新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

オーディオスピーカーについて詳しい方にお聞きします。
スピーカーは昔の高級スピーカーのほうが最近物より優れている気がしますがどうなのでしょう?以前の機種で良いと思うスピーカーとか有りましたら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

真空管アンプが全盛だった時代に作られたスピーカーはアンプ側の少ないパワーを補うために能率が現代のスピーカーよりも高く作られています。

JBLパラゴンが良い例でしょう。96dbという数値は質の良いアンプでさえあればパワーが無くても良く鳴ります。現代のパワーに余裕があるアンプで駆動してやれば目の覚めるような音が出るのも頷けます。実際に良く音が出るスピーカーですし。私は好きですよ。

ですが、現代のスピーカーと比べて優れているかと言われると……必ずしもそうではないでしょう。私は現代の技術的な進歩がもたらした高性能小型スピーカーが好きですし、それらが奏でるハイスピードサウンドは昔のスピーカーでは太刀打ち出来ない領域です。音の嗜好は人それぞれ。そういった部分での相対的な比較など無意味だと思いますが如何でしょうか。あるのは純然に好きか嫌いかであって、性能的な優劣では無いと思いますよ。
    • good
    • 10

昔からのオーディオマニアです。



古いスピーカーは「楽器」として考えると味があり、いい音がでます。つやっぽい音といえばよいのでしょうか。個人的にはJBLの80年代のスピーカーが好きです。

90年代の後半に入ると、スピーカーに求められるものが変わってきました。90年代以降のスピーカーは分解能(解像度)が高いほうがよい、という傾向が強まりました。
 音そのものが楽器だけでなく、いろいろな音源がでてきたので、味があるスピーカーよりも音源から出る音を忠実に再現する分解能のよいものが求められたからです。


ですから最近のスピーカーはとにかく「高性能・高解像度」でくっきりと音の輪郭が出て、高い音から低い音まできれいにでるものが多いように感じます。これはこれでいいのですが、私は若干疲れます。

スピーカーになにを求めるかによって、良いスピーカーは変わってきます。楽器的な良い音がいいなら、いまでもJBLやB&Wなどの海外メーカーのほうが合っているように思います。
    • good
    • 9

携帯電話からなので簡単にします。



昔のスピーカーと新しいスピーカーを持ってます。

大きく違うのは低音のキレですね。

古いCDを聞くなら古いスピーカーで問題ありません、新しいCDをかけるとついて行けない音楽があります。
それと、古いスピーカーはあるジャンルは素晴らしいが苦手があります。
新しいスピーカーはどんなジャンルもこなします。
これが進化なのでは?
    • good
    • 7

昔のスピーカーユニットは、アルニコ磁石で内磁式、コバルトが枯渇したため、今のスピーカーユニットはフェライト磁石の外磁式になっています


重要な磁石部分の構造が違うのですから音が違うのは当然かも知れません
    • good
    • 5

定番ですが、2S305

    • good
    • 10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカーからのプリメインアンプの選び方

昨日、税抜き定価880,000円の試聴を店員にPMA-1600NEでお願いします、と頼んだら、とんでもないといわれ、2500NEもダメ、SX11もダメ、税抜き定価580,000円のPMA-SX1でようやくOKがでました。
定格出力から見れば一番低いのですが、プリメインアンプの性能は出力だけでなく内部の機器や素子等も見なければいけない、と言われました。

よく、オーディオセットはスピーカーをまず決め、それからそれに合うアンプを決め、最後にプレーヤーを決める、と言われています。

スピーカーから、プリメインアンプの選定の基本を教えて頂けませんか?

私は、スピーカーはKRIPTON KX-3PⅡとKEF R300をスピーカーセレクターを使って、PMA-1500REとつなぎ、プレーヤーはDCD-1500SEとDP1300MKⅡです。
この構成に問題があれば、併せて教えて頂けませんか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

その組み合わせでも問題ありません。
要はあなたが気に入っていればそれでよいので
他人からとやかく言われる筋合いはまったくありません。
酷いショップに行ってしまいましたね。
そこで言えるのは
対応した店員が原理原則論でしか組み合わせを考えていなかった
あるいは売上至上主義でより高い製品を売りたかった
のどちらかでしょう。

~プリメインアンプの性能は出力だけでなく内部の機器や素子等も見なければいけない~
これも表面的なことだけですよね。
その店員には数字やカタログ写真に現れない部分にも着目してほしかったです。
試聴と調整を繰り返して開発期間が長くなれば販売価格が高騰する傾向にある、とか。
メーカー販売担当から裏情報を仕入れて打ち明け話をしてくれた方が興味を惹きます。
その店員は商売がへたくそです。

質問後半への回答ですが
機器選定の手順や作法にこだわる必要はないです。
ネット情報を見ていても各個人が言いたい放題で呆れかえります。
それに惑わされると自分が追求してきた方向性を見失いかねません。
誰かが何かを発言しても「へえ~お前はそういう考え方か?」と話半分にした方が良いです。

その組み合わせでも問題ありません。
要はあなたが気に入っていればそれでよいので
他人からとやかく言われる筋合いはまったくありません。
酷いショップに行ってしまいましたね。
そこで言えるのは
対応した店員が原理原則論でしか組み合わせを考えていなかった
あるいは売上至上主義でより高い製品を売りたかった
のどちらかでしょう。

~プリメインアンプの性能は出力だけでなく内部の機器や素子等も見なければいけない~
これも表面的なことだけですよね。
その店員には数字やカタログ写真に現れない部分にも...続きを読む

Qアンプへのスピーカーケーブルの接続

古いアンプを(添付画像)を譲り受けましたが、スピーカーケーブルの配線の方法がよくわからないので、お詳しい方にご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

補足に書かれている認識で大丈夫です。
ロジャースの古いスピーカーには15Ωのものがありました。
(11Ωなんてのもありました)

Qスピーカーの低域再生について

私が現在使用しているスピーカーはハーベスのHLコンパクトという製品で、再生周波数帯域が60Hz〜20kHz±3dBとなっています。
このスピーカーを真空管アンプ(EL84 usesugiTAP10方式)で鳴らしています。優しい音ではありますが、もうちょっと低音が欲しいかなとも思いますが、このスピーカーのスペックではあまり低音再生は期待できないと考えた方が良いでしょうか?

Aベストアンサー

低音、人間の耳で聞こえるのはせいぜい周波数で50Hzと言われてます。低域が60Hzまで伸びてるなら再生SPの性能としては十分です。
低音に対して人間の耳はその倍音でも感じます。実際周波数で300Hz以下の周波数域のゲインを上げるだけで低音が増えたと感じることができます。
また、真空管アンプは低域の周波数特性はダラ下がりになってます。
低域の音を強調したいならば、アンプの前にグラフィックスイコライザーを入れて300Hz以下の周波数を徴すればいいと思います。

Q二千円のスピーカーと二十万円のスピーカーの違い

http://www.elecom.co.jp/news/201501/ms-p06/
スピーカーが音を出す原理や構造はトランペットとも人の声帯とも違います
原音忠実など不可能で
どうやったって本物と同じ音になりようがないと思います
でもお金を出す人がいるから商品が存在してるのですよね
大掛かりな装置は仕事で使う人が耐久性や音量を求めているのでしょう
複数位置に何十個も発生源があるスピーカーは何か特殊な使い道があるのでしょう
しかし音が出るところが二つの奴は何が違うのでしょう
開き直って本物とは違う個性を何か付加して売ってるのですか

Aベストアンサー

これに限れば、たぶん質問者さんの考えが正しいよ。
「音」はスピーカーだけで決まるもんじゃない。
ノートパソコンにいくらいいスピーカーをつないでもたかが知れてる。
(でもさすがにこれじゃいいスピーカーと聞き分けられると思うよ)

オーディオ全般で考えれば本が何冊でも書ける。
音の「出口」は重要なんだけど、出口だけをおごってもダメ。
昔聞いたことは、音響機器のメーカーの若手がアンプの回路を設計したらしい。
それを見た上司が、一目でダメ出ししたんだと。
ベテランは回路図を見ただけで音が想像できるらしい。

同じ左右「2個」でも値段が100倍違えば、聞き比べるとハッとするほど違うよ。
ただ、それをどこまで必要とするか、求めるか、は個人で違うしシチュエーションでも違うでしょ。
聞いてもさほどわからない、あるいはそれを100倍の価格差と認めない人もいるだろう。
でも需要はあるんですよ。

聴覚だけじゃなく味覚も同じでしょ。
押し型でシャリを成型し解凍のネタを乗せたくるくる寿司と、カウンターでベテランの大将が手間をかけて仕込んだネタを使って握る寿司と、呼び名は同じでも全く違う食べ物だ。
口に入れればわかるよ。
でも、どちらも「寿司」として需要があるわけ。

これに限れば、たぶん質問者さんの考えが正しいよ。
「音」はスピーカーだけで決まるもんじゃない。
ノートパソコンにいくらいいスピーカーをつないでもたかが知れてる。
(でもさすがにこれじゃいいスピーカーと聞き分けられると思うよ)

オーディオ全般で考えれば本が何冊でも書ける。
音の「出口」は重要なんだけど、出口だけをおごってもダメ。
昔聞いたことは、音響機器のメーカーの若手がアンプの回路を設計したらしい。
それを見た上司が、一目でダメ出ししたんだと。
ベテランは回路図を見ただけ...続きを読む

Qこれはスピーカーですか?

私の一人暮らしの友人(女性)が以前から、TVの音声に混ざって人の会話の声がするという相談を受けていました。なかなか原因が分からずにいたのですが、先日画像のような基盤を発見したのですがこれが原因なのかわからず質問させていただきました。
 この基盤が見つかったのはTVの近くの化粧台の引き出しの裏面に両面テープでついていたものです。見たところ、白く丸い部品はマイクのようにも、スピーカーのようにも見えました。基盤にはほかにボタン電池(のようなもの)もついていました。
 これを発見した友人はとても気味悪がっていて不安な気持ちでいます。自分には電子機器に関する知識が乏しく、画像で見た限りでこれがどのような機能のものなのかお教えいただきたく思います。

Aベストアンサー

画像をこれ以上拡大できないので確証はないのですが
幼児向け玩具絵本に内蔵されているスピーカー(と音声再生機能)に似ています。
音声信号と発音機能はICチップに記録されています。
それらは黒い半球形状のボンドで囲って改造交換不可能な仕様になっています。
その中には受光素子を内蔵していて光源を感知すると作動する仕組みの物もあります。

画像を見ても素人工作品にしては基板の出来が良すぎるので工場量産品のようです。
概念的には玩具絵本用音声再生機を集音録音機にすることは可能ですが
電波発信機能を持っていない玩具用基板では外部に電波発信できませんし
既回答にあるように消費電力がバカにならずボタン電池一個では不十分です。

本格的な盗聴目的ではなくイタズラ目的のようにも思えます。
部屋が明るくなったら音を出して驚かせよう、とか。

Q真空管アンプ超三結

超三結とよばれる、真空管アンプを手にいれました。
好き嫌いのある音質だとおもいますが、私は好きです。こういう力感のあるアンプは
他に経験がなく、スピーカーさえ好みのものであれば、アンプはなんでもいい。という
固定観念が変わりました。前段の三極管を通して出力管に100パーセント負帰還がかかる
回路なので、極端にいえば、出力管はなんでもいいとのこと。私のものは水平偏向管を
出力管に使用したもので、8wぐらい出る結構高出力なものです。
使う出力管によって、出力以外の音質で差はたのしめないものでしょうか?

Aベストアンサー

超三結は回路の音に特徴があるから、球を変えてもそれほどの変化は期待できないでしょう。
超三結は故上條信一氏が考案されたことはご存じでしょうか?
http://www.ne.jp/asahi/evo/amp/
同じ超三結でも、シングルからプッシュプルに回路を変えたら、音の変化は楽しめるでしょう。
故上條氏のサイトに載っている回路が違う次の3種を作ったらどうでしょうか?

最大出力25W「超3極管接続EL34プッシュプル」
http://www.ne.jp/asahi/evo/amp/EL34ppV1/page1.htm

最大出力14W「超3極管接続Ver.3 EL86 SEPP ステレオパワーアンプ」
http://www.ne.jp/asahi/evo/amp/el86/report.htm

最大出力50W「超3極管接続Ver.5 EL34 プッシュプル ステレオパワーアンプ」
http://www.ne.jp/asahi/evo/amp/el34/intro.htm

Q20万程度で組めるおすすめのオーディオシステムを教えて下さい 私は主にロック、クラシック等を聞くので

20万程度で組めるおすすめのオーディオシステムを教えて下さい

私は主にロック、クラシック等を聞くのですがオススメの組み合わせ等を教えて下さい
CDではなくpc等のusbを使う接続を考えています

Aベストアンサー

まずはスピーカーです。

JBLらしくないJBL、クラッシックもいけます。
http://jbl.harman-japan.co.jp/product.php?id=4307
適当なスピーカースタンドが必要になるのでその点で予算オーバーかも。

TV横に置くことを前提にすると細身のフロアー型が好適です。
ルックスに似合わずロックもいけます。
http://www.rocky-international.co.jp/focal/Chorus/714/714.html


次にアンプです。

USB入力完備が前提になります。
癖が無いですがチョイ聞きではインパクトが少ないかも。
http://www.sony.jp/system-stereo/products/UDA-1/

クラッシックでは外せないので挙げておきます。
脂っこいロックには不向きかもしれません。
http://jp.yamaha.com/products/audio-visual/hifi-components/integrated-amplifiers/a-u671_silver__j/?mode=model

なお上記の感想は私個人が抱いたもので
他の方が同機種を試聴しても同じ感想になるとは言えません。
店頭にて試聴してから購入してください。

まずはスピーカーです。

JBLらしくないJBL、クラッシックもいけます。
http://jbl.harman-japan.co.jp/product.php?id=4307
適当なスピーカースタンドが必要になるのでその点で予算オーバーかも。

TV横に置くことを前提にすると細身のフロアー型が好適です。
ルックスに似合わずロックもいけます。
http://www.rocky-international.co.jp/focal/Chorus/714/714.html


次にアンプです。

USB入力完備が前提になります。
癖が無いですがチョイ聞きではインパクトが少ないかも。
http://www.sony.jp/system-stereo...続きを読む

Qオーディオのアンプは電源入れっぱなしでOK?

平日は、一日2時間程度、土日は、一日6時間位オーディオを聞いています。
オーディオのアンプは、電源を入れてから数時間たってからの方が音質が良いと言われている方が多くネットで見受けられますが、電源を入れっぱなしで、オーディオ・アンプの寿命が早く短くなったりはしないのでしょうか?

Aベストアンサー

>> 電源を入れっぱなしで、オーディオ・アンプの寿命が早く短くなったりはしないのでしょうか? //

理屈で言えば、短くなります。

電解コンデンサという部品が多用されていますが、この部品は、たとえば「85度C/2000時間」という規格だと、「85度Cの環境に置いた場合、2000時間で所期の性能を保証できなくなる」というものです。温度が10度C下がるごとに2倍になるので、25度Cなら128000時間(=5300日=14~15年)保つことになります。電源を入れっぱなしで、たとえば内部の温度が45度Cであれば、32000時間(=1300日=4年)くらいしか保たない、ということです。

温度が高くなる部分では105度Cとか、125度Cとかの高耐久品が使われている(はず)ので、実際にはもう少し長くなるでしょう。しかし、電源を入れっぱなしにすると、間違いなく寿命は縮みます。

もっとも、所期の性能が発揮できなくなったとしても、ふつうは余裕を持って設計されているので、実際には問題なく使用できるでしょう。その余裕さえも使い切ったときが、アンプの寿命ということになります。

ただ、この電解コンデンサというのは、放置すると別の理由で痛んでいきます。こちらは電気を通すことで回復する性質があるので、全く使わずに何年も放置するよりは、ときどき通電した方が、全体としては(あるいは総合的に見れば)性能を維持できるとも言えます。

>> 電源を入れてから数時間たってからの方が音質が良い //

1つは、上記のコンデンサの回復があるためです。

もう1つは、真空管や半導体は温度によって動作状態が変化するため、アイドリング状態で消費する(=熱に変わる)電力と、自然な空気の対流による冷却とが釣り合い、アンプの温度が安定するまでは、常にアンプの動作状態が変化し続ける、ということがあります。

ただ、この安定に要する時間は、キンキンに冷え込んでいるとかでもなければせいぜい数10分でしょう。また、A級アンプを除けば(従ってマニア向けの超高級品を除くほとんどのアンプは)出力の大小によって温度も変化するので、あまり固執する意味もありません。

まあ、マニア的な「音質を良くする(と信じるための)儀式」としては意味がありますが、電気が足りない折から、省エネという点であまり長時間の放置は如何なものかと思います。

頻繁に電源をON/OFFするのは良くありませんが、電源を入れっぱなしにしても寿命を縮めるだけなので、「常識的に」使えば良いでしょう。メーカーとしても、そういう「常識人」が使う前提で設計しているでしょうから。

>> 電源を入れっぱなしで、オーディオ・アンプの寿命が早く短くなったりはしないのでしょうか? //

理屈で言えば、短くなります。

電解コンデンサという部品が多用されていますが、この部品は、たとえば「85度C/2000時間」という規格だと、「85度Cの環境に置いた場合、2000時間で所期の性能を保証できなくなる」というものです。温度が10度C下がるごとに2倍になるので、25度Cなら128000時間(=5300日=14~15年)保つことになります。電源を入れっぱなしで、たとえば内部の温度が45度Cであれば、32000時間(=1...続きを読む

Q自作オーディオ

自作について質問させていただきます。
先日自作スピーカーとキットの真空管アンプ自作したのですが、ハンダの楽しさや出来てからの達成感が忘れられません。
他にもオーディオ関係で何か作ってみたいと思うのですが、お勧めはありますでしょうか?
電子工学は全く知識が無いので、出来ればキットがあると助かります。
自分的には自作したアンプに繋ぐチューナーか、プリアンプなんかが良いかと思っています。
他にも何かお勧めがありましたら、なんでもかまいませんのでよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「フォノイコライザ内蔵真空管プリアンプキット」は?
https://www.elekit.co.jp/product/TU-8500
完成したら、アナログプレーヤを接続してLPレコードが聞けますよ。

Qこの接続でプリメインアンプが燃え上がりませんか?

先日、中古のプリメインアンプを購入しました。このアンプのインピーダンスはA、B端子はそれぞれ4Ω~16Ω、A+Bは8Ω~16Ωと記してあります。
ここで質問ですが、いまインピーダンス8Ωのスピーカー2つをアンプのA端子に接続し、B端子に別メーカーの同じ8Ωのスピーカーを2つ接続します。この場合AおよびBのポジションでそれぞれ聴くのは問題はありませんが、事情により(二部屋で同時に聴く)A+Bのポジションで聴いた場合にアンプが過電流となり、故障或いは燃えたりしませんでしょうか?また、(A+Bポジション時の)スピーカー4つ同時の場合のインピーダンスの計算式を教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

全く問題なく使えます。

>A+Bは8Ω~16Ωと記してあります。

A+B(同時に鳴らす)の時は、A、B共に8Ω~16Ωのスピーカーを繋いでね、
と言う意味ですので、スレ主さんは対応している8Ωのスピーカーを
繋ぐのですから、アンプの仕様に合った使い方になります。

尚、ステレオアンプは、2個1組で考えますので、A+Bは、合計4つのスピーカーを
繋ぐ(鳴らす)ということです。


人気Q&Aランキング