今いろいろさわがれている、扶桑社から出ている「新しい歴史教科書」「新しい公民教科書」なんですが、記述内容から中国、韓国の人びとから出版差し止め求められています。また、国内でも、内容を応援するような本がでたり、出版差し止めを求める本がでるなど、真っ二つに別れています。私は、両方の本を読まずに教科書だけを読んだのですが、論点になっている部分が今ひとつ読み取れませんでした。本を読まれた方、皆さんどうでしたか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

意味 年号」に関するQ&A: 年号の意味

A 回答 (7件)

まず、この教科書が市販された事については


大変良い事だと思います。

この教科書が採用前に市販された事を云々言うよりも、何故他の教科書が同じように市販されないのかを問題にすべきです。

何故ならば、子供達の教育にどのような教科書が使用さされようとしているのかを知る事は、社会にとって大切な事だからです。

その事が教科書採用に影響するという今までの考え方は社会は学校教育に口出しするなという事でしょうか?
もっと、教育と社会はリンクすべきです。

特に歴史というのは科学や数学と違い、立場によって見方が全然異なります。

事実、アメリカの教科書での広島、長崎の原爆投下についての記述は肯定、否定と様々です。それを日本人が読んでどう思うかという事と歴史を教えるという事とは別問題です。

日本は国が「これはこうゆう事で、これ以外の認識は間違いです。」とする国定教科書を持つ国ではありません(戦前はそうゆう国でしたが)。

ですので、このような教科書を世に出す事ができ、それについて様々な論争がおきるこの状態が「良い」状態なのではないでしょうか?

本題の「論点になっている部分」ですが、usapyonさんは
この教科書の「内容」に目がいっていませんか?

論点はこの教科書の中には無く、新聞や雑誌、はてまた
日本、中国、韓国における教科書の制度など等々の部分にあると思います。

ちなみに朝日新聞と産経新聞は両極の論調をとっており
(当り前といえば当り前ですが)一紙だけではなく各紙を読み比べる事も御勧めです。
    • good
    • 0

まず、教科書そのものを読んだ印象からいうと、全体的に妙な読みにくさを感じました。

特にコラムや、日本人(つくる会)の主観に拠る記述などは、ためらいもなく実に情緒的で、「一体何を根拠にこんな断定ができるのだろう」と、訝しく思うところが多々ありました。

まあ上記は著者の意図するところが私の考えと相容れないのだと納得しましたが、本当に問題なのは、記述の上でも明らかな間違いがあるということでした。

たとえば参考までに、その間違いについて見てみてください。決してこじ付けとはいえないミスが指摘されています。
http://www1.jca.apc.org/aml/200106/22348.html
http://www1.jca.apc.org/aml/200106/22349.html
http://www1.jca.apc.org/aml/200106/22350.html
http://www1.jca.apc.org/aml/200106/22351.html
http://www1.jca.apc.org/aml/200106/22352.html

また、今朝になって漸く朝日新聞が社説で批判しましたね。(29日の朝まで限定)
参考URLを。

参考URL:http://www.asahi.com/paper/editorial.html
    • good
    • 0

「出版差し止め」はされていないと思います。

公認された教科書として子供に教えるべきでない、という立場であって、出版自体を差し止めるような運動はないでしょう。(マイナーにあるかもしれないけれど、言論自体は自由ですから)

 誤りを発見したのが文部省にたいする侮辱、なんていうのは、ナンセンスな議論です。検定者だって、誤りを見落とすことは十分あるわけで、それを指摘すると侮辱なんていうと、それこそ文科省をばかにしたことになります。
市販が問題になるのは、「フライング」であって、採用されてから市販するのは「家永教科書」でもなんでも、問題じゃないでしょう。

そもそも、歴史教科書なんて、名前や年号の暗記ばかりで、ほとんど意味のないことが多い。(桶狭間の戦いや、本能寺の変など、織田関係者以外にとって意味はないのに、何でていねいに小学校からでて来るんだ?)
そんなことより、理科の時間をふやしたほうがいいのですがねえ。

何のために歴史を学ぶか、ということになれば、同じ過ちを何度も繰り返さないためでしょう。それが人間社会の進歩ですから。それにつながらないような授業では無駄です。

個々の記述で見てもしかたない(テスト暗記でなければ)ですが、韓国併合を「侵略」だということを認めることは「自虐」だという立場でかかれているわけです。文体で配慮したのに、これを認めないのはエゴだ、という考えのほうが、思い上がりだと思います。(実物はよんでいません)

これから、世界の人々と仲良く暮らしていくには何が必要か、そういうことを(他の会社の教科書も含め)、いまの教科書では扱わないのですね。
    • good
    • 0

 論点になっている部分というのはやはり近現代史でしょう。

平たく言えば戦争ですね。いろいろな考え方があるとは思いますが,少なくとも僕は戦争を美化しているとは思いません。

 240ページの韓国併合だって「日本は韓国内の反対を,武力を背景に抑えて併合を断行した」とかいてあります。わざわざ配慮して書いてありそうなのに,この反応です。

 やはり問題なのは中国,韓国の自己中心的な態度だと僕は思ってます。

 むしろ新しいなと感銘を受けたところがあります。8ページの歴史の流れというところです。昭和時代や明治時代が小さくかかれています。今までの歴史年表は明治,昭和のところにたくさん物事が書いてあったので,僕の歴史観において明治,昭和時代が大きく映っていましたので,こんな見方もあるんだなと感心しました。
    • good
    • 0

この教科書をまだ読んでないのでなんとも言えません。

いろいろな考え方が有るでしょうが、アメリカが核を使ったことを少しでも正当化、美化した教科書を作ったら、我々はどう思うでしょうか?やはりゆるせないでしょう。
    • good
    • 0

私は、教科書そのものと、「つくる会」による解説書を読みました。

反対する立場の方のおっしゃることは、まあ、敢えて読まなくてもだいたい分かりますので・・・。
教科書の内容ですが、想像していたよりもマイルドになっているなという印象です。(そのようにさせられていく過程は、解説書のほうに詳しく載っていましたのでよく分かりました)ようやく、「普通の教科書が出来たなあ」と嬉しく思います。
それにしても、最近の“反対勢力”の動きは「見苦しい」の一言につきます。今朝の新聞にも、「教科書を市販したのは独占禁止法違反だ」という提訴が行われたなんて記事がありましたが、かつて、逆の立場の「家永教科書」が市販されていたことをご存知でないのでしょうか? また、「古代史の部分だけでも40数箇所(?)の誤りを発見した」という記事もありましたが、これは、文部科学省に対する侮辱ですし、他の教科書にも、同様の検討をせず、扶桑社の教科書にいちゃもんをつけるために行われたとしか思えません。また、この教科書を採択しないように求める新聞1ページ広告を出したり、なりふり構わぬその動きは、それこそ“ファッショ的”です。
私は、今回ようやくできた「普通の教科書」が少しでも多くの子供たちに行き渡るように祈念いたします。
ところで、わたくし、「経験者」のところにチェックしてありますが、これは、今の仕事とは関係ありません。中学校の時、左翼教師に支配されていた学校に通っていた関係で、彼らがどんなことを教えたいのか、よーく分かっているので、敢えてこうさせていただきました。
    • good
    • 0

僕はまだ「新しい歴史教科書」しか読んでませんが、ひじょうに読みやすく、子供たちの歴史に対する興味をそそるいい教科書だと思いました。


内容についても全然問題ないように思います。
それより、国内で販売になる前に海外で読まれ、騒がれる方が問題だと思いますけど、、、、
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q薬物体験に関しての本はなぜ出版できる?

こんにちは。
私は興味本位でアジア方面の危ない旅行体験本を読んだりするのですが、そこで気になったことがあります。

そういう本ってたいてい平気でマリファナや大麻など、ドラッグ関連のことが書いてるんです。「私は○○をやったことがあるが・・・」とか。
こういうのって犯罪にはならないんでしょうか?ニュースではよく「覚せい剤所持で逮捕」とかいう話題をやっているのに、本で「やった」と自ら主張している人が逮捕されないのは変だなと思いました。
これは何故ですか?「マリファナ旅行なんやら」とか普通に出版できるのが不思議でなりません。

ちなみに私自身は薬物など絶対にやろうとは思いませんのでご心配なく^^

Aベストアンサー

 覚せい剤や麻薬の服用に関しては、国外犯規定が適用されません。
つまり日本国内で服用したときのみ、日本の法律で処罰されるのです。
海外には麻薬等が合法の国もありますので、海外での服用については
日本の法律は適用されません。

 似たケースとしてはギャンブルが挙げられます。ラスベガスのカジ
ノで賭け事をしても、日本の法律で処罰されることはありません。
また、18歳から喫煙できる国なら、18歳の日本人が喫煙していても
日本の法律は適用されません(喫煙に関しては本人への処罰規定は
ないですけどね)。

 いっぽう、日本に麻薬を密輸する行為は、国外犯規定で罰せられ
ます。ですのでもし、「 日本にブツを持ち帰るヤツの手伝いをした 」
という内容だったら、警察の取調べを受ける可能性は十分あります。
「 オレはA国で人を殺した 」とは書けないのと一緒です。

 なお、国外犯規定うんぬんをまったく別にして、本に書いている
ことは決して真実とは限らない、という理由もあります。もしかし
たら自分を主人公にした空想小説かもしれません。表現を取り締まる
法律はないので、本のなかでは自由に書いても構わないのです。

 覚せい剤や麻薬の服用に関しては、国外犯規定が適用されません。
つまり日本国内で服用したときのみ、日本の法律で処罰されるのです。
海外には麻薬等が合法の国もありますので、海外での服用については
日本の法律は適用されません。

 似たケースとしてはギャンブルが挙げられます。ラスベガスのカジ
ノで賭け事をしても、日本の法律で処罰されることはありません。
また、18歳から喫煙できる国なら、18歳の日本人が喫煙していても
日本の法律は適用されません(喫煙に関しては本人への処罰規定は
...続きを読む

Q論点のすり替え

銃乱射事件のニュースでふと思ったんだが

マスゴミが「被害者が救われない」というが、
そもそも「被害者の人権問題」はマスゴミの不当で極端な報道の問題でのみ生じたのである。
マスコミは単に被害者が『悲惨である・救われない』ことが人権侵害であると言っています。
だが、ちょっと待ってほしい。犯罪にあった『被害者』である以上、悲惨なのは当たり前ではないか。そうでなければ、犯人が死刑を求刑されただの20年の刑だのの議論になっていないっての。
『救われていない』ことは人権侵害になっていない、むしろ、犯罪という人権侵害にあったから救われていないのである。

マスコミの言い様では、あたかも国家や社会が人権侵害をしているように聞こえてならない。しかし、それはありえない。
むしろ国家の責任でなくとも給付金が払われる制度があるわけで、少なくとも『国家が人権侵害をしている』ということにはならないし、実際これ以上国家がすべきことは(重罰化はさておき)無い。

つうか、マスコミが専ら人権侵害をしているのではないか?
それ以外ないと思う。

マスコミの言い分は総合するとどういうことなんでしょうか?
意図的に論点を摩り替えているのか。
それとも本気で自分の不当性に鈍感なのか。

銃乱射事件のニュースでふと思ったんだが

マスゴミが「被害者が救われない」というが、
そもそも「被害者の人権問題」はマスゴミの不当で極端な報道の問題でのみ生じたのである。
マスコミは単に被害者が『悲惨である・救われない』ことが人権侵害であると言っています。
だが、ちょっと待ってほしい。犯罪にあった『被害者』である以上、悲惨なのは当たり前ではないか。そうでなければ、犯人が死刑を求刑されただの20年の刑だのの議論になっていないっての。
『救われていない』ことは人権侵害になって...続きを読む

Aベストアンサー

資本主義、自由主義、しかも高度情報化社会(?)の世界に生きている限り、この種の問題(マスコミの報道姿勢など)は、ある程度仕方がないでしょう。他面では、資本主義、自由主義の良い面は享受しているのですから。今の時代、個人がこの種の問題に対抗する能力を高めることが要求されているのではないでしょうか。嫌なら取材を拒否すれば良いし、人権侵害があれば訴訟を起こすくらいの強さがあればよいのです。
 人によっては、被害者遺族が、取材に対して金銭を要求したり、手記を出して金儲けする人もあるようですから。
 「相当額の救済給付をしないのは国家・社会の人権侵害」というのは極論に過ぎるように思われます。 被害にあわれたことには同情し、「助け合い」の精神で何がしの給付は行なっても、「至れり尽くせり」とまですべきかどうかは負担能力、優先順位の問題もあります。

Qパレスチナの本はたくさん読んできたんですが

パレスチナに興味のある方にお聞きします。
パレスチナ問題について論文を書きたいのですが、まとが絞れません。私もパレスチナに興味があり、今までいろいろ本は読んだのですがポイントがみつかりません。
そこで原点にかえってみようと思い、みなさんにお聞きします。みなさんは「なぜ」パレスチナに興味を持つようになったのですか?お忙しいところ申し訳ありませんが是非みなさんのお考えを参考にさせてください。

Aベストアンサー

やっぱり、いろいろ事件が起こるからですね。
対象に興味を持つと、調べてみようという意欲が湧いてきます。

それから、イスラエルという国にも興味があるからかな?
「日本人とユダヤ人」とか「旧約聖書をしっていますか」(阿刀田 高さんの本です)
といった本が愛読書の一つなので、自然とイスラエルに興味を持ち、関連するパレスチナ
問題にまで視野が広がるようになりました。

一口にパレスチナ問題といっても、背後の歴史が深いですからね~。四千年以上あ
るから、日本の倍以上だ。しかも、近隣の諸国(アラブとかエジプト)も知っておかな
くてはいけないし、とにかく大変ですね。

それから宗教。日本人に縁の浅いユダヤ教とかイスラム教の知識や宗教史の知識も
必要になってきます。

やっぱりポイントは、「なぜイスラエルとパレスチナ(ユダヤ人とアラブ人)がなぜ争っているか」
だと思いますよ。これを理解しようとすれば、背後の民族史と宗教史を一通り調べ
なくてはいけませんので、パレスチナ問題全体のイメージをほぼ掴むことができる
ように思います。

やっぱり、いろいろ事件が起こるからですね。
対象に興味を持つと、調べてみようという意欲が湧いてきます。

それから、イスラエルという国にも興味があるからかな?
「日本人とユダヤ人」とか「旧約聖書をしっていますか」(阿刀田 高さんの本です)
といった本が愛読書の一つなので、自然とイスラエルに興味を持ち、関連するパレスチナ
問題にまで視野が広がるようになりました。

一口にパレスチナ問題といっても、背後の歴史が深いですからね~。四千年以上あ
るから、日本の倍以上だ。しかも、近...続きを読む

Q視点・論点(NHK教育)を見た人、教えてください!

前回、回答がつかなかったので、このカテゴリーに掲載させていただきます。

NHK教育で夜10時50分から放送している「視点・論点」とう番組のことで質問があります。

5月8日の放送テーマは、「アジアの公用語」というようなものだったと思います。絶対見たいと思っていたのですが、見逃してしまいました。

アジアの公用語とは何語にすべき、または、どうすべきだと、放送で言っていたのでしょうか?

放送を見た人、教えてくださいませ。

Aベストアンサー

録画していたわけではないので、自分なりの印象で申しますと、

公用語というのは大事なものであるのに、いまところ関心が薄い。国連では、英語以外にもいくつかの公用語が決められており、英語以外の公用語をみんな堂々と使っている。アジアでもいろいろな共同体が模索されている中、当然何を公用語にするか、というものが一つの論点になってゆくだろう。「公用語」というものにもっと関心を持つべきだ。

と、いうようなことでした。

Q答えを直ぐに求めること・・・本を読んだ方がいいのかなぁ?

インターネット、この「教えてgoo」なんかもそうですがないときに比べて知りたいことが直ぐにわかるようになりましたよね。携帯電話、E-mailによって情報伝達が以前よりもより便利で瞬時にできるようになりました。
きっとこれは自然な流れで、人間は意志を伝える方法を今までストレスの少ない(手間暇をよりかけない)方法へ改善して行っているものだと思います。
より効率よく情報が伝えられることは便利だと思うのですが、このことによってなにか弊害は起きるのでしょうか?又、この流れのままいくとどのような変化が起こると思いますか?(社会的なレベル・個人レベルあると思いますが)

色々な立場からの意見をお待ちしております。できれば長いこと世の中を見てきたご年配の方からも、社会がこんな風に変わってきたというようなことも聞かせてください。

Aベストアンサー

 本って、同人誌にしたってある程度需要がないと
出せないじゃないですか。日本全国で50人くらい
の人しか興味のないようなことじゃ本は出せない。

 でも無料のホームページ使えば通信料だけ
で本並の情報を、同じ趣味の人たちで共有
できる。

>社会がこんな風に変わってきたというようなことも聞かせてください。

 例えば、インドの言葉の1つ、タミル語の
文を一般の人が読んでみたいと思っても、
ネット時代以前はまず不可能だったわけ
です。国内に需要も少ないんで、一般書籍もあり
ません。
 インターネットならそれが可能なわけです。

 外国に行かず、その国に最新情報を
知るには、昔は新聞やテレビのニュース
しかありませんでした。
 今はネットのチャットと、その地元の人と
直に話せます。

>このことによってなにか弊害は起きるのでしょうか?

 情報の技術が発達しても、人間の知能が
追いつかないと駄目です。外国語の例でいうと、
折角外国の生の情報が取れるようになっても、
それを読める知識がないと意味がありません。
 経済情報や技術情報も、以前は大学で
しか得られなかったような高度な情報が
ネットで得られますが、それを理解できない
人には意味がありません。
 
 逆に理解できる力があれば、子供でも
以前は大人しかできなかったようなことが
できるんです。アメリカなどではすでに
株の売買で大もうけをした小学生の
例などがあります。

 知能の差による情報格差、そしてそこから
生じる社会格差が広がってきていると思います。

 これが人類全体の向上心に繋がれば、
非常にいいことなんですが。

 本って、同人誌にしたってある程度需要がないと
出せないじゃないですか。日本全国で50人くらい
の人しか興味のないようなことじゃ本は出せない。

 でも無料のホームページ使えば通信料だけ
で本並の情報を、同じ趣味の人たちで共有
できる。

>社会がこんな風に変わってきたというようなことも聞かせてください。

 例えば、インドの言葉の1つ、タミル語の
文を一般の人が読んでみたいと思っても、
ネット時代以前はまず不可能だったわけ
です。国内に需要も少ないんで、一般書籍もあり
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報