ハードディスクのシステムドライブ(Cドライブ・WINDOWS98)を
FAT16からFAT32に変換しようと思っているのですが、
変換した場合、空き容量が増えるメリットがありますが、
なにかデメリットってありますか。
知っている方がいれば教えてください。

A 回答 (4件)

Windows95以前(というかFAT16)を前提としたソフトウェアで障害が起こる可能性があります。


例えばClaris Impactはハードディスクに2GBを超える空き容量がある場合(FAT16ではありえない)インストールできません。

また、別OS(WindowsNTなど)とのデュアルブート時にFAT16のパーティションを認識しないことがあります。

FAT16を前提としたディスク管理ユーティリティではパーティションテーブルがまともに読み込めずエラーを報告しっぱなしになることがあります。
この手のディスク管理ユーティリティでは強引に修復するとパーティションを破壊する事があります。

一般的なWindows98以降を前提としたアプリケーションのみを使う場合は問題ないと思われます。

ただし、古いノートパソコンなどではサスペンド領域がFAT16であることが強制される場合があります。
この場合はサスペンド機能が使えなくなります。
    • good
    • 0

Windows95ですとFAT16に最適化されているため、FAT32にすると多少遅くなります。


が、Windows98の場合は、FAT32に最適化されているため、部分的には速度が低下する場合はあるものの、トータルで見ると若干速くなるようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、回答ありがとうございます。
参考にさせてもらいます。

お礼日時:2001/07/02 23:42

遅くなります

    • good
    • 0

こん**は。



《メリット》
仮にTシャツが1枚あったとします。
FAT16→押入れにしまう。
FAT32→タンスの引き出しにしまう。
というぐらいの差が生じます(>_<)
つまり1つ1つのプログラムやデータ収納の際に
小さな容量であっても大きな器に収納し、次の
データはまた他の器に収納してしまうという無駄
をしていました。
せっかく大きなHDDを有効活用するなら、FAT32が
良いと思います。

《デメリット》
1.一度FAT32にしてしまうとFAT16に戻せない。
2.HDDの圧縮が使えなくなる。
※まあ圧縮そのものが現在の大容量HDDでは無用
 な感じもしますが・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qその文字ごとに変換する事はできないのでしょうか?

例えば~やサイ(動物の)と入力する時に単にやさいと
入力して変換するとどうしても野菜等の漢字にしか変換されません
まあこれは象やサイのように前後になんらかの文字をはさめば0で変換はできるのですが
長文の場合ひらがなかカタカナにしか変換されないものがたまにあります
これらを一文字あるいは二文字等に限定して変換させる事はできないのでしょうか?
つまり通常10文字中5文字単位でしか変換できないが1・2文字で変換する事は
できないか?という事です
できればマウスは使わずにキーボードだけで
分かりにくくてすいません
回答お願いします

Aベストアンサー

たぶん、これのことではないかと思いますが、

文字の変換中に、
「Shift」キーを押しながら「←」「→」キーで
変換範囲を変更できると思います。

「やさい」の場合は変換範囲を上記の方法で「や」だけに変更して、
その後「→」キーで「さい」の部分に移動(ただの移動なので「Shift」キーははなす)
して変換すればできると思います。

お試しください。

QFAT32 ファイル システム

いま、親子でパソコン検定に向け勉強中なのですが、参考書でも詳しく(私たち親子に分かる程度に)書かれておらず、教えてください。
『FAT32 ファイル システムをサポートしていないOSは?』という問題で、答えに『 Windows NT 4.0』となっているのですが、そのわけについて、どうしてそれなのか、いまひとつ分かりません。

Aベストアンサー

Windows9X系とWindowsNT系はそもそも開発が別々に行われていたという経緯があります。
http://www.orixrentec.co.jp/itsite/Platform/windows.html
個人ユース向けの安価なOSとビジネス向けの高価なOSという位置づけです。

でNT系は最初からNTFSという新しい規格で作られており、9X系は従来のFATで行われていました。NTFSの方がFATよりも信頼性や機能性、安定性が向上しています(たとえば管理できる容量や特に大きな所はセキュリティの概念が採用されています)。
じゃあなんで9XでNTFSを採用しなかったかと言うと、9XとNTではそもそもユーザーターゲットが違うわけで、敢えてNTFSを採用するメリットが「当時は」無かっただけのことです。
でNTと9Xの開発は交互にお互いの開発の成果を採用しあいながら最終的には統合される訳ですが、FAT32が9Xに採用されたのは96年の末頃(Windows95-OSR2)で、その頃にはすでにNTの方は4.0の時代(発売は96年中頃)です。
つまりNT4が出たのはFAT32がWindowsに採用された後です。その後にNTでもFAT32が認識できるようなドライバが別途出されていますので、NTはFAT32にインストールはできませんが、インストールした後、それらのツールを積み込めば認識は可能となっています。ただしそもそもNTの使用用途から言ったらFATを認識させなければならない事情というのがありませんから、そんな必死こいて正式サポートをする必要もありませんでした。もちろんSPなどを出して正式サポートをすることは可能でしたでしょうが、マイクロソフトにもそしてユーザーにも何のメリットもありません。逆に複雑になることによるデメリットの方がはるかに大きいわけで。

最終的にはXPで両者は統合された訳ですが、開発当時はまさかこんなことになるとは誰も予想していなかったと思います。

Windows9X系とWindowsNT系はそもそも開発が別々に行われていたという経緯があります。
http://www.orixrentec.co.jp/itsite/Platform/windows.html
個人ユース向けの安価なOSとビジネス向けの高価なOSという位置づけです。

でNT系は最初からNTFSという新しい規格で作られており、9X系は従来のFATで行われていました。NTFSの方がFATよりも信頼性や機能性、安定性が向上しています(たとえば管理できる容量や特に大きな所はセキュリティの概念が採用されています)。
じゃあなんで9XでNTFSを採用しなかったか...続きを読む

QVistaで、誤変換や変換できないものがある

ここ最近、Windows Vista標準ので、
誤変換や文やフクスウの変換ができなくなってます。
普通の変換すらできない言葉もでてきてます。
今も2行目の「ふくすう」が変換できません。

発覚した変換できないもの(カナ変換しかできないもの)
こめんとらん=コメントラン
いか=イカ
いがい=イガイ
ふくすう=フクスウ
かいとう=カイトウ
しつもん=シツモン
おおい=オオイ
あやまる=アヤマル
ごへんかん=ゴヘンカン
おねがい=オネガイ
etc・・・・

あまりにもおおすぎて手におえません。
たまに「MicroSoft IME 誤変換」がどうとか警告がでてきます。
どうしたらなおるでしょうか?
アドバイスおねがいします。

Aベストアンサー

IME2007をお使いなら下記のURLを参照して修正プログラムをインストールされたらと思います。

IME 2007 変換精度、学習機能を改善した修正プログラムのご案内
http://www.microsoft.com/japan/office/2007/ime/fixmodule.mspx

QFAT16/32とNTFSの違い.

こんにちは.はじめて書込みするtoroimoです.

掲示板の過去のスレッドをいくつか見たのですが,
FAT16/32とNTFSの違いがよく分かりません.

私の理解では,Win9xをインストールするときは,
ファイルシステムの形式FAT16/32としてフォーマットし,
WinNT/Win2kのインスールの際は,NTFSとしてフォーマットする
ぐらいです.
過去のスレッドでは,1台のNTマシーンを複数のユーザーが
使用する場合はセキュリティNTFSにした方がいいと記載されていました.

この点もよくわからないので,もしご存知の方がおられましたら
御教示よろしく御願い致します.

Aベストアンサー

まず、管理、メンテナンスの点からいうと、

たとえばWindows自体の起動に関係するあるファイルが
破損していた場合、FATならDOSモードで起動してOSの
CD-ROMから復元という処理が簡単にできますが、NTFS
だと、WinNT/2kのインストール画面の途中に表示される
選択肢から、「修復セットアップ」を試して上手く復旧
すればよし、駄目なら再インストールまたは、リカバリ
するという手順になります。

また、ユーザが「NTFSなので自分だけしかアクセス
できないようにしよう」と思ってアクセス権の変更を
したけど、「Everyone:フルコントロール」を削除する
のを忘れて、結局みんなから見れていていたとか、
管理者がバックアップしようとしてバックアップ
できず見捨てられたとか、バックアップするために
管理者が「所有権の取得」を行い、ユーザの設定を
強制的に変更してしまったりすることもあるでしょう。

という事情があり、Windowsは所詮Single User OSで
しかないということです。
無理に複数のユーザで使おうとすると思わぬところで
不具合がでる可能性が高いと思います。

まず、管理、メンテナンスの点からいうと、

たとえばWindows自体の起動に関係するあるファイルが
破損していた場合、FATならDOSモードで起動してOSの
CD-ROMから復元という処理が簡単にできますが、NTFS
だと、WinNT/2kのインストール画面の途中に表示される
選択肢から、「修復セットアップ」を試して上手く復旧
すればよし、駄目なら再インストールまたは、リカバリ
するという手順になります。

また、ユーザが「NTFSなので自分だけしかアクセス
できないようにしよう」と思ってアクセス権の変更を...続きを読む

QVSODivxToDVD でDVDに変換できないAVIファイル

AVIファイルをDVDに変換するには、VSODivxToDVD を利用しています。ほとんどのAVIファイルは変換できますが、まれに変換できないものがあります。そのファイルは他のソフト、Avi2Dvd、AVI2ISO、DVD Flickで試してみてもできません。AVI2JPGで再出力しようとしてもできません。パソコンでは何の問題もなく再生できるので、何とかDVDに変換することができないものでしょうか?
それが可能なソフトや方法がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

#2です。

・・・???
真空波動研の結果(ファイル名以降)はそれだけでしたか?

コンテナファイルの形式(まあAVIでしょうが)や音声コーデックがないですし、DivXのFourCCや、フレームレート、ビットレートが抜けてます。
48KHzというのは、音声のサンプリングレートだと思いますが、ビットレートが0(音声がない?)です。VBRというのは音声が可変ビットレートを採用しているということですが・・・

もし、真空波動研での確認内容がそれだけなら、変換に失敗したか、ファイルが壊れていて再生、変換できない、ということになると思いますよ。
再生は出来ましたか?

QFAT32で扱える領域の最大サイズは?

FAT32では「最大2TB」までという説明をよく聞きますが、インターネットでパソコン用語について説明しているサイトを見ると「最大4TB」と書かれている場合もあります。またパソコン用語辞典の本にも4TBと載っていました。
1.どちらが正しいのでしょうか?または考え方の違いであって両方あっているのでしょうか。
2.最大サイズの正しい計算方法についても、できれば教えてください。2の32乗にいくつの
サイズを掛けると、2TBまたは4TBになるのでしょうか。
検定試験の勉強をしていて疑問に思いました。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;154997&FR=1&PA=1&SD=HSCH
とか
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;310525&FR=1&PA=1&SD=HSCH
によると、2TBとなっています。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;314463&FR=1&PA=1&SD=HSCH
によると
最大ディスク サイズは約 8 テラバイトになります
と書いてあります。
最大クラスタ数が268,435,445で
1つのクラスタのサイズが32KBだと
約8TBになります。(掛ける)
2Tバイトになるか4TBになるかはようはクラスタのサイズをいくらにするかということだと思われます。

Qにち ←なぜ漢字に変換できないのでしょうか?

【ひ】は【日】に変換できるのに、
【にち】はなぜ【日】に変換できないのでしょうか???

Aベストアンサー

もしかして「に」と「ち」で分かれて変換されてしまうということではないでしょうか?
その場合「Shift+右矢印キー」で「にち」全体にフォーカス(?)をかけて再度変換すれば「にち」で変換できると思います。

上記でない場合は、あまりに基礎的なことを言ってしまいすみません。
私もだいぶ前(PC初心者の頃)ですが、「しゅつ」が「主津(しゅ+つ)」になってしまい、「出」が出ないと大騒ぎした経験があるものですから…

Qmsvfat(FAT32)領域にrootにならずに書き込むには?

お世話になります。

WindowsXPとturbolinux8(カーネル2.4.16)のデュアルブート環境で、双方のOSのデータ領域としてmsvfat(FAT32)領域を作ってあります。

linux側からrootではフルアクセス可能ですが、一般ユーザではできません。
また、一般ユーザをrootグループにすることは避けたいです。
解決法をお教えください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
マウントするときに、ユーザーID やグループID を一緒に記述すればいいはずですが。

参考URL:http://libra.higashi.hit-u.ac.jp/~takaira/paradise/manual/mount_dos.html

Q漢字変換できないまま・・・

以前よりパソコンで漢字変換できなくなったトラブルを質問していましたが、多くの方に親切な回答を頂く事ができました。しかし結局どの方法を試しても元に戻る事はありませんでした。昨日リカバリーしましたがそれでも無理でした。なのでキーボードを買い換えようと考えています。しかしキーボードの故障かどうかがわからないので買い換える前にそれを確認する方法ってあるのでしょうか?(キーボードを変えても改善されないっていうパターンが嫌なので)
ちなみに症状としては、
・半角/全角キーで言語バーのカナ変換できない。
・スペースキーと変換キーが全く効かないので変換とスペースがあけられない。
・無変換キーでひらがなをカタカナには変換できる。
・ソフトキーボードでは変換できる。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

kinkakutouさん 今日は!
済みません。
追加と訂正です。
>(キーボードを変えても改善されないっていうパターンが嫌なので)
質問者さんの内容を取り違えて居ました。ご免なさい!
正:
キーボードの故障ではなさそうです。
ポイントは、言語バーの設定です。
1:言語バーの「ツール」→「プロパティ」を選択し、画面の「標準に戻す」ボタンをクリックします。
2:前回回答のページで、基本設定します。
3:設定が終了したら、もう1度「プロパティ」で右上の「設定」アイコンをクリックし、画面の「キー設定」TABのキー一覧を確認します。
>・半角/全角キーで言語バーのカナ変換できない。
キーの半角/全角が、IMEオン/オフ(入力)以下項目は全て「-」。
半角/全角キーで言語バーは、立ち上げ時は「A」→「あ」の切替えになります。
>・スペースキーと変換キーが全く効かないので変換とスペースがあけ
>られない。
キーのスペースキーは、空白・全変換・変換+次・変換+次・文節変換
・全変換を確認します。
キーのシフト+スペースキーは、入力以外は半角空白を確認します。
これでIMEは修復可能です。
恐らくポイントの1で元に戻ると思います。

kinkakutouさん 今日は!
済みません。
追加と訂正です。
>(キーボードを変えても改善されないっていうパターンが嫌なので)
質問者さんの内容を取り違えて居ました。ご免なさい!
正:
キーボードの故障ではなさそうです。
ポイントは、言語バーの設定です。
1:言語バーの「ツール」→「プロパティ」を選択し、画面の「標準に戻す」ボタンをクリックします。
2:前回回答のページで、基本設定します。
3:設定が終了したら、もう1度「プロパティ」で右上の「設定」アイコンをクリックし、画面の...続きを読む

QWindows XP(NTFS)でWindows 9x系のファイルシステム(FAT32)の操作は可能?

使用しているOSはWindows XPなんですが、XPがインストールされているパーティションとは別の、Windows 9x系のファイルシステム(FAT32)のパーティションにXPのデータを読み書きさせたいのですが、そういった事は可能なんでしょうか?

デュアルブート環境にあるため、一度FAT32をNTFSのファイルシステムにフォーマットしてしまうとパーティション内のデータを削除しなければFAT32に再フォーマットできないのでなるべくなら別パーティションはFAT32のまま使用したいと思ってます。

以上 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

基本的には問題がありません。つまり、XPからFAT32のデーターを読み書きできるし、場合によってはページファイルをFAT32のパーティーションに移すことも可能です。

制限をかける利用方法はNTFSでないとできなかったりします。XPの充分な機能を使いきるにはNTFSでないと他人からファイルを読み取られる心配もあります。もっとも、NTFSで制限をかけると、別のXPからもそのデーターを読み取れなかったりしますので、データーの復元まで考えるとFAT32の方が管理が楽です。

私は、XP、2000、MEのトリプルブートの環境でこの書き込みをしていますが、普段はXPで、全体の管理を2000で、MEでしか動かない当初からのソフトやプリンターなどにはMEを使っています。

XPも万能ではなく、こまかい制限をかけたりカスタマイズするにはホームエディションではできなかったりしますので、私はいまだに2000を作業用に使うことが多いので、2000もNTFSではなくFAT32にインストールしたりすることもあります。

FAT32のいい点は98SE等の起動ディスクからもファイル移動やコピーができたり、データーが取り扱いやすいのと、MEなどからも自由にアクセスできてデーターの共用ができること、MEからもウイルスチェック等ができることなどです。

その反面、ファイルが壊れると、復旧が難しいと思います。ドライブのバックアップにWIN-CDR7をまだ利用しているので、FAT32の領域を20GB程度は使っていますが、HDDの寿命を考えるとNTFSの方がいいみたいです。

ちなみに、CをMEのシステム、DをFAT32で2000、EをNTFSでXP,FをFAT32のデーター、GをFAT32で2000のバックアップ、HをNTFSでXPのバックアップで利用しています。また、HをCDのデーター保存領域、Iを作業領域で利用していますので、普段のバックアップはHDD上、1月に1回はDVDにバックアップを入れなおしでいます。

全部のマシンをこのようにしているのではありませんが、復旧がすぐにできるようにバックアップをこまめにしていますので、HDDクラッシュ時でも半日あれば完全に元の環境まで戻せる状態にはしています。最近はDVDなので、バックアップも簡単ですので、DVDブートさえできれば楽です。

実際には、FDD起動してからDVDからバックアップする機械が多いので、FDD無しのものは苦労します。

基本的には問題がありません。つまり、XPからFAT32のデーターを読み書きできるし、場合によってはページファイルをFAT32のパーティーションに移すことも可能です。

制限をかける利用方法はNTFSでないとできなかったりします。XPの充分な機能を使いきるにはNTFSでないと他人からファイルを読み取られる心配もあります。もっとも、NTFSで制限をかけると、別のXPからもそのデーターを読み取れなかったりしますので、データーの復元まで考えるとFAT32の方が管理が楽です。

私は、XP、2000、MEのトリプルブー...続きを読む


人気Q&Aランキング