gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

会社法の取締役の第三者に対する責任に関しての判例で
損害範囲に対する学説
直接損害説
間接損害説
両損害包含説
3つが出てきたのですが、良く理解できませんそれぞれの違い等分かる人説明お願いします。

gooドクター

A 回答 (1件)

長文失礼します。


直接損害とは、取締役が職務を行うにつき悪意または重大な過失ある行為によって直接に第三者に生じた損害です。間接損害とは、取締役が職務を行うにつき悪意または重大な過失ある行為によって会社に損害が生じ、ひいて第三者に損害が生じたときの損害です。

第三者責任(会社法429条1項)を不法行為(民法709条)の特則と解する見解(判例の反対意見)からは、直接損害限定となります。この学説からは民法709条の故意または過失を会社法429条1項が悪意または重大な過失と塗り替えたと解釈しています。なので、あとの要件は第三者に対する権利侵害と、権利侵害と因果関係ある損害ですから、直接損害。

会社法429条1項を法定特別責任と解する見解(判例の法廷意見)からは、両損害包含説がでてきます。悪意重過失の対象は任務懈怠であると解します。だから民法709条の権利侵害は会社法429条1項の要件ではない。そして、条文にはこれ(任務懈怠)によって第三者に生じた損害を賠償する責任を負うとあるので、因果関係があるかぎり直接損害・間接損害を分ける必要はないというのです。直接損害なのか間接損害なのかどちらともいえる事例が多いこともあり、判例は両損害包含説です。

また、会社法429条1項を法定特別責任とする学説の中には、第三者保護の法定特別責任ということは、会社債権者保護のことだよね、と理解し、それならば債権者代位(民法423)とおなじじゃんと考えるものがある。そうすると、取締役の悪意重過失ある任務懈怠で会社に損害が生じたときは、会社は会社法423条1項の損害賠償請求権があるので、これに債権者が代位できるように定めたのが、会社法429条1項だね、として、間接損害限定説がなりたっています。

まあ、会社法の教科書のたぐいにはたいてい書いてあるので、それを見てください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング