無知なのでお願いします!
よく、「経費で落とす」と聞きますが
たくさん経費で落として税金を払わなくてもその経費として出費した分があるので「たいして変わらないんじゃない?」
と思うのですがどうなんですか?
まだ、学生でよくわかりません

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

質問者さんの意図することは「経費で落とす」という言い方のニュアンスがわからないという部分も大きいですよね。


おそらく世の中の何ごとにもブラックな部分と、ホワイトな部分があります。そしてもう一つグレイな部分があります。
「経費で落とす」という言い回しが使われる場合、ブラックな部分とグレイな部分の両方があると思います。

何人かの税理士さんに質問させていただいた経験がありますが、どうしてもグレイな部分があるようで、税理士さんによって解釈が分かれていて戸惑いを感じました。

No.2 で書き込んだとおり「経費で落とす」ためにいろいろ考えるのはまっとうなことです。
中古車を買って得をすることを知らなければ、経営者として無能です。
(もちろん業種によっては中古車購入が不利になる場合もあるでしょうけど)

一方で明らかにブラック(違法)なことを「経費で落とす」といってごまかそうとすることには賛同できません。

質問者さんの疑問
>経費として出費した分があるので「たいして変わらないんじゃない?」
に対する回答としては、大して変わらないときももちろんあるし、知恵の使いようではとても大きな利益を生み出す可能性があるということになります。

アマゾンが合法的に税金をほとんど支払わずに急成長してきたのはいわばもっとも経費に落とすやり方(とそのほかのやり方)を知り損をしてこなかったからです。

法治社会では嫌悪を感じていても糾弾すべきではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
いいんだか悪いんだかですね

お礼日時:2016/12/05 18:51

給料が少なくても経費が多く認められれば高給取りと同じ生活ができ


しかも所得税もすくなくて済むよね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
確かにそうですね。
よは使いようですね

お礼日時:2016/12/04 22:04

すでに回答があるように、企業は「法人税払うくらいなら、経費として使ってしまえ!」という考え方があります。



実際のところ、日本の企業の7割は赤字経営です。
実体としては、赤字でないけど、税金を払わないために、あえて、経費を使って赤字にしている会社は多いでしょう。

もちろん、税務署は、「そんなの経費として認めない!お前個人の贅沢な消費だろう!!」ってことで、社長個人の払う税金が増えたりします。
ですので、そのあたりをひっくるめて、微妙な赤字にするところが、経営者の腕の見せ所でしょうね。

もちろん、「ちょっとした赤字になるはず」の見込みが「大幅な赤字」となって、倒産という結果になることもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
賢く使えってことですね

お礼日時:2016/12/04 22:03

皆さん表向きなことしか答えていませんが、一般に「経費で落とす」の言葉には裏があるのです。



経費とは、事業のために必要になる支払いのことであって、法人であれ個人事業であれ税金は経費を引いた純利益を元に算定されます。
わざわざ「経費で落とす」なんて言い方をする必要はないのです。

それをあえて「経費で落とす」と強弁するのは、本来は経費でない、事業のための支払いではないものを経費と偽り、純利益を少なく見せかけようとしているのです。

日本語を正しく表現するなら、「経費で落とす」ではなく『(ごまかして) 経費に含める』となるのです。

もちろん、必要のないものを何でもかんでも買って経費とごまかしていたら、確かに税金は少々安くなったところで手元のお金はその何倍も減っていきます。

そうではなく、事業用ではない私的な買い物だけど買わざるを得ない場合は、手元のお金が減るのもやむを得ません。
その時、手元から出ていくお金を少しでも減らそうという悪巧みが「経費で落とす」なのです。

本来、やって良い行為ではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
もう少し勉強します

お礼日時:2016/12/05 18:50

経費として認められる部分とは、実はそんなに多くないのです。


経費が増えれば利益が圧迫されて、当然収入が減ります。

ただし利益は軽減されますが、その分所得税も減るわけです。

会社として赤字経営はマイナス評価ですが、敢えてそうしている企業もあります。
目的は法人税軽減の為です。
表面的に儲かってなければ、社員のベアアップもしなくて良いのです。
※最低賃金だけ守れば良い

なので政治家から自営業者まで、とにかく経費で使い切りたいお金は拓さんあるってことです。

税金で持ってかれるより、消費しても同じなら、消費したいですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、

なかなか基準が難しそうですね

お礼日時:2016/12/05 18:48

経費の落とし方では結構有利になる場合があります。


例えば中古車購入です。
登録してから4年以上経過している中古車を100万円で買ったとします。
この場合2年のあいだにわたり50万円ずつ経費として算入できます。
もちろんその車を使わずに寝かせておいても意味が有りませんが、2年間有効に使い利益を上げることは十分可能でしょう。
法人税などが30%としたら2年間で30万円の税金支払いが減ります。
そして2年後に40万円で売れたとしたらそれはまた収入となります。
上げた利益の額にもよりますが、払うはずの税金で車を買い、収益を上げることが可能になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
使いようですね

お礼日時:2016/12/04 22:03

経費で落とさなくて出費して、さらに税金を払ったら


税金の分だけ、余分に出費にならますよね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
それはそうですね

お礼日時:2016/12/04 22:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q税金を払うより、経費を無駄に払った方がいい?

ざっくりの話で申し訳ないのですが、

例えば、1億円の売り上げがあるとします。
経常利益が1000万あるとして、40%の法人税を納めるとしたら、
400万円納税することになりますよね?

利益が800万であれば、320万円の納税になるので、80万円です。


脱税する会社というのは、1000万の利益があるのに、800万円しか
利益が出ていないように見せて、納税額を減らすわけですね?

個人的な考えですが、わざわざ200万円余分に経費として
使わなくても、素直に400万を納めた方がいいような気がします。

なんのためにそんなことをするのでしょうか?

Aベストアンサー

経費というのは必要な費用のことです。
利益が余っている中で、経費を使える余地があるのなら、お金のあるうちに使っておく必要があると思いますよ。
税金は“それでも余ったお金”にかけるものですからね。
(納税後、来期になって“使っておけばよかった”では、あまりにもったいないですから)

また利益が出すぎて納税額も多くなると、納税後にある予定納税(納税から半期後に、来期分の税金を前期の納税額を参考に、あらかじめ納めておく税金のこと)でも多額の現金が流出してしまいます。

Q社長が個人の出費を経費でおとします

社員10名程度の株式会社です。経理は社長と奥さんが行っています。
社長のクレジットカード、携帯代、奥さんの車のガソリン代(会社には自転車で来ます)などを経費で落としています。
社長のクレジットカードの明細には、夫婦で食事したものや百貨店での買い物(たぶん、洋服やバッグ)、個人持ちのパソコンなどがぎっしり。

経営状況は決して良いとはいえません。(赤字です)そのため、社員のボーナスはなし。昇給もなし。無理めな売上目標を設定されています。

こんなことって許されるのでしょうか?
法的?に許されない場合は直訴しようと思ってるのですが・・・

Aベストアンサー

法的解釈からだとおっしゃる気持ちはわかるのですが、質問者さまの会社は株式会社とはいえ個人経営の店と一緒の状態だと思います。社長と奥さんはまず会社を作る段階でお金を出しているわけです。その後も運転資金等でお金を工面したりして、社員10名の会社を守っている人なわけです。その資金繰りの部分なのですが、金融機関とお付き合いしていく中で、法人とは言え保障は個人補償なわけで、その基準は代表者に資産がいくらあるかとかで計算されています。つまり、代表者(というか個人補償している人)がたくさんお金(資産)を持っているほうが都合が良いということになるわけです。なので会社経費として落とし、なるべく自分のお金を使わないほう金融機関とのやりとり上、都合が良くなる。そういうケースに当てはまるのかな、と。
実際その中身は様々なんでしょうが、それは他人の家の財布を除くのと同じ行為ですので、慎むべき部分です。
泣き寝入りしろというわけではなく、質問者様の会社は株式とはいえ、社長と奥さんが借金をすることによってまかなわれいる。ということは理解してください。
その上で、もう少し私達のことも考えて下さいと言うことはお互い立場を考えてのことと言えるので悪いことではないと思います。
(いろんなケースがあるので一概には言えませんが、経営者の財産(あえて財産という言葉を使っています)は目減りし、従業員の財産は増えているなんていう会社はたくさんあると思います。最終的に経営者もお金が欲しくてやっているので、その辺を考慮し、ストレートに気持ちをぶつけるのではなく立場を理解した上で話をしたほうがよいと思います。)

法的解釈からだとおっしゃる気持ちはわかるのですが、質問者さまの会社は株式会社とはいえ個人経営の店と一緒の状態だと思います。社長と奥さんはまず会社を作る段階でお金を出しているわけです。その後も運転資金等でお金を工面したりして、社員10名の会社を守っている人なわけです。その資金繰りの部分なのですが、金融機関とお付き合いしていく中で、法人とは言え保障は個人補償なわけで、その基準は代表者に資産がいくらあるかとかで計算されています。つまり、代表者(というか個人補償している人)がたくさ...続きを読む

Q年始の出費 経費で落とせますか?

個人事業の手伝いをしております。
経理に関してはど素人ですが、手伝っています。
教えてください。

年始の参拝の際にかかった料金は、どう経費で処理すればいいでしょうか?
参拝料は領収書がいただけるはずですが・・・そうではなく、熊手など買ったものは、あまり領収書を貰っているところ観た事ありません。
いただけるのですか?

とはいえ、既に買ってきている・・・別に社長が立て替えてくれればいいのですが(笑)

Aベストアンサー

普通は「雑費」で仕訳します

摘要には明細を書いておきましょう

熊手も普通は請求すれば領収証は頂けます
うちは貰います

その程度なら税務署も認めてくれるでしょうが、
認めてくれなくても「使途不明金」で課税されるだけ
(事業主の自家消費...(笑)。)

会社から貴方には出金できます。

Q経費と税金

会社が工事現場の社員に飲ませるジュース代は経費でしょうか?また、それに税金はかかりますでしょうか?

Aベストアンサー

経費で計上してください。課税されません。

しかし判断は税務署員がしますから、経費として認めてくれるかどうかは判りません。

Q質問:経費?なのでしょうか・・・

企業して悩みなどがあると
相談する形で占いに行きます。
*一回3~5000円。

それで毎回領収書をもらえるのですが、
それは、企業相談という形で経費で落とせると
聞いたのですが、本当でしょうか?

それとその際であれば、仕分けというか、
経費支払いのどのような取引名になるのでしょうか?

変な質問ですみませんが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

帳簿に載せるということは後々第三者に見られる可能性があります。(株主等)
そのとき「この会社は占い師に経営判断をゆだねている」と
思われることは、はたして企業にとってどうなのでしょうか。
経費に落とせる、落とせない以前の問題のような気がします。
領収書にコンサルティング料と書いていただければ
経費計上は可能だと思いますが


人気Q&Aランキング

おすすめ情報