外為市場とか証券市場は、当然、オンラインで各業者が繋がっているので、あの会社だと何円、ここだと何円とか、マチマチにならないのでしょうか?
となると、昔のようにオンライン無き時代はどうしていたのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>マチマチにならないのでしょうか?


株や債券はなりません。
株は証券取引所~証券会社~ユーザ
となっていますが、取引価格は
そのままにユーザに提示されます。

昔、株は証券取引所で場立ちが
売り買いをしていました。
価格の情報には時差がありましたが、
電話で証券取引所にいる証券マンと
やりとりしながら、取引していました。

為替取引の流れは、
インターバンク(金融機関)
~外為業者~ユーザ
ですが、
為替はFX業者がインターバンクでの
取引をまとめないと取引が成立しない
ので、レートの時差やスプレッドが
発生する場合があります。

本来インターバンクのレートに
スプレッドはありません。

為替は銀行ではその日のレートを
午前10時ごろに決め(仲値公示)
その価格でその日の売値、買値を
決めていました。これは今でも
そうなっています。

外貨預金や外貨MMF等の金融商品
が出てくるともう少しリアル性が
改善されましたが、売値、買値の
価格差は今でもFXの1000倍以上
違う場合があり、呆れてしまいます。

いかがでしょうか?
    • good
    • 0

時々 映像で 「場立」 って 寄ってたかって、手の指でサイン出して取引している場面があるでしょ。


あれです。

客は黒電話で証券会社にオーダー出して、証券会社は場立のメンバーにそれを伝える。それで売り買いが行われる。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング