私の記憶が確かならば、同一法務局管轄内にすでに存在する法人名を登記することはできない、というルールがあったと思います。
では以下の場合はどうでしょうか?

ある法務局(A法務局、とします)管轄内に、すでに株式会社日本、が登記済みだったとして・・・・

Q1 日本株式会社は登記できますか?(前株、後株の違い)
Q2 他の法務局管轄域(B法務局、とします)に同じく株式会社日本、が登記済みだったとしてこの株式会社日本が本社所在地をB法務局管轄内からA法務局管轄内に移転させようとした場合、登記できますか?
Q3 株式会社日本、ではなく、合同会社日本、合資日本、合名会社日本などは登記できますか?(法人の種類が違う)

詳しい方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

他の回答にあるとおり,ご指摘のルールは旧法で行われていた類似商号の使用が禁止されていた頃のものです。

ただしそれは,同一法務局管轄内ではなく,同一行政区画内での使用が禁止対象とされるもので,同一管轄でも別行政区画であれば可能でした(たとえば東京法務局本局の法人登記管轄区域は千代田区,中央区,文京区でしたが,千代田区にA株式会社があっても,中央区にA株式会社を設立することが可能でした)。

現行法(商業登記法27条)では同一商号・同一本店の場合のみが禁止されています(旧法でもこれは当然禁止です)。
とはいえ,登記手続の事務処理は人のやることですから,同一商号・同一本店の会社が存在することもなきにしもあらずで,複数の同一系列会社が同じ日に本店移転をした結果,同一商号・同一本店の会社が存在するなんてことも,実際にはありました(関東の某法務局管内であり,その解消に関わったことがあります)。

Q1~3についても他の回答のとおりですが,類似商号は商号と事業目的の組み合わせが同一(類似)である場合に限られます。たとえば「不動産事業を営む株式会社A」と「クリーニング屋を営む株式会社A」は,同一行政区画内にあっても類似商号に当たりません。
なので,商号だけでなく事業目的が同一(類似)の場合に限り,

1)会社の種類は商号に使用することが義務付けられている部分(現行の会社法なら6条2項に規定)なので,類似商号判断においては無視します。よって前株(株式会社A),後株(A株式会社)の違いは違いにあたりません。

2)移転先に類似商号となる会社が存在するので移転登記できません。類似商号会社があるとわかったところで申請は却下対象となります。

3)Q1と同じです。

となります。

ちなみに禁止されていたのは“類似”商号なので,東京においては「goo株式会社」と「東京goo株式会社」は類似商号になりますし,「教えて株式会社」と「新教えて株式会社」も類似商号に該当するとされていました(当時,たとえば東京法務局港出張所(東京都港区を管轄)では,「東京」「トウキョウ(トーキョー)」「日本」「ニホン(ニッポン)」「新」「ニュー」「第○(第一,第二,等)」等の違いだけなら類似商号として判断するとされていました)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/12/12 11:01

会社設立を数回経験したことのある者です。


ご存知の法律は古い法律だと思われます。
すでに改正され、もっと柔軟になっています。

現在では、同一本店所在地のみ規制されていたはずです。
ですので、いわゆる類似称号の調査の必要性は薄れています。

質問では、全く同じ商号だけを気にされていますが、あくまでも注意しなければならないのは類似称号です。登記官が似ていて紛らわしいと判断すれば、登記できないのです。

以前の類似称号の規制では、組織名を除いての判断だったと思います。ですので、前株後株の違いだけや組織が異なっていても、規制されていたはずです。
現在規制されるのは、同一場所での登記だけです。
私は以前事実上の分社のために新たな法人を設立したことがあります。業務の移管等のため、同一名称のような形で組織変更に見えるように進めたことがあります。合資会社ABC(的な法人名)を事実上の分社のため、株式会社ABC(的な法人名)を同一場所で平成18年に設立させました。何ら登記で問題になりませんでしたね。
その後に、合資会社ABCを種類変更と同時に照合の変更を行い、合同会社XYZ(的な法人名)に変更しました。本店登記所在地が実家(先祖代々)住所ということもあり、他に法人登記があるわけがないという認識のもと、改正前法律の際の合資会社の設立以外、類似称号の調査辞退しませんでしたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/12/12 11:03

同一市町村内の同一営業の同一商号の登記ができない規制は、平成17年の会社法施行時に廃止されました。


http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaisya/kaisya …

なお、かつての規制を質問に当てはめてみると、
q1.同一市町村内の同一(または類似)営業なら、同一商号で登記不可。
株式会社の文字は法律上必要なので、省いて見る。と、類似レベルではなく、同一商号。
q2.同一営業なら登記移転はできませんでした。商号の使用はできました。
で、昔のさらに昔、(確か)東芝が本社移転予定していることを聞いた悪いひとが、移転先に電機メーカーの東芝という商号を登記して、東芝を困らせた事件があり、仮登記制度ができていました。現在はq2.の問題は、登記手続きというより、不正競争防止法で処理するのがよいということで、規制廃止。
q3.これは、q1.と同じで、会社はその種類にしたがって株式会社とか合名会社とかの文字を商号中に入れなければならないので、同一類似商号判定の際には、外して比べることとされていました。

古い商法総則の本(公立図書館の書庫とかにはありそうです)にはたいてい書いてあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/12/03 21:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q株式会社登記の場合、発起人自宅に法務局から郵便物

株式会社登記の場合、発起人に法務局から郵便物が届くのですか?

Aベストアンサー

法人設立登記から変更登記まで経験のある者です。

発起人は、株主に過ぎませんよ。
さらに言えば、代表取締役を含め設立時の役員にも法務局からの郵便はありませんでしたね。

私は税理士事務所の元職員で、現在自分が経営する会社の法務担当役員です。親族にも経営者が多く、登記申請なども手伝うことがあります。設立登記であれば通算で4回、変更登記も経験があります。それでも法務局から連絡があるのは、登記申請の不備などによる補正の連絡だけですね。補正の内容が無ければ、補正予定日が登記完了となるわけですが、登記の完了も申請者側から連絡しなければ何もありません。電話番号も申請者や申請代理人の電話番号しかなく、補正の連絡が来るのは役員とは限りません。

不動産登記も経験がありますが、不動産登記では所有権者の意思確認が申請書類で不足していると判断されたときのみ、文書での確認があります。それ以外補正などを除けば連絡も無かった記憶があります。

ただ、郵便物の受け取りに支障があるのであれば、住民票の登録に問題があるかもしれません。商業登記でも役員などは住民票などを添付し、登記簿に記載されることもあります。変更にも費用がかかりますので、正しい住所での申請が必要でしょう。

法人設立登記から変更登記まで経験のある者です。

発起人は、株主に過ぎませんよ。
さらに言えば、代表取締役を含め設立時の役員にも法務局からの郵便はありませんでしたね。

私は税理士事務所の元職員で、現在自分が経営する会社の法務担当役員です。親族にも経営者が多く、登記申請なども手伝うことがあります。設立登記であれば通算で4回、変更登記も経験があります。それでも法務局から連絡があるのは、登記申請の不備などによる補正の連絡だけですね。補正の内容が無ければ、補正予定日が登記完了となるわ...続きを読む

Qアメリカで株式会社として登記した場合の日本での扱い

アメリカで株式会社として法人登記を検討しています。そして、日本で日本営業所として法務局に登録すれば法人扱いになるらしいのですが、日本でも株式会社として取り扱われるのでしょうか?

例えば、名刺や契約書にも株式会社として表記してもいいのでしょうか?

Aベストアンサー

デラウェア州などの海外法人(.inc)ですよね。
株式会社でいいんですよ。

気をつけることは、日本においては「確認会社」の存在により、資本金要らずという点はメリットでも何でもなくなったことです。
エージェントへの手数料や、運営の実務を考えると必ずしも楽ではないので留意が必要です。
もちろん、貿易関係など真面目な動機であれば、その限りではありません。

Q法務局のバインダーに掲載されていない会社

法務局にいったら、登記している会社と、その住所などをを50音順にバインダーで閉じてある資料がありますが、あれに掲載されていない会社っていうのは、ちゃんとした会社じゃないってことですか?(←漠然とした表現ですみません・・)なんにもわかっていないので、知識の提供をお願いします!

Aベストアンサー

自称 会社で 法人登記されていないか

本店所在地が別で、その法務支局には登記されていないか

多分後者

Q正社員と合資会社・合名会社との両立の可否

現在、株式会社で、正社員として勤めています。

今後は、合資会社・合名会社として独立をすることを考えていますが、
しばらくの間、両立するなどと言う事は可能でしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

現職である株式会社の就業規則には違反しませんか?
違反さえしなければ、あとはあなた次第でしょう。

私は、株式会社の役員、合資会社の執行役員、個人事業主の事業経営、株式会社である2社の社員(非常勤)、有限会社の社員(非常勤)を兼務しています。私の場合便宜上というものもありますし、経営者の理解もあったので、すべてを並行して業務を行っています。法律的には問題ないですが、規則に注意してください。

退職後既に起業していると失業保険(雇用保険)は掛け捨てになってしまうと思います。退職後に起業すると条件次第では助成金を得ることも可能です。また、合資・合名での起業をお考えのようですが、合同会社や株式会社も設立が簡単になっています。よく検討されることをお勧めします。

Q■ 株式会社の会社員のまま株式会社を起業

 株式会社の会社員のまま株式会社を起業をする気でいる者です。
 就業規則には副業禁止とはありませんが、株式会社を起業する事が出来るのか教えていただけませんか?

 また、可能な場合、税金や保険等どのようにしたらいいのでしょうか?

 音楽のレーベル等の立ち上げですが、営業活動、著作権とったりするに辺り株式会社で起業する事に・・・。


 未熟者に良きアドバイスをいただけると幸いです。

Aベストアンサー

会社員のまま起業することには他の方の回答のように特に問題はありませんが小資本で始めるなら初めは個人事業でいいと思います。株式会社の方が見栄えもいい!というのであっても会社の概要に資本金10万とかだと正直、取引先はまともに相手をしてくれないと思うので以前の有限会社最低資本金の300万を準備できないなら個人事業で始めるのがいいと思いますよ。(すでに1000万とかの資本があったら失礼なこと書いてすみません・・・)

>営業活動、著作権とったりするに辺り株式会社で起業する事に・・
株式会社でないと著作権取れないんですか?私の友人はフリーですが普通にやってる気がします・・・。

個人事業であればあくまでも会社員が本業であるので個人事業の届出も不要です。ただ収入が逆転したり継続して事業として続けるなら個人事業の届出、またはその時点で法人とするのがいいでしょう。

そう考えると会社は会社、個人は個人なのでまったく別で考えていいですよね。

会社員が本業であれば社会保険、厚生年金ですから個人事業のほうでは特に気にすることはありません。

個人事業のほうで経費が出たらその領収書は個人名でとっておきましょう。交通費も出ますから電車で出かければ電車代、高速に乗れば高速代、ガソリン代は出ます。

確定申告で経費を申告すれば本業で支払った所得税が戻ってきますね。
ただそれによって収入が変わって翌年、会社で支払っている市県民税が変わってくるのでその時点で副業をしていることが会社にはわかってしまいますね。

1年の通じての利益が20万に満たなければ確定申告も不要ですがそれを越えると確定申告しないと脱税になるので確定申告によって会社にはわかってしまいます。

株式会社にする以前に個人で立ち上げて経営のことをちょっと勉強してから法人にするほうがいいですよ。影の支配人的なアドバイザーみたいな人がいればいいのですが、そうでなければとても無謀な気がします。。

会社員のまま起業することには他の方の回答のように特に問題はありませんが小資本で始めるなら初めは個人事業でいいと思います。株式会社の方が見栄えもいい!というのであっても会社の概要に資本金10万とかだと正直、取引先はまともに相手をしてくれないと思うので以前の有限会社最低資本金の300万を準備できないなら個人事業で始めるのがいいと思いますよ。(すでに1000万とかの資本があったら失礼なこと書いてすみません・・・)

>営業活動、著作権とったりするに辺り株式会社で起業する事に・・
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報