位置情報で子どもの居場所をお知らせ

夫の年収が800万あります、妻は扶養控除内で働いたほうがよいのか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

まずベースとなる話をします。


扶養には、奥さんの給与収入に応じて
以下の種類と条件があります。

①税金の扶養控除 給与収入103万以下
②社会保険の扶養 給与収入130万未満
③会社の扶養手当 ①②のいずれかと連動

①の条件は103万以下で
・夫が税金の配偶者控除を受けられます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm

①を超えると。
・夫は配偶者特別控除を受けられます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

②130万未満
・これは奥さんの社会保険の扶養条件
 となります。
 これを超えた場合、奥さんは
▲国民健康保険、国民年金に加入すること
 になります。
(もしくは勤務先の社会保険に加入)

http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho- …

③は個々の会社規定によりますが、
たいてい①②との連動の条件と
なっています。

例えば、奥さんの給与収入が103万以内
なら、ご主人は配偶者控除が受けられます。
配偶者控除の額
所得税 住民税
 38万 33万

実際に軽減を受けられる税額は、
ご主人の収入から、
所得税は、
38万×税率20%=7.6万
住民税は10%一律で、
33万×税率10%=3.3万

合計で復興特別税、調整控除と
いったものも含めて、
●約11万の軽減を受けられます。

この控除は再来年になると、
奥さんの収入が150万までに
引き上げられる予定です。

次に②の130万以上となった場合ですが、
奥さんの社会保険料の負担が発生します。

例えば、
④社会保険に加入して働く場合、
 奥さんの収入の
・厚生年金保険料 約9%
・健康保険料 約5%
が天引きされることになります。

⑤社会保険に加入できず、
 130万以上の収入がある場合。
・国民年金保険料 約19万一定
・国民健康保険料 前年収入の
 5~10%程度
※地域と前年所得により変動。

例えば、年間収入200万ならば、
④では28万程度
⑤では29~39万程度
支出が余計に発生するわけです。

こちらの社会保険の制度も改革法案が
国会審議中で、社会保険の加入条件が、
中小企業でも106万以上の収入の人を
対象にするという話が進んでいます。
となると上記④あたりの負担が、
130万から106万に落ちてくる可能性が
出てきます。

しかし現状、一般的に言われるのは、
②の130万未満で社会保険に加入
せずに働くか、もしくは保険料の
負担分を超えた収入(160万程度以上)
で働くかの選択になるかと思います。

政府の政策で、配偶者控除の改正と
年金制度の改正により、このあたり
の内容が今後かなり変動することが
予想されます。

今後の動向を見ながら、
判断材料としていただければ
と思います。

いかがでしょう?
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご丁寧な御答え良くわかりました、数式ぐあったのでわかりやすかったです

お礼日時:2016/12/25 08:55

お子さんがいる または これからもうける予定で


キャリアよりも 子育てを優先したい奥様なら 一般的にそう考えますね。

でも あなたが 体力もあり 精神的な耐性も高く
定年まで 正社員として働き続けるおつもりで
産休・育休の制度がしっかりしている会社にお勤めなら その限りではありません。

あとは夫婦の形(家事分担)によりますので 旦那様との話し合いで決めるべきことです。

ただ 私は出産時より専業主婦をしており 社会的に弱い立場で生活してきました。
正社員でいられる状況なら 安定した老後のためにも 続けたほうがいいと思います。
    • good
    • 0

そのお金を自由に使えるなら働かないでたかる

    • good
    • 0

主たる生計者がいらっしゃり、生活上の問題はないのでしょうから、あとはあなたのお考え次第です。


絶対に、税金を払うのが嫌だと言う事でしたら、扶養控除内(但し、住民税は103万円以内でもかかる場合がある)という考え方だろうし、税金を払っても多くの収入が得たいと考えるなら、200万円を超えても問題はないと思う。
あなた次第だと言う事ですね。
    • good
    • 0

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。


税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)であることが必要です。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、夫が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、妻の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

103万円を超えると確かに夫や妻の税金は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
妻が働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。
ただ、通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。
なので、おおむね160万円以上で働けば手取り収入は増えるし、厚生年金に加入なら将来もらえる年金の額も増えるので(今後、年金の仕組みがどうなっていくのかわからないということはありますが)、働けるのならそうしたほうがいいでしょう。
それか、130万円ぎりぎりで健康保険の扶養からはずれないように働けばいいでしょう。

ただ、夫の会社で「家族手当、扶養手当」が支給されている場合、103万円もしくは130万円を超えると支給されなくなるということがあります。
これは、会社の規定なので夫の会社に聞かないとわかりません。
もし、103万円を超えると支給されなくなるなら、その額によっては103万円以下に抑えるという選択もあるでしょうね。
    • good
    • 0

それは他人が決める事ではありません。


ご夫婦で話し合い、必要ならば必要なだけ、働きたいならば働きたいだけ働くだけです。
扶養範囲を越えても、一定以上稼げば別に損はしませんよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q年収800万の夫の扶養になるとどれくらい収入が増えますか?

昨年まで正職員で働いていたため、夫の扶養に入っていませんでした。
いま、夫の扶養に入り(1)パート収入103万円以下(2)130万以下か(3)扶養に入らず130万以上かどの収入で働こうか思案中です。
(1)(2)(3)で夫の収入手取りや税金・年金がどれくらい変わってくるでしょうか?また調べられるサイトを教えてください。

Aベストアンサー

>(1)
 ・ご主人が配偶者控除(所得税:38万、住民税:33万)を受けられるので
  所得税で76000円(38万×税率20%分)、住民税で33000円(33万×10%分:翌年の分から)税金が安くなります(その分手取りが増えます)
>(2)
 ・ご主人が配偶者特別控除(所得税:38万~16万、住民税:33万~16万)を受けられるので
  所得税で76000円~32000円、住民税で33000円~16000円、税金が安くなります
>(3)
 ・貴方の給与収入が141万未満なら、ご主人は配偶者特別控除が受けられ、141万以上なら控除は受けられません・・これは現状と同じになります
  130万超141万未満の配偶者控除は、所得税・住民税:11万~3万になります
  所得税で22000円~6000円、住民税で11000円~3000円、税金が安くなります
 ・141万以上の場合は、現状と同じになりますから、ご主人の税金、手取り等には影響がありません

Q夫婦ふたり暮らしです。 夫の年収900万ちょっと程、現在 私は扶養内でパート勤務しております。今年1

夫婦ふたり暮らしです。
夫の年収900万ちょっと程、現在 私は扶養内でパート勤務しております。今年10月からのパート雇用制度の改定に伴い、扶養を外れてフルタイム勤務にならないか?と 打診されております。(年収は約140万程と思われます)扶養から外れた場合、
夫の税金の負担増になるかとは思われますが、現在よりもどのくらい減ってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

旦那さんの所得税率は20%くらいなので38万円×0.2=7.6万円増税
地方税は不明ですが3万円くらい増税
配偶者手当があれば全額がなくなります。民間だと0円~、公務員だと15万円くらい。

質問者さんの負担増
所得税・・・・・年収103万円を超えると発生
地方税・・・・・年収100万円を超えると発生
社会保険(厚生年金、健康保険)・・・(国民年金だと年額16万円です。年収140万円で国民健康保険なら13万円くらい)
30万円超すと思われます。

2016年10月から制度が変わるとされています。所得の配偶者控除廃止、106万円を超えると社会保険に加入義務発生。
質問者さんの年収が0万円でも103万円でも140万円でも旦那さんは10万円以上の増税です。
質問者さんが年収106万円を超すと社会年金(厚生年金、勤務会社の健康保険)に加入しなければなりません。30万円以上の負担発生。

質問者さんは年収140万円となっても現在の103万円と手取りが同じ。勤務時間が長くなって給与総額は増えても手取りが同じなら106万円以下(条件があるので年収はもっと少ない、つまり現行程度)が得。

大変な国民負担が迫っています。おいしい話はありません。その内、年金の第3号被保険者制度(現行では給与所得者の妻で年収130万円以下、2017年以降は106万円以下)もなくなるでしょう。
働けるものは働け・・・1億総活躍社会・・・既に公言している安倍内閣の政策です。

旦那さんの所得税率は20%くらいなので38万円×0.2=7.6万円増税
地方税は不明ですが3万円くらい増税
配偶者手当があれば全額がなくなります。民間だと0円~、公務員だと15万円くらい。

質問者さんの負担増
所得税・・・・・年収103万円を超えると発生
地方税・・・・・年収100万円を超えると発生
社会保険(厚生年金、健康保険)・・・(国民年金だと年額16万円です。年収140万円で国民健康保険なら13万円くらい)
30万円超すと思われます。

2016年10月から制度が変わるとさ...続きを読む

Q年収600万の夫との結婚は間違いだった?

結婚1年目、26歳共働き妻です。
最近、年収が600万の夫と結婚した事を日々後悔しています。
プロポーズしてもらったのは私が24歳の時。優しい彼に惹かれ結婚しました。彼はその時家まで購入していました。(3500万ほど)これにはかなり面食らいました。私は一生住む家の間取りも土地も選べませんでした。
周りの同僚が皆年収1500円以上の旦那と結婚していて(私は職業柄高収入の方々との出会いが多いです)、会社に行くたび日々格差を感じ落ち込んでいます。私の結婚指輪にダイヤがない事さえ珍しがられます。
結婚当初は、誠実で優しい彼と結婚できて幸せと感じていましたが、今は、そんな周りの裕福で且つ子供と四六時中いられる同僚達(もちろん皆寿退社済み)を見て、結婚が早すぎた、これから先私はずっと働き詰めで子供との時間を削りお金も節約し、諦めなければ行けないキラキラした生活があると考えると、気持ちが落ち込みます。
私はわがままだしょうか?私のいる世界がおかしいのでしょうか?
ご教示お願いします。

Aベストアンサー

人様と比べてあれが負けてる、これが勝ってると競い合ってばかりでは、
たとえイケメンで高収入の優しい男性と再婚できたとしてもまた不満が出るだけでしょう。
「他の旦那は女の影がないのにうちの旦那はー」
「仕事仕事で全く家に帰ってこないー」
「旦那の家柄が他人と比べて良くないー」
「うちは再婚だけどあこは初婚同士ー」などなど。

まずは自分にとって何が本当に必要なのかを考えてみては?
優しい旦那さんでしょうか。
ダイヤのついた指輪でしょうか。
専業主婦になることでしょうか。
住みたい場所に住みたい家を建てることでしょうか。
今の旦那さんとではそれらを手に入れることはできないのでしょうか。
そして今の旦那さんと離婚さえすればそれらは手に入るのでしょうか。

あなたの気持ちが落ち込んでいる原因は横にいる優しい旦那さんじゃなく、
他人を妬み嫉み欲にまみれた己の黒い心のせいかもしれませんよ。

Q年収7、800万円程で専業主婦の方。

31歳ですが今年、彼(31歳)と結婚します。
妊娠はしていませんが、将来、子供が小学生卒業するくらいまでは専業主婦になりたいという願望があります。
新婚のうちは、彼との生活を楽しみたいし家事も極めて見たいです。そして子供が産まれると、小さいときが一番かわいいと思うので一緒にいたいと考えます。(子供は2人程度)

とりあえずは結婚後引越しのため、今の職場を離れますが、子供ができるまでは新居近くでパートとして働くつもりですが。。

世の中の専業主婦の方で旦那様が安定した会社で30歳年収700万円程度、40歳で1000万円(恐らく公務員や大企業のサラリーマン)くらいという方、月々の収支、月々どの程度貯金できているのかを教えて頂けませんか?また似たような年収のお友達がいましたら専業主婦の方が多いのかそうでないかも教えていただけると助かります。

ごく平凡な家庭を想像しています。専業主婦に対して嫌悪感を抱く方、旦那様が自営業の方、年収が数千万円ある、親から多額の援助を受けている方からのご回答はご遠慮願いたいです。
みなさま、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご婚約、おめでとうございます。

うちは
乳児期・幼児期に一緒に居たい思いが強かったこと、自分の母が専業主婦で家に居た思い出があり、自分が子供だった頃の母親の存在がとても大きかったので、自分も幼少期に関しては同じような子育てがしたいと思ってました。
夫も同意で、小学校就学まで専業主婦 以降も育児優先でパート等可能な範囲でという考えをもって結婚しました。


経験談ですが。
家事専念の時間はとても貴重でした。当時23~4才で一人暮らし経験も数カ月しかなく 料理も上手じゃない上に家事の手際もわるく、おまけに仕事は残業が多くて忙しく 夫の職場近くの社宅からの通勤は遠く・・・夫より早く出勤・遅く帰宅 という状況から、退社して家事専念出来ることは喜びであり、幸せでした。
1人目の子を妊娠・出産し、2人目の子が幼稚園にはいるまでのあいだは、専業主婦でした。
出産に関しても無知な状態からだったので 一人目の時多くの本を読み勉強しましたし、一人目はつわりも重く 切迫流産の危険もあったので 勤めがなくて幸いでした。
ただ、社会的に隔離された気持ちになること、心が不安定になりそうな日は 時々ありましたね。
児童センターのサークルとか いろんなことをやってみました。
内職もしました。
やはり、育児「だけ」ではない 自分の居場所・生きがいをもちたくなりました。
子供が幼稚園に通い始めてからは、下の子を連れて 自治体主催のある教室に通って、関心のあることを勉強したりもしました。
子供が体力的に強くなってきて、手が離れてきて・・・
週3日2時間のパートから スタートしました。当時31歳くらい。
30代後半の現在は平日週5の扶養内パートです。

家計についてですが・・・
質問者さんの旦那さんは 7~800万の年収があって安定した会社にいる、質問者さまは恵まれているのだとおもいます。

うちは結婚当初 もっと貧しかった(言いかえれば、若かった)のですが、何かを参考にしたいお気持ちは分かりますので回答させていただきました。
当時月20万くらい(住居費用は会社天引き済みの手取りです)。
貯蓄4万
光熱費1万5千~2万(アパートがプロパンで高かった)
通信料1万(ネットと固定電話と携帯)
食費2万
日用品5千
雑費5千
小遣い1万(夫)弁当もち
ざっとこんな感じで 残りは車維持費や保険 冠婚葬祭等予備費として残してました
幼稚園入園までは貯金は結構できてたように思います。
ボーナスはなるべく貯金。
年一回国内近場旅行1泊、楽しみとしてしていました・・・都内なので軽井沢とか伊豆とか車で。
帰省は無し(どちらも実家が都内)。
マイホーム購入の資金をせっせと貯めていたころです。


どのあたりの生活水準が平凡で どのあたりが一般的か という話ですよね。
身の丈にあった暮らしをしていけばいいということです。
お二人の、現在までの預金額(式披露宴や旅行 新居準備などの費用は差し引く)も重要になってくるのではないでしょうか。
新婚生活、やってみなくてはわからないことも数々。
既に30代ということで ここからお子さんを産み育てるということですから、後先働ける年数というのも考えなくてはなりません。
また、子供を育てて「社会復帰」のタイミングですが、小学校卒業くらいからパートを・・・という考えは難しいかも。すぐ妊娠出産しても、子供二人としたら 下の子が卒業するのは 質問者さんが40代半ばから後半になっている計算です。そこからは自分に合う好条件のパートは なかなか見つからないと思ったほうがイイですよ。


頑張ってください。
参考になれば幸いです。

ご婚約、おめでとうございます。

うちは
乳児期・幼児期に一緒に居たい思いが強かったこと、自分の母が専業主婦で家に居た思い出があり、自分が子供だった頃の母親の存在がとても大きかったので、自分も幼少期に関しては同じような子育てがしたいと思ってました。
夫も同意で、小学校就学まで専業主婦 以降も育児優先でパート等可能な範囲でという考えをもって結婚しました。


経験談ですが。
家事専念の時間はとても貴重でした。当時23~4才で一人暮らし経験も数カ月しかなく 料理も上手じゃない上に家事...続きを読む

Qパート収入が103万を超えそうです。主婦で旦那の扶養になってます。

パート収入が103万を超えそうです。主婦で旦那の扶養になってます。
今年になり、シフトが激減すると言われたので、もうひとつ仕事を見つけてみましたが、思っていたよりもあんまり収入が減ることなく、このままでいくと103万を超えて、おそらく110万くらいになりそうです。一応、職場には超えそうなので、シフト調整をお願いしていますが、あんまり無理も言えません。
103万を超えると、扶養控除の問題、市民税などもかかわると言われて、困ってしまっています。
市民税ってどのくらいくるのでしょうか?旦那の税金もかなり増えるのでしょうか?
わかりやすく説明していただけるとうれしいです。お願いします。

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。

103万円を超えると確かに貴方やご主人の所得税や住民税は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
なので、130万円ぎりぎりで健康保険の扶養からはずれなければ、働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。

ただ、貴方のご主人の会社で「家族手当、扶養手当」が支給されている場合、103万円もしくは130万円を超えると支給されなくなるということがあります。
これは、会社の規定なのでご主人の会社に聞かないとわかりません。
もし、103万円を超えると支給されなくなるなら、その額によっては103万円以下に抑えるという選択もあるでしょうね。

>103万を超えると、扶養控除の問題、市民税などもかかわると言われて、困ってしまっています。
市民税ってどのくらいくるのでしょうか?
110万円だとした場合で基礎控除以外の控除がないとした場合
住民税は「均等割」と「所得割」の2つの課税です。
均等割 4000円(市町村によってはこれより数百円高いこともあります)
所得割 120000円×10%=12000円
計16000円です。
なお、103万円でも所得税はかからなくても、住民税(均等割4000円、所得割5000円)はかかります。

>旦那の税金もかなり増えるのでしょうか?
ご主人の所得により所得税の税率変わるので何とも言えませんが、普通の所得なら税率5%か10%でしょう。
所得税 70000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×5%=3500円 もしくは
    70000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×10%=7000円
住民税 20000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×10%(所得に関係なく)=2000円
計5500円もしくは9000円増えるだけです。

7万円収入が増えますので、税金の増額分引いても手取り収入はプラスです。

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は...続きを読む

Q扶養から外れた際の夫の収入減についておしえてくださ

現在、パートで103万以内で働いています。
最近、パートの時間の延長を頼まれています。

もし、延長するとなると190~210万程の年収になり、もちろん扶養から外れなければいけなくなります。

そこで、扶養から抜けた場合、夫の収入減額はとれくらいになるのでしょうか。

夫の年収~約420万 所得税(月)約5000円

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

貴女の給与が130万超えたら旦那の配偶者控除が今回は無くなりますので、夫婦ともに健康保険になります。

貴女は第二保険つまり旦那と同じ種類の保険に入らなくてはいけないのです。

で住民税ですが、増えるのは来年分からですよ。住民税が増えるのは。

25年分の所得を元に26年に所得税が課税 27年に申告の金額を元に自治体が住民税を決める。

だから、来年から。

消費税の増税で苦しいですが、乗り切っていきましょう

Q夫年収600万 妻が扶養外れ200万または扶養内129万程で働いた場合の世帯手取りはいくら増える?

夫年収600万で子供小学生1人、保育園児3歳1人、現在扶養内(98万程)で派遣社員をしておりますが、住宅ローンの繰り上げ返済に回せるほどの貯蓄ができないため、フルタイム年収200万程での働き方に変更しようか、または家事育児とのバランスを考え、扶養範囲内の年収129万程で抑えた働き方が良いか、もしくはこのまま100万未満で働くか日々悩んでおります。
扶養から外れてはたしてどれくらい収入(世帯の手取り額)が増えるのでしょうか。
以前子供が1人の頃正社員をしておりましたので、フルタイムにすることで家事育児との両立に対し少なからずストレスも感じることや、精神的な余裕がなくなることは目に見えています。保育料も上がってしまいます。そのようなデメリットがある中で、月どのくらいの世帯収入アップが望めるのかを知りたいです。
① フルタイム年収200万程での働き方
② 扶養範囲内の年収129万程で抑えた働き方

この①、②のそれぞれの場合について、現在の世帯年収700万と比較し、世帯の手取り額はどのくらい増額が見込まれるのか、教えていただけませんでしょうか。税金、年金、保険トータルで教えていただけると嬉しいです。(夫は厚生年金です)

夫年収600万で子供小学生1人、保育園児3歳1人、現在扶養内(98万程)で派遣社員をしておりますが、住宅ローンの繰り上げ返済に回せるほどの貯蓄ができないため、フルタイム年収200万程での働き方に変更しようか、または家事育児とのバランスを考え、扶養範囲内の年収129万程で抑えた働き方が良いか、もしくはこのまま100万未満で働くか日々悩んでおります。
扶養から外れてはたしてどれくらい収入(世帯の手取り額)が増えるのでしょうか。
以前子供が1人の頃正社員をしておりましたので、フルタイムにすることで...続きを読む

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

前提として、
1.奥さんの社会保険の選択肢
 3つあります。
 ①国民健康保険、国民年金
 ②ご主人の社会保険の扶養者
 ③就職先の社会保険加入

 現状②ですが、200万ぐらいの
 収入で働くとなると、
 ③となる可能性が高いです。

2.ご主人の税金の軽減
・住宅ローン控除はとりあえず考慮
 しません。
・所得税率は年収から10%と想定します。

1)奥さんの年収98万
 配偶者控除が受けられるので
 所得税で3.8万、住民税で3.3万の
 軽減があります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
2)奥さんの年収129万
 配偶者特別控除が受けられるので
 所得税で1.6万、住民税で1.6万の
 軽減があります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm
3)奥さんの年収200万
 配偶者特別控除はありません。


3.奥さんの社会保険と税金

1)奥さんの年収98万
 社会保険の扶養条件を満たすので
 奥さん分の社会保険料はありません。
 98万円ならば所得税、住民税とも
 非課税です。

2)奥さんの年収129万
 社会保険は1)と同じです。
 税金は、
 所得税1.3万、住民税3.6万
 となり、手取りは124万ぐらいです。

3)奥さんの年収200万
 奥さんの社会保険料が発生します。
 ①ならば
 国民健康保険料 約10万/年
 国民年金保険料 約19万/年
となります。
 ③ならば、
 健康保険料   約10万/年
 厚生年金保険料 約18万/年
 と①より少し安いですが、
 将来の年金額は増えます。

因みに奥さんの税金は
所得税 約2.8万/年
住民税 約6.6万/年
となります。

合計40万ぐらいの天引きがあり、
手取りは160万ぐらいになります。


まとめますと、
①現状、ご主人の配偶者控除で
 3.8万+3.3万=7.1万の
 税金が軽減されている。

②奥さんが129万の年収となると
 ①が3.2万となり3.9万減る。
 奥さんの手取りは124万で
 124万-98万-3.9万=約22万
 収入増となります。

③奥さんが200万の年収となると、
 ①がゼロとなり、7.1万減る。
 奥さんの手取りは160万で
 160万-98万-7.1万=約55万
 収入増となります。

●55万の手取り増をどう考えるかです。

留意事項として、
・ご主人の会社で扶養手当があると、
 さらに収入の増加は鈍る。
・住宅ローン控除は上記に影響は
 ないと思われるが、所得税と
 住民税の金額が変わってくる。

といったところですが、
いかがでしょうか?

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

前提として、
1.奥さんの社会保険の選択肢
 3つあります。
 ①国民健康保険、国民年金
 ②ご主人の社会保険の扶養者
 ③就職先の社会保険加入

 現状②ですが、200万ぐらいの
 収入で働くとなると、
 ③となる可能性が高いです。

2.ご主人の税金の軽減
・住宅ローン控除はとりあえず考慮
 しません。
・所得税率は年収から10%と想定します。

1)奥さんの年収98万
 配偶者控除が受けられるので
 所得税で3.8万、住民税で3.3万の
 軽減があります。
ht...続きを読む

Q扶養をぬけると家計の税金や保険ってどれくらい違うの?

はじめまして。30歳の専業主婦です。我が家は同い年の主人と3歳の子供の3人家族です。昨年、主人が転職して手取り収入が平均で5万くらい減りました。
現在の会社は福利厚生などちゃんとしてないので、その減った月収からまた夫婦2人の国民年金と健康保険27800円、住民税を3ヶ月分16000円支払っています。我が家は住宅ローンも抱えており、家計はカツカツの状態です。
昨年は特別資格の手当てなどがあり、比較的年収が良かったため健康保険や住民税などがとても高いのです。(>_<) もちろん子供の保育料も・・

そこで私も働くつもりでいますが、私が扶養を抜けると税金とかもっと高くなりますよね?具体的に1人扶養抜けるとどのくらい金額的に変わるのでしょうか?
それから、時給800円程度で一日7時間働くとして月収はせいぜい11万そこそこです。パートでも毎日働く場合は厚生年金も健康保険も加入しないといけないですから、この11万そこそこの金額からいくらいくらい引かれるのかも教えていただきたいです。
この程度の金額なら調整して扶養枠内にしておいたほうがいいのか、とても迷っています。

税金とか年金とかイマイチよく理解できないので、わかりやすい解説で具体的な数字で教えていただくとありがたいです。
よろしくお願いします。

はじめまして。30歳の専業主婦です。我が家は同い年の主人と3歳の子供の3人家族です。昨年、主人が転職して手取り収入が平均で5万くらい減りました。
現在の会社は福利厚生などちゃんとしてないので、その減った月収からまた夫婦2人の国民年金と健康保険27800円、住民税を3ヶ月分16000円支払っています。我が家は住宅ローンも抱えており、家計はカツカツの状態です。
昨年は特別資格の手当てなどがあり、比較的年収が良かったため健康保険や住民税などがとても高いのです。(>_<) もちろん子供の保育料も...続きを読む

Aベストアンサー

所得税は、1月から12月までの収入に対して課税されます。

今年の場合です。
貴方の収入が110×6ケ月(7月から働いたとして)=660万円とした場合です。

年収が103万円未満ですから、貴方には所得税がかからず、住民税も均等割が3.000円ほどになります。
ご主人も、配偶者控除38万円と配偶者特別控除38万円が適用になりますから、今までと変わりません。
貴方が、会社の社会保険に加入した場合、健康保険料が約5000円、厚生年金が約10200円となり、国民年金よりも安くなります。

来年以降です。
貴方の収入が110×12ケ月=132万円とした場合です。
給与所得控除が65万円で、所得が67万円になり、基礎控除が38万、社会保険料控除18万円で、課税所得が11万円となり、定率減税後の所得税が約8.800円で、住民税が約7.000円ほどになります。

ご主人は、配偶者控除38万円が無くなり、配偶者特別控除が11万円に減額されますから、課税所得が65万円増えます。
この結果、所得税が約52.000円、住民税が約30.000円増えます。

又、国民健康保険料は、貴方が外れた分だけ安くなります。

貴方の手取りから、ご主人の税金が増えた分と、国保・国民年金の差額を増減した額が、家計の収入増になります。

所得税は、1月から12月までの収入に対して課税されます。

今年の場合です。
貴方の収入が110×6ケ月(7月から働いたとして)=660万円とした場合です。

年収が103万円未満ですから、貴方には所得税がかからず、住民税も均等割が3.000円ほどになります。
ご主人も、配偶者控除38万円と配偶者特別控除38万円が適用になりますから、今までと変わりません。
貴方が、会社の社会保険に加入した場合、健康保険料が約5000円、厚生年金が約10200円となり、国民年金よりも安くなります。

来年以降です。
貴方の...続きを読む

Q雇用保険は収入になりますか?

今年の2月末まで会社で働き、
その後、会社都合で退職しました。
そして、3月から雇用保険を貰っていました。
今は短期の派遣社員として働いております。
今年の8月頃に入籍予定で、彼の扶養なります。
この場合の雇用保険は収入としてみなされるのでしょうか?
収入とみなされるのであれば、103万円をこえてしまい、扶養には入れないですよね?
現在同様、今年いっぱいは国民年金や健康保険を自分で払わなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

皆さん書かれているように、
・扶養には2種類あること
(税金関係と、社会保険関係)
・その2種類について、それぞれ、もらった失業給付の扱いが違うこと
がポイントです。

税金関係については、失業給付は収入に入れません。
収入では103万円、所得だと38万円までです。(収入から、必要経費とか給与所得控除とかって言われるのを引き算したのが、所得です。給与所得の場合、年収103万円と、年間所得38万円は、同じことを言います)
1月1日から計算を始め、12月31日までの累計で考えます。

社会保険については、失業給付も金額に入れます。
130万円までです。
いつからいつまで、という期間ではなくて、向こう1年間の収入見込みが130万円までです。

このシステムの違いにより、「税金上は扶養になれるのに、社会保険上は扶養になれない」「税金上は扶養になれないのに、社会保険上は扶養になれる」という、まったく逆の状態になることもあります。

たとえば、12月31日締めの年収が103万円以下なので、税金上は扶養に入れる。ところが、12月から何らかの事情で多い収入をもらうことになって(勤務日数が増えたなど)、向こう1年間の収入見込みが130万円を超えそうなので、社会保険上は扶養になれない。

また、11月までは正社員をやっていたので、12月31日締めの年収は103万円をパーンと超えていて、税金上は扶養になれない。ところが、12月から専業主婦になったため、向こう1年間の収入見込みが0円なので、社会保険上は12月から扶養に入れる。

あなたの場合の具体的な予想です。
失業給付は、税金上の扶養になるかどうかの計算には入れませんので、単純に「2月まで働いていた会社でもらった給与・賞与」「短期の派遣社員の給与」「今後、他にも給与所得などあったら、それも」を合計して、103万円を超えなければ、税金上は未来のご主人の扶養になれます。

社会保険上の扶養ですが、過去の分は考えなくても大丈夫です。
入籍の時点で失業給付をもらい終わってるなら、その支給額も考えなくていいです。そして、入籍の段階で「向こう1年間の収入見込み」=派遣社員のお仕事を続けるなら、その給与の見込みで考えて大丈夫と思います。

失業給付のように、日額いくらという支給額が決まっている場合は、日額が基準以上だと社会保険上の扶養に入れないっていうのがあります。
月給制の場合、月額いくらって感じです。
なお、社会保険上の扶養は(しつこいようですが)向こう1年間……ということで、税金上の扶養のように「1月1日になって年収計算をリセットする」わけではないです。

皆さん書かれているように、
・扶養には2種類あること
(税金関係と、社会保険関係)
・その2種類について、それぞれ、もらった失業給付の扱いが違うこと
がポイントです。

税金関係については、失業給付は収入に入れません。
収入では103万円、所得だと38万円までです。(収入から、必要経費とか給与所得控除とかって言われるのを引き算したのが、所得です。給与所得の場合、年収103万円と、年間所得38万円は、同じことを言います)
1月1日から計算を始め、12月31日までの累計で考え...続きを読む

Qぶっちゃけ、旦那の給料いくらですか??

うちの夫は29歳会社員で手取りが34~35万くらいでボーナスは夏、冬ともに60~65万程度です。
今までは共働きだったので特に節約もせず自由に使っても貯金を15万はできていました。
しかし夫の転勤+妊娠のため今は専業主婦です。
そしたら、貯金がなかなかできなくてびっくりなんです><;
これは私たちの節約の仕方がなっていないのか、はたまた夫の給料が少ないのか…。
夫は「そんなに少ない方ではない!はずだ…(やや自信ないらしい)」と言うのですが
正直私が看護師だったから、今までは楽に生活できていただけなのでは??と思ってみたり。

うちの支出を簡単に説明すると
家賃95000円、駐車場16000円、奨学金返済14000円、夫小遣い(昼込み)40000円、食費+日用品+病院代(残ったら私のお小遣い)50000円、光熱費18000円
携帯代二人分12000円、車のローン37000円、ガソリン代6000円
って感じです。
結構切り詰めてると思うのですが、無駄がありますか?
かといって超生活に困ってるわけではないので「車を売れ!」と言われてもきっとできません(この考えが甘いのかな?)
旦那のお昼は営業でお弁当は絶対に無理だそうです。
で、突然の出費があったら貯金なんて5万できるかできないか。
ボーナスで30万×2の貯金しかまともにできないんです。(車のローンで20万払うのと、残りは化粧品やら洋服代やら趣味、旅行代を出してます)
専業主婦でも普通の一般家庭はもっと貯金してますよねぇ??(ここで検索したら7万以上は当たり前みたいでした。10万以上の方も…)
これで子供が産まれたらどうなるのか…不安になってきました。生活に困ってなくても貯蓄が増えないのはやはり困ります。

今はこの程度の貯金で我慢して、産まれてちょっとしたら私も働くしかないでしょうか?それとも、節約できますか?
専業主婦の旦那さんはどれだけお給料もらってるものなんですか?

うちの夫は29歳会社員で手取りが34~35万くらいでボーナスは夏、冬ともに60~65万程度です。
今までは共働きだったので特に節約もせず自由に使っても貯金を15万はできていました。
しかし夫の転勤+妊娠のため今は専業主婦です。
そしたら、貯金がなかなかできなくてびっくりなんです><;
これは私たちの節約の仕方がなっていないのか、はたまた夫の給料が少ないのか…。
夫は「そんなに少ない方ではない!はずだ…(やや自信ないらしい)」と言うのですが
正直私が看護師だったから、今までは楽に生活で...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。

私も旦那の給料が少ないと文句を言っていたので
「やりくり」でいかに変わるかがわかってきました。
半年弱手これだけ変りました。(集中して減らしたのは1,2ヶ月前から)

食費+日用品 5万→2万
外食費 2万→5千円
ケータイ2台 2万→8千円
光熱費 2万→1万
貯金 0円→2万

7万近く節約できるようになりました。
お小遣いもアップしましたよ。収入は同じままです。

>品数を減らすのがどうもできなくて…。

品数の維持もできます。
下ごしらえをして冷凍したりします。
使いたいときにレンジでチンしたり、ラクチンで品数も豊富で
お財布にもやさしいです。

こういったコツは、こちらのサイトや主婦系の雑誌で勉強しました。
あとは実家の母に聞きましたよ(笑)

一時期はほとんど乗らない車を削りたくてしょうがなかったのですが
(参考URL参照)
今はやりくりしながら車も維持しています。

無理だ~!と思っていたのですが
やってみるとできるものですよ。
なので、やりくりに興味を持って勉強してみると
節約法がだんだんわかってきます。
そして節約が面白くなって、貯金できる喜びが増えます。

>保育園料は逆に働いてあずけると高くついたりするんですよね?

場所や条件によりけりですね。
友人の場合、実家が近いので家に預けることもあるので
そこそこプラスになっているようです。あとは気分転換。
看護師のニーズは高いので、いいアルバイトになると思います。
これもリサーチしてみるといいです。
いずれにしても「手に職」があることは心強いことですよ。
自信をもってください。
なので、専業主婦と決め付けなくて
いずれ働くことができるという選択肢があると前向きに考えましょう。

主婦の友とか、おはよう奥さんとかあたりに
やりくりのことが載っていますよ。
今月号の「おはよう奥さん」は食費節約ノートがついていたので
つけてみるといいかも。
(出版社の回し者じゃありませんよ)
自分のペースがつかめたら、本がなくてもやりくりできます。

頑張ってください!!私も頑張ります★

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1289104

#3です。

私も旦那の給料が少ないと文句を言っていたので
「やりくり」でいかに変わるかがわかってきました。
半年弱手これだけ変りました。(集中して減らしたのは1,2ヶ月前から)

食費+日用品 5万→2万
外食費 2万→5千円
ケータイ2台 2万→8千円
光熱費 2万→1万
貯金 0円→2万

7万近く節約できるようになりました。
お小遣いもアップしましたよ。収入は同じままです。

>品数を減らすのがどうもできなくて…。

品数の維持もできます。
下ごしらえをして冷凍したりします...続きを読む


人気Q&Aランキング