ふるさと納税で、自己負担2,000円でできる寄付の限度額についての質問です。
今年、1月末に前の会社を辞め、2月から今の会社で働いています。

ネットで公開されている計算用シミュレーションに入力する数字の出し方を教えてください。

● 「給与収入」欄に入力する数字 = 前の会社からもらった1ヶ月分の「給与所得の源泉徴収票」の給与・賞与の「支払金額」 + 今の会社からの給与明細の「課税支給額」合計 

● 「社会保険料等の金額」欄に入力する数字 = 前の会社からもらった1ヶ月分の「給与所得の源泉徴収票」の「社会保険料の金額(2段書きの数字の大きい方)」 + 今の会社からの給与明細の控除項目のうち「健康保険料・介護保険料・厚年保険料・雇用保険料」合計+ 「DC会社拠出額」合計

上記であっていますか?
「DB会社拠出額」は「社会保険料等の金額」に含めなくていいですか?

どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>DCマッチング拠出額は含めるべき


>でしょうか?
個人(加入者)負担分は含めるべきです。

>生命保険料の控除額をそのまま入力
>してしまっても大丈夫ですね。
はい。それがよいと思います。

所得控除額がもれていると住民税が
上がってしまい、ふるさと納税特例
控除の限度額も上がってしまい、
無駄(?)が出てしまう可能性があります。

ですので、所得控除は多めにしておく
のが無難です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、大変勉強になりました。
ご回答どうもありがとうございました!

お礼日時:2016/12/08 00:16

>「給与収入」欄に入力する数字


については
>前の会社からもらった1ヶ月分の
>「給与所得の源泉徴収票」の
>給与・賞与の「支払金額」
こちらはよいですが、

>今の会社からの給与明細の
>「課税支給額」合計
は、おそらく違います。

おそらく「課税支給額」は、
社会保険料や通勤手当を引いた額に
なっていませんか?
逆に言うと課税支給額+社会保険料
が、支払金額と同等となるはずです。

総支給額から通勤手当を引いた金額
でもよいのですが…

>「社会保険料等の金額」欄に入力する数字
には、「DC会社拠出額」を含めないで下さい。
これは会社が企業型確定拠出年金に退職金
等のために積み立てている金額なので、
所得控除の対象になっていません。

個人型確定拠出年金などご自分の給与から
引かれている掛金は象になります。

また、年末調整の時期ですから、他に
生命保険料、個人年金保険料を申告して
いたら、それも対象となります。

支払った生命保険料は、そのまま入力
してはいけません。
控除額を入力する場合は、下記を参考に
して下さい。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm

いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

再度、給与明細を確認してみました。
「課税支給額」は社会保険料等を引く前の金額になっていましたので、こちらはたぶん大丈夫そうです。

「DC会社拠出額」は会社が支払ってくれている分なので「社会保険料等の金額」に含めてはいけないのですね。
そういう意味では、個人型確定拠出年金ではないですが「DCマッチング拠出額」は含めるべきでしょうか?

生命保険に加入しているので、こちらも忘れずに入力するようにします。
保険料は昨年と同じはずなので、昨年の給与所得の源泉徴収票の「生命保険料の控除額」をそのまま入力してしまっても大丈夫ですね。

お礼日時:2016/12/07 23:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源泉徴収票の金額と給与明細の合計金額が違う

フリーターで掛け持ちをしているため、数カ所から源泉徴収票を取り寄せました。
2社ほど気になる事がありました。

1社目は、給与明細で支払金額を確認したところ、昨年1月受け取り分の金額が丸々抜け落ちてました。これはこのまま確定申告に回しても問題ないでしょうか?当たり前でやはり、修正して貰うのが良いでしょうか?ちなみに金額は約18万くらいです。

もう1社は振込で、明細が貰えてないので分からない部分もあるのですが、約3万円くらい実際にもらった合計金額より源泉徴収票の金額が少なくなっています。これも確認をした方が良いでしょうか?

少し長くなりましたが、お答えいただければと思います。

Aベストアンサー

こんにちわ。

>>1社目・・・

1月に受け取ったとしても、会社からの支払日(要するに給料日)が12月中であれば、それは前年の収入になるので、抜けていて問題ありません。
支払日も1月であれば、単純に事務作業のミスでしょうか・・・
確定申告をするにあたっては、そのまま使用しできてしまいます。昨年の収入が実際より18万円少ない事になるので、税金が安くなります。ただし、故意ではないにしろ、脱税にはなります。。認識している以上、故意と言えるかもしれません。。。その18万円で税額が少なくなるような場合は、ですが。
他には、例えば何かの融資を受けようとする際に、年収の証明で金額が少なくなると困るような場合があるならば、正しく訂正してもらっておいた方がいいですね。

>>もう1社・・・

#2さんのおっしゃるとおり、3万円は課税所得と非課税所得の差かもしれませんね。

いづれにしても、きっちり把握・対処したいならば、給与の支払い者に確認するのがベストかとは思います。
確定申告、がんばってください!

Q年末調整の給与所得控除後の給与等の金額(9)の金額について

タイトルのとおりです。

年末調整で、給与所得に対する所得税源泉徴収簿の
給与所得控除後の給与等の金額(9)の部分の金額は、
税務署で一覧表があって、それに基づいて算出されるらしいのですが、どのような表なのでしょうか?

 また、その表はどこかで公開されていますか?
どのような計算方法によって、その表が作成されているのでしょうか?妥当なものなのでしょうか?

ご存じの方、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たぶん、「平成15年分の年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表 ・・・・ 66~74ページ」のことをおっしゃっているのだと思います。

違ったら、全部読んでください。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/2010/01.htm

Q「配偶者の合計所得金額(見積額)の計算表」について

妻の退職に伴い配偶者特別控除を申請するところです。 
 配偶者特別控除申告書の裏面に「配偶者の合計所得金額(見積額)の計算表」がありますが、上から6番目に「退職所得」の欄があります。妻の「退職所得の源泉徴収表」に基ずいて欄を埋めていくと、右端の「所得金額」がマイナスの金額になってしまいます。
 具体的に言いますと「収入金額等」の欄が¥1.100.000ちょっとで、「必要経費等」の欄が勤続年数8年なので¥3.200.000になります。すると「所得金額」の欄は計算すると(-)¥1.050.000とマイナスになり、一方一番最上段の「給与所得」の欄の右端は計算の結果¥400.000ちょっとなので、これらを合計して最終的な「配偶者の合計所得金額」を計算すると(-)¥650.000とマイナスに計上されます(所得がマイナス?)。
 ところが「配偶者特別控除顎の早見表」にはマイナスに相当する控除額が表記されていません。
 このように配偶者の合計所得金額がマイナスに計上される場合は、合計所得は¥0と考えて控除額を38万円としてよいのでしょうか?それとも「配偶者の合計所得金額(見積額)の計算表」による私の計算方法が単純に誤っているのでしょうか?どなたか御教示お願いいたします。

妻の退職に伴い配偶者特別控除を申請するところです。 
 配偶者特別控除申告書の裏面に「配偶者の合計所得金額(見積額)の計算表」がありますが、上から6番目に「退職所得」の欄があります。妻の「退職所得の源泉徴収表」に基ずいて欄を埋めていくと、右端の「所得金額」がマイナスの金額になってしまいます。
 具体的に言いますと「収入金額等」の欄が¥1.100.000ちょっとで、「必要経費等」の欄が勤続年数8年なので¥3.200.000になります。すると「所得金額」の欄は計算すると(-)¥1.050.000とマイナ...続きを読む

Aベストアンサー

退職金の収入金額から差し引くことのできる「必要経費」(退職所得控除額)は、もらった退職金の金額が限度となります。従って、あなたの奥さんの場合、「必要経費」の欄には「収入金額等」と同額が入り、「所得金額」は、0円となります。

これは、給与についても同じことで、よく一般に言われている65万円というのも、例えば給料が50万円の人は、所得が(50万-65万=-15万円)ではなく、「必要経費」は収入金額と同額の50万円となり、給与所得は0円になるわけです。

Q源泉徴収票 支給金額<所得控除の合計額 ありえる?

一昨年から今の会社でパート勤務で社保(扶養2人)を去年の途中よりかけてもらって働いています。

支給額1.563.050円
給与所得控除後の金額913.050円
所得控除の額の合計額1.655.901円
源泉徴収額0円

所得控除の額の合計額が支給額より上って間違ってると思うのですが自信があありません。
教えてください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>支給金額<所得控除の合計額 ありえる?…

奇異なことではありません。

>所得控除の額の合計額1.655.901円…

あくまでも推測ですが、
・基礎控除 38万
・配偶者控除 38万
・扶養控除 (19~22歳だとして) 63万
・社会保険料控除 265,901円
・合計1.655.901円
とか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

>間違ってると思うのですが…

上記の組合せどおりではないでしょうが、合計額としては間違ってはいないでしょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q配偶者控除額、等の合計額について

昨年の年調を参考にと思い見ていたら、源泉徴収簿の(16)欄の合計額が、下記の者について分からないので教えて下さい。

扶養控除申請内容
・控除対象配偶者    なし(配偶者特別控除はされています)
・一般の扶養親族    2人
・老人扶養親族 その他 1人

上記により控除の合計額は、1,620,000円となっています。

分からない点ですが、扶養申告書では扶養している母親(70歳以上)は同居している事になっています。
同居している場合は同居老親等に該当するのではないでしょうか?
ただ、昨年は税理士に依頼していたので税理士の方が正しいのか・・・今年の申告書も昨年と同じ内容なので控除額の合計額の違いはおかしいと思い、教えて下さい。 

Aベストアンサー

明らかにおかしいです。

扶養       38万*2=76万円
老人扶養(同居)       58万円 
基礎             38万円 
             計172万円となります
 
非同居の扶養の場合で計算されましたね。

16年分の計算は受給者の方に、確定申告してもらいましょう。

税理士だからといって、誤りもありますよ。特に、老人扶養の、同居・非同居については、誤りやすい箇所ですので・・・(私も間違えた経験あり・受給者に説明し、こちらで確定申告書を作成し、還付申告してあげました)
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報