僕は臨床工学技師の専門学校に通っているんですが,今日の公衆衛生の授業でB型肝炎について行いました。その内容の中で先生が、最近ではB型肝炎はA型肝炎のように径口的にでも感染するらしいと考えられるようになってきた。と言われました。それって本当なんですか?血液感染や性行為での感染だけではなく経口的にも感染してしまうんですか?ジュースの回し飲みでも感染してしまうってことなんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

経口感染と考えられたケースにおいて、口腔内に創傷が無かったかどうか(傷以外にも、抜歯していたり、とにかく血管が外部に露出する状態)が問題です。

このことを考慮している研究で、そういった状態でなかった場合で、なおかつ血液感染や性行為による感染の可能性が無かった場合は、「経口感染説」は成立するでしょうけれど。

一度その公衆衛生の先生に、その根拠となった論文や報告書について聞いてみるのはどうでしょうか?
    • good
    • 0

以下の参考URLには関連質問の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「ウイルス肝炎」
このページで「B型肝炎:感染経路」を参考にしてください。
経口感染も可能性はあるが、一般にはやはり「非経口感染」ではないでしょうか?

御参考まで。

参考URL:http://www.mars.dti.ne.jp/~frhikaru/blood/kanen. …
    • good
    • 0

こんにちは。

私が学校で習った頃は、経口感染とは教わりませんでした。
しかし、性交による感染や母子間の垂直感染など、粘膜における接触、擦過によると思われるものは知られていますから、粘膜からの侵入はありえるというのが現状だろとうと思います。
すると口腔、食道などは粘膜ですから、そこからウィルスが侵入する可能性は否定できないと考えられますね。この事をおっしゃったのではないでしょうか?

最新の論文を読んでいるわけではないので、この程度しか答えられませんが。。。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QB型C型肝炎キャリアと感染について

友人からの相談なのですが、痴呆高齢者グループホームでの出来事、グループホームは本来痴呆高齢者の方々の普通の暮らしを目的としていることから 調理にも高齢者の方々が、自分も作りたいと意欲を示されたときには、否定せずスタッフが見守りながら共に作ると言う事があるようです。そこで起きた問題、B型肝炎キャリアの高齢者の方が調理中に包丁で手を切ってしまう事故が発生!怪我はさほどひどくもなく消毒し薬をつけガーゼで手当をしたようです。もちろんその時使用していた器具は流水であらい。消毒したらしいですが、いくら消毒しても、もし 血液が飛散していて食事に混入していたらどうするのか?それを食べたらどうなるのか?と言う疑問が持ち上がったようです。もしかしたらそのような感染症の持ち主に食事つくりをさせることが間違いかもしれませんが、しかし痴呆高齢者のしたい事でありできることを、奪ってしまうのもあまりにも単純な方法でああると思う。HBs抗原がだけが+なのか抗体も+なのかは不明です。対応についてアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

今晩は、私は医師では無いですが、最近肝炎の検査を受けたので、少しは説明出来るとおもいます。

その時に、確認したのですが、輸血、麻薬(注射器の回し打ち)、刺青、性交渉等が主な感染源だそうです。(HIV同様)
尚、肝炎には種類がありますがいずれも、薬物投与で治療は可能だそうです。
怖いのは、感染しても症状が無く進行し肝炎→肝硬変→肝癌と進むそうです。

私は、幸い肝炎では無かったのですが、以上の知識で話さして頂きますが、差別の様な気がします。
そして、もっと怖いのはキャリアと、書いてありますが、肝炎と分かっているのなら治療させるべきであると思います。
どう思うかは皆さん色々でしょうが、黙って見ているのは酷い事だとおもいます。
勝手な意見で、すいません。

Q予防接種(A型肝炎・B型肝炎・狂犬病、幼児のインフルエンザ)のインターバルについて

 A型肝炎、B型肝炎、狂犬病は、
1月に1回目を打ったとしたら、
2回目を2月、
3回目を7月に打つようになっているようです。

 1回だけでは免疫ができないのか、できにくいだけなのか、
また、なぜ1ヵ月後・6ヵ月後という期間の設定になっているのか、
ということについてを知りたいと思っています。

 同様に、
1歳児くらいのインフルエンザ予防接種は、
1月に1回目を打ったとしたら、
2月に2回目を打つようになっているようです。

 何かご存じの方がいらっしゃいましたら、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 いずれも「不活化ワクチン」で、菌体の成分を元に製造されています。弱毒化したウイルスによる「生ワクチン」に比べ効果の持続が一般に弱いため複数回接種する必要があります。もう少し詳しく説明します。

 ワクチンを体内に入れると、その異物に対し生体が防御反応を起こし、次回進入した場合はもっと迅速に対応できるようリンパ球などがその異物を記憶します。これが免疫反応ですが、全くの新規の場合、1-3週間の時間を要します。この記憶は受験勉強と同じく一夜漬けで覚えたことはすぐ忘れてしまうので、忘れそうになったとき(ここがポイント)にまた学習すると長期記憶につながるわけです。それが4週間前後に2回目を接種する理由です。これである程度の免疫記憶ができて持続するわけです(ちなみに三種混合ワクチンは基礎免疫3回です)。そのままほっておくとまた忘れるので追加免疫をします。これが半年後の接種に当たります。以後も必要により追加接種します。

 ある調査によれば、A型肝炎の場合、2回接種のみでは30ヶ月後には抗体が消失するものが出てきますが、3回接種した場合は少なくとも5年以上高い抗体価が期待できるようです。しかし狂犬病は3回接種しても効果は1年から1年半で減少するようです。

 インフルエンザで追加免疫を行わないのはワクチンそのものの効果がもともと比較的低いのと、毎年ワクチン株が変化するためと考えます。中学生以上で単回接種なのは、過去に似たような型のインフルエンザに罹患したり、ワクチンを接種していることが多いため、1回の接種で効果が期待できるからです。

 いずれも「不活化ワクチン」で、菌体の成分を元に製造されています。弱毒化したウイルスによる「生ワクチン」に比べ効果の持続が一般に弱いため複数回接種する必要があります。もう少し詳しく説明します。

 ワクチンを体内に入れると、その異物に対し生体が防御反応を起こし、次回進入した場合はもっと迅速に対応できるようリンパ球などがその異物を記憶します。これが免疫反応ですが、全くの新規の場合、1-3週間の時間を要します。この記憶は受験勉強と同じく一夜漬けで覚えたことはすぐ忘れてしまうので...続きを読む

QB、C型肝炎は唾液感染しますか?

B、C型肝炎について調べてみるとキスによって感染すると記載されているサイトがあるのですが、サイトによって輸血等の血液感染、性行為、からの感染しか書かれていないサイトもあります。

実際感染者の唾液を口に含むとどのくらい感染する危険性はあるのでしょうか。

そうであるなら、ジュースの回しのみ等危険なわけで心配です。

ご回答いただければ幸いです、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは!
私も最近検査をして何でも無かったので安心してます。
又感染ルート等も医師に教えて頂いたのでお答えしますね!

血液感染、性行為の他に多いのが刺青だそうです、又昭和の40年代初め生まれ以前の方に多いのが学校等で行なわれた予防接種のハンコ注射や注射針の使い回しだそうです。(刺青や麻薬等も針の使い回しが原因で率が高いそうです)

キスによる感染は可也低いと思いますが、互いが口内に大きな傷があり大量に出血している状態であれば可能性は0%では無いと思いますがその様な状態でキスはしないと思うので可能性は低いと思いますよ!

御心配なら検査を受けて見て下さい、感染していても症状が無く、症状が出たら手遅れになってますよ!今は治るそうですから御心配無く。

QB型肝炎のe抗原マイナスなら感染力無し?

数年ぶりで献血したらB型e抗原+でした。半年後に再検査したらe抗原マイナスでした。この間肝炎を起こした様子は無し、「あの検査はほんとだったのかな?」と言う感じです。
家族との接触について、他人への感染の危険は無くなったのでしょうか。
血液中に居ないけど肝細胞や核の中にはまだウイルスが残ってる可能性があるのでしょうか。これはただの興味。
過去の質問や医療ページを見たのですがはっきるわからなくてアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

HBe抗原(+)は、ウイルス量が多く、感染力が強いだろう
事を意味し、HBe抗原(-)となっても、ウイルスが消えた
という証明にはなりません。

家族や他人への感染性を問題にするのであれば、HBs抗体
(抗原ではありませんので、お間違いなく)を調べる必要が
あります。

HBs抗体(+)であれば、それは感染の終結=治癒を意味します。

QB型肝炎 抗体+ 肝炎 性行為

B型肝炎 抗体+ 肝炎 性行為

お尋ねします。
先日、健康診断でB型肝炎抗体+と出てました。
これは、放っておいても問題ないですか?
またパートナーにうつす可能性はありますか?

ご教授お願いします。

Aベストアンサー

B型肝炎抗体が”HBs抗体”であれば、血中にはウイルスがいる可能性は極めて少ないので、パートナーに感染させる可能性はほぼ0と言っていいです。キャリアとはいいません。
ただ、肝臓内にはウイルスはいる可能性はありますので、将来、抗がん剤治療とか大きな手術を受けた際には再燃する可能性があります(de novo肝炎)。

なお、検診での抗体が”HBe抗体”陽性であれば、精査が必要です。キャリアの可能性があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報