最新閲覧日:

昨年はある若手芸人の芸をつまらないと、ビートたけしが痛烈に批判して話題になりました。ネットの一部も、そのビートたけしの発言に同調して問題の若手芸人を攻撃するような動きが起こり、今年は、それが影響したのか全くと言っていい程、テレビで見かけなくなりました。私自身は、その若手芸人の芸を取り分け面白いとは思いませんが、しかし世間の一部でも、その芸をおもしろいと評価されているのであれば、それはそれで尊重すべきではないでしょうか?そもそも、つまらない芸人なんて山の様にいます。その中でテレビという舞台で活躍できる芸人なんて極僅か。その極僅かの中に入ったその若手芸人はそれだけでも賞賛に値すると私は思います。ただ、その成功が一生続くかどうかはまた別問題。どの道ほうっておいても、その若手芸人は消え行く運命だったのかも知れません。しかし、仮にそうであるとしても、それを決めるのはあくまでも世間であって、ビートたけしではありません。それを自分の芸の価値観と合わないからといって即座に否定し、結果的に、その事がこの若手芸人が消える原因になっているのであれば、ビートたけしが、その若手芸人を潰したと言っても過言でもないでしょう。いくらビートたけしが芸能界の重鎮であっても、その罪は決して軽くはないと私は思います。
さて、前置きが少し長くなりましたが、これに関連して私が皆さんに質問したい事は二つです。一つ目は、その若手芸人をつまらないと批判したビートたけし自身は、そもそも、そんなに面白い芸人なのでしょうか?そして二つ目は、ビートたけしは世間が評価するほど、そんなに凄い芸人なんでしょうか?というものです。まず、一つ目の質問ですが、元々ビートたけしは明石家さんまや笑福亭鶴瓶と較べても話術があるという芸人ではないでしょう。あの独特の奥に引っ込んだ様な声も、悪く言えば聞き取りにくくもあります。話の内容は、他の芸人と比較しても特別優れている訳ではなく、基本的にビートたけしは、人をコケにしたり、おちょくったり、小馬鹿にして笑いを取る毒舌家として世間に評価されているのであり、好きな人は勿論いますが、残念ながら個人的には、あまり好きな笑いではありません。また漫才にしても、見たものが悪かったかも知れませんが、ただボケとツッコミが怒鳴り合っているだけで、私には騒々しく聞こえ、面白いというよりは不快にさえ感じました。
この様に全くと言って良いほどビートたけしにハマっていない私ですが、最初にそれを実感したのは、今もフジテレビで放送中の「奇跡体験アンビリバボー」です。現在はリストラ?されて新メンバーでやっていますが、まだ、ビートたけしが出ていた番組初期の頃、なぜか本編が始まる前に、毎回毎回どうでも良い様なミニコントをやっていました。当時の番組内容は心霊を中心としたホラーものが多かった為、それを緩和する目的でやっていたかも知れません。ただ、見ていた人は分かると思いますが、その内容はかなり酷く、私に言わせれば、身の毛もよだつ様な寒いミニコントを連発していたと記憶しています。当時、番組視聴者だった私は、「よくこんな物を公共の電波を使って放送しているな」と、見る度に思ったものです。しかし、今から考えると、これらのコントをビートたけしが全部考えていた訳ではないかも知れません。放送作家その他のスタッフが作っていた可能性はあります。ただ、仮にそれが事実でも、その酷い内容でもOKしているのだから、そもそもビートたけしのお笑い能力というのはたかが知れているのではないでしょうか?
後、話は少しズレますが、ビートたけしと言えば、教養的な硬い番組から低俗な緩い番組まで幅広く司会やメインパーソナリティーを務めています。余計な話、恐らく番組一本あたりテレビ局は、数百万クラスのギャラをビートたけしに支払っているでしょう。私は彼の番組を見ていて思うのですが、ビートたけしは自分の番組に対してかなり手を抜いているのではないのか?という疑問です。固有名詞は出しませんが、ある番組ではレギュラー陣やゲストが喋っている様子を、ビートたけしは大半眺めているだけです。私が見る限り仕事らしい仕事をしているのは極僅か。番組全体として実質的に仕事をしている割合は、酷ければ一割も無いかも知れません。基本的にビートたけしの番組は、昔からこういう感じの番組が多いように思います。しんどい事や危険な事は他人に任せて、自分は安全な場所から、おいしい所取りをしている、または楽をしているような印象が私には強いです。また別の番組では、ちゃんと仕事はしていますが、しかし、それは最初の数分だけで、毎回毎回、奇抜な衣装で派手に登場したらそれで終わり。後は基本的にVTRを見ているだけです。元々、海外の質の高い映像を中心に場番組構成されているので、この番組ならビートたけしが出ていなくても視聴率的には大して変わらないと思うのですが。私は気になったので、また余計なお世話ですいませんが、ビートたけしの年収をネットを使って調べてみました。そしたら驚くべきことに推定年収は、なんと16億から17億円だというのです。ハリウッドスター並みの年収です。勿論この中にはテレビ以外の仕事も含まれているでしょうが、いずれにしてもテレビ局はとんでもない額のお金をビートたけしに支払っているようです。参考として、ビートたけしの盟友である明石家さんまの推定年収は9億から10億円だそうです。日本一テレビでよく喋り、最も日本人を笑わせている(つまり仕事をしている)と思われる芸人、明石家さんまの遥か上の年収をビートたけしは得ている。私はこの年収が逆であれば、まだ納得できるのですが。
次に、二つ目の質問です。ビートたけしは現在では芸人と並んで映画監督としての印象も強いです。自身の制作した作品や主演俳優としての作品が内外で賞を取るなど高い評価を受け、役者としても世間に認知されている様です。しかし、私の目から見れば監督・役者ともに、それ程高い評価に値するものかと疑問に感じます。例えばビートたけしを役者として見ても、はっきり言えば大根役者そのもの。どの役やってもビートたけしが台本を棒読みしている様にしか私には見えません。質問の最初でも取り上げましたが、問題となった若手芸人の芸に対してビートたけしは、「バカ大学の文化祭」と言って批判したそうです。かなり辛辣な表現です。でも、それを言うなら私は、役者としてのビートたけしは「バカ大学の文化祭レベルの演技しかできない大根役者」と評価したい。そして映画にしてもレビューサイトでは「キッズリターン」や「菊次郎の夏」など評価の高い作品もありますが、しかし、基本的に北野映画は、ヤクザや理不尽な暴力ものが多く、正直不快でありワンパターンな感じは否めない。ベネチア国際映画祭でグランプリを取った「HANA-BI」にしても悪い作品ではありませんが、しかし、何がその賞に値するのかは、映画を見ても私にはよく分かりませんでした。余程、映画が不作の年だったのか?、それとも主催者側が話題作りの為に、基準を甘くして賞を上げたのか?と、入らぬ想像をしてしまいます。
現在ではビートたけしは、お笑い界の神の様な存在に祭り上げられていますが、私が思うに、正にその神を崇める信者の様なファン達(マスコミも含め)によって過剰なくらい「天才」や「巨匠」などと、ビートたけしは言われているだけではないでしょうか?正直な話、それ程能力の高い方だとは私は思いません。彼ほど私が考える評価と世間の評価(本当に世間はビートたけしの事を「天才」や「巨匠」などと思っているの?)が食い違う芸人の方もいないのです。ちなみに私がビートたけしに各ジャンル別に点数を付けると以下の様になります。

芸人=40点  司会者=30点  役者=15点  映画監督=55点  歌=20点  絵=10点

私から見ればとても一流とは言えません。勿論、私から見ればこんな点数になるという意味です。他の人から見れば違う結果になるかも知れません。そこで皆さんにお尋ねします。私が質問をした二つを総合した上で、ビートたけしに上記のような各ジャンル別に点数を付けるとしたら、百点満点中一体何点になるでしょうか?理由もあわせてお答え下さい。※ビートたけしの歌と絵を知らない人は、その部分は評価しなくても結構です。あまりにもマイナーなので。

A 回答 (4件)

そもそもテレビの世界なんてものは虚像の世界ですから、そこで生きる以上は真実など関係なしに気に入られなきゃダメってことですよ。

わが道を行くで名を出すにはつらい世界です。
わたしはタケシは全く評価しません。硬い番組に出ていても、自分に手が負えなくなるとすぐ茶化して乗り切ろうとしますから、まったく番組自体をしらけさせます。お笑いセンスも漫才の時ならいざ知らず、今は全然笑えません。評価以前の問題でしょうね。もちろん映画も評価に値しません。
別にそれでいいんじゃないですか、あくまで個人の好き嫌いでしかないですから。
    • good
    • 1

私もあなたの意見に殆ど同感ですね!特に下の部分は



「ある番組ではレギュラー陣やゲストが喋っている様子を、ビートたけしは大半眺めているだけです。私が見る限り仕事らしい仕事をしているのは極僅か。番組全体として実質的に仕事をしている割合は、酷ければ一割も無いかも知れません。基本的にビートたけしの番組は、昔からこういう感じの番組が多いように思います。しんどい事や危険な事は他人に任せて、自分は安全な場所から、おいしい所取りをしている、または楽をしているような印象が私には強いです。また別の番組では、ちゃんと仕事はしていますが、しかし、それは最初の数分だけで、毎回毎回、奇抜な衣装で派手に登場したらそれで終わり。後は基本的にVTRを見ているだけです。元々、海外の質の高い映像を中心に場番組構成されているので、この番組ならビートたけしが出ていなくても視聴率的には大して変わらないと思うのですが。」

私も昔ここでたけしの感想についての質問の回答であなたと同じようなことを書きましたよ!
要するにたけしはアイデアマンでTV企画についての才能が有るのでしょう、そのセンスは
優れています。昔「万物創世記」という番組があって面白くて見てましたがたった1つ
取り上げていない分野がありそれは「道徳・宗教」という精神性の類ですが本当は
一番大事なのですがこういう暗い?モノは視聴率が取れないから放送しないのでしょうが
本当はやって欲しかったですね、そうすれば昨今の子供のイジメも減ったかもしれませんね・・・
まあたけしは頭は切れますが野球の長嶋みたく世渡り上手で名誉欲が強くて人間的には低俗ですね
エンターテイナーはそれで良いかもしれませんが、だから昔交通事故で天罰が当たりましたね(笑)
長嶋も脳梗塞に成りましたが・・・ただたけしは才能と共に強運を持っていたのでしょう
私は個人的に人間は余り好きではないと言うのが感想です。
    • good
    • 0

ああ、あのネタね。


お笑い界にまた一発屋の名が刻まれたってあれね。

オリラジの二人が当人らの目の前でやったパクリの方がノリも良くて面白かったのを何かの番組で観たような気がする。
(Youtubeの芸能ネタだったかな?)
実際、あの若手二人は今現在面白いネタを披露できていないよね。
ネタ作りもまともにできない若手を持ち上げちゃダメと言うのは、まっとうな意見と思うんだ。


・・・
なんだかんだと言っても、北野武氏は笑いの根源をちゃんと読めてるんです。
また人それぞれの価値観があるので北野武氏を嫌っても良いと思いますが、それを他人に強制するようなことはやめたほうが良いと思います。
    • good
    • 1

質問者様がビートたけしを嫌いなのはよくわかりました。



こうしてたけしをさんざんこき下ろす自由が質問者様にあるように、たけしがつまらないと感じた芸人をこき下ろしたってかまわないと私は思うのですが質問者様は許せないんですね。

そういうのをダブルスタンダードと言うのですがそこは勘弁してあげましょう。人にはそれぞれ能力の限界がありますからね。

ビートたけしについての評価ですが
漫才はツービートとして現役でやっていた時は面白かったですね。今ではああいうスタイルはさんざん真似されてしまったのでありふれたものに感じます。

司会者テレビ芸人としてはピークは過ぎていると思います。事故の後遺症なのではと思わせる言語の不明瞭さが最近は気になります。

社会時評みたいなものを雑誌に書いているのを読んだ事がありますがあれは箸にも棒にもかからない通俗一辺倒で面白くもないし意味も軽いものでした。
ただ、同じような内容を喋っているのを聞くとそれなりに可笑しかったので声の抑揚や間に関してはなかなかの芸人なんだとも思わされました。

映画監督としては
良いと思わせる作品とそうでないものの差が大きいですね。
ハードボイルドな刑事物ややくざ物はヒリヒリとした緊張感と美学が感じられますがコメディは笑うに笑えず困惑しました。座頭市も面白いは面白いのですがエンタメに対するセンスが貧乏臭いと感じました。

俳優としては
役柄は選ぶでしょうがかなり良いと思います。まあ、たいていの俳優はどんな役でもこなせるわけでもないのでそこはたいした問題ではありませんね。
戦場のメリークリスマスの野卑な下級士官役は彼のキャリアの初期のものですが非常に印象的でした。
この男狂暴につきのイカれた刑事もアウトレイジのヤクザからさえはぐれたヤクザ者も強烈でしたね。

歌は
昔の歌しか知りませんが、当時は黒人音楽に根差した楽曲をかなりのレベルで歌いこなしていましたね。声は良くありませんが歌い回しが演歌にならずブルースとして成立していました。まあ最近はその辺りも上手な歌手がたくさんいますから今聴いてもありがたみは無いでしょう。

絵は
ビートたけしの名前があればこそのもので、私が売りに行っても値をつけてくれる画商はいないでしょう。


点数はつけられません。
どの分野にしても何が百点なのかわからないので。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報