こんばんわ。当方塗装業を営んでいるものです。
さる現場でパテ屋さんが使っていた道具が欲しいのですが、ネット上でも米国系のショップ
ばかりで、どうしてもヒットしません。日本でも売っている所があるみたいなんですが、、、
知っている方がいましたら是非教えて下さい。

・NORTON社 WallSand/SINGLE ANGLE SANDING SPONGE
・3M社 Drywall sanding sponge/FINE

パテを削る為のスポンジタイプの研磨材です。
どうぞよろしくお願いします。

(ちなみにそのパテ屋さんは向こうで箱買いしてくるそうです)
(一つだけ親切にも頂きました。)
(知り合いでも無ければ連絡先も知りません)

A 回答 (1件)

商品自体をよく知らないので、検索方法を書きますね。



英語表記のままですと外国のサイトになってしまいますので、カタカナで検索しましょう。
・ノートン ウォールサンド サンディング スポンジ
 goo.gl/mmxnu1
(シングル アングル)を入れると、微妙です^^;;

・3M ドライウォール サンディング スポンジ ファイン
 goo.gl/u094ia
 同商品かどうかわかりませんが、Amazonでヒットします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
いずれも自分でも試したのですが、やはり求めている商品とは違いました。
アメリカなどではWAL-MARTなどポピュラーなホームセンターでも売ってるのですが、、
残念です。ありがとうございました。

お礼日時:2016/12/09 17:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q研磨ディスクとバフ研磨、コンパウンドの違い

ディスクグラインダーで1mmから3mm程度の鋼板を研磨しているのですが、研磨ディスクとバフ研磨、コンパウンドの違いを教えて下さい。
現在はイチグチの研磨ディスクで番手を40→80→180→400の順で試しており、丁寧に研磨すれば研磨跡も多少きになるぐらいで表面もぼやけて顔が映るぐらいになります。
できればRaで1.6相当になることを目標にしているのですが、研磨ディスクで目指せるものでしょうか?(表面粗さの測定はお金と手間がかかるのであくまで行わないという前提でお願いします。)
また、バフ研磨やコンパウンドで研磨することの違いと特にコンパウンドで研磨することの意味を教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

研磨ディスクと一言でいわれても非常に多くの形状・種類がありますからね。研磨紙を重ねたもの、研磨材を付着させた不織布でできたもの、ゴム・スポンジ状に研磨剤を含ませたもの、バフだって研磨ディスクの一種です。研磨材の総合カタログをご覧になれば分かりますが、ディスクグラインダーで使用するディスク状のバフにも麻、綿、羊毛、フェルトなど素材や形状が様々です。
正確かどうかは別にして、一般に考えられているイメージをすごく簡単に言ってしまえば、それ自体が何らかの研磨材(砥粒)をもって、それだけで研削・研磨作業ができるものを研磨(研削)ディスク。
バフは磨き輝かせる、という意味で何もつけずバフだけで磨くこともありますが、金属研磨の場合は何らかの研磨材(青棒・白棒など)を外から補給しながら使うものが多いです。
コンパウンドってのは研磨材の一種でペースト状、液状のものが多いですね。

私は面粗度を表すRaには馴染みがないですが、Ra1.6というと▽▽▽(上仕上げ)相当になりますね。詳しくは私もうまく説明できませんが、▽印で表す面租度といのは人によって随分幅があるもののようで、専門の方に怒られるのを覚悟で言えば、▽▽▽だと概ね、フライス・旋盤などのバイト切削だけで得られる最上の仕上げ面~ベアリングの内外輪のはめあい面程度までの幅をもった面粗さの状態になります。爪で引っかいた時、凸凹とか引っ掛かりを感じない程度、と言えばいいでしょうか。
いわゆる鏡面というのは▽▽▽▽で、通常は研削ではなく研磨でなければ出せないレベルで、Raだと1桁ないし2桁数字が小さくなります。
SPCC材でt1~3mm程度、500mm四方、でそんな表面粗さを必要とする場面が想像できません。
摺動面だとしてもそれなら面粗さのほかに全体の平滑度とか材の硬さがより重要だと思うのですが。

勘違いされているようですが、黒皮というのは酸化物ですから、これがある材は熱延です。薄板のSPCC材は冷間圧延ですから黒皮がありません、いわゆるミガキがこれにあたります。SPCCに黒皮はありません。冷延ですから応力が残っていたり加工硬化などの影響もありますが、SS400よりも引張り強度は低いですね。
熱延でも薄板の場合は圧延しているうちに温度が下がってくるためか、黒皮が薄く比較的強固ですが、中厚以上になると黒皮も厚くなります。

ミガキ(コールド)は板厚の精度も良く、そのままで表面粗さも▽▽程度はあると思われます。この程度では不満なのでしょうか?全体の平滑度が犠牲になってもよいのなら、ディスクグラインダーではなく、オービタルサンダーで使い古したペーパー(いわゆる砥粒がつぶれた)400♯をつけて軽く均一にあたればRa1.6程度になると思います。新しい研磨材(ペーパー)だと傷をひきます。
ペーパーを使っての研磨といのは(とくにこのような上仕上げになると)作業者の技術・力加減で随分結果に差が出るものです。

40♯ということは当然黒皮取り、ということになりますが、この作業をディスクグラインダーでやってしまっては凸凹が激しく、薄板でRa1.6を目指すとするなら使い物にならなくなるはずです。
黒皮肌を機械研削で表面粗さ▽▽▽を目指すとすると、取り代は0.5mm以上見ておかなくてはなりません。
ミガキの表面素地でさえ不満なのですから、こんな大きさの薄板の研磨をこんな荒いところからスタートしたんでは、中盤戦以降に使うものが多羽根ディスクだろうがフラップだろうがハイラップだろうが同じこと、使い物にならなくなってるはずです。

>「研磨跡も多少きになるぐらいで表面もぼやけて顔が映るぐらいになります」

その程度であればRa1.6くらいにはなってるはずですが、本当にそれ以上の面が必要だとするなら鏡面研磨に進むしかないですね。
赤棒(主に傷取り目的、鏡面状態にはならない)で試してみて、なお不満なら白棒(準鏡面、曇った鏡面)、青棒と進める。
研磨作業の手間を考えれば黒皮材を使う意味が分かりません、「ミガキ」とはっきり材を指定すべきです。
それより、単に表面だけが必要で特に理由がないなら、用途によって304が良いか430が良いかわかりませんが、ステンの鏡面板を寸法指定で発注するほうが良いよいに思いますが。

研磨ディスクと一言でいわれても非常に多くの形状・種類がありますからね。研磨紙を重ねたもの、研磨材を付着させた不織布でできたもの、ゴム・スポンジ状に研磨剤を含ませたもの、バフだって研磨ディスクの一種です。研磨材の総合カタログをご覧になれば分かりますが、ディスクグラインダーで使用するディスク状のバフにも麻、綿、羊毛、フェルトなど素材や形状が様々です。
正確かどうかは別にして、一般に考えられているイメージをすごく簡単に言ってしまえば、それ自体が何らかの研磨材(砥粒)をもって、それ...続きを読む

Qパテネズミはパテをほじりだして、なかに進入することがありますか?

ネズミはその気になれば、コンクリートでも囓るようですが、エアコンの室外機のホースが通してあるような穴に埋めてあるパテなどをほじくり返して中に進入することはありますか。パテをすれば、普通は大丈夫だと思うのですが、気になりました。

Aベストアンサー

十分に有り得ます、

ネズミが此処と決めたら必ず齧ります、穴が開きます、尤もネズミ次第ですが、
ネズミの歯は無敵です、
ステンレス容器でも継ぎ目が有れば穴を開けるくらいです、
歯が立つ限りどんな物でも、

研究機関でガラスの一体成型の容器で飼育するのはその為です。

Q耐ガソリンのパテ

バイクのガソリンタンクを修理したいんですが、エポキシとかシリコンコーキング等で耐ガソリンのものがありますか?
材質はわかりませんが、樹脂のタンクです。

Aベストアンサー

シリコンコーキングはガソリンには使えません。
エポキシ系の接着剤やパテなら使える物があります。

ガソリンの漏れであれば部品ごと交換をするべきかと思います。高温になったエンジン部分やマフラーにガソリンがかかって引火する危険性があります。

燃料コックからの漏れとのことですが、コック本体でしょうか?それともタンクとの接続部分でしょうか?
コック本体ならコックを交換するべきでしょう。
エポキシ系パテでコックを包み込んでも前処理が不十分で接着不良を起こすと漏れが止まらないだけでなく部品の交換時に苦労する羽目になります。

接続部からの漏れで、接続がねじ込み式ならシーリング材(シールテープ、液状ガスケットなど)をまき直して止まる場合があります。

いずれにしても燃料漏れは事故につながりますので、応急処置以外でパテの使用はおすすめできません。

Q接着力のないパテは有りますか?

ドアーの ガラスですが(大きさ 75*45cm位)、
以前は ステンドガラスが入っていて、おさまりの溝の幅が 5mm 位あります。
普通のガラスに変えると 3mm で ガタが有ります。
このギャップを埋めたいのですが、バスコークだと、接着力が有りすぎて、次の何かの時に、困りそう・・・。
で、接着力のないパテ、伸びてくれないとこまるので・・・って 有りますか?

それと、これを見つけたのですが
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB-EIGER-TOOL-33111-%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AB-118g/dp/B0002V37XY/ref=pd_sim_diy_1?ie=UTF8&refRID=11MGWM48WTPVW89GG55Q
これって、隙間 2mm程度 深さ 5mm 長さが、全周・・・ ヘラで 入り込みますでしょうか?
お使いに成られた方、居られれば、感じをお教えください。

ドアーの ガラスですが(大きさ 75*45cm位)、
以前は ステンドガラスが入っていて、おさまりの溝の幅が 5mm 位あります。
普通のガラスに変えると 3mm で ガタが有ります。
このギャップを埋めたいのですが、バスコークだと、接着力が有りすぎて、次の何かの時に、困りそう・・・。
で、接着力のないパテ、伸びてくれないとこまるので・・・って 有りますか?

それと、これを見つけたのですが
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB-EIGER-T...続きを読む

Aベストアンサー

>ドアーの ガラスですが(大きさ 75*45cm位)、以前は ステンドガラスが入っていて、おさまりの溝の幅が 5mm 位あります。

 木製建具で、落し込みでガラスが入っていたか押縁で固定されていたようですね。

 その場合は、専用のC型桟があります。3mm用破損止め( https://www.google.com/search?hl=ja&q=3mm%E7%94%A8%E7%A0%B4%E6%90%8D%E6%AD%A2%E3%82%81&gws_rd=ssl&tbm=isch )と言うほうが一般的です。
 それをはめて止めるか、細めのバックアップ材を周囲の隙間に入れてぐらつかないようにして表面だけコーキング材を使用します。

 接着しないパテはありません。ジェルのようなものでしたら垂れてしまいます。扉のガラスは開閉時に風圧がかかるのですよ。手で押し込めるという事はそれ以上の大きな力が加わると変形していくということ。

Qシーリング パテについて

うかっとしていて 防かび剤の入っていないシーリング剤を風呂に
使ったのですが 日頃の手入れで カビは防げますか

Aベストアンサー

バスコークを製造している会社の技術者に「防かび用書いてある物とそうでない物の差は実質無い」と言われてショックを受けたことがあります。
使ったシーリング剤が何かはわかりませんが、日常的な清掃と、月に数回カビキラーなどで清掃すればカビの発生は抑えられる物と思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報