現在フローリング、除湿シート、敷き布団、敷きパットの順番で寝ています。
除湿シートのひく場所はこのままでもいいですか?

それとも敷きパットの下の方がいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

様々なタイプがあり、一概には言えません。

近いものなら、その敷き順も分かるかも。

https://www.google.co.jp/search?q=%E9%99%A4%E6%B …
    • good
    • 0

一番下でいいですよ

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます(*^^*)

お礼日時:2016/12/09 13:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q濃茶のフローリングに合うラグの色教えてください!!床:濃茶のフローリング壁:白カーテン:レー

濃茶のフローリングに合うラグの色教えてください!!

床:濃茶のフローリング
壁:白
カーテン:レースの物と遮光で水色
机など:白が多く黒が少し

1人暮らしです

ラグの色に悩んでるので
回答お願いします!!

Aベストアンサー

悩むことないです。ラグぐらい好きな色柄のものを敷けば良い。
ほとんどモノトーンに近い家具や部屋だから何でも合います。
強いて言えばカーテンにあわせて水色の入ったものがいいかも。
茶色と水色は相性がいいしね。

Qdiy畳からフローリング。防湿シートの位置

こんばんは。DIY初心者です。
畳からフローリングにする際の防湿シートの敷く位置についての質問です。
今回本やネットで勉強し、知人にアドバイスをもらいながら古い自宅のリビングを畳からフローリングにしました。自宅は木造平屋建てです。畳を剥がすと床から550mmの隙間ができたので、【防湿シート→防湿シートの上から根太40mm→根太と根太の間隔に断熱材→合板フローリング12mm】のしました。コンパネはひかずに根太に直接フローリングを打ち付けました。後から色々調べてる内に『防湿シートは根太とコンパネの間にひく』と書かれた内容が多いことがわかりました。もう手遅れかもしれませんが、今回のやり方は間違いだったのでしょうか。また今回のやり方での悪影響、やり直した方がいい、本来の正しいやり方など、教えていただける方がいましたら回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

550mmでなくて、55mmですね^^

防湿シート0.5mm+根太30mm+コンパネ12mm+床材12mm=54.5mmがベストかと思います。
防湿シートの位置は問題ないでしょう。うちは入れてません。

Q屋上のシート防水にブチルゴムのシートを貼ると劣化?

現在屋上に塩ビ系のシート防水が敷いてあります。ここにコンクリートブロックを置くにあたり、シート防水が傷つかないように、家にあるブチルゴムのシートをコンクリートブロックとシート防水の間にいれようと思います。

ここで質問ですが、ブチルゴムと塩ビ系の防水シートの相性はどうでしょうか?

ゴムとビニールやプラスチックをくっ付けるとどちらかが溶けたみたいになることがありますが、ブチルゴムと塩ビ系の防水シートの場合、長期的に防水を痛めることになるでしょうか?
可塑剤の移行とかが起こるのではないかと思うのですが・・

専門の方の見解をお待ちしています。

Aベストアンサー

こんにちわ。改修業者のものですが、質問について回答になるかはわかりませんが・・・・

<防水が傷つかないように、家にあるブチルゴムのシートをコンクリートブロックとシート防水の間に

 現在屋上防水層が塩ビ系のルーフィングシートとの事で、私たちも後置きの倉庫や各架台の下には、緩衝用及び保護の目的で置いたりしますが、ご質問のブチルシートで問題は無いと思います。

<ブチルゴムと塩ビ系の防水シートの相性

 これに関してはは確かに接着に関しての相性は良くありません。また、ご心配されている長期的に見て既存防水層を痛めるのではないか? これに関しては、通常の防水層の耐用年数(10年~15年)を考えても、及ぼす影響はごくごく少ないと思います。
 今回CBの下に敷かれるとのことですが、接着の必要性は無いと思いますが・・・・防水層の経年での伸縮はありますが、極端に集中的に荷重が掛らない場合は問題は無いです。防水層の上に一点集中的に荷重が掛る場合、常時、温度や湿度等で防水層が広範囲で伸縮を繰り返していますので、この伸縮の挙動が
止められる状態になりますので、物を置くことはお薦めではありませんが、置く場合は、質問者様の通りに緩衝材を敷くものです。

<可塑剤の移行とかが起こるのではないかと

 ブチルゴムは合成ゴムですので、各可塑剤等は当然使用してますが、先述のように、防水層の耐用年数から、判断すると、多少黒いシミが付着するでしょうが、本来の防水性能敵には心配ないものと御まわれます。回答になりましたかは自信がありませんが・・・・失礼致します。

こんにちわ。改修業者のものですが、質問について回答になるかはわかりませんが・・・・

<防水が傷つかないように、家にあるブチルゴムのシートをコンクリートブロックとシート防水の間に

 現在屋上防水層が塩ビ系のルーフィングシートとの事で、私たちも後置きの倉庫や各架台の下には、緩衝用及び保護の目的で置いたりしますが、ご質問のブチルシートで問題は無いと思います。

<ブチルゴムと塩ビ系の防水シートの相性

 これに関してはは確かに接着に関しての相性は良くありません。また、ご心配されてい...続きを読む

Qフローリングのたわみ

中古のマンションをリフォーム中なんですが、カーペットだった物をフローリングに替えました。

防音の為にフローリングのしたにクッションになる物が入っているそうです。

ですが、歩くとたわむんです。

踏み込むと、踏み込んだ足の周囲がたわむんです。
(ペコペコする感じでしょうか)

上手く伝えられませんが、そんなもんですか?

業者さんに言った方がいい事なのか、時期に慣れて気にならなくなる物なんでしょうか?
今までクッションフロアなので、違和感があるだけでしょうか?

どなたか教えていただけませんかm(__)m

Aベストアンサー

遮音等級LL-45の直張りフロアーですね。
マンションの場合、カーペット・CFよりフローリングに変更する場合
事前に管理組合に申請を提出し、LL-45以上の遮音フロアーを
使用するって所が殆どです。
致し方無い事ですし、業者さんに行ってもどうにもなりません。

ですが、一言いわせて貰えば、遮音フローリングって
結構あなたの様に施工完了して実際住んでみてからの違和感があるって
方が多いです。先にその説明を受けていましたか?
サンプル品などで触ってみましたか?
何の説明も無くでしたらちょっと嫌ですね。

ですが、時期に慣れます。

Qフローリングの厚み

マンション用の防音フローリングについて
メーカーによって厚みが微妙に違うのですが、

同じLL45等級で、厚さ11.5mm~14mmまであり、
クッション材の厚みも、4mm~4.5mmまであります。

素材も合板とMDFがあり、どの商品がどう違いがあるのか、よくわからなくなってきているのですが、

今勧められているのがノダのネクシオウォークフィットで、
厚み11.5mm(内、クッション材の厚みが4mm)しかなく、LL45等級となっていますが、
防音の面で心配です。

ノダのフローリングは他社に比べて薄いのですが、粗悪品なのでしょうか?
フローリングの厚みはやはり厚い方がいいですよね?

あと、MDFと合板とでは、強度が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

再び iBook-2001 です♪

補足を書き込んでくださり、ありがとうございます。

私の写真? を見ていただけますとご想像通りの、単なるオーディオ好きです(笑)

スピーカーの工作も好きなので、ちょい回答を書き込んじゃいましたよ。

さて、軽い物の衝撃音は、簡単に言えば柔らかい素材が適しています。極端な例は布団の上にスプーンを落とせばほぼ音が響かないと言う部分でしょう。

堅い素材はキツく響きますし、柔らかい物は小さくボソと言う程度ですね。

重量級の衝撃音は、全くの低音部分ですので、板材としての遮音性はほとんど無いので基本的にフローリング材としては公表していないのが実情です。
むしろ、下地のハリ構造や、高度な場合はフローティング構造と言う、床面がたわんで其の下の構造に振動を伝えないと言う部分に該当するでしょう。

基本的に、単一の素材では無いので、組み合わせ効果により基準を得たと言う事ですから、トータルの厚みだけでは意味が無いと思います。

頑丈なスピーカーの箱を作る場合も、昔はラワン合板が自作者には主流でした。しかし、現在は良質な合板が入手出来にくく成ったので、集成材が多用されています。

メーカー製のスピーカーには針葉樹系の合板を使ったり、MDFも多用されています。
自作マニアの間では、桜や楓の合板(1枚で数万円)などを使う人も居ますが、あくまで個人の好みで、音はそれぞれの個性が有るようですので、どんなに理屈を並べても最終的には個人が好まなければ無駄と言う部分だったりします。

オーディオとか、楽器練習と言う特殊な場合は全く違いますが、マンションで普通の生活と言う条件ではLL45等級で良いと言えそうですね。
LL40等級だと、もっと床が沈み込んで、歩いても違和感が大きい場合が有るそうです。

再び iBook-2001 です♪

補足を書き込んでくださり、ありがとうございます。

私の写真? を見ていただけますとご想像通りの、単なるオーディオ好きです(笑)

スピーカーの工作も好きなので、ちょい回答を書き込んじゃいましたよ。

さて、軽い物の衝撃音は、簡単に言えば柔らかい素材が適しています。極端な例は布団の上にスプーンを落とせばほぼ音が響かないと言う部分でしょう。

堅い素材はキツく響きますし、柔らかい物は小さくボソと言う程度ですね。

重量級の衝撃音は、全くの低音部分ですので、板材と...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報