じ数々あります。
独占禁止法は違います。
これは、売る側が共謀して価格を決めることを禁止している法律です。

Q政治家の家族の寄付行為は許される?

政治家の家族の寄付行為は許される?

Aベストアンサー

政治家本人でも家族でも、基本、寄付はオーケーでしょう。
誰でも震災とか義援金出せるし。ふるさと納税もできる。
但し、公職選挙法で政治家本人は、選挙区内の人に寄付禁止(例外あり)。
これは、親族名義でも実質政治家本人の寄付なら違法。

政治家への寄付は、政治資金規正法。
公職候補者への選挙活動以外の政治活動への寄付は誰もできない。
個人の寄付は金額制限あり。政治家親族も個人として、違法でない政治資金の寄付はできる。

まとめると、政治家の家族は、政治家本人ができない寄付の隠れ蓑にならない限り、寄付できる。誰もができない政治献金はできない。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報