12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

個人再生申立前に浪費をしてしまいました。

現在は弁護士に個人再生を依頼、債権者に受任通知をだしてもらい債権額を確定している段階です。
借金の多くはギャンブル等の浪費で、弁護士に相談後は控えてきたのですが、先日ふとしたことからスロットで大負け、更にこれを取り返そうとして生命保険から資金を借り入れ競馬で大損してしまいました。

これは弁護士さんから契約を解除されたり、裁判所に個人再生を申し立てても不許可になってしまう事由になってしまうでしょうか。。

質問者からの補足コメント

  • ご回答、ありがとうございます。
    言葉足らずですみません、現在は弁護士を通じ債務の総額を確定している最中です。
    借入は生命保険解約返戻金からの契約者貸付を利用しました。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/12/15 10:40

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

個人再生のことをきちんと理解されていらっしゃいますか?


自己破産と違い債務の一部を法的に免除する手続きですので、安定した収入があるのが大前提、あなたに支払能力がないと決定が下りません。
今はあなたの信用と実績を作る大切な時期とお考えください。
私が過去に婚約していた男性もあなたのようにギャンブルによる個人再生を行いました。
彼の例は以下の通りでした。
11月下旬 弁護士に相談
12月初旬 各債権者へ受任通知を送付
12月中旬 着手金の用意 ←あなたは今ここの段階では?
2月下旬  地裁へ申し立て
4月中旬  個人再生手続き開始決定
4月下旬  債権額の確定
5月中旬  再生計画・弁済計画の作成
6月中旬  書面決議
7月中旬  債権者から意見聴取
7月下旬  再生計画認可決定

元婚約者は用意していた着手金に手を付けてしまい、弁護士が手を引くと言い出してすったもんだがありました。
結果地裁への申し立てが遅れたのは言うまでもなく、虚偽の使い道を考えるのに一苦労したのを思い出しました。
個人再生は弁護士も嫌がる面倒な作業なんです。
最後まで気を引き締めないとせっかくの苦労が水の泡になりますよ。
    • good
    • 0

個人再生で需要なのは


債務全部を把握する事と全ての債務者に通知する事です。
通せば、返済してる間は
強制執行や回収集金にも来ませんので日常平和で安心です。
    • good
    • 0

NO1です


当然、生命保険返戻金も「借り入れ」になります。
その借り入れをすれば、金利も付きます。
生命保険返戻金といえど、「満期」までは相談者の権利がありませんので、生命保険会社からの債務となります。
    • good
    • 1

不許可理由になります。


既に、総額が出ている状態ですから、それ以上の債務が増えると言うのは「生活費」以外では認められていません。
この回答への補足あり
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人再生手続きの不許可の可能性

小規模個人再生を弁護士に頼み進行中です。
相談に行ってから2ヶ月ほど経ちました。
開始決定も出て順調に進んでいるようですが、
借金の多くにギャンブルが絡んでいるため、
どうにも不許可になりそうで気になります。

ギャンブルなどの理由でもできる個人再生とは言いますが、
やはりそれなりに裁判所に悪い印象を与えて不許可になる可能性が高くなるのでしょうか。

お金を貸していた業者が反対しすぎるとそれだけで不許可となるようですが、業者側はどういった場合に反対を出すのでしょうか。
よく反対してくるものなのでしょうか。

自己破産の場合は、不許可理由というものが、ネットで調べてもよく分かりますが、個人再生の場合の不許可理由というものが探しても見当たりません。
どういった不許可理由があるのでしょうか。
裁判所にウソをついたり積立ができないなどの不許可理由は知っています、それは明らかに不許可になってしまうと分かっています。

小規模個人再生を申立てる人の何割くらいが不許可となっている現状なのでしょうか。

ギャンブルが入っているので、自己破産では通る可能性が非常に低いので、
個人再生が不許可となった場合はいったいどうすればいいのでしょうか。

小規模個人再生を弁護士に頼み進行中です。
相談に行ってから2ヶ月ほど経ちました。
開始決定も出て順調に進んでいるようですが、
借金の多くにギャンブルが絡んでいるため、
どうにも不許可になりそうで気になります。

ギャンブルなどの理由でもできる個人再生とは言いますが、
やはりそれなりに裁判所に悪い印象を与えて不許可になる可能性が高くなるのでしょうか。

お金を貸していた業者が反対しすぎるとそれだけで不許可となるようですが、業者側はどういった場合に反対を出すのでしょうか。
よ...続きを読む

Aベストアンサー

質問者に、誤解が有るようなので再生手続きについて説明します。
民事再生手続きが破産手続き大きく異なる点は、再生債権者に支払をすることです。そのため、再生申立人の支払能力を重要視します。
手続きの一般的な流れは、
イ (1)申立・予納金納付(2)裁判官との面接(3)開始決定
ロ 再生債権者の債権の届出
ハ 申立人の報告書・債権の認否の提出
ニ 再生計画案の提出
ホ 案について、再生債権者からの決議方法(書面決議)の決定
ヘ 案に対する債権者の賛成しないことの消極的な回答
ト 再生計画の認可・不認可決定
チ 官報に掲載されて計画の確定
(ここまでの最短期間経過は、6ヶ月位)
リ 計画に沿った支払開始
となります。
再生は、債務者の支払能力という資質をみますから(資質が悪いと再生委員が付くこともある。この場合再生委員の費用を40万位裁判所に予納することもある。)再生債務者の債務の使途については無関係です。むしろ、面接の際に支払余力を証させるために、案提出までの間、別に普通預金口座を作り、毎月○円の預金をさせることも有ります。
当然、申立書類の作成に当たり代理人等からこれらの説明や債務の免除率及び毎月の返済一覧表による支払予定額等を告げられるでしょうから、一度代理人等に詳しい説明をしてもらってください。なお、相談後2ヶ月で申立できるとすれば代理人の事務能力は相当優れております。一般に受任後、再生債権者に対して、受任の通知と取引履歴の提出を求め、引き直しをするまでに最低2~3ヶ月を要しますし、納税証明・源泉等により可処分所得の計算をし、通帳や戸籍等も必要ですから、申立まで当然6ヶ月以上かかることも多々あるはずです。
なお、再生債権者は債務全体額の5分の1と可処分所得を下回らない限り、よほどのことが無いと再生案に反対しません。

質問者に、誤解が有るようなので再生手続きについて説明します。
民事再生手続きが破産手続き大きく異なる点は、再生債権者に支払をすることです。そのため、再生申立人の支払能力を重要視します。
手続きの一般的な流れは、
イ (1)申立・予納金納付(2)裁判官との面接(3)開始決定
ロ 再生債権者の債権の届出
ハ 申立人の報告書・債権の認否の提出
ニ 再生計画案の提出
ホ 案について、再生債権者からの決議方法(書面決議)の決定
ヘ 案に対する債権者の賛成しないことの消極的な回答
ト 再生計画...続きを読む

Q個人再生の通帳提出について

個人再生を福岡県の弁護士に依頼しました。
弁護士から陳述書と財産目録を書いてきてくださいと
言われました。一つ一つの項目の下に必要な添付書類が
書いてあります。

そこでちょっと質問があります。

財産目録の書類の中に
銀行口座や残高を書く欄がありまして、
その下に添付資料で
通帳の表紙と最終ページのコピーとあります。

この添付書類を提出以外に今後口座取引の明細等を
また提出させられる事はあるのでしょうか?

色々調べると1年分とか2年分とか書かれているので
どうなんだろうと思って。
詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

通帳に関しては表紙、普通預金の最終ページ、定期・定額預金のページがある総合通帳ならそれらの最終ページのコピーで、それ以上の要求は特になかったです。
ただ、手続き上不備になると思われる個所があれば追加は言ってくるかもしれません。最終ページが1行だけになっている場合など。

正直弁護士と、事務職員の書類作成の都合なので、事務所により時と場合により追加情報の要求はあるかもしれません。
私の場合は最終ページだけで済みました

Q個人再生 小規模上申中のギャンブル

こんばんは。初めて質問させていただきます。
私現在個人再生中で先週ようやく書類等集め裁判所に上申致しました。
主な借金はギャンブルでできました、ここまでは良いのですが、最初から申告はしていたのですが、
保険等返戻金170万ほどございまして、弁護士費用をそこから出しまして残り他は滞納していたもの等(借金以外のもの)払い残り70万ほどありました。
170万円は口座凍結のため妻の口座へ移しました。そこで魔が差し、ネットバンクのギャンブルで使ってしまいました。(妻名義見られると思わなかった大馬鹿者です)
現在裁判所から使い道を問われています。弁護士さんには先日その旨お話致しました。
毎月の支払いは増えるかもしれませんとのことでした。私が悪いのでそれはしょうがないと思います。弁護士さんには土下座したいぐらいです。
ここまで去年9月から今現在かけていただいてました。(認可とかは出ていません)
後悔の念でまた眠れない日々を暮らしています。。
再生の失敗以外なら金額上がるのは構いませんが、失敗が怖くて眠れません。
最悪の状況はわかっていますがどなたかアドバイスがあればよろしくお願いいたします。

こんばんは。初めて質問させていただきます。
私現在個人再生中で先週ようやく書類等集め裁判所に上申致しました。
主な借金はギャンブルでできました、ここまでは良いのですが、最初から申告はしていたのですが、
保険等返戻金170万ほどございまして、弁護士費用をそこから出しまして残り他は滞納していたもの等(借金以外のもの)払い残り70万ほどありました。
170万円は口座凍結のため妻の口座へ移しました。そこで魔が差し、ネットバンクのギャンブルで使ってしまいました。(妻名義見られると思わな...続きを読む

Aベストアンサー

>再生の失敗以外なら金額上がるのは構いませんが、失敗が怖くて眠れません。

 上がった金額で返済していきけるのですか。御相談者は再生計画の認可が下りるかどうかを心配されていますが、仮に認可が下りたとしても、そのうちにギャンブルにはしって、結局、再生計画が履行できなくるのではないですか。
 アドバイスするとすれば、ギャンブル依存症外来を受診して、根本的なところを直す必要があると思います。
 

Q個人再生のときの債権者の反対って

かなり専門的な話になるので、経験者か関係者しか回答していただけない気もしますが・・・
よろしくお願いします.
個人再生時の債権者の反対で、多いのは銀行と保証協会だとあるホームページでみました。
特に保証協会は原則として反対ときめてあるというものも
みました。
でも認められなければ破産で一円も返せないのに、まだ小額でも再生計画で返したほうがと素人の私は思うのですが
・・・本当に反対されてしまったりするのでしょうか
教えて下さい

Aベストアンサー

#1です。
商売をされている方であれば給与取得者特権を履行する
こともできないわけですね。
確かに小規模再生をされる場合、「債権者」の半数の
同意が必要となりますから不安になられる気持ちはよく
わかります。
ここであげる同意とは消極的不同意(つまり賛成も反対
もしない場合)であっても同意と認められます。
専門の弁護士によくご相談のうえ手続きをお進め下さい。
銀行側が積極的不同意をした場合の今後の方針などは
予めよく話し合って下さい。
確かに借りたお金だから返済したい。というお気持ちは
よく解ります。弁護士の中にはやたらと自己破産を薦め
られる方もいらっしゃいますが残しておきたい資産(
住宅)が無いのであれば民事再生、自己破産いずれでも
債権者側の立場(というよりその会社の方針)で反対
する時はしますし、反対しない会社はしてきません。
経験の多い弁護士であれば会社名(銀行名)と金額を
聞けばある程度、過去のやりとりで結果を予測致します。
相談センターや弁護士相談会でご自身の意見をよく聞いて
下さり納得のいく方と巡り合われれば最善の解決策を
導いて下さるはずです。

#1です。
商売をされている方であれば給与取得者特権を履行する
こともできないわけですね。
確かに小規模再生をされる場合、「債権者」の半数の
同意が必要となりますから不安になられる気持ちはよく
わかります。
ここであげる同意とは消極的不同意(つまり賛成も反対
もしない場合)であっても同意と認められます。
専門の弁護士によくご相談のうえ手続きをお進め下さい。
銀行側が積極的不同意をした場合の今後の方針などは
予めよく話し合って下さい。
確かに借りたお金だから返済したい。という...続きを読む

Q銀行口座の調査について(財産隠し、資産隠し)

現在、私が原告として民事訴訟中です。
相手の資産を明らかにしているところですが、虚偽の書類が多く難儀しているところです。
ある程度の資産は判明したのですが、未だに1000万円程度の金銭の行方が不明となっており、被告の性格からすると、表明している銀行口座以外に財産隠し、資産隠しとして、違う口座に預貯金していると推測できます。

裁判所は調査嘱託ができると聞いていますが、銀行や口座が特定されていないので、難しいと思われますし、弁護士も難しいようです。
民間の探偵だと、調査は可能なようですが、調査の手数料が高額で躊躇をしています。
私個人として、住所、氏名、生年月日はわかっていますが、個人情報保護が重要されている昨今、素人に銀行の口座を調査をすることはできるのでしょうか?
大変困っていますので、どなたかご教授お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
私も民事訴訟中で同じく相手資産を知りたいのですがどうすることも思いつきません。
たとえば、判決確定後の強制執行時などは、相手住居の近所で「ここに口座があるだろうな~」という銀行や郵便局の支店に片っ端に書類を送れば、”あたり”があるかもしれませんが・・・・・・。
個人で、口座を調査するのは、なかなか難しいのではないでしょうか・・・

Qこ個人再生できないかも知れなくて困ってます

現在住宅ローンの残債が1800万円程あります。
多重債務で自転車操業をしながら住宅ローンを支払っていたのですが限界を感じたのと子供が小学校入学を控えて居て最悪再生出来なかったら引っ越す必要があるかと思い子供の入学の半年程前の今から3年程前にa弁護士に再生の依頼をしました。すぐに債務の支払いは止めてくれたのですがその後連絡無しでこちらから連絡をするとそのたびに通帳のコピーなど必要書類を用意させられるのですが連絡すると言って放置されを繰り返し半年が経過した頃こちらから連絡した所住宅ローンの交渉をしてるから金額が決定するまで支払いをストップしてと言われ支払わずにいて心配なので頻繁に弁護士に金額が決定したか?と連絡していたのですが連絡しますと言われを繰り返し結局、a弁護士に依頼してから2年程経過し、住宅ローンの火災保険会社から債権者変更の連絡が来てさすがに焦り再度法テラスに連絡してb弁護士を紹介してもらいa弁護士は解任してb弁護士に依頼したのですが、b弁護士に依頼した翌日に競売開始通知が来てしまい、その上勤続12年の会社から主人が不当解雇されてしまい無職に、主人はすぐに就職したのですが競売開始されてしまった状態だったので急いで再生の申立をしました、勤続年数が1年未満だった事もあったのかと思うのですが調査委員が付けられ調査委員の弁護士が勤続年数も足りないし話にならないから自己破産を進めて譲りません。私としては色々考えて弁護士に依頼してこの様なタイミングの悪さだけで住宅を諦めきれないのですが何か良い方法はありませんか?諦めるしか無いのでしょうか?

現在住宅ローンの残債が1800万円程あります。
多重債務で自転車操業をしながら住宅ローンを支払っていたのですが限界を感じたのと子供が小学校入学を控えて居て最悪再生出来なかったら引っ越す必要があるかと思い子供の入学の半年程前の今から3年程前にa弁護士に再生の依頼をしました。すぐに債務の支払いは止めてくれたのですがその後連絡無しでこちらから連絡をするとそのたびに通帳のコピーなど必要書類を用意させられるのですが連絡すると言って放置されを繰り返し半年が経過した頃こちらから連絡した所住宅ロ...続きを読む

Aベストアンサー

個人再生で今支払い中の家の者です。私も財産の確認など結果的に再生が開始されるまで2年近くかかってしまいました。
まず、住宅ローンの交渉をしてるから支払いストップしてと言われたそうですが、住宅ローンの支払いをストップしてくれと言われたのですか?私も住宅ローンがありましたが、その他の返済は弁護士が受任通知を出したのでストップしましたが、住宅ローンは払い続けるよう言われてました。なので、結果2年近くかかりましたが、そもそも住宅ローン特則を使っての再生でしたので競売にかけられるなんてことはなかったです。

再生は主人がしたのですが、私の収入も加えての家計簿でしたので、二人あわせての収入からの返済で自営業でしたが認可されました。たとえアルバイトでも継続して安定した収入があれば認可されると聞きました。もう一度話し合いされてはどうですか?主人は自営で、自宅で仕事しているので、家がなくては収入がなくなるということも加味されたかもしれません。

Q個人再生中に妻のカードを提出

個人再生を弁護士に依頼中です。弁護士の方から連絡があり、個人再生に必要な書類、個人資産に関するもの。例えば持ち家の査定や給与明細、銀行通帳等々多くの書類を提出しました。
その後、弁護士の方から連絡が来てもし、奥さんがカードを持っていたら全てのカードを提出して下さいと連絡がきたので、
結婚後に妻が作ったカード(子供が音楽教室に通っていて、その教育費を口座引き落としの為に作ったカード)を提出しました。妻に確認したところ、後はもう無いと言っていました。
ちなみに妻は専業主婦です。
もし、その後、思い出してカードが見つかった場合どのような事になるのでしょうか?
詳しい方がいましたら、どうぞ宜しくお願いします。


共感した 0

Aベストアンサー

出てきたカードの債務は再生債務にならないから、民事再生の対象とならず、債務は圧縮されない。わざと出さなかったのであれば触法の可能性あり。民事再生は全ての債権者を平等に扱うのが原則なので、不公平な扱いをしたことが民事再生手続き中にバレれば、ちょっちマズイことになるかもね。合法的に借金を踏み倒そうって話だから、きっちり押さえないと……。

 弁護士に相談しているのだから、その弁護士に聞くべし。

Q個人再生について2点

初めて質問いたします。よろしくお願いします。
多重債務に悩んでおり、自己破産か個人再生か任意整理かをしないと
生活が厳しく、いろいろと調べて個人再生にしようと
思っているのですが…2点ほど疑問点があります。
・日本育英会から学生の時に奨学金を借りていたのを
 今でも返済しているのですが、個人再生の場合だと
 育英会分も負債として申告するのでしょうか?
 また、その場合、育英会その他から連帯保証人先に
 連絡がいってしまうのでしょうか?
 できれば連帯保証人には知られることなく済ませたいのです。
 (本人が保証人になっていることを知らないので隠したい、という
  意味ではありません。あくまで自分が支払うつもりでしたので
  甘いとは思いますが相手に迷惑や心配をかけたくないので…)
・消費者金融の契約書の裏面をよく読むと、どの会社も
 期限の利益を失う事項として「破産・個人再生手続開始」という言葉が
 表現されているのですが、再生手続きをするとすぐにでも
 債務残高の支払いをしないといけなくなるのでしょうか?
 だとすると再生手続きをする意味が無いと思うので…。
回答いただければ助かりますのでよろしくお願いいたします。

初めて質問いたします。よろしくお願いします。
多重債務に悩んでおり、自己破産か個人再生か任意整理かをしないと
生活が厳しく、いろいろと調べて個人再生にしようと
思っているのですが…2点ほど疑問点があります。
・日本育英会から学生の時に奨学金を借りていたのを
 今でも返済しているのですが、個人再生の場合だと
 育英会分も負債として申告するのでしょうか?
 また、その場合、育英会その他から連帯保証人先に
 連絡がいってしまうのでしょうか?
 できれば連帯保証人には知られることな...続きを読む

Aベストアンサー

借用額奨学金を除く500万(グレーゾーンの金利ではない・過払いが無い場合)を3年で完済するために36回で払うと月14払う計算となり、あなたの限界を超えており、自己破産がベストと思われます。

もうしばらく借金ができなくなるという意味でのデメリットは一緒です。任意整理しても、信用情報機関にブラックとして記録されますから、いずれカードは使えません。誰でも「借りたお金は返さねば」と思うのは当然ですが、債権者に不利益を与えるという意味では任意整理自体も同じことだと思いますよ。割り切るしかないのです。

また、破産をする人の多くの原因は「浪費」で、最後は自転車操業になり、一本化をしようとして、保証人を要求され、これでは困る→自殺か?いや自己破産で。という構図なのです。皆さん一緒です。それは心配要りません。

ところで、扶養家族とおっしゃいますが、光熱費が記載されている通帳のコピーや賃貸契約書、住民票・車検証など、あなたが家族にバレずに提出できますか?できるのであればいいかもしれませんが、任意再生も自己破産もこれらの書類を提出を求められ、裁判所からも郵便が届いたり、連絡が来たり、バレる確立は任意にしろ破産にしろ、いずれも高いです。弁護士に話しても「正直に」家族に話すようすすめられると思います。破産しても家族に影響はさほどありません。よっぽど今の状況がかなり末期と思います。(厳しい意見ですみません。でも、このまま放置していたら間違いなく、もっと泥沼にはまりますよ。僕もそうでしたから・・・)

会社に5年以上勤続の場合は、退職金証明書(ゼロでも)が必要ですが、ばれずにできます。例えば、会社規定の退職金算出法が書かれている紙を提出する。あるいは、住宅ローンの与信調査で退職金証明書が必要です。とか言ってうまくもらっている人も多いです。自分で言わない限りほぼ100%ばれませんが、万が一、会社にばれても解雇してはいけないことになっています。

扶養家族に援助してもらえなかったか、というのも論点になりますから、あなたの場合、間違いなく行政書士ではなく、弁護士がお勧めです。

以上、自己破産がベスト・弁護士と相談し「家族に正直に話す」こともベストです。

今打っているところは会社で、見られないよう打っているので誤植があるかもしれません。もしあったらあしからず。

参考URL:http://www.lawyer-koga.jp/tajyushohi-ninisei.html

借用額奨学金を除く500万(グレーゾーンの金利ではない・過払いが無い場合)を3年で完済するために36回で払うと月14払う計算となり、あなたの限界を超えており、自己破産がベストと思われます。

もうしばらく借金ができなくなるという意味でのデメリットは一緒です。任意整理しても、信用情報機関にブラックとして記録されますから、いずれカードは使えません。誰でも「借りたお金は返さねば」と思うのは当然ですが、債権者に不利益を与えるという意味では任意整理自体も同じことだと思いますよ。割り...続きを読む

Q個人再生が不認可のあと

負債総額が2860万で返済不能となり個人再生を申し立てたのですが不認可となりました。弁護士とは、5日後に会うのですが。

地方公務員(55歳)で、現時点での退職金見込み額は、勧奨退職で2300万、自己都合退職1700万です。年収は約800万です。定年まであと5年とちょっとです。

個人再生が不認可の後って、どういう展開になるんでしょうか。

Aベストアンサー

 質問者さんが、「どこからいくら借りているのか」「どのような家族構成か」「毎月の収支のバランスはどうなっているのか」「どのような財産を持っているのか」「住宅ローンはあるのか」等々の正確な状況を前提にして初めて有用なアドバイスができます。

 そのような状況を正確に把握しているのは、依頼している弁護士の先生ですから、まずはその弁護士の先生の話を良く聞くことが大事です。弁護士の先生の話は、良いことも悪いことも、良く聞いて下さい。

 質問文から可能性があるのは、「小規模個人再生」を取り下げて、あらためて「給与所得者個人再生」の申立てをすることだと思います。ただし、この方法で良いのかは、質問文だけではわかりません。

 質問文だけで判断すれば、自己破産という選択肢は難しいと思います(破産するとなると、少なくとも退職金見込額の1/8は「現金」で用意する必要があるので)。

 上記の知識を前提に弁護士の先生を話を虚心坦懐に聞いて下さい。

 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング