今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

会社法の取締役の第三者に対する責任に関しての判例で
損害範囲に対する学説
直接損害説
間接損害説
両損害包含説
3つが出てきたのですが、良く理解できませんそれぞれの違い等分かる人説明お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

長文失礼します。


直接損害とは、取締役が職務を行うにつき悪意または重大な過失ある行為によって直接に第三者に生じた損害です。間接損害とは、取締役が職務を行うにつき悪意または重大な過失ある行為によって会社に損害が生じ、ひいて第三者に損害が生じたときの損害です。

第三者責任(会社法429条1項)を不法行為(民法709条)の特則と解する見解(判例の反対意見)からは、直接損害限定となります。この学説からは民法709条の故意または過失を会社法429条1項が悪意または重大な過失と塗り替えたと解釈しています。なので、あとの要件は第三者に対する権利侵害と、権利侵害と因果関係ある損害ですから、直接損害。

会社法429条1項を法定特別責任と解する見解(判例の法廷意見)からは、両損害包含説がでてきます。悪意重過失の対象は任務懈怠であると解します。だから民法709条の権利侵害は会社法429条1項の要件ではない。そして、条文にはこれ(任務懈怠)によって第三者に生じた損害を賠償する責任を負うとあるので、因果関係があるかぎり直接損害・間接損害を分ける必要はないというのです。直接損害なのか間接損害なのかどちらともいえる事例が多いこともあり、判例は両損害包含説です。

また、会社法429条1項を法定特別責任とする学説の中には、第三者保護の法定特別責任ということは、会社債権者保護のことだよね、と理解し、それならば債権者代位(民法423)とおなじじゃんと考えるものがある。そうすると、取締役の悪意重過失ある任務懈怠で会社に損害が生じたときは、会社は会社法423条1項の損害賠償請求権があるので、これに債権者が代位できるように定めたのが、会社法429条1項だね、として、間接損害限定説がなりたっています。

まあ、会社法の教科書のたぐいにはたいてい書いてあるので、それを見てください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社法429条1項の役員等の第三者に対する責任について質問させてくださ

会社法429条1項の役員等の第三者に対する責任について質問させてください。

会社法429条1項では、悪意・重過失の対象が「職務を行うについて」となっています。
これによって民法の不法行為とどう違ってくるのでしょうか?
悪意については、会社法は会社に対する任務懈怠についての悪意であり、民法では第三者に対する権利侵害というように異なるのは分かります。
ただ、過失の方に関しては何か違いがあるのでしょうか(会社法は重過失、民法は過失という点を除いてですが)?

Aベストアンサー

 NO2です。補足に対する回答です。

 最高裁判決昭和44年11月26日大法廷判決がモデルケースです。このケースは、不渡りとなった約束手形の所持人が、相手方会社の名目取締役(会社の信用を高めるために名前を貸すだけの取締役)に損害賠償請求をした事案です。

 取締役である以上、任務懈怠を認めることは出来ます。しかし、名目取締役は業務執行に一切かかわっていない(手形の振り出しに一切かかわっていない)ため、手形の所持人に対する故意・過失を認めるのは困難です。つまり、民法上の不法行為を認めるのは困難です。

 このように、任務懈怠につき重過失が認められるからといって、直ちに第三者への加害行為に対する過失が認められるとは限りません。


人気Q&Aランキング