ハードディスクのシステムドライブ(Cドライブ・WINDOWS98)を
FAT16からFAT32に変換しようと思っているのですが、
変換した場合、空き容量が増えるメリットがありますが、
なにかデメリットってありますか。
知っている方がいれば教えてください。

A 回答 (4件)

Windows95以前(というかFAT16)を前提としたソフトウェアで障害が起こる可能性があります。


例えばClaris Impactはハードディスクに2GBを超える空き容量がある場合(FAT16ではありえない)インストールできません。

また、別OS(WindowsNTなど)とのデュアルブート時にFAT16のパーティションを認識しないことがあります。

FAT16を前提としたディスク管理ユーティリティではパーティションテーブルがまともに読み込めずエラーを報告しっぱなしになることがあります。
この手のディスク管理ユーティリティでは強引に修復するとパーティションを破壊する事があります。

一般的なWindows98以降を前提としたアプリケーションのみを使う場合は問題ないと思われます。

ただし、古いノートパソコンなどではサスペンド領域がFAT16であることが強制される場合があります。
この場合はサスペンド機能が使えなくなります。
    • good
    • 0

Windows95ですとFAT16に最適化されているため、FAT32にすると多少遅くなります。


が、Windows98の場合は、FAT32に最適化されているため、部分的には速度が低下する場合はあるものの、トータルで見ると若干速くなるようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん、回答ありがとうございます。
参考にさせてもらいます。

お礼日時:2001/07/02 23:42

遅くなります

    • good
    • 0

こん**は。



《メリット》
仮にTシャツが1枚あったとします。
FAT16→押入れにしまう。
FAT32→タンスの引き出しにしまう。
というぐらいの差が生じます(>_<)
つまり1つ1つのプログラムやデータ収納の際に
小さな容量であっても大きな器に収納し、次の
データはまた他の器に収納してしまうという無駄
をしていました。
せっかく大きなHDDを有効活用するなら、FAT32が
良いと思います。

《デメリット》
1.一度FAT32にしてしまうとFAT16に戻せない。
2.HDDの圧縮が使えなくなる。
※まあ圧縮そのものが現在の大容量HDDでは無用
 な感じもしますが・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFAT32 ファイル システム

いま、親子でパソコン検定に向け勉強中なのですが、参考書でも詳しく(私たち親子に分かる程度に)書かれておらず、教えてください。
『FAT32 ファイル システムをサポートしていないOSは?』という問題で、答えに『 Windows NT 4.0』となっているのですが、そのわけについて、どうしてそれなのか、いまひとつ分かりません。

Aベストアンサー

Windows9X系とWindowsNT系はそもそも開発が別々に行われていたという経緯があります。
http://www.orixrentec.co.jp/itsite/Platform/windows.html
個人ユース向けの安価なOSとビジネス向けの高価なOSという位置づけです。

でNT系は最初からNTFSという新しい規格で作られており、9X系は従来のFATで行われていました。NTFSの方がFATよりも信頼性や機能性、安定性が向上しています(たとえば管理できる容量や特に大きな所はセキュリティの概念が採用されています)。
じゃあなんで9XでNTFSを採用しなかったかと言うと、9XとNTではそもそもユーザーターゲットが違うわけで、敢えてNTFSを採用するメリットが「当時は」無かっただけのことです。
でNTと9Xの開発は交互にお互いの開発の成果を採用しあいながら最終的には統合される訳ですが、FAT32が9Xに採用されたのは96年の末頃(Windows95-OSR2)で、その頃にはすでにNTの方は4.0の時代(発売は96年中頃)です。
つまりNT4が出たのはFAT32がWindowsに採用された後です。その後にNTでもFAT32が認識できるようなドライバが別途出されていますので、NTはFAT32にインストールはできませんが、インストールした後、それらのツールを積み込めば認識は可能となっています。ただしそもそもNTの使用用途から言ったらFATを認識させなければならない事情というのがありませんから、そんな必死こいて正式サポートをする必要もありませんでした。もちろんSPなどを出して正式サポートをすることは可能でしたでしょうが、マイクロソフトにもそしてユーザーにも何のメリットもありません。逆に複雑になることによるデメリットの方がはるかに大きいわけで。

最終的にはXPで両者は統合された訳ですが、開発当時はまさかこんなことになるとは誰も予想していなかったと思います。

Windows9X系とWindowsNT系はそもそも開発が別々に行われていたという経緯があります。
http://www.orixrentec.co.jp/itsite/Platform/windows.html
個人ユース向けの安価なOSとビジネス向けの高価なOSという位置づけです。

でNT系は最初からNTFSという新しい規格で作られており、9X系は従来のFATで行われていました。NTFSの方がFATよりも信頼性や機能性、安定性が向上しています(たとえば管理できる容量や特に大きな所はセキュリティの概念が採用されています)。
じゃあなんで9XでNTFSを採用しなかったか...続きを読む

QFAT32で扱える領域の最大サイズは?

FAT32では「最大2TB」までという説明をよく聞きますが、インターネットでパソコン用語について説明しているサイトを見ると「最大4TB」と書かれている場合もあります。またパソコン用語辞典の本にも4TBと載っていました。
1.どちらが正しいのでしょうか?または考え方の違いであって両方あっているのでしょうか。
2.最大サイズの正しい計算方法についても、できれば教えてください。2の32乗にいくつの
サイズを掛けると、2TBまたは4TBになるのでしょうか。
検定試験の勉強をしていて疑問に思いました。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;154997&FR=1&PA=1&SD=HSCH
とか
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;310525&FR=1&PA=1&SD=HSCH
によると、2TBとなっています。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;314463&FR=1&PA=1&SD=HSCH
によると
最大ディスク サイズは約 8 テラバイトになります
と書いてあります。
最大クラスタ数が268,435,445で
1つのクラスタのサイズが32KBだと
約8TBになります。(掛ける)
2Tバイトになるか4TBになるかはようはクラスタのサイズをいくらにするかということだと思われます。

Qmsvfat(FAT32)領域にrootにならずに書き込むには?

お世話になります。

WindowsXPとturbolinux8(カーネル2.4.16)のデュアルブート環境で、双方のOSのデータ領域としてmsvfat(FAT32)領域を作ってあります。

linux側からrootではフルアクセス可能ですが、一般ユーザではできません。
また、一般ユーザをrootグループにすることは避けたいです。
解決法をお教えください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
マウントするときに、ユーザーID やグループID を一緒に記述すればいいはずですが。

参考URL:http://libra.higashi.hit-u.ac.jp/~takaira/paradise/manual/mount_dos.html

QWindows XP(NTFS)でWindows 9x系のファイルシステム(FAT32)の操作は可能?

使用しているOSはWindows XPなんですが、XPがインストールされているパーティションとは別の、Windows 9x系のファイルシステム(FAT32)のパーティションにXPのデータを読み書きさせたいのですが、そういった事は可能なんでしょうか?

デュアルブート環境にあるため、一度FAT32をNTFSのファイルシステムにフォーマットしてしまうとパーティション内のデータを削除しなければFAT32に再フォーマットできないのでなるべくなら別パーティションはFAT32のまま使用したいと思ってます。

以上 宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

基本的には問題がありません。つまり、XPからFAT32のデーターを読み書きできるし、場合によってはページファイルをFAT32のパーティーションに移すことも可能です。

制限をかける利用方法はNTFSでないとできなかったりします。XPの充分な機能を使いきるにはNTFSでないと他人からファイルを読み取られる心配もあります。もっとも、NTFSで制限をかけると、別のXPからもそのデーターを読み取れなかったりしますので、データーの復元まで考えるとFAT32の方が管理が楽です。

私は、XP、2000、MEのトリプルブートの環境でこの書き込みをしていますが、普段はXPで、全体の管理を2000で、MEでしか動かない当初からのソフトやプリンターなどにはMEを使っています。

XPも万能ではなく、こまかい制限をかけたりカスタマイズするにはホームエディションではできなかったりしますので、私はいまだに2000を作業用に使うことが多いので、2000もNTFSではなくFAT32にインストールしたりすることもあります。

FAT32のいい点は98SE等の起動ディスクからもファイル移動やコピーができたり、データーが取り扱いやすいのと、MEなどからも自由にアクセスできてデーターの共用ができること、MEからもウイルスチェック等ができることなどです。

その反面、ファイルが壊れると、復旧が難しいと思います。ドライブのバックアップにWIN-CDR7をまだ利用しているので、FAT32の領域を20GB程度は使っていますが、HDDの寿命を考えるとNTFSの方がいいみたいです。

ちなみに、CをMEのシステム、DをFAT32で2000、EをNTFSでXP,FをFAT32のデーター、GをFAT32で2000のバックアップ、HをNTFSでXPのバックアップで利用しています。また、HをCDのデーター保存領域、Iを作業領域で利用していますので、普段のバックアップはHDD上、1月に1回はDVDにバックアップを入れなおしでいます。

全部のマシンをこのようにしているのではありませんが、復旧がすぐにできるようにバックアップをこまめにしていますので、HDDクラッシュ時でも半日あれば完全に元の環境まで戻せる状態にはしています。最近はDVDなので、バックアップも簡単ですので、DVDブートさえできれば楽です。

実際には、FDD起動してからDVDからバックアップする機械が多いので、FDD無しのものは苦労します。

基本的には問題がありません。つまり、XPからFAT32のデーターを読み書きできるし、場合によってはページファイルをFAT32のパーティーションに移すことも可能です。

制限をかける利用方法はNTFSでないとできなかったりします。XPの充分な機能を使いきるにはNTFSでないと他人からファイルを読み取られる心配もあります。もっとも、NTFSで制限をかけると、別のXPからもそのデーターを読み取れなかったりしますので、データーの復元まで考えるとFAT32の方が管理が楽です。

私は、XP、2000、MEのトリプルブー...続きを読む

QWin10のメリット・デメリット

現在メインPCにWin7を使っているのですが、Win10にアップグレードするべきか悩んでいます。
無償アップグレード期間が開始してからしばらく経ち、少しずつ評判や情報も集まるようになってきました。しかし、それらを見てもアップグレードするメリットがあまり感じられないのです。
すでにメインストリームサポートが終了し、いずれサポートが完全に終わることを思えば、今のうちにやるのが良いとは思うのですが、どうも踏ん切りがつきません。
まず、10で強調される部分は他のデバイスとの連携やタッチ操作だと思うのですが、私はどちらも使う予定がありません。8からのアップグレードならばスタートメニューの復活が挙げられますが、7を使っている以上、それはメリットにならないように思います。
また、Win7からのデメリットとしてDVD再生機能の削除、有料化があると思うのですが、フリーソフトで代用できるとは言え、今の状態に不満がないのでわざわざ質の良い代替ソフトを探すのを少し面倒に思っています。それにソフトウェアがきちんと動作するのかも不安です。メジャーなものはおそらく対応してくれると思うのですが、フリーの、少し古くて、かつ使い勝手の良いソフトがきちんと動作してくれるか疑問が残ります。
Win10の使い心地、7と比べてどういうメリットやデメリットがあるかなど、感想のようなもので結構ですので、ご回答よろしくお願いします。

現在メインPCにWin7を使っているのですが、Win10にアップグレードするべきか悩んでいます。
無償アップグレード期間が開始してからしばらく経ち、少しずつ評判や情報も集まるようになってきました。しかし、それらを見てもアップグレードするメリットがあまり感じられないのです。
すでにメインストリームサポートが終了し、いずれサポートが完全に終わることを思えば、今のうちにやるのが良いとは思うのですが、どうも踏ん切りがつきません。
まず、10で強調される部分は他のデバイスとの連携やタッチ操作だ...続きを読む

Aベストアンサー

下記は「Windows10にする為の準備」として過去
回答してきた文です。
毎回同じ回答で芸がないですが、ご自分のパソコンが対象機種かどうかも
確認ぜず、アップグレードした後に不具合で質問される方が多いので、
少なくとも下記の項目くらいは確認されたほうがいいと思いまして、
毎回回答しています。

お使いのパソコンのメーカー名型番を記載されれば、
その機種に対しての対象機種かどうかも確認してくださる方が
いらっしゃると思います。

Windows7は2020年まで延長サポートがあります。
後4年弱、お使いのパソコンが壊れれば否応なく
Windows10搭載機を購入することになります。
それまで現行のOSでお使いになるという選択肢もあります。

Windows10アップグレードが無料期間は惜しいとは思いますが、
何かあって苦労するよりはいいのではないでしょうか。

メーカー製パソコンではない場合は、スルーして下さい。
******************************
1.メーカー製パソコンの場合、アップグレード対象機種かどうかを
確認する。対象外機種だったらやめる。
(対象外のアップグレードは、自己責任になるので、
動かないソフトや不具合が起こってもメーカーに
サポートは求められないため。)

2.周辺機器(プリンターなど)のWindows10用のドライバーが
配布されているかを確認する。
対応しているなら事前に元OS用のドライバをアンインストール
しておく。アップグレード後新規インストールの方が不具合が少ないです。
メーカーに対応するドライバがない場合はOSのアップグレードをやめるか、
Windows10に対応する周辺機種に買い換える必要があります。

3.使っているソフトがWindows10に対応しているかを確認する。
対応していない場合は、そのソフトのアップデートもしくは
アップグレードがあるかを確認する。
ない場合はOSのアップグレードをやめるか、
そのソフトを諦めるか、代替のソフトを探すなどで対応。
特に仕事で使っているパソコンの場合はより慎重にすることが
必要です。
時間がある時に準備を確実にしてから実行してください。

4.最悪初期化してインストールしなければならない場合に備えて、
大切なデータは外付けHDDなどにバックアップする。
(アップグレード後起動しなくなったという方も少なからずいました。)

5.初期化してインストールのためにリカバリーディスクは必ず作成しておく。
(アップグレード後はリカバリーディスクの
作成ができなくなると記載されているメーカーもあります。)

メーカーパソコンの場合、Windows7から10へのアップグレードは
対象外機種の場合が多いです。
購入時のOSで使ってくださいが基本姿勢です。
それでもアップグレードする場合は何があっても自己責任になります。

OSのアップグレードはOSだけにとどまらず、
色々な事も検討が必要です。

下記は「Windows10にする為の準備」として過去
回答してきた文です。
毎回同じ回答で芸がないですが、ご自分のパソコンが対象機種かどうかも
確認ぜず、アップグレードした後に不具合で質問される方が多いので、
少なくとも下記の項目くらいは確認されたほうがいいと思いまして、
毎回回答しています。

お使いのパソコンのメーカー名型番を記載されれば、
その機種に対しての対象機種かどうかも確認してくださる方が
いらっしゃると思います。

Windows7は2020年まで延長サポートがあります。
後4年弱、お使いの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報