ワード形式か何かで、領収書をプリンタで印刷したいのですが
そういったファイルとかご存じないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

チェックライターで印字したいのですか? それとも「領収書」が出力できればいいのですか? 後者なら、ワードでファイルを作り、宛名と金額と日付を差し込み印刷するようにセットすればOKです。

    • good
    • 0

ある決められた用紙(印刷済み)のものにプリントアウトする場合と


枠なども一緒にプリントアウトする場合で方法が違うと思いますよ。

もうちょっとやりたいことを詳しく補足してみては?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小切手にチェックライターを使うメリットは何ですか。手書きの場合には漢数字でないとダメですか?

小切手の金額を記入する際には、チェックライターを使いますが、手書きと比べて、どのようなメリットがあるからチェックライターを使うのでしょうか?
また、金額欄の記入はチェックライターか漢数字で記載すると下記のURLに記入されていますが、と言うことは、手書きで書く場合には漢数字で書かなければいけないのでしょうか?なぜ、手書きの場合には漢数字でなければならないのでしょうか?http://www.otasuke.ne.jp/modules/tinyd1/index.php?id=13
さらに、下記のURLでは、チェックライターの場合 … 頭は「¥」、後ろは「※」「★」。手書きの場合 … 金額は漢数字、頭は「金」、後ろは「円也」と書かれていますが、なぜ手書きとチェックライターでこのように別けなければいけないのでしょうか?
http://homepage2.nifty.com/kskt/kogitte&tegata.htm
この様なことに詳しい方がおられましたら、教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

皆さんがおっしゃるとおり、改ざん防止のためです。
頭と末に記号や「金」「円也」を付けるのも0の付け足しの改ざんを防ぐ為です。
なぜ、手書きの場合漢数字を使うかと言うと、
数字の「1」は「4」とか「3」を「8」に「、7」を「9」に改ざんされたりします。
また、感じの場合でも「一」だと「十」に「二」を「三」に改ざんされてしまうので「壱」「弐」「参」と旧漢字をを使います。

チェックライターの場合、手書きと違い印字と言うよりはドットプリンがのように打ち込みになり、凹凸で印字されます。
ですので、手書きより改ざんがされにくいので小切手や手形でチェックライターを使うのが多いようです。
手形や小切手は現金と同じ扱いをします。
現金の場合紙幣等は印刷された状態で不動のものですが、小切手や手形はいかようにも数字を記入でき、それが改ざんされても改ざんが分からなければそれが現金として取り扱われます。

小切手・手形に限らず、領収証も同じように処理する会社もあります。
領収書も公的機関に提出できる資料として使われるからです。
全ては改ざん防止のために使われています。

皆さんがおっしゃるとおり、改ざん防止のためです。
頭と末に記号や「金」「円也」を付けるのも0の付け足しの改ざんを防ぐ為です。
なぜ、手書きの場合漢数字を使うかと言うと、
数字の「1」は「4」とか「3」を「8」に「、7」を「9」に改ざんされたりします。
また、感じの場合でも「一」だと「十」に「二」を「三」に改ざんされてしまうので「壱」「弐」「参」と旧漢字をを使います。

チェックライターの場合、手書きと違い印字と言うよりはドットプリンがのように打ち込みになり、凹凸で印字され...続きを読む

Q車検時に納税領収書提出のため手元に領収書がありません

先日社用車の車検で、納税領収書を提出しました。
手元に領収書が残らないのですが、経費計上できるのでしょうか?
ちなみにコンビニで支払いして、コンビニレシートはありますが、「公共料金等の代理受領は別領収書となります」とありますのでこれでは無理ですよね?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

車検に必要なのは「自動車税納税証明書」というものであって、「自動車税納税通知書兼領収書」ではありません。

納税証明書と領収書は都道府県によって体裁は違いますが、中には1枚の紙の上段が、「自動車税納税通知書兼領収書」で下段が「自動車税納税証明書」という場合もあります。

その場合は自分で切り離して「自動車税納税証明書」だけを車検工場に提出します。


恐らくpercy0102さんの場合も一枚の紙だったのを車検の際に一緒に提出してしまったのではないかと推測します。

普通は車検自体には使わない領収書については車検証と一緒にして返却している場合が多いと思いますので、確認してみてください。
もし無ければ車検業者に確認してみては如何でしょうか。

Q有効数字の桁数が違う場合のプラス1桁の出し方

有効数字の桁数がそろわない場合の掛け算・割り算は途中の計算は有効数字の桁数の最小のものプラス1桁で計算し、最後に四捨五入で有効数字の桁数の最小のものにあわせると書いてあります。次の場合、どちらが適当な計算といえるのでしょうか。( )内は最終的に有効数字の桁数の最小のものに四捨五入して桁数を合わせて出した答えです。
ア.2.5×1.456=2.5×1.45 (3.6)
イ.2.5×1.456=2.5×1.46 (3.7)
また、次の場合はどうでしょうか。(最終的に有効数字の桁数は2桁とします)
ウ.x^2=2.456 x=√2.45 (x=1.6)
エ.x^2=2.456 x=√2.46 (x=1.7)
結局、最終的な有効数字の桁数の次の次の位の数字を四捨五入すべきなのかそれとも意味があまりないので捨てるべきなのか分らないのです。
悩んでいますので、どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

有効数字を計算する場合には,単に桁数の規則を覚えるのではなく,
基本原理を理解する必要があると思いますし,その方が四則演算以外
(三角関数,対数など) の計算などにも対応できます.

X=2.5 (有効数字2桁),Y=1.456 (有効数字4桁) とは,
有効数字の次の桁が四捨五入されていると考えられるので,
X と Y の真値は次の範囲にあるといえます.

2.45 ≦ X < 2.55
1.4555 ≦ Y < 1.4565
(ここに書いた数値はいずれも有効桁数∞と考える.)

2.5×1.456 の有効数字を求めるには,まず X * Y の取りうる範囲を考えます.
X * Y が最小となるのは,X と Y がそれぞれ最小の場合なので
2.45 * 1.4555 = 3.565975 (有効桁数∞).

X * Y が最大となるのは,X と Y がそれぞれ最大の場合なので
2.55 * 1.4565 = 3.714075 (有効桁数∞).

したがって 3.565975 ≦ X * Y < 3.714075 となり,小数点以下第2桁
以後の桁は,この範囲内では0~9のすべての値を取りうるため,
有効数字として全く無意味です.つまり 2.5×1.456 の有効数字は2桁であり,
四捨五入して 3.6 または 3.7 が正解となります.

「3.6 と 3.7 のどっちを書けばいいの?」と疑問が湧くと思いますが,
範囲の中心値は (3.565975+3.714075) / 2 = 3.640025 なので,
これを2桁に四捨五入した 3.6 でいいんじゃないかと思います.


> 有効数字の桁数がそろわない場合の掛け算・割り算は途中の計算は
> (中略)
> 最後に四捨五入で有効数字の桁数の最小のものにあわせると書いてあります。

上に書いたような考え方で一般の場合について計算すると,
乗除算結果の有効桁数は,元の数値の有効桁数の最小値になることが
数学的に証明できます.ただし最下位の桁には誤差を含みます.

参考:QNo.2642288 有効数字 (http://okwave.jp/qa2642288.html)


> 有効数字の桁数の最小のものプラス1桁で計算し、

この規則の出典は知りませんが,おそらく電卓やパソコンが普及する以前に
決められた規則でしょう.計算の途中結果も有効桁数に丸めてしまうと,
計算が進むにしたがって丸め誤差が増大してしまうので,
途中結果は丸めない方がいいのです.しかし筆算でそれをやるのは大変なので,
「プラス1桁」ルールを決めたのでしょう.
1回の乗除算ならそれで十分ですが,計算過程が長い場合には不十分だと思います.

今は電卓やパソコンが使えるので,途中結果は丸めずに計算すればいいのです.
(有効数字の計算に関するテストを受ける場合は別として.(笑))

また,Z=2.456 (有効数字4桁) の場合,√Z の有効数字を求める問題については,

2.4555 ≦ Z < 2.4565
1.5670035… ≦ √Z < 1.5673225…

なので,√Z は 1.567 (有効数字4桁) でもいいと思いますが,
2桁にするならこれを丸めて 1.6 ですね.

有効数字を計算する場合には,単に桁数の規則を覚えるのではなく,
基本原理を理解する必要があると思いますし,その方が四則演算以外
(三角関数,対数など) の計算などにも対応できます.

X=2.5 (有効数字2桁),Y=1.456 (有効数字4桁) とは,
有効数字の次の桁が四捨五入されていると考えられるので,
X と Y の真値は次の範囲にあるといえます.

2.45 ≦ X < 2.55
1.4555 ≦ Y < 1.4565
(ここに書いた数値はいずれも有効桁数∞と考える.)

2.5×1.456 の有効数字を求めるには,まず X * Y の取...続きを読む

Q17,500,000円の手形に対する領収書を作る際、領収書を3枚に分け

17,500,000円の手形に対する領収書を作る際、領収書を3枚に分けて発行するのはまずいですか?

印紙代節約の為、2枚に分けることはよくあるのですが3枚となると‥非常識なのでしょうか?


この金額だと3枚に分けないと印紙代が安くなりません‥

Aベストアンサー

非常識な事はありません。
そもそも印紙税の区分けがおかしいのですから。

3枚に分割するとしてさらに節税すると
10,000,000円内消費税0円印紙2,000円
5,000,000円内消費税0円印紙1,000円
2,500,000円内消費税833,333円印紙代400円
とするのがよりベターです。
1枚での発行と比べ600円もお得な計算となります。
(弊社はこれで発行しています)

Q桁数

ふと思ったのですが、10の桁数は2ですよね。

それでは、0,1の桁数はなんでしょうか?

桁数とは小数点以下も数えるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

> それでは、0,1の桁数はなんでしょうか?
 「10」は数字が2つ並ぶから2桁。同様に考えて,「0」,「1」は数字が1つなので1桁。

> 桁数とは小数点以下も数えるものなのでしょうか?
 先の回答にある様に,「小数点以下○桁」と表現します。我々の場合は,通常「以下」を付けます。

 以上,私の場合です。

Qどうして? 過去の年の領収書の量と今年の領収書の量が違う

今年から経理を担当することになりました。
売上35億円の会社です。

それで領収書を整理していておかしいと思ったことがありました。
それは、過去の年の領収書の量と、今年の領収書の量が違うんです。
今の時点で、今年の領収書の量が、もう去年の一年分の領収書の量と同じぐらいになっているんです。
特別、去年と比べて経費とかが増えたわけではないと思うのですが、なぜか領収書が多いです。
なぜ、こういうことが起こるんでしょうか?
自分では、去年までの領収書をちゃんと保存していなかったんじゃないかと思うのですが。
これは、どういうことが考えられるのでしょうか?

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.3です。蛇足ながら

支出票について
基本的に金銭を支出した際に、どのような費用をいつ、いくら、支出したのかを記載する社内書式で、通常これに領収書・請求書などを添付しておきます
自動販売機での購入(打合せ時の飲み物を自販機で買った場合など)などの、領収証・請求書のない支出の場合に支出票を持って代わりとすることもあります。
また社内決済書類を兼ねたりしている事もありますし、支出した費用の勘定科目を記載したりして領収書・請求書の整理の目的を持たせている事もあるようです

領収証紛失の場合、ウチの会社では、支出票(またはその他の精算書類)に紛失の事実・経緯を記載し事実関係の確認後、実際に使用した社員の認印、その上司(部長職以上)の承認印、管理部門担当者の確認印、管理部門責任者(経理部長または総務部長)の承認印をとり、支出を認める事になっています。
(当然、上司や責任者が承認しない場合は支出できませんし非常に面倒ですが、不正支出を避けるうえで必要な手続きです)

税務署では検査の際、帳簿と伝票、支出票(領収書)綴りをつき合わせ、領収証などの無い支出、支出票があっても当然添付されるべき領収証・請求書がないと間違いなく指摘をうけます。
始めはランダムに抜き出し検査をするようですが、一つでも問題のある支出があると、同様なケースをかなり綿密に調べられます
その結果として、ほとんど全てが完備されていれば、小額かつ非常に稀な紛失事案は見逃してくれる場合もありますが、質問者様の仰る状態では、すぐに問題が発覚し、詳細を調べられ…という事になるのでは?
(基本的には税法に基づく検査ですから、全てにおいて正確な記載・書類保管を求められるのは当然です)

質問者様のケースが本当に大量の領収書紛失であったとすれば、間違いなく指摘事項となり「使途不明金」として「追徴課税」、となるのではないでしょうか?

No.3です。蛇足ながら

支出票について
基本的に金銭を支出した際に、どのような費用をいつ、いくら、支出したのかを記載する社内書式で、通常これに領収書・請求書などを添付しておきます
自動販売機での購入(打合せ時の飲み物を自販機で買った場合など)などの、領収証・請求書のない支出の場合に支出票を持って代わりとすることもあります。
また社内決済書類を兼ねたりしている事もありますし、支出した費用の勘定科目を記載したりして領収書・請求書の整理の目的を持たせている事もあるようです

領...続きを読む

Q有効桁数とはなんですか?

小学生でもわかるように単純に説明してくだされば幸いです。


ちなみに、僕は、「精度として、確実性のある(信用できる)桁数」だと思っています。合ってますか?
例えば、123.43の場合、有効桁数4なら、「123.4」が精度として確実性のある桁数で、それ以後の桁は確実性のある(信用できる)数値ではなく、誤差が含まれてる可能性がある。つまり、123.43の3は誤差があると考えていい。


また、有効桁数と有効数字の違いはなんですか?

Aベストアンサー

>また、有効桁数と有効数字の違いはなんですか?
→これに関しては分からないです。

有効桁数は計算がしやすいように精度を無視した概念になります。

たとえば 1÷3=0.333333333333333333333・・・
と限りなく3が続きます。
有効桁数2で考えると、0.33が答えになってしまいますが、
本当に確実性のある答えは、0.333333333333333333333・・・
なのです。
しかし、これではキリがないので便宜的(べんぎてき)に有効桁数を指定することにより
回答をまるめてしまいます。
これはあくまでも算数などの回答を求めるための手法で、有効桁数のほうが誤差は大きいです。

中学になると「円周率π」は3.14で教育されます。
しかし、精度を上げた回答は、=3.1415926535 8979323846 2643383279 5028841971 6939937510 5820974944 5923078164 0628620899 8628034825 3421170679・・・
と永遠に数字が並びます。

よって、有効桁数は誤差が大きく、
有効桁数を無視した計算の方が誤差が小さく、精度が高いのです。

と、こんな感じでどうでしょうか?

>また、有効桁数と有効数字の違いはなんですか?
→これに関しては分からないです。

有効桁数は計算がしやすいように精度を無視した概念になります。

たとえば 1÷3=0.333333333333333333333・・・
と限りなく3が続きます。
有効桁数2で考えると、0.33が答えになってしまいますが、
本当に確実性のある答えは、0.333333333333333333333・・・
なのです。
しかし、これではキリがないので便宜的(べんぎてき)に有効桁数を指定することにより
回答をま...続きを読む

Q複数の領収書からひとつの領収書を作成する場合

収入印紙について教えてください。

収入印紙は三万円以上に必要ですが、
現金払いで12,000円の領収書が三枚あって、これをひとつの領収書で出してほしいと言われました。その場合は収入印紙は必要なのでしょうか??

また仮にその内のひとつがクレジットカード払いの場合は、収入印紙は不要なのでしょうか??

Aベストアンサー

収入印紙は必要だな。差替発行とはいえ、合計で36,000円の受領を証することになっからよ。

ひとつがクレジット払いなら、36,000円の領収書にうち12,000円がクレジット払いと明記しときゃ、印紙不要になるぜ。

クレジットなら領収書を発行しちゃならねぇって回答があるが、クレジット払いと明記しておきゃ別に発行して構わねぇよ。明記しておきゃ、表題は領収書でも法的には受取証書でなくなるってだけのことだ。

Q有効桁数について

レポートで有効桁数というものが出てきたんですが良く分かりません。つまりは有効桁数というのは、
「1.5-0.15=1.3」というので、小数点以下の計算の場合、結果は精度が低いほうの桁で応えるというものですよね??(汗)
聞きたいのは単位を「mm」から「m」に直したときの有効桁数のことなんですが、
例えば「100.5mm-10.3mm=90.2mm」じゃないですか?
これを[m]に直したときの有効桁数は、
「0.0902m」なんですか?
それとも「0.09m」なんでしょうか?

良く分からないのでよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

有効数字には桁数が存在します。例えば、123456を様々な有効数字で示すと下のようになります。
有効数字2桁:1.2*10^5
有効数字3桁:1.23*10^5
有効数字4桁:1.235*10^5
(最初の1.23などで有効数字の桁数を示し後の10^5などで実際の数値の大きさに合わせる。もし123456と書いたら有効数字6桁と解釈される)

様々な有効数字の桁数を持った数値の計算して得られた数値の桁数は最も低い桁数のものに合わせます。例えば、
(有効数字3桁)-(有効数字2桁)=(有効数字2桁)
になります。具体的には、
・3.21-2.1=1.1
・3.21-2.1*10=1.8*10
となります。

問題の90.2mmをm単位に換算する方法ですが、90.2mmの有効数字は3桁なのでmに直すと9.02*10^(-2)になります。ちなみに0.0902は有効数字3桁、0.09は有効数字1桁と解釈されます。

小数の有効数字は0以外の数字が始めてきた位(0.0902では9の位)を有効数字1桁目として数える。

ということであってたと思います。

有効数字には桁数が存在します。例えば、123456を様々な有効数字で示すと下のようになります。
有効数字2桁:1.2*10^5
有効数字3桁:1.23*10^5
有効数字4桁:1.235*10^5
(最初の1.23などで有効数字の桁数を示し後の10^5などで実際の数値の大きさに合わせる。もし123456と書いたら有効数字6桁と解釈される)

様々な有効数字の桁数を持った数値の計算して得られた数値の桁数は最も低い桁数のものに合わせます。例えば、
(有効数字3桁)-(有効数字2桁)=(有効数字2桁)
になります。具体的には、...続きを読む

Q経費の計上は領収書の日付?それとも領収書をもってきた日付?

事務歴ウン年、今更ながら聞くのが憚られるのでお聞きいたします。

経費の計上日は
■領収書の発行日(=店側への支払日)
ですか?それとも、
□領収書をもってきた日
ですか?
領収書を持ってくるのが月をまたいでしまうことが多い上に
領収書はまとめて精算しているので、どうしても領収書発行日と同日に弊社の現金が出ているわけではありません。

Aベストアンサー

青色申告で「現金主義」を届け出てある場合を除いて、どちらでもありません。

支払義務が確定した日、平たくいえば買い物をした日です。
いつお金を払ったかではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2210.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報