第二次大戦前くらいの古典で、読み出したら、とまらない位おもしろい本をご存知でしたら、ご紹介下さい。'おもしろい'というのは主観なので、もちろん、主観的で結構です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

そういうくくりだと、谷崎とかまで古典なんだろうなぁ^_^;


田辺聖子先生の手ほどき本は、すごくいいガイドですのでお勧めします。
「文車日記」新潮社
あと「田辺聖子の古事記」(集英社)とか…

やはり漱石「猫」はおもしろいと思います。
特にバイオリンを買えなくて柿を食べるあたりかな。
よほど寄席に通ったらしい落語のダシが効いている。

樋口一葉の作品はとにかく文章がうまくて酔ってしまいます。
たけくらべより、にごりえの方がおもしろいな。

あとは私の好みで、人によっては全然おもしろくないかも(笑)
林芙美子「放浪記」西原理恵子のマンガがおもしろかったら、かなりいける。
織田作之助「夫婦善哉」同上
柳田國男「遠野物語」文学じゃないんですけど。
滝沢馬琴「南総里見八犬伝」少年ジャンプの魂、努力友情勝利の先祖(かも)。
といっても、子供向けダイジェストと、山田風太郎のバージョンしか読んでませんが。
でもすごいスペクタクル。リドリー・スコットあたりが映画にしないかな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。谷崎いいですね。樋口一葉も読んでみます。
古典がいいのは、図書館で容易に借りられるところですね。最近は、BOOKOFFの100円コーナーにもたくさんありますし。(不純な動機かな?)

お礼日時:2001/06/25 18:16

その後思い出したんですけど、


斎藤茂吉(北杜夫のお父さん)の随筆(岩波文庫でまとめたのが一冊あります)
はおもしろいです!
ドイツに留学していたときのことなどを書いているのですが、
大変真面目に書いてるのに、その真面目さがおかしさを誘う…
蕨を見つけて取って来て、ドイツ人にそんなものは馬しか食わないといわれて、それでも俺は食うと言って食べたり、
カップルをずっと木陰から見ていて「長いなあ、実に長いなあ」などと思いつつ観察をやめない(何をかは読んでのお楽しみ)とか…

今手に入るか分かりませんが、梅崎春夫の「ボロ家の春秋」も愉快です。
馬に乗って馬の行くまま連れていかれてしまう人(遠藤周作がモデル)
とか、魚屋に住みつかれてしまう絵の先生の話とか…
    • good
    • 0

書かれたのは大戦後なんですが、


金子光晴の「どくろ杯」「西ひがし」「ねむれ巴里」
なんていかがでしょう。

大戦前のごたごたの時期に、奥さんと二人で、東南アジア~ヨーロッパを
最低の貧困生活を送りながら旅した紀行文です。
現代人から見てもはちゃめちゃな旅です。
ほんと、止まりません。

えっと、あと、漱石だったら、「夢十夜」
「ええ?漱石ってこんな幻想的なの書けるの??」
と驚くことうけあい。

また、思い出しましたら。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。元祖バックパッカーという感じですね。読んでみます。皆さん結構、漱石にふれられてますね。やっぱり、偉大だったんですね。一度読み通してみる価値がありそうです。

お礼日時:2001/06/26 15:35

 「青空文庫」にたくさんありますので、おもしろそうなのを捜すのも一方法です。



参考URL:http://www.aozora.gr.jp/
    • good
    • 0

薄田泣菫(すすきだきゅうきん)の『茶話(ちゃばなし)』をお勧めします。



岩波文庫や冨山房百科文庫から出ています。大正四年から昭和五年頃までの大阪毎日新聞に連載されたコラムですが、当時の時代背景や人間関係を知っていると、数等倍も楽しめたのではないかと、遅く生まれたことを悔いたくなるような名随筆集で、小生以外の相当数の人も、主観的に面白いと感想した作品です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。おもしろそうですね。読んでみたいと思います。

お礼日時:2001/06/26 09:03

俗に「文学」と言われるジャンルで


「面白い」と僕が思うのは漱石ですね。
「吾輩は猫である」とか「坊ちゃん」はあまり好きじゃないですが「こころ」や「それから」は入り込んでしまうくらい面白いです。

太宰も嫌いじゃないけれどもう読み返す気にはならないかな。
    • good
    • 0

まず最初に、今から60年前の文学ことを古典とは言いません。

十分現代小説です。その前は近代、古典といっていいのは江戸文学からでしょうね。

それはさておいて、江戸川乱歩や坂口安吾などはいかがですか?
今でもよくドラマ化されているので、ご存知かと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私の言うところの古典というのは、流行の波に左右されること無く、きらりと光る普遍的なものを持つものということで、厳密な定義を持つものではありません。ただ、あまり新しいものを含めるときりがないと思ったまでです。ですので、その目安でアドバイスいただければと思います。
江戸川乱歩は子供のころよく読みました。でも、今思えば、子供用にアレンジしたものだったんでしょうね。もう一度読んでみようと思います。また、坂口安吾という人は初耳ですので読んでみたいと思います。

お礼日時:2001/06/25 18:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文庫本は読むなら横書きと縦書きどちらにしますか?

質問内容はタイトルどおりですが、質問主はまだ文庫本の横書きに出会っていません。

教科書とか資料で横書きには慣れているはずなのですが、文庫本が横書きというのは、
見たこと無いのにも関わらずかすかな抵抗を感じます。
そこで、皆さんに質問します。
同じ本なら横書きと縦書き、どちらを手に取りますか?

1ページの文字数は想像ですが、横書きの方が多いのかな。

Aベストアンサー

|はじめまして|少し飛躍して回答ずれしますと|わたくしてきには|はにかむ|hONEYCOMB|書き|読み|を所望するわらわ|ここから直球回答|ちくま学芸文庫のオイラーの贈物|は横書きでgOOdであTH|よ|読みに草はご容赦を|乱時乱文誤変換五打あしからず|0736PMにっぽんok>なお回答になにかあれば容赦なく無視または∨または指摘歓迎|0738追記|>読返し完了0739>

Q本(古典)の題名

高校時代の古文の教科書に出てきた作品です。
1.主人公は女性姉妹2人で時刻は夜中すぎ(だったと思います)。
2.眠れないでいて、姉妹2人で会話をしている。
3.会話をしていると隣の家に御者がやってきて、「おぎのは(という名前の女性?)、おぎのは」と呼びかけているが返事がない。
4.やがて御者は笛を吹きながら、立ち去って行く。
5.この様子をみて姉妹はそれぞれ批判(感想を述べている?)している。
なぜおぎのはは出てやらないのか、なぜ御者のほうは待っていてやらないのか。

このような内容だったと思うのですが、何の作品でどの部分なのか、
ご存知の方がいれば教えていただきたくお願いします。

Aベストアンサー

 「更級日記」ですね。作者は菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)。あの「蜻蛉日記」の作者の姪にあたります。
 姉妹で夜更けまで月を眺めていることも多かったようですね。そのときの会話だの一つで、確か笛じゃなかったでしょうか・・・。
 はっきりしない回答ですみません。この更級日記は、作者の幼少時代から老境まで40年ほどにわたってつづられたものだそうです。ただ私の手元の国語便覧には、作者が17のとき姉が二女を残し死去、沈痛したと書いてありますのでだいぶ若いころの逸話だと思います。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/totoya/shumi/hanasi.html,http://www.osk.3web.ne.jp/~t819kwbt/Contents/Kobunn/JapaneseClassici

Q何で外国語はみな横書きなの?

日本語は縦書きのケースもあれば横書きのケースもありますが、外国語はほとんどが横書きです。
たとえば英語はどのテキストブックも横書きで、縦書き日本語の中に英語のスペリングを入れるときは、横書きにしたものを90度回転させています。
フランス語なんかも横書きで、中国語も縦書きはありそうですが、テキストはほとんど横書きでした。
なぜ、外国語は日本語のように縦に書くケースがほとんどないのでしょうか?

Aベストアンサー

中国語もそうですが、ハングル、サンスクリット、モンゴル文字、女真文字、イースター文字、マヤ文字、などなど縦書きだった言語は多いんです。
一方、ヨーロッパや中東の言語は(右からと左からの差はありますが)昔から横書きでした。
縦書きの多くの言語は滅びましたが、中国語やハングルは横書きに変えて生き延びています。なぜ日本語だけが縦書きかというと、識字層が多く横書きにすることに抵抗があったからでしょう。
また、数学や物理では数式を扱うので横書きにせざるを得ません(もっとも日本の和算は縦書きでしたが、洋算に負けてしまいました)。日本以外が横書きに変更したのは、文学や社会思想の文献が少なくて変更に抵抗がない上、自然科学では横書きが圧倒的だからです。

Qお勧めの古典の文庫

おすすめの古典の文庫本を教えて下さい。
枕草子や源氏物語など内容は好きなのですが、昔漫画や教科書でしか読んだことがありません。原文で読んでみるのも良いとは思うのですが、さすがにハードルが高いようでしり込みしています。
本屋さんで探してもみたのですが、受験用?なのか訳し方がかたくてなじめませんでした。
何かおすすめの古典の本があれば教えて下さい。
もちろん枕草子や源氏物語以外でもかまいません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は田辺聖子さんの古典が読みやすくお勧めです
古典では源氏物語、枕草子ほか落窪物語、蜻蛉日記、竹取物語など出されています。
ご参考までに!!

参考URL:http://bungakukan.osaka-shoin.ac.jp/bookdata/index.php

Q縦書きの文章を横書きにする場合

縦書きの文章を横書きにする場合の数字の書き方で迷っています。
横書きでも、こういう場合は漢数字を使わなければならないというようなのがありますでしょうか?
横書きで、三名、一ヶ月、とあり、これを横書きにすると、3名、1ヶ月で良いのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

ご質問がどのような文書を想定したものかわかりませんが、質問者さんが公務員で、公文書を作成する立場にあるなら、以下のことを守る必要があります。公務員でなくても、企業のビジネス文書なら、これに準じるのがよいでしょう。
文学作品や歴史その他専門的な学術分野における表記は、この限りでありません。
私的な手紙・日記に制約を及ぼすものでもありません。

――――――――――――――――――――――――

『公用文作成の要領』(昭和27年4月4日 内閣閣甲第16号依命通達)には、次のように書かれています。

左横書きの場合は、特別の場合を除き、アラビア数字を使用する。
(1) 横書きの文章の中でも「一般に、一部分、一間(ひとま)、三月(みつき)」のような場合には漢字を用いる。
「100億,30万円」のような場合には、億・万を漢字で書くが、千・百は、たとえば「5千」「3百」としないで、「5,000」「300」と書く。
(2) 日付は、場合によっては、「昭和24.4.1」のように略記してもよい。
(3) 大きな数字は、「5,000」「62,250円」のように三けたごとにコンマでくぎる。

――――――――――――――――――――――――

また、『公用文の書式と文例』(昭和49年3月 文部省編)には、上記と重複する点を除いて、次のような記載があります。

(1)~(4) ―略―
(5)-ア ―略―
-イ 「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」などと読む場合
例 一つずつ、二間続き、三月ごと、五日目
(6)-ア ―略―
-イ 概数を示す場合
例 数十日、四,五人、五,六十万

――――――――――――――――――――――――

> 3名、1ヶ月で良いのでしょうか?

『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣公示第1号)には、「は」を「wa」と読む場合があることは記載されていますが、「ケ」を「ka」あるいは「ga」と読んでもよいような規定はありません。「3名、1カ月」と書きます。

ご質問がどのような文書を想定したものかわかりませんが、質問者さんが公務員で、公文書を作成する立場にあるなら、以下のことを守る必要があります。公務員でなくても、企業のビジネス文書なら、これに準じるのがよいでしょう。
文学作品や歴史その他専門的な学術分野における表記は、この限りでありません。
私的な手紙・日記に制約を及ぼすものでもありません。

――――――――――――――――――――――――

『公用文作成の要領』(昭和27年4月4日 内閣閣甲第16号依命通達)には、次のように書かれています。

左横書きの...続きを読む

Qオススメの海外古典SF小説

最近SFを好きになり、いくつか読んでいるのですが、オススメはありますでしょうか?
あまり最近の作家ではSFは興味がないので、有名ドコロの基礎編的な小説を読みたいと思っています。
(日本の作家は筒井康隆、星新一、小松左京あたりは子供の頃いくつか読んだので海外作家で)
ちなみに最近読んだのは

・アンドロイドは電気羊の夢をみるか?
・1984
・アルジャーノンに花束を
・華氏451

などです。他にもいくつか読みましたが、アーサー・C・クラークやロバート・A・ハイラインなどの超鉄板はまだ読んでいません。
(上記も十分鉄板ですが…)
元々ハードボイルドが苦手だったのですが、冒険小説自体は好きなのでこれからはいろんなSFを読みたいと思っております。

何か「これを読め!」という本はありますでしょうか?
好みとしては上記の中ではダントツで「アルジャーノン」が好きです。(人生で読んだ中でもベスト5に入るくらい)
本屋で気になった本としては「月は無慈悲な夜の女王」と「虎よ、虎よ!」です。(聞いたことのあるかつあらすじが面白そうだったので)
よろしくお願いします。

最近SFを好きになり、いくつか読んでいるのですが、オススメはありますでしょうか?
あまり最近の作家ではSFは興味がないので、有名ドコロの基礎編的な小説を読みたいと思っています。
(日本の作家は筒井康隆、星新一、小松左京あたりは子供の頃いくつか読んだので海外作家で)
ちなみに最近読んだのは

・アンドロイドは電気羊の夢をみるか?
・1984
・アルジャーノンに花束を
・華氏451

などです。他にもいくつか読みましたが、アーサー・C・クラークやロバート・A・ハイラインなどの超鉄板はまだ読んでいませ...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんが最近読んだ4作、私も以前読みました。
どれもなかなか良い作品ですよね。

『虎よ、虎よ!』は面白かっけれど、『月は無慈悲な夜の女王』は私にはイマイチでした(ハインラインは1950年代以前の作品が私の好みです)。

それはさておき、下記サイト
 「SF本の雑誌・SFオールタイムベスト100版」 http://sf.lovelove.jp/ATB/trial.cgi」
はきっと参考になると思います。
そこに挙げられているベスト100作品ならどれでも間違いないでしょう。

なお上記ベスト100の中から海外古典SFということで私のオススメなのは、
・ 『中継ステーション』C.シマック
・ 『レンズマン・シリーズ』E.E.スミス
・ 『幼年期の終わり』A.C.クラーク
・ 『タイム・マシン』H.G.ウェルズ
あたりですが、好みは人それぞれなので、ご自分で探してみてください。

Q墓誌は横書きでもいいのでしょうか?

墓石に横書きの文字を入れることになり、それに合わせて墓誌も横書きにしようと思っていましたが、石材店の方から「墓誌の文字を横書きで刻むのはあまり例がない」と言われました。横書きで刻むことは何か問題があるのでしょうか?調べてみたのですが、よく分かりませんでした。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

石屋です。

通常売られている墓誌板は縦書きすることを考えて造られたものです。
ですので横書きにした場合、見た目に落ち着きがないものとなってしまう可能性が有ります。
石材店さんにお願いして横書きに見合う墓誌板をデザインして作ってもらうと良いと思います。

Q古典・名著にまつわるエピソードを教えてください

例えば、
・『韓非子』を読んだ始皇帝が、「この著者に会えたら死んでも思い残すことはない」と言ったとか、金が宋の都に侵攻したとき『資治通鑑』と『東坡全集』を捜して手に入れよとの命が下ったとかの、伝説や歴史的な話
・萩原延寿が留学中にE.H.ノーマンの『日本における近代国家の成立』の全文を写して英語の文章力アップを図ったなど、人と名著との付き合い方にまつわるエピソード
・友野霞舟が子供のころ痘を患ったときのうわ言がみな『文選』の賦だったなど、古典への入れ込み具合を伝える逸話
・『谷間の百合』の執筆動機が、バルザックに厳しかったサント・ブーヴの『愛欲』を仕返しに「書き直してやる」ことだったなど、名作誕生の裏話
こんなので御存知の話を教えてください。

※スタンダールの小説で、主人公がラテン語の新約聖書を滔々と暗誦する場面がありますが、フィクションに登場するエピソードでも構いません。
※巨人の桑田投手が問題を起こしたとき、セリーグのお偉方から武者小路実篤の『人生論』が送られたなんてことがあったようですが、比較的最近の話でも結構です。
よろしくおねがいします。

ついでに何か御自身のエピソードをお持ちでしたら、ぜひどうぞ。

例えば、
・『韓非子』を読んだ始皇帝が、「この著者に会えたら死んでも思い残すことはない」と言ったとか、金が宋の都に侵攻したとき『資治通鑑』と『東坡全集』を捜して手に入れよとの命が下ったとかの、伝説や歴史的な話
・萩原延寿が留学中にE.H.ノーマンの『日本における近代国家の成立』の全文を写して英語の文章力アップを図ったなど、人と名著との付き合い方にまつわるエピソード
・友野霞舟が子供のころ痘を患ったときのうわ言がみな『文選』の賦だったなど、古典への入れ込み具合を伝える逸話
・『...続きを読む

Aベストアンサー

ビクトル・ユーゴーが「レ・ミゼラブル」の売上が気になり、出版社に「?」という手紙を送ったら、「!」という返事が来た。世界一短い手紙のやりとりである。
森鴎外のこどもが、みんな変わった名前なのは、どうしてだろう、と思っていたが、ごく最近ドイツの人名なのだと気がついた。
私の知っている程度のことは、みんな本のあとがきやプロフィールに書いてある程度のことなので、お恥ずかしいです。

Q年賀状の宛名は縦書き?横書き?

こんにちは。
年賀状を作成しています。
賀状面を縦に使い横書きする場合の宛名面は
    横に使い横書きする場合の宛名面は
縦・横書きするのがいいんでしょうか?
決まってなければいいんですが、もし横書きする場合は宛名も横とか決まっていれば教えて下さい

Aベストアンサー

どちらという決まりはないのではないでしょうか?

私は、賀状面が縦でも横でも、いつも縦書きにしています。
字が大きいので、横だと辛いのと、横にすると、
上下があきすぎて、何か違和感があるからです。

一方、友達は、賀状面に関係なく、いつも横書きです。
小さく綺麗にまとまっているので、そういう方ならそれでも
問題ないと思います。

上の方にはやはり縦書きの方が良いのではないでしょうか?
横で書いてくる人は友達以外いないので・・

Q読みだしたらとまらない本!

私はとても読書が好きです。
ですが、最近おもしろい本と出合えずにいます。
そこで皆さんのオススメの本を教えてください☆
私が面白いと思った本!
山田悠介さんシリーズ
乙一さんシリーズ
エターナルマインド(マインドシリーズ)
暗いところで待ち合わせ
13ヶ月と13週と13日と満月の夜

などです!

Aベストアンサー

こんばんは。
ファンタジーでしたら、私も『十二国記』がイチオシです。

それと、上橋菜穂子さんの『守り人』シリーズ(精霊の守り人から始まります)、
香月日輪さん『妖怪アパートの幽雅な日常』シリーズ(全10巻)などはいかがでしょう?
あと茅田 砂胡さん『デルフィニア戦記』なども。

他のジャンルでよろしければ、
奥田英朗さん『サウスバウンド』(上下巻)、石田衣良さんの『IWGP』シリーズ
等いかがでしょうか?

お好みに合うものがあればいいんですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報