スノーボードってスキーより難しいですか?僕は、スキーを3回したことがあります。スノーボードカッコいいからやってみたいです!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

スキーもスノボも両方します。


どちらも指導員をしています。
スキーを3回経験しているのでしたら、スノボを始めても、習得は早いかとおもいますよ。
スノーボードはかっこいいので、今時の若者の大半は、スキーよりもスノボから始めます。8割以上はそうですね。
スキーとスノボでは楽しみ方が若干違うので、どちらも楽しいのは間違いないけれど、アクティブさではスノボの方が楽しいでしょう。

ぜひ、スノボにチャレンジしてください。
また、何かアドバイスが欲しければ、聞いてください。

難しいかと聞かれれば、
それは人に依ります。
「簡単だよ、誰でもできるよ。」とう人の言葉は信用できません。
簡単に行かない人もいるからです。
長年、指導員をしていますから、早く上達した人も、苦労した人も見てきています。
でも、諦めずに頑張れば、必ずスノボの楽しさが味わえると思います。
頑張ってください。
    • good
    • 0

スキーも3回なら、まだスキーの感覚とかクセとか付いていないからスノーボードを始めてもすぐに上達すると思います。


実際、スノーボードの方がスキーより早く覚えられます。
    • good
    • 0

私はスノボの方が簡単でした。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキー経験者にボードははいりやすい?

スキーが好きなのですがあまり上達しなしくて、
初級と中級のボーダーラインにいるような状態です

スキーは持っていないので毎回レンタルしています
で、ボードセットで安いのを見つけたのでボードに転向しようかと迷っています
スキーとボードって全然違いますか?
考えが甘いでしょうか?
またボードのメンテナンスって大変ですか?

Aベストアンサー

スキーからボードに転向したものです。
全く違うと言う人もいるでしょうし、スキーをやってた人は上達しやすいと言う人もいますね。スキーをから入った人はボードもできるけど、ボードから入った人はスキーができないとも言われます。ボードから入ってスキーへ転向する人がいないだけかもしれませんが。

ここからは私の個人的意見です。
全く違うものではないと思います。体の動き、体重のかけ方は確かに違います。しかし、同じ雪上、そして膝をうまく使わなければいけないところ、バランスを取らなければいけないところは一緒だと思っています。

まだスキーも中級手前のようですし、パラレルターンができるところでしょうか?あまり難しく考えずにボードにチャレンジしてみれば良いと思います。スキーがプロ級だからといってボードを始めていきなり滑れる人なんていません。誰だって最初はこけるんです。へっぴり腰だったりするんです。転向して、合わなければスキーに戻れば良いんです。1回チャレンジしただけでスキーに戻るのはやめて下さいね。

ボードのメンテナンスは徹底的にやれば大変ですが簡単にすれば簡単です。http://www.geocities.jp/hijikawastorm/sub20.htm

スキーからボードに転向したものです。
全く違うと言う人もいるでしょうし、スキーをやってた人は上達しやすいと言う人もいますね。スキーをから入った人はボードもできるけど、ボードから入った人はスキーができないとも言われます。ボードから入ってスキーへ転向する人がいないだけかもしれませんが。

ここからは私の個人的意見です。
全く違うものではないと思います。体の動き、体重のかけ方は確かに違います。しかし、同じ雪上、そして膝をうまく使わなければいけないところ、バランスを取らなければい...続きを読む

Qスキー or スノボ どっちがやりやすいですか?

個人差もあるとは思いますが、よろしくお願いします。

とあるイベントに参加するんですが、スノボかスキーを数時間滑る時間があります。
前に2回ほどスノボを選択して参加したんですが、クツと板のつけ方も分からないほど
の初心者で、友達もつけ方が分からず傍に居た参加者(初対面)に聞いてなんとか
つけました。

いざ滑ってみると、滑れないというより、とにかく恐怖!
直進で滑るのが精一杯なんですが、でもまっすぐ下りるとどんどん加速して><

上級者の滑りをみて体重移動をやってみるものの、傾斜のせいか腰が引けてるのか
どんどん左に寄って行きます。
なのでスケボーみたいにしてジャンプしてまっすぐにするんですけど、気がつけば
左に・・・・・。

教えてもらう人とかもいないので、何をどうしたらいいか分からず終りました。

なので今年はスキーにしてみようかと思うのですが、スキーも同じくらい難しいですか?
(ちなみに教えてくれる人は今回もいません。メインは別なんで)
スピード感が怖いのでゆっくり滑れるとまだいけるかな?と思うんですが、スキーも
早いですか?無理して骨折するとメインイベントに参加出来ないので、無理はしない
つもりでいます。

滑らないという選択肢もあるんですが、一緒に行く人が滑るので私もどっちかは
選ぼうと思ってます。よろしくお願いします。

個人差もあるとは思いますが、よろしくお願いします。

とあるイベントに参加するんですが、スノボかスキーを数時間滑る時間があります。
前に2回ほどスノボを選択して参加したんですが、クツと板のつけ方も分からないほど
の初心者で、友達もつけ方が分からず傍に居た参加者(初対面)に聞いてなんとか
つけました。

いざ滑ってみると、滑れないというより、とにかく恐怖!
直進で滑るのが精一杯なんですが、でもまっすぐ下りるとどんどん加速して><

上級者の滑りをみて体重移動をやってみるものの、傾斜のせ...続きを読む

Aベストアンサー

ゲレンデ初心者の方は、スキーのほうが楽だと思います。

ボードは両足が一枚の板に固定されてしまうので、バランスをとるのが難しいです。
スピードの調整やターンも慣れるまで時間がかかるかと思います。
「木の葉すべり」という、初心者向けの滑り方もあります。
斜面に対して板を横にして、右に体重をかけて右斜め下にむかっていく。
ゲレンデの端のほうまできたら、またそのまま左に体重をかけて左下に向かっていく。
ゲレンデを横に使うほうが斜面がゆるくて安全ですが、落ちないように気をつけてください。
止まる時は両足でかかと側に体重をきゅっとかけます。つま先側をあげる感じです。
止まらない!と思ったら、しりもちをついてください。
転ぶ前に自分からしりもちをつくほうが安全です。

スキーは初心者は「ボーゲン」という滑り方です。
板をつま先側を閉じてかかと側を開いた八の字にします。
そのまま滑っていき、止まる時は足の内側に力を入れ、板を外側に押します。
内股にする感じです。内側のエッジを立てて止めるのです。
このときもゲレンデを直進するのではなく、斜めに進んでいってください。
ゲレンデを横断するようで気が引けますが、車と一緒で、初心者の人には近づかないようにみんな注意してくれるので大丈夫です。

文章で読んでもよくわからないと思うので、あくまで参考にしてくださいね。
図解などがあるサイトを探してみるともう少しイメージしやすいかもしれません。
一番は誰かに実際に教えてもらえることですが・・・。

慣れている人でも骨折するスポーツです。
安全に楽しんできてください。

ゲレンデ初心者の方は、スキーのほうが楽だと思います。

ボードは両足が一枚の板に固定されてしまうので、バランスをとるのが難しいです。
スピードの調整やターンも慣れるまで時間がかかるかと思います。
「木の葉すべり」という、初心者向けの滑り方もあります。
斜面に対して板を横にして、右に体重をかけて右斜め下にむかっていく。
ゲレンデの端のほうまできたら、またそのまま左に体重をかけて左下に向かっていく。
ゲレンデを横に使うほうが斜面がゆるくて安全ですが、落ちないように気をつけてください。...続きを読む

Q30代の女です。運動神経が鈍い=スノボは難しい?

お世話になります。

彼がスノボが大好きな人です。
私もやってみたいと思うのですが
いかんせん運動神経が鈍いのです。

それと速度が速いのは怖いのです。
※メリーゴーランドも怖いのです。
スノボって難しいでしょうか?

先日、彼が一人で行ってきて
「カップルが多かった」と言いました。
一緒に楽しめたら良いんだろうなぁと思いました。

スノボのグッズ=ボードやブーツを見るのは好きです。
スポーツってやってみないとわからないでしょうか?

以前、原付の講習でも私は曲がることができずに
他の大勢の人達とは別メニューになりました。
私だけ・・・とにかく「自信」がないのです。

スノボは彼に飽きたら暇だよとも言われて・・・
面白くなかったら、広いスキー場でどうしたらいいのかも課題です。
スクールに入ったとしても遅れて迷惑にならないか不安です。

そもそもスノボって色んなスポーツの中で難しいのでしょうか?
「やってみたい」という気持ちを大切にして挑戦したらいいでしょうか?
アドバイスをください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まずはレンタル装備でスクールに挑戦してみて、イケそうなら続けてみる。

どうしても無理なら、彼も次回から無理には誘わなくなるでしょうね。

やる前から悩んでいてもしょうがないですよ~(笑



ちなみに自分はスキー経験、スケボー経験ありの状態で初スノボの時、転びまくりでした。

はじめからうまくは行きません

うまくいくかより、楽しいかどうか

あと、臆病に滑った方が大ケガしづらいのでかえって安全です


楽しい冬を!

Qスキーウェアとスノボウェアって違うの?

今度、初めてスノボをするのですが、スキーウェアとスノボウェアはやっぱり違うのでしょうか?
どのように違うか教えてください。
また、スキーウェアでスノボをすることは無理でしょうか?
知っている方いましたら、ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして、mako1216さん。
僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。
まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、
簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。
スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため
ウェアーは薄めの生地です。(少しゆとりがある作りです)
あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。
あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、ボードウェアには
このガードがついていないものもあります。ということ。
このようなことがあげられますが、スキーウェアーでボードができないことはありません。防水スプレーを尻のあたりを防水加工しておきましょう。
しかし、ウェアーより手袋の方が大きな違いがあります。
ボードのウェアーは、二重構造(中にフリースの手袋)のものが多いです。
(金具を閉めたり、靴紐を縛ったりしやすくするため)
あと、ボードの手袋は手の甲や手首と言ったところにプレートが入っているものもあります。あと生地が皮製品ではなくビニール製品になります。
(これは、スキーと違い、ボードは雪面に手をついてすべるため、手首の保護や手袋の湿りを減らすためです)
ですので、スキーウェアーでボードをするときは、中にパットをはめて
手袋はボード用を使用したほうが良いとおもわれます。

はじめまして、mako1216さん。
僕は、スキー用品店で5年ほどバイトをしていたものです。
まず、スキーウェアーとボードウェアーの違いについてですが、
簡単に言いますと、ウェアーの厚みが違います。
スキーに比べて、ボードはケツパットや服などを中に着込むため
ウェアーは薄めの生地です。(少しゆとりがある作りです)
あと、ズボンの大きな違いは、肩ベルトあるなしです。
あと、NO5の回答に書かれているようにスキーウェアにはエッジでパンツの裾を切らないように ガードがついているのですが、...続きを読む

Qカービングと普通スキーの違いとは?

カービングスキーと、普通スキーは何が違うのでしょうか?それによって、滑りももどのように変わってくるのでしょうか?

また、カービングターンとは何でしょうか?

わからないことだらけですが、ご教示お願いします。

Aベストアンサー

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターンを一般スキーヤーにも可能にしたマテリアル(スキー板など)です。ちなみに、カービングターンとは、「横ズレの極力少ないターン」のことで、スキー板はエッジングを弱くした状態でターンしようとすると、ずれやすくなり、逆にエッジングを強くすればするほど(脚の傾きを大きくすればするほど)、スキー板はずれにくくなり、サイドカーブに近いターン弧となります。ですから、カービングターンをしてくるスキーヤーは倒れてしまうんじゃないかと思うくらい、身体(体軸)を傾けて滑ってきます(決して、内倒とは異なります)。 カービング自体が、マテリアルも技術理論も年々進化しており、現在では、ターンの分類として、「トップコントロール」、「テールコントロール」それらを組み合わせた「トップアンドテールコントロール」、「テールアンドトップコントロール」となり、横ズレを伴う「スキッディングターン」とは大別されています。 また、全日本スキー連盟(SAJ)の市野企画委員長は、カービングターンを「私は、カービングターンとは、内向、内傾、内スキー始動ということを言っています。」とおっしゃっています(参考URL参照)。 最近は、マテリアル(カービングスキー板)自体が進化しており、初心者でもレールターンを行うことによって、掘って滑るcarvingターンは簡単なものとなってきました。ただし、それを真の意味でカービングターンに仕上げるには、SAJの市野企画委員長がおっしゃるとおり落下運動を回転運動に変えてやる、スキーヤーの運動(内向、内傾、内スキー始動)が不可欠となってきます。それがスキー技術そのもので、そこがスキーのおもしろみでもあります。 具体的には、ターンの局面のうち、切り換え期においてスキーヤーは上体の内向を行い、次のターン始動期では内スキー始動(これにより、カービング板の幅広のトップが雪面をいち早く捉えてくれます)を行い、舵とり期に内傾を強め、先に述べた板のエッジを立てエッジングを強め横ズレしないカービングターンを雪面に描きます。そして、次の切り換え期に移るという運動を繰り返してターンしていきます。これは、大回り(ロングターン)でも小回り(ショートターン)でも基本的な部分は変わりません。

参考URL:http://www.saj-edu.ne.jp/edu2003/saj-demo/saj-demo-riron.html

答えから言います。カービングスキーと普通のスキー(従来のスキー板:ノーマルスキー(すでに死語?))は、構造自体が大きく異なり、それによって滑りもカービングターンとスキッディングターンと大きく異なります。   カービングスキー自体の意味は、「〔carving は切る、刻む(掘る)の意〕で、鋭い回転を可能にするために、トップとテールの幅を広げて中央部を狭くしたスキー板」と定義されるかと思います。カービングスキーが登場する前のかつて(もう15年以上前)は、超上級者しか可能でなかったカービングターン...続きを読む


人気Q&Aランキング