人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

福岡タクシー暴走( http://mainichi.jp/articles/20161205/k00/00e/040 … )の件が気になっています。
どうやら事故を起こした車はトヨタの「プリウス」で、経験豊富かつ慎重であったと言われる本件のタクシー運転手によるとブレーキを踏んでも全くブレーキが効かなかったらしいです。
プリウスは以前よりアメリカでも度々暴走事故を起こして問題になっている車ですが、やはりプリウスのブレーキ系統、とりわけその心臓部にあるABSには重大欠陥箇所が潜んでいるのではないでしょうか。

質問者からの補足コメント

  • 一般にプリウスなどのHV車にサイドブレーキが無いのは何故なのかという点も疑問です。
    サイドブレーキを付ければABS等コンピュータ制御部品の欠陥による誤動作は多少なりともカバーできるのではないでしょうか。
    それともサイドブレーキを付けても最終的なブレーキ本体機構は同じなのであまり意味がないということなのでしょうか。

      補足日時:2016/12/06 18:37
  • ここでサイドブレーキとはメインブレーキ系統(ABSなど)とは完全に独立した純機械式のものでないとサイドブレーキに該当しないということです。

      補足日時:2016/12/06 19:15
  • 関連するニュースの記事を見てもサイドブレーキ操作のことは何も書かれていませんね。
    車を緊急停止させるとき、フットブレーキが効かなければ次にやるべきはサイドブレーキではないかと普通は考えると思いますが、タクシー運転歴30年以上あるというベテランがとった行動はエンジンブレーを試したという。このような流れになったのは一体何故なのかという大きな疑問を感じます。

      補足日時:2016/12/06 21:20
  • フロアマットのズレが原因のようです。

    いやはや、参りましたわ。
    以前からフロアマットは危ないと感じていました。
    何のために2枚もフロアマット重ねたんでしょうかね?
    全く理解できませんね。

      補足日時:2016/12/10 20:34

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (23件中1~10件)

続報によるとフロアマットのズレが原因のようです。


しかも純正マットの上に市販マットを「置いていた」ので
市販マットがずれてアクセルペダルに覆い被さった可能性が指摘されています。

こうなるとパーキング(フット)ブレーキを踏める状態ではなかった可能性も高くなります。

質問者は「プリウス固有の問題」と煽り立てたいようですが
残念ながらドライバーの使用上の問題である可能性が高くなりました。
今後の続報にも注目しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>フロアマットのズレが原因のようです。

いやはや、参りましたわ。
以前からフロアマットは危ないと感じていました。
何のために2枚もフロアマット重ねたんでしょうかね?
全く理解できませんね。

>質問者は「プリウス固有の問題」と煽り立てたいようですが・・・

これは違いますよ。
ただ真実を知りたかっただけってゆーか、それだけです。

お礼日時:2016/12/10 10:40

ブレーキの故障ではなく、アクセルとブレーキの踏み違えが原因と思います。

私もプリウスに乗っていますが
この様な事は聞いた事など有りません。
確かにプリウスのブレーキは通常の車両と異なります。プリウスはHVシステムを採用している関係上、バッテリーに充電しなくてはなりません。
PHVとは異なり、ブレーキによる減速時バッテリーに充電するシステムとなっており、ブレーキペダルを軽く踏んでいる時充電をしています。通常のブレーキ操作には充分な制動となっております。また、パニックブレーキに対してはブレーキペダルを強く踏み込めば強力な制動が掛かります。
よって私の見解はブレーキ故障ではなく、運転手の操作ミスと思います。

ただ、残念なのは公園を出て可笑しくなったと、言いながら病院に向かった
と言う(嘘)です。
本当に気づいていたなら、電柱にでもぶつかり車を止めます。
人が多くいる状況は誰にもわかります。
    • good
    • 1

ぶつかった時点でブレーキ踏まない運転者が多いいですね、歩道まで走ってるし、信じられない。

事故は嫌ですね。
    • good
    • 0

急ブレーキの正しい掛け方はABS作動まで強く踏んで、踏力を弱めない事です。



ABSの付いてない車がポンピングブレーキで正解です。

現在販売されている一般的な車両にはABSが搭載されていますので、ABSを作動させたまま強く踏み続けるが正解です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

現在事故車に搭載されたイベントデータレコーダー(EDR)の解析が行われているといいます。

お礼日時:2016/12/07 22:12

サイドブレーキの利用方法ですが、レース車両含めて全てが補助としての役割しかありません。



また、ブレーキが効いていなかった以上ABSの有無は無関係であります。
本当にブレーキが効いて居なかったのなら、ブレーキパッドやブレーキローター、ブレーキのラインの異常です。

プリウスの仕組みとして、走行中にPレンジやRレンジに入れたりエンジン停止をしようとするとニュートラルになるだけです。


車を緊急停止させる方法として無難なのは
アクセルを抜く→ニュートラルに入れる→ガードレールに擦り付ける。
サイドブレーキを使う場合はタイヤのロックに気を付けながら操作する必要が有ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HVでない通常車の場合、急ブレーキのかけ方としてはポンピングブレーキが普通ですが、プリウスの場合はポンピングではなく強く押し込むブレーキだそうです。
このあたりのブレーキ操作法も通常車とはかなり異なるところが気になりますね。

お礼日時:2016/12/07 11:18

ANo6、ANo16ですが、、、


>この際サイドブレーキの構造がワイヤしきであろうが油圧であろうがどうでもよいでしょう。

「車のブレーキの構造によって油圧ブレーキが誤作動する(しない)のが事故の原因じゃないの?」という論調に、「フェールプルーフとしてサイドブレーキが存在しているはずだ」という話をしていますので、何だろう、構造はどうでもよいといわれると、すみません、最初っから余計な意見ですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>「フェールプルーフとしてサイドブレーキが存在しているはずだ」

サイドブレーキはフェールプルーフというよりフォールトトレラントと考えるべきでしょう。
冗長設計とか代替手段のことです。
その実現方法については、油圧もありワイヤ式も有りでしょうが、あくまでもその実現方法はメインブレーキ系統(ABS)とは独立して動作可能であるということです。

お礼日時:2016/12/07 10:11

ABSではなく(足踏み式の)パーキングブレーキに関する疑問に変わっていたようですね。



足踏み式のパーキングブレーキのクルマに乗ってみるとよく分かりますが、使いにくいのです。手で引くサイドブレーキなら、加減もタイミングも結構自由にできるのですが、足踏み式の場合、解除がもう一度踏むだったり別のレバーを引くだったりで、(解除メインで)制御のことが考えられていません。なので、足踏み式パーキングブレーキの場合、走行中にこれを使うという発想そのものが存在しなくなります。
普段つかっていない走行中のパーキングブレーキを、さらに普段使っていない左足で操作しなければならないので、これは使えというのが無理な話レベルです。

さらにパーキングブレーキの効きは弱く、ATのクリープ現象でクルマが動いてしまう程度です。パーキングブレーキを掛けたまま数キロを走行したという人も多いでしょうが、気が付かないほど効きは弱いのです。アクセル踏んで加速しているのにパーキングブレーキ云々は、焼け石に水です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ABSではなく(足踏み式の)パーキングブレーキに関する疑問に変わっていたようですね。

もちろん根本の問題はメインブレーキ系統としてのABSに欠陥は無かったのかどうかです。
しかしこの事故の場合、ABSとは別に緊急停止手段が有効に備わっていたかどうかも問題として大きいでしょう。
緊急停止手段といえばまず最初に出てくるべきはサイドブレーキ(ないしはパーキングブレーキ)でしょう。
エンジンブレーキではないですよね。
ところが本件に関するニュース記事を見てもサイドブレーキ(ないしはパーキングブレーキ)などの緊急停止手段についての話が全く出てこないのが不思議でなりません。

お礼日時:2016/12/07 09:35

サイドブレーキは後輪だけですけど、走行中でも(ラリー車でなくても)普通にロックしますよ。


まあ、二輪だけなんで制動力は4輪のブレーキの半分ってところでしょうけど。
おけつ振りますけが原則ハンドルを向けている方向に進んでいきますが、
コーナーでやるならスピンする可能性が高いので少し練習が必要です。

プリウスには詳しくありませんが、常識的に考えるとワイヤプルのドラムなんじゃないかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>プリウスには詳しくありませんが、常識的に考えるとワイヤプルのドラムなんじゃないかな?

この際サイドブレーキの構造がワイヤしきであろうが油圧であろうがどうでもよいでしょう。
要は緊急停止手段としてのサイドブレーキは備わっていたのかどうかが問題ではありませんか。

お礼日時:2016/12/07 09:41

トヨタのハイブリットは、お客さんを実験台にしていると言われていましたので


問題が多いのでは、新プリウスの販売延期していますので、問題がありそうです。
300m暴走してその間の処置がプロの運転手に出来ないのか疑問に思います。
普通でしたら、サイドブレキ使用・エンジン切るとか出来ないのか。
この事故のあ翌日に、タクシー運転手が失神して暴走して、乗客が後ろの席の
狭い間からエンジンを切りハンドル操作で車をガードレールに当てて止めたと
ありました。
こう言う処置が何故出来なかったのかと、疑問に思いました。
タクシーの事故が多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>こう言う処置が何故出来なかったのかと、疑問に思いました。

それはやはりタクシー運転手なるが故の思いからではないでしょうか。
事故を起こしたらヤバイとか、生活に関わるとかで、なるべく無傷で済むような方法を選んだのではないでしょうか。

お礼日時:2016/12/07 07:36

警察で事故車を調べて ペダルの踏み違いか 車の欠陥か すぐに判らないのですかな 尚 サイドブレーキは停止している車には有効ですが 

走行中では役に立ちませんよ 運転手が踏み違いを認めたくないから 車の欠陥と思いこんでいるのかな
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>サイドブレーキは停止している車には有効ですが 走行中では役に立ちませんよ

その通りですが、動き始めの初期段階であれば効きます。

お礼日時:2016/12/07 07:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAE86の前期型と後期型の違いを詳しいく細かく教えてください。

AE86の前期型と後期型の違いを詳しいく細かく教えてください。

Aベストアンサー

いずれもネットで探せば記事や画像が出てくると思います。

・テールランプ
http://minkara.carview.co.jp/userid/888951/blog/31894885/

・ドライブシャフト
前期は細い。
中期と後期は太い。(中期はマイナーチェンジといえない小変更。外観は前期)

・レビンのフロントグリル
前期APEXはエアロダイナミックグリル、前期GTとGTVはスリットタイプのグリル。
後期は1種類でスリットのないタイプ。

・フロントウインカー
前期はバンパー前面。
後期はパンパー前面~少し側面まで回り込む形状。

・トレノのフロントバンパー
前期は上面が平ら。ツートンカラーの場合、ボディ色ストライプは側面上部で開口部と同じ高さのため中央部にはない。
後期は上面のグリル部分が盛り上がっている。ツートンカラーの場合、ボディ色ストライプは上面に塗られ、開口部より上になったのでストライプが左右つながった。

・純正ホイールのデザイン
文章で説明は難しいです。ただ、純正ホイールを街中で見かけることはないですね。


人気Q&Aランキング