山などの長い急な坂道(10キロ以上)を登っていると、エンジンの吹き上がりが悪くなりエンストするのですが、どこが悪いのでしょうか?
エンスト後すぐには、エンジンがかからず。数分たつと何も無かったように動きます。
一応工場で見てもらったのですが、直らないので教えてください。
普段の平地走行は、いたって調子が良いので取り敢えずは問題ありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

上記のような症状が出る症状が幾つかありますので、記載します。



第一にオーバーヒートですが、水温計の針は正常位置に入っているでしょうか?もしも、ヒート気味であれば速やかに修理することが必要です。そのままで走行を続けると最悪の場合エンジン焼きつきも考えられます。

燃料キャップの不良。燃料キャップには燃料が従って燃料タンクの中に空気を導入する機構がついています。これが壊れてしまうと、燃料が減った分だけタンク内の気圧が下がり燃料を吸い出せなくなってしまいます。登坂などの大きな負荷がかかるところでは、燃料の減りも早くタンク内の圧力が下がりやすいためではないでしょうか。平地などの軽負荷では、燃料の減りが遅くタンク内のガソリンが揮発することで圧力の低下が抑えられるので、症状がでないのでは、また数分間置くことでタンク内の圧力が正常に戻り再始動可能になると思われます。

キャ二スターの不良。自動車にはキャ二スターと呼ばれる炭化水素(燃料の蒸発ガス)放出防止装置がついています。この装置はエンジン停止中にタンク内で発生した燃料の蒸気をキャにスター内部の活性炭に吸着させておき、エンジン運転中にエンジンに吸い込ませて燃やしてしまうというものです。この装置の中のバルブ(タンク内の圧力が外気の圧力よりも高い場合に開く)が壊れるとタンク内にエンジンが発生する負圧(外気圧よりも低い圧力)がかかってしまい、タンク内が真空になり燃料が吸い出せなくなります。

2番目・3番目の場合はエンストした後にすぐガソリンキャップを開けると空気の吸い込みがあるので、発見は容易でしょう。また、これらが原因であればキャップをあけて空気を吸い込ませればすぐ始動可能になるはずです。キャ二スターの不良かキャップの不良かを見分けるのには少々テクニック(それ程でもないが)が必要ですが、キャ二スターを見つけることができれば、特別な道具は必要ありません。キャニスターは通常エンジンルームにあり、樹脂製の筒型をしています。通常ゴム製のホースが2本から3本取り付けられています。キャニスターの位置が確認できたらキャニスターとエンジン(インテークマニホールド)をつないでいるゴムホースをキャニスターがわで外し、外したゴムホースに適当なビスなどで栓をします。この状態でエンストを起こす状況を再現して、症状が改善されればキャニスターの不良と考えてよいでしょう。この場合そのままにせずキャニスターを交換し、ホースを元に戻します。上記の処理で改善が見られないときは燃料キャップを交換すればOKでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

温度計には異常が無かったので、キャップかキャニスターなのでしょうか?
今度の休みにでも、とりあえず山に登ってみてキャップを開けて見たいと思います。
ご回答いただきありがとう御座いました。

お礼日時:2001/06/25 21:03

エアーフィルターが目詰まりしたりしてませんか?



フィルターが詰まると、山道では空気の供給が滞ってエンジンが調子悪くなった
りしますけど・・・。だんだん平地でも症状が出てくるようだとフィルターを
疑った方がいいと思います。

既にチェック済みだったらすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

エアフィルターは、きれいに見えたので交換はしていませんでした。
今度ホームセンターで買ってきて、自分で交換してみようと思います。
ご回答ありがとう御座いました。

お礼日時:2001/06/25 18:30

私も前に同じような状態になりました。

それで、何度も修理に出したのですが、原因がわからず、ずっと困っていました。

で、私の場合ですが、エンジンにガソリンを入れる所(詳しくないので、曖昧な説明で済みません。)にフィルターがあるのですが、それを交換すると直りました。色も全然黒くなってませんでしたが、透明なごみがつまると、見えないけど、エンジンにガソリンが十分に供給されないらしいです。で、それは、普通の道だと大丈夫だと、坂道になるとダメだったようです。平地でもダメな場合は、点火プラグを疑うらしいんですけどね。

違ってたら、済みません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうござます。
フィルターですか。コンピューターは何度も見ていただいたのですが、燃料系のフィルターは見ていただいていませんでした。
今度見ていただくようにします。

お礼日時:2001/06/25 18:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGSで給油時に、キャップを開けて減圧の音がしない

ガソリンスタンドに給油に行き、給油口のキャップを開けると、「プシュー」って感じの音がしなくなった気がします。こんな場合、どこの箇所の故障などの可能性があるのか?が気になっています。


車は、三菱製FTO-GPX 2,000CCのMIVECになり、平成7年式走行距離は7万kmです。


新車で平成7年に購入し、15年くらい経った時に、タイミングベルト交換は行いましたので、ウォーターポンプ等一式交換をしています。


それ以外は、燃料フィルター・燃料ポンプ等交換していない気がします。


ハイオクガソリンを入れていますが、半年くらい前から給油口を開けた時に、「プシュー」という音がしなくなった気がします。それ以降1週間に1度給油してチェックしていますが、2月に1度減圧される音が聞こえたものの、それ以外しないみたいです。


今日出かける時に、エンジンを掛ける時に、ジーって感じの音が5秒くらい鳴って止まりますので、そこでエンジンを掛けたりすることもあり、燃料ポンプは普通に動いているような気がしました。


チョイ乗りが多いので、走行距離は少なくて、チェックランプ点灯もしないので、パーツ交換はおろそかになっている感じはあります。


家族の車を給油する際に、「どうして私の車は減圧の音がしないのか?」ということが気になっています。


給油に燃料キャップを開ける時というのは、音がするのが普通でしょうか?それともしないこともあるのでしょうか?


パーツの交換を含めて、「ここが寿命で悪いのではないの」というアドバイス等あれば教えてください。今年車検を迎えるのですが、可能であればあと2年くらい乗りたい気持ちがあります。


素人の質問で恐縮ですが、よろしくお願いします。

ガソリンスタンドに給油に行き、給油口のキャップを開けると、「プシュー」って感じの音がしなくなった気がします。こんな場合、どこの箇所の故障などの可能性があるのか?が気になっています。


車は、三菱製FTO-GPX 2,000CCのMIVECになり、平成7年式走行距離は7万kmです。


新車で平成7年に購入し、15年くらい経った時に、タイミングベルト交換は行いましたので、ウォーターポンプ等一式交換をしています。


それ以外は、燃料フィルター・燃料ポンプ等交換していない気がします。


ハイオクガ...続きを読む

Aベストアンサー

多分、「燃料蒸発ガス排出抑止装置」(チャコールキャにスター)の不具合と推測されます。

エンジンルームのバルクヘッド部付近に付いている、黒い円筒形の部品です。

Qアイドリング中にエンジンが止まる

カペラワゴンH10年式に乗っています。
ここ2~3週間ほどですが、信号待ちなどアイドリング中にエンジンの回転が不安定になり、止まりそうになります。ちなみに今日は信号待ち6回中、3回止まりました。

ATですが、ギヤは何処にいれても変わりません。冷えている時や走行中等、回転が高い時は異常ありません。なんで・・・?

Aベストアンサー

これは「アイドル回転を維持できない」ということですね。
「冷えている時や走行中等、回転が高い時は異常ありません」から、ファーストアイドル系は正常。つまり、ファーストアイドルを決める水温センサは正常です。加速時の息つきもないようですから点火系も正常でしょう。エンスト後の再始動が困難でないようですから燃料が濃いすぎてエンストしたのではないでしょう。
するとアイドル回転を続ける空気量(当然、燃料も)が少ないという問題でしょう。この車のエアフロはカルマン渦式ですから、汚れには強い。アイドル時の小流量の測定ミスはまず除外していいでしょう。むしろ、エアフロの後から空気を吸い込んでいないかが問題です。
次は、アイドルスイッチが閉じているか、です。アイドルであるとECUが認識しなければ、アイドル回転数を制御できませんから。これは整備工場で見てもらうしかありません。

そこで結論は、すでに複数の方が指摘されていますが、スロットルボディの汚れを落とすことに賛成です。これが一番簡単で安上がりです。ほかに原因があるとしても、整備工場が一番初めに目をつける所です。
整備工場へ行く前に次のチェックを。暖機完了後、停車状態で、エアコンオフ、ランプオフで、シフトをN→Dにしたとき、ちょっと回転数が下がって安定する。D→Nにしたとき、ちょっと上がって安定すること。何回かチェックしてエンストしそうになったら、まずアイドル制御系に不具合があります。
参考までに、アイドルスピード制御の理屈をユーノスロードスターを例に。どなたが作成されたのか知りませんが非常にわかりやすいので勝手に紹介します。「アイドル不調」で検索しました。
http://www.asahi-net.or.jp/~VS6N-MRYM/zatu/iscv/iscv.html

これは「アイドル回転を維持できない」ということですね。
「冷えている時や走行中等、回転が高い時は異常ありません」から、ファーストアイドル系は正常。つまり、ファーストアイドルを決める水温センサは正常です。加速時の息つきもないようですから点火系も正常でしょう。エンスト後の再始動が困難でないようですから燃料が濃いすぎてエンストしたのではないでしょう。
するとアイドル回転を続ける空気量(当然、燃料も)が少ないという問題でしょう。この車のエアフロはカルマン渦式ですから、汚れには強い...続きを読む

Q停車時、一瞬回転数が落ち、振動有り

H9年式のエスティマです。走行は、13万Km

最近、信号待ちで停車していると、ガンと振動が着ます。
メーターを見ると、振動がある時に回転数が一瞬、落ちます。
感じ的には、その一瞬だけ、燃料の噴射が途切れてるなんて、素人の私のイメージです。
クリープ走行時にもなる時があり、振動的には、ノッキングの様な振動です。(単発一回)
バックする時も同様。
ただ、パーキングになっている時はなりません。
ドライブにて、停車時、ブレーキを踏んでいる状態であれば、信号待ちの2~3分の間に1回~3回ぐらい起こります。

普段、街中走行時は気になりませんでしたが、先日、高速道路にて走行時一定のスピードの時もなんとなくなっているような感覚がありました。

エンジンオイルは年一回程度にて交換、ATオイルは、古いので、今更交換すると、ゴミ等が出て、不具合が出やすいとの事で、交換しない方が良いと言われ、交換した事がありません。
その他、車検で、一般的なもの意外の交換、修理もありません。

突然エンジンが止まり、壊れて動かなくなってしまわないか、ひやひやし、心配なので、遠出を控えている状態です。(宝くじ当たらないかなー)

古い車種、走行K等の理由かも知れませんが、お解かりになる方いらっしゃいましたら、アドバイス、宜しくお願いします。

H9年式のエスティマです。走行は、13万Km

最近、信号待ちで停車していると、ガンと振動が着ます。
メーターを見ると、振動がある時に回転数が一瞬、落ちます。
感じ的には、その一瞬だけ、燃料の噴射が途切れてるなんて、素人の私のイメージです。
クリープ走行時にもなる時があり、振動的には、ノッキングの様な振動です。(単発一回)
バックする時も同様。
ただ、パーキングになっている時はなりません。
ドライブにて、停車時、ブレーキを踏んでいる状態であれば、信号待ちの2~3分の間に1回~3回ぐ...続きを読む

Aベストアンサー

P・Nレンジでは発生しないが負荷が掛かっていると発生する、一定速走行(アクセルを絞った感じ)でも発生するのであれば、スパークプラグの失火ではないでしょうかね、またはハイテンションコードのリークなども考えられます。
一度、点火系の点検をしてみたいところですね。スパークプラグの交換歴はどうなっているのでしょうか?また、ハイテンションコードのリーク跡の点検も必要な気がしますが。
ご参考になれば幸いです。

Qアイドリング不安定 と エンジンオイル交換

ゴルフ2に乗っております。
整備やメンテの事は素人です。

先日ディーラーでエンジンオイルの交換をしたところ、その直後からアイドリングが不安定になりました。
特にエンジン始動後がひどく、エンストもたびたびです。
ディーラーに問い合わせてみるとエンジンオイル交換の件とは関係ないと言われ、
一応見てみるので車を持ってきてくれと言われました。

本当にオイル交換とは関係ないのでしょうか?
修理費等の事もあるので、ディーラーに行く前にどなたか予備知識をください。

Aベストアンサー

原因をエンジンオイルに限定して考えてみますと、メーカー等の違う特定の2種類のオイルが混ざり合った場合に、アイドリングに不調が出るケースがあります。
前回と今回で入れるオイルの種類が変わり、前回のオイルが十分に抜けきっていない状態で、他種のオイルを注入した場合などがそうです。
起こるケースは少ないですが、相性の悪いオイル同士であれば可能性はあります。

この場合、エンジン始動直後は種類が違うオイルが分離しているのでアイドリングが安定性しにくい状態になります。しかしエンジン始動後しばらくするとオイルが混じりあい、アイドリングも比較的安定してくるという特徴があります。

オイル交換を同じディーラーで同じ種類のものに替えたのかどうか確認してみてください。

Qエアコンを使うとエンストするけどなにが原因?(AT車)

 昨年の夏から日中の熱い車内でエアコンを使うと、たまにエンストすることがあります。
 詳しい症状は、
1、エアコンをつけてもあまり涼しくならない。
2、エアコンを使ってしばらくすると、助手席後ろあたりから変な音が繰り返  し鳴り、それと同時に回転数?が上がったり下がったりする。
3、2の状態でドライブで信号待ちしていると振動が起こり、それが強くなる  とエンストすることがある。
4、夜など涼しい時には2や3の症状がでにくい。逆に暑い日ほどでやすい。
5、エアコンを強くするほど症状がでる。
6、補足でバッテリーが古い、等。

 バッテリーが古いので交換すれば直りますか?
 早い話がディーラーとか行けばいいんですけど、考えられる原因を少しは知っといたほうがいいと思いまして。昨年ガソリンを入れるついでにスタンドで診てもらったのですけど、ガスとか入れただけで結局直りませんでした。
 車には素人に近いので抽象的な説明ですいません。逆にできるだけ、素人にもわかりやすい回答をしてもらえると嬉しいいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エアコンを入れたときは、エンジンの回転が多少上昇するように出来ています。(高級車の場合自動補正する物もあるようですが) その理由として、エアコンのコンプレッサー(エアコンガスを圧縮するポンプ)によってエンジンの負荷が増え、アイドリングのような通常無負荷状態の回転数ではエンストしてしまうから。 それを補正するためにアイドリングの回転数を上昇させる部品があります。 この部品が故障すると回転数を上げることが出来ず、いつものアイドリングよりも回転数が下がってエンジンの振動が出やすくなります。

1についてはエアコンガスの圧力が低下していることが主な原因と思われます。 整備工場や、大手カー洋品店で充填することが出来ますが、できるだけ外気温が高い日に持込んだほうが作業がしやすくなり、エアコンの利きも良くなる可能性があります。 最近エアコンガスを入れたばかりという場合は、ガス漏れかガスの入れ過ぎの両面が考えられます。 また、最も基本的な確認場所としてはベルトの張りを見てください。 張りが弱い場合、エアコン、充電ともに能力が低下します。

2の助手席の後ろあたりから変な音がするというのは、エンジンの振動がマフラーに伝わって、極端に震えているのではないかと思います。 試しにエアコンをかけた状態で車の後ろに回ってマフラーを見てみましょう。 ブルンブルンと揺れているはずです。

3は、AT車特有の車は止まっているけどエンジンに負担がかかっている状態(ドライブレンジに入れっぱなし)で更にエアコンの影響から回転が下がってますからエンストしやすくなります。

4の場合、エアコンが適正な温度以下になると自動的に切れるように出来ているので、コンプレッサーによる負荷が減少することが要因と思われます。

5では、強くすればそれだけ送風ファンの消費電力が大きくなるので、その電力を補う為に、オルタネーター(発電機)の負荷が大きくなり、エンジンの回転数も下がりやすくなります。 また、回転が下がると充電効率も下がり、電圧が低下して、バッテリーに大きな負担をかけます。

6のバッテリーが古いの判断は、エンジンをかけようとしたときにスターターの回転が一息つくような症状が出たら即交換です。 場合によってはオルタネーターの劣化の可能性もありますが、バッテリーを2年以上使っている場合は交換したほうが無難です。 オルタネーターの充電能力は、ガソリンスタンドや、整備工場、ディーラーなどで簡単に確認できますし、車検時に確認している『はず』です。

自分で確認できる場所
1.ベルトの緩み(車の取扱説明書に規定の張り具合が指定されている)
2.常にエンジンが軽快に始動する場合、バッテリー、オルタネーターはOK。
3.エンジンをかけてエアコンを使わない状態で問題なく安定しているか?
4.エアコンを作動させてインテークパイプ周り(エアクリーナーからエンジンまで)で、エアコンを使わなかったときにはなかった『シュー』というスプレーを吹いているような音が連続的に出ていないか。 出ていればエンジン制御用の(ゴム)パイプに問題があるので即整備工場へ。(プラスチック製の配線が繋がった部品から音が出ている場合は正常)

エアコンを入れたときは、エンジンの回転が多少上昇するように出来ています。(高級車の場合自動補正する物もあるようですが) その理由として、エアコンのコンプレッサー(エアコンガスを圧縮するポンプ)によってエンジンの負荷が増え、アイドリングのような通常無負荷状態の回転数ではエンストしてしまうから。 それを補正するためにアイドリングの回転数を上昇させる部品があります。 この部品が故障すると回転数を上げることが出来ず、いつものアイドリングよりも回転数が下がってエンジンの振動が出やすくな...続きを読む

Q加速しようとするとノックする

89年式のフォルクスワーゲン:ゴルフ5速MTです。
走行は12万km、車検は今年5月に通っています。

(平坦な道で)普通に加速しようとアクセルを踏むと”カクカク…”という感じでノックします。
2速や3速に入れていても発生します。
登りやカーブでは言うまでもありません。

なお、等速で走っているときは100km/hぐらいでも異常はありません。

原因として、どのようなことが考えられるかを教えて下さい。

Aベストアンサー

まず最初に”カクカク…”という感じでノックします。とのことですが、これは車体に振動を感じるなど加速のスムーズさを欠くと言うことでしょうか?それとも体感上は正常でエンジン部分から異音が発生していると言うことでしょうか?

前者の場合はノッキングではないと思われます。ノッキングとはエンジン内部で起こる異常燃焼の一種でカリカリとかキンキンという金属的な異音を伴いながらエンジンが回転する現象で、この状態に陥ると確かにトルクが急速に落ち込むので加速性などはかなり悪くなりますが、体感できるような振動やスムーズさを欠くような状態になることはまずありません。速度の低い状態で無理に高いギアでアクセルを踏み込んだり、エンジン内部に多量のカーボンが堆積していたり、点火プラグの熱価が不適当である場合に起こります。上記に照らし合わせて症状がノッキングであるならば、まずは点火プラグを外し点検してみてください。点火プラグの先端部分が黒く煤だらけになっていたり白っぽくなっている場合はプラグの熱価が不適正である可能性が大きいので、黒くすすけている場合は熱価の低い物に、白っぽくなっている場合は熱価の高いものに交換が必要です。正常な場合は食パンの耳の部分のような狐色になっているはずです。

ノッキング以外の症状である場合、アクセル操作に伴って起こると言うことですので、点火系統(ディストリビューターキャップおよびローター・プラグコード・点火プラグ)の異常がある状態でスロットルが深く踏み込まれるとエンジン内部での実圧縮比が定常回転時よりも大きくなり、点火火花が飛びにくくなります。この結果先に述べた点に絶縁の低下などがあると点火プラグ部分で火花が飛ばず、絶縁低下を起こした部分でリークを起こしてしまう場合があります。こうなると点火に失敗した部分ではエンジンは息をつくことになり体感できる振動や加速のスムーズさを欠くという状態になります。他には燃料噴射系統のトラブルで加速時の燃料噴射量の補正(一時的に定常状態より濃い混合気を作る)が正常に行われていない可能性があります。こちらの方は専門知識をもった上で無ければ点検も修理も不可能ですので、ディーラーなどで点検を受けることをお勧めします。

まず最初に”カクカク…”という感じでノックします。とのことですが、これは車体に振動を感じるなど加速のスムーズさを欠くと言うことでしょうか?それとも体感上は正常でエンジン部分から異音が発生していると言うことでしょうか?

前者の場合はノッキングではないと思われます。ノッキングとはエンジン内部で起こる異常燃焼の一種でカリカリとかキンキンという金属的な異音を伴いながらエンジンが回転する現象で、この状態に陥ると確かにトルクが急速に落ち込むので加速性などはかなり悪くなりますが、体感でき...続きを読む

Q車のアイドリングの回転数が低くなります

こんにちは
車の事はあんまり解らないのでヨロシクお願いします

日産のセレナに乗っています 平成11年式です
最近になっての事なんですが…
アイドリング中の回転数が極端に低くなる時があるんです
走行中には普通なんですが…止まった時に急に低くなってしまいます
一応エンジンオイルとかは変えました
変えて少しの間は良いのですが…段々と同じような状況になります
この前は停止中に回転数が低くなりすぎてエンジンが止まりました
これは…どんな原因が考えられますか?
ヨロシクお願いします

因みに…車はほぼ毎日使います
一日の平均時間は…普通の時で一時間から一時間半ぐらい
月に一回~二回ほど遠出をする時があります
東海地方に住んでいますが…遠出は関東や関西まで行きます

Aベストアンサー

#1のものです。
車検のときにどういった整備をしてもらったかは分かりませんが
定期点検は重要ですから少なくとも半年に1回は必ず受けましょう。
車検のときのみといいますとオイルも当然、それなりの状況だったと
思いますし、車にとっては過酷な状況ですよ。

プラグというのは、点火装置の1つで消耗品です。
これが劣化すると、点火がうまくいかず(不完全燃焼)動作不良となりうるのです。
エアーフィルター(エアークリーナーともいう)は、エンジン内部に取り込む
空気を浄化するものです。当然エンジン内部で着火するには、空気が必要です。
その浄化フィルターが詰まっていると、それだけ十分な空気が吸えずに動作不良、また
十分なパワーが出ず、結果アクセルをふむ量が増えて燃費悪化とも繋がるわけです。

恐らくエアーフィルターは初歩中の初歩の点検なので絶対交換しているでしょう。
11月に車検で点検を受けられたのならばそれほど前のことではありませんし、
整備保証等でまた再点検を受けることはできませんか?
ご自分でどうにか修理できるのならばまだしも、出来る自信がない場合は
整備工場、点検を受けられたところ、ディーラー等に行かれることをオススメします。

もし消耗品が大体交換されているのであればエアフロセンサーが怪しいと思います。
エンジン内部に入る空気量を測定し、燃料の噴射量を検出する精密センサーです。
汚れてくると正確な検出が出来ずに不調になりますよ。

#1のものです。
車検のときにどういった整備をしてもらったかは分かりませんが
定期点検は重要ですから少なくとも半年に1回は必ず受けましょう。
車検のときのみといいますとオイルも当然、それなりの状況だったと
思いますし、車にとっては過酷な状況ですよ。

プラグというのは、点火装置の1つで消耗品です。
これが劣化すると、点火がうまくいかず(不完全燃焼)動作不良となりうるのです。
エアーフィルター(エアークリーナーともいう)は、エンジン内部に取り込む
空気を浄化するものです。当然...続きを読む

Q原付スクーターのアイドリングについて

僕は通学のために原付のTodayに乗っているのですが、寒くなり始めた頃から、アイドリングの回転数が高いように感じます。

ただ回転数が高いだけならいいのですが、停車中でも半クラ(?)みたいな状態になり、ブレーキをかけてないとずるずると前に進んでしまいます。

バイクの状態は、1年半前に新車で購入して走行距離は5000キロです。改造などは一切していません。オイルは、ホンダ純正のです。

なにか対策をとったほうがいいんでしょうか?
ぜひアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

 エンジンをかけた直後などはオートチョークが効いて回転が高くなります。ホンダのスクーターは10分くらい経たないとオートチョークが切れないと聞きます。うちのディオもそんな感じです。

 停止中に前に進む現象が仮に、オートチョークが効いていない状態だとしたら、アイドリングが高いのかも知れません。アイドリングはキャブレターの「アイドリングスクリュー」で調整します。ホンダ車はパーツを外さなくても、ドライバー1本でできるものが多いです。

 調整するときは、必ずオートチョークが切れてからやってください。
 目安としては、アイドリングでヘッドライトが少し暗くなり、アクセルを少しでも開けるとすぐにヘッドライトが明るくなる位置がだいたい適正値です。これはバイク屋さんもやっている方法のようです。

 アイドリングは気温や標高などの条件で変動するので、春、夏、秋、冬で調整をやり直す必要があります。

Q山道登り坂でのエンスト、何が原因でしょうか?

昨日山道の登り坂を走行中にアクセルを踏んでもスピードが出なくなり、
そのまま走っているとエンストしてしまいました。
その後セルを何度か回しても始動せず、仕方なく友人に牽引してもらい帰宅しました。
その後新たなトラブルが怖くてセル自体回していませんが
こういう症状の場合、何が原因でしょうか?
自分で修理できるレベルの場合もあるのでしょうか?
車種はH12三菱シャリオグランディスです。

止まった時の症状としては
・一時間前ほどから登り坂でアクセルを踏んでもスピードが出ない時があった
・止まる直前に警告灯は一切ついていなかったはず(確信は持てません)
・オーバーヒートにもなっていなかった
・路肩に寄せようと減速をした時にエンストした
・その後セルは普通に回っていたがエンジン始動はしなかった

思い出せる範囲ではこれぐらいです。

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

情報が少なすぎます、
山路とはどの程度の高度ですか?
現在始動できるかどうかも必要な情報です
現状では 車を見ないと何もいえない
そういうレベルの話です

ナンにせよ 素人では対応できないでしょう
ディーラーで見てもらってください
故障内容によってはコンピューターがそれらを記憶しています
これをベースに診断ができます

PS. ガソリンスタンドには整備士はいません!
  国家整備士などとバカな宣伝をしているといころは
  正直言って知ったかぶりのアンチャンレベルです 気をつけてください

Qアイドリング・加速不安定の原因・対策について

エンジン(?)の不調原因が分らず、質問させていただきます。
知識経験をお持ちの方、何か原因なり対応策なり、さらに調べてみるべき事なり、何かヒントでも頂ければ幸いです。

車種:スズキ エブリィ バン Join ターボ無 5MT 11年式 走行14万km超

症状:

アイドリングが不安定で、スムーズに加速せず、酷い時にはガス欠寸前の時のような感じでギクシャクし、なかなか回転が上がりません。
多くの場合は、ある程度速度が乗ってしまうと、加減速含めてそのままスムーズに走れ、また停車して発進しようとするとギクシャクするという繰り返しです。
まれに酷い時には、速度が乗った後も加減速がスムーズにできません。
(その場合でも、一定の速度を保っていると特に問題なく走れます)
酷く不安定になった時でも、そのままエンストした事は一度も有りません。

オイル・オイルフィルターエレメント・エアクリーナーエレメント・プラグは交換してみました。
インジェクションクリーナー(ガソリン添加)を入れてみました。
これらでは症状に変化は有りませんでした。

症状は出る時と出ない時の差が激しく、一日中でない時、最初から出ている時、エンジンが温まるとおさまる時、逆にかなり時間が経ってから出る時、まったく一定ではありません。

追加情報:

かなり距離を走っている事もあり、オイル下がりやエンジンのオイル滲みが出ていました。
これらは、先日のオイル交換の際に添加剤を入れてみてから目に見えて改善しています。
ですが、上記の症状は一通りのことをやった後もまったく改善しておりません。

この症状が出る以前から、給油時にキャップを開けると、空気が通るプシューっという音がします。(車内にいる人にも聞こえるくらい大きな音)
関係ないかもしれませんが、何か燃料の流れが悪いなどの事があるのでしょうか…
(普通なのかもしれませんが、他の車では経験の無い事なので)


以上、情報不足はご指摘頂ければ適宜追記いたします。
お知恵を拝借出来れば幸いです。
よろしくお願いいたします。

エンジン(?)の不調原因が分らず、質問させていただきます。
知識経験をお持ちの方、何か原因なり対応策なり、さらに調べてみるべき事なり、何かヒントでも頂ければ幸いです。

車種:スズキ エブリィ バン Join ターボ無 5MT 11年式 走行14万km超

症状:

アイドリングが不安定で、スムーズに加速せず、酷い時にはガス欠寸前の時のような感じでギクシャクし、なかなか回転が上がりません。
多くの場合は、ある程度速度が乗ってしまうと、加減速含めてそのままスムーズに走れ、また停車して発進しようとする...続きを読む

Aベストアンサー

プラグコードを確認して見て下さい。老化するとその様な現象が起こります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報