どっちかというと漢字の問題なのですが、ギ酸は蟻酸ですよね?シュウ酸は蓼酸なのですか?教えてくださいお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

天然物化学者の rei00 です。



何か植物成分の事で混乱しているようで,天然物化学者としての血が騒ぎました。

まづ,シュウ酸の漢字ですが,これは MiJun さんがお書きの「蓚酸」です。「蓼酸」では「リク酸」または「リョウ酸」になります(お使いの FEP の漢字辞典等でご確認下さい)。


で,この名前の由来ですが,日本語の「蓚酸(シュウ酸)」が何に由来するのかはチョットわかりませんが,英語の「oxalic acid」は,シュウ酸が多く含まれているカタバミ属(Oxalis)植物(ちなみに,カタバミは Oxalis corniculata)の名前に由来するのは間違いないと思います。

【カタバミ】
全草にシュウ酸を含み,すっぱいので,酢漿草と書き,スイモノグサの名もある。生の葉をつぶして,ひぜんその他の皮膚病,虫さされなどに外用する。また,漬けたりゆでたりして食べる。シンチュウ器具をみがくのにも用いる。


一方,タデ(Persicaria hydropiper)ですが,このものにシュウ酸が含まれているかどうかは,今時間が無いので,調べきれませんでした。ただ,カタバミにシュウ酸の存在を記してある本にもタデ中のシュウ酸は書かれていませんので,含まれていても,そんなに多くはないと思います。

【タデ(ヤナギタデ,ホンタデ)】
全草を水蓼(スイリョウ)といい,民間で解熱,利尿に用いる。辛味成分 tadeonal, 色素ペルシカリンを含む。本種およびその栽培変種の芽ばえは辛味が強く刺身のつまにして食べる。


【参照書籍】
「化学語源ものがたり」竹本喜一・金岡喜久子 著,化学同人,1986年

「廣川 薬用植物大辞典」廣川書店,1967年
    • good
    • 0
この回答へのお礼

天然物化学者の rei00 さんどうもご回答ありがとうございます!蓼酸はシュウ酸じゃなかったんですね!はっきりと間違いを指摘されるとすっきりしました。あの予備校の先生は間違って記憶してたんですね!僕の中ではカリスマだったのに・・・。でも弘法にも筆の誤りって言いますから僕の中ではカリスマで居続けますね!ホント詳しいご回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/26 16:33

「蟻酸」は問題ないと思います


「シュウ酸」は「蓚酸」ではないでしょうか?

御参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 そこが問題なんですよ~。漢字変換すると蓚酸って出てくるし、予備校の先生は蓼酸って言ってたから・・・・・。やっぱ蓚酸なんでしょうかね~。ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/26 16:30

ちなみに体系名ではそれぞれメタン酸、エタン二酸


ですが、慣用名の方が推奨されるようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 慣用名が推奨されるってのは困った事ですよね!余分に覚えなくてはいけませんからね~。

お礼日時:2001/06/26 16:28

はいそうです。



蟻酸はありんこがまき散らすので、シュウ酸は、蓼食う虫も好き好きの、「蓼」に含まれる、なめるとびりっとくる成分なので、その名になったと記憶してます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

蟻酸は問題無いのですが、シュウ酸は予備校の先生が蓼酸って言ってたのに漢字変換しても出てこないんですよね。だから質問したのですが、多数決的には蓚酸が正しいようですね~。う~ん。どうもご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/26 16:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシュウ酸→ギ酸の反応式を教えて下さい

文献を読んでいて、水中でシュウ酸が経年変化によってギ酸に変化・・という文面があったので、色々調べましたが、反応式が分かりませんでした。

単純に考えると
C2H4O4+H2→2HCOOH
になりますが、水中でこのようなことが起こるのでしょうか。

ご存知の方いらっしゃいましたら、教えていただきますと助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お書きになっている2つの式
>C2H4O4+H2→2HCOOH
>C2H4O4+H2O→HCOOH+H2CO3 

どちらもC2H4O2になっています。
蓚酸はC2H2O4のはずです。

蓚酸が蟻酸になれば炭素の還元が起こっています。
上の式はそれを表しているのですが水溶液中でH2を考えるというのは無理です。
還元剤のないところで還元が起こるという場合は不均化が起こっていると考えられます。
蓚酸の2つの炭素の片方が酸化され、他方が還元をされていることになります。
蓚酸が二酸化炭素になればCは酸化されています。

2つ目の式は
(COOH)2→HCOOH+CO2
と書いても同じです。

蓚酸は還元剤として働くというのはよく出て来ます。
酸化還元滴定の標準物質になっています。
その時の式は
(COOH)2→2CO2+2H^++2e^-
です。

Q酸の強さ

酸の強さについて、その大小関係を教えてください。
教えてほしいのは、
塩酸
シュウ酸
酢酸
蟻酸
フェノール性OH
アルコール性OH
末端アルキン(R-C≡C-H)
純水(水)
の酸としての強さの大小関係です。
塩酸>シュウ酸>酢酸というように解答をお願いします。
(水より弱く酸とはいえないものも中にはありますが、酸として考えてお答えください。)お願いします。

Aベストアンサー

塩酸>シュウ酸>ギ酸>酢酸>フェノール>水、アルコール>末端アルキン
フェノールの場合には置換基の種類や位置によって酸性度がかなり変化しますが、多くの場合、酢酸とアルコールの間に来ます。
水とアルコールは厳密に同じではありませんし、アルコールの種類によっても変化しますが、おおむね、同程度といえるでしょう。

なお、これらの酸の強さは、ブレンステッド-ローリーの定義に基づいて評価します。つまり、H+を与えやすいものが強酸ということになり、それはpKaで表されるのが普通です。pKaの値が小さいものほど強酸ということになります。
なお、アレニウスの定義では、水を基準として、酸-アルカリという言葉で表しますが、ブレンステッド-ローリーの定義では、基本的にHを持つものは全て酸になる可能性があります。したがって、「水より弱く酸とはいえないものも中にはあります」という認識は適当ではありません。全て、酸になる可能性があるか、実際に酸としてふるまうかどうかは、酸塩基反応を起こす相手の物質によって決まるということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報