保険の営業の方に「ふるさと納税は絶対した方がいい!」と言われふるさと納税に興味を
持ちましたが全然知識がないのでわかりません。

現在婚約者の彼と同棲中で、来年には入籍する予定です。
現在共働きで、多分子供が出来てからもフルタイムで働く予定です。
家計も現在家賃・光熱費・食費・雑費等生活に関わるお金はほぼ折半しています。

私自身あまり税金の事もよくわからないのですが、
今からふるさと納税をした方がいいのか、結婚後にした方がいいのか
夫婦共同で一つの家計から納税すればいいのか、別々の名義で個々に納税すれば
いいのかわかりません。

以下質問項目です。

1、2016年12月中(今月中)に何か一つでもふるさと納税しておくべきか?
  2017年からした方がいい場合は何月に納税するのが一番最適か?
2、入籍後にした方がいいか?
3、彼とは別々に個人個人のお金で納税するべきか?
4、住民税と所得税を控除するのにオススメな納付か所数と納税額を教えてください。
5、控除や還付金?等はほっといてもどうにかなるものか?会社に書類が来て
  事務員さんとかがどうにかしてくれるのか??(住民税は給料天引きです)
6、年末調整で還付金があるわけではないのですよね?

以上わかる方いらしたらご回答お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>一番得する方法を教えていただきたいです


ずばり、3万円の納税が一番お得です。
前提条件として添付の社会保険料控除額
等に、あまり誤差がないことです。
※明細を添付します。ご確認ください。

念のため下記URLのシミュレーションで
確かめてみてください。
https://www.furusato-tax.jp/example.html

申請書を送り返すだけで済む方法の
ワンストップ特例は5ヶ所までです。
https://www.furusato-tax.jp/about.html

傾向としては1口の寄附金額が大きい
方が、お礼の品もお得である場合が
多いです。
しかしいろいろと楽しむことも
考えて、1万で3ヶ所といった
感じですかね。

さすがに年末は結構混んでいます。
12月から楽天のセールに乗って
4ヶ所頼みましたが、
やっと1ヶ所から配送の通知が
きました。

今からだと年を越えてからの
配送となるかもしれません。
それでも今年手続きすれば、
今年分の納税になりますので、
ご安心ください。
「ふるさと納税を始めたいのですが、全くの素」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。
早速教えていただいた楽天で好みのお礼を探して初ふるさと納税してみました。つい最近まで全くふるさと納税について理解できなかったのですが、
軽くですが仕組みがわかり、彼にも説明できました。
ありがとうございました!!

お礼日時:2016/12/20 12:07

基本的にはふるさと納税は来年支払い分の住民税の一部を前払い(自己負担額3000円)して来年支払い分から引かれるシステムです。


来年支払う分とは所得税と住民税のそれぞれの一部です。
それらの合計が、大体ふるさと納税額-3000円になります。

必須条件として、
・確定申告をすること
・確定申告をする際、ふるさと納税後に送られてくる書類を提出すること
があります。確定申告しなくてもよいようにもできますが、それにはそれ用に申請が必要でそれの条件もありますので、おすすめは来年確定申告をすることです。お給料で生活されている方であれば簡単です。

1、今年分は今年中にしておかなければなりませんので、返礼品を決めている時間がないのであればポイント制のところにしておき来年に持ち越せばよいと思います。
今年でも来年でも最適な納税時期は、1年の収入額が決まった時のほうが無難です。
2、入籍後もそのままお仕事されるということで、お二人とも扶養から外れていれば入籍しても変わりません。お子さんができたとき計算が変わるのでそれまでは気にしないでよいと思います。
3、ここが大事なポイントでもあるのですが、各収入内でのふるさと納税ですので、それぞれの名義で納税し確定申告してください。そうでなければ控除が受けられないケースがあります。
4、合計の納税額で決まりますので、回数は関係ありません。納税額は他サイトで収入額(税抜き)を元に計算してください。
5、確定申告してください。その後はそれぞれの自治体がやってくれ勘案した住民税を請求します。還付金はありません。
6、年末調整とはまったく別の話です。

長文になりましたが、以上です。
ふるさと納税はけっこう面倒で得した実感を得るには、役所からの書類をチェックし給料明細の項目一つ一つチェックしてなければ引かれている分が実際にいくらだったのかさえわかりません。
それだけの面倒をしてもよいのであれば、すぐにでもとりあえず納税されることをおすすめします。
    • good
    • 0

下記等をよく読んでもらい、


参考にしてすぐにやられても
かまわないと思います。
https://www.furusato-tax.jp/about.html
http://event.rakuten.co.jp/furusato/
http://www.satofull.jp/

ふるさと納税は寄附です。

気に入った市区町村に寄附をすることで
そのお礼で特産品等がもらえるのです。

特別な所は、その寄附金額-2000円分を
翌年の住民税から控除してくれる所です。

少し端折った例を紹介すると、

今年の所得で決まる翌年の住民税が
15万位の見込みならば、
その20%の3万が、ふるさと納税の
特例控除が適用されます。
ここがポイントです。

例えば、下記の宮崎県日南市の牛肉が
もらえるので、3万円寄附することに
します。
http://item.rakuten.co.jp/f452041-nichinan/10000 …

特例申請書というのが送られてくるので
返送しておくと、
来年6月からの住民税から3万-2,000円の
28,000円が引かれ、15万の住民税が
12.2万の納税で済むことになります。

支出2000円はありますが、
上記の牛肉が享受できる
というわけです。

年末に集中するため、先週頼みましたが、
いつ来るか、まだ分からない状況です。

今年分は締切間近です。
お急ぎください!

これらを踏まえて質問に回答します。
>1
上記のとおり今年の所得の見込みで
今月中にふるさと納税をすれば、
その分来年の住民税が軽減されます。

>2
夫婦共働きを続けるなら、あまり
関係ありません。
専業主婦となるとご主人の所得が
配偶者控除等により住民税が減り、
その分ふるさと納税の控除限度額も
減ることになります。

>3
そもそも税金は個々に発生し、
納税するものなので、ふるさと納税
も別々な枠の中で実施することに
なります。

>4
奥さんの今年の収入見込みを
ご提示していただければ、
具体的な最適額等をご紹介します。

>5
上述のとおり、申請書を送り返せば
来年6月からの住民税が減るという
流れになっています。
会社の事務側も何も意識しません。

>6
年末調整での還付とはならず、
住民税の軽減となります。
この方法はワンストップ特例と
いう方法です。
他にも確定申告で申告する方法が
あり、その場合は一部所得税の
還付で受けられます。

とりあえず、いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返答ありがとうございます!

質問4の部分は質問する前にネットで色々調べていたら納税か所5か所まで?以上?以下?(ページ消してしまったので
わからなくなりました。。)に寄付すると所得税・住民税が軽減されると書いてあり、
1か所のみ?寄付だと住民税だけ軽減と書いてたような…そこらへんが曖昧なので教えていただきたいです。
ちなみに今年の年収見込みは約330万程かな、といったところです。
もしよろしければ一番得する方法を教えていただきたいです(><)恐縮ですが!

お礼日時:2016/12/16 14:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q入籍後の確定申告・ふるさと納税の還付申告について

2011年1月1日に入籍予定です。
夫は各種控除前で年収約600万円、妻は年収約150万円です。
会社の年末調整は保険のみ申告しました(夫・妻それぞれ個別で、単身世帯として)。
その場合
1.入籍後の確定申告の必要はありますか?
2.入籍した場合、所得税・住民税の計算は夫婦の所得を合算した金額が対象となるのでしょうか?
3.2010年に夫・妻がそれぞれ個別にふるさと納税をしています。
ふるさと納税の還付の確定申告を行いますが、この場合のふるさと納税の還付の計算の基準となる年収は、夫婦の合算額でしょうか?それとも個別の金額でしょうか?
4.別件ですが、ふるさと納税は自分の住民票のある市町村に行えますか?その場合、還付の対象となるのでしょうか?

恐れ入りますが、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

>1.入籍後の確定申告の必要はありますか…

来年のことは、来年が終わらないと (終わりそうにならないと) 分かりません。
来年のことを今言っても鬼が笑うだけです。

>2.入籍した場合、所得税・住民税の計算は夫婦の所得を合算した金額が…
>ふるさと納税の還付の計算の基準となる年収は、夫婦の合算額でしょうか…

もうすぐゴールインという方に言いにくいですが、税法に「夫婦は一心同体」などという言葉はありません。

とはいえ、ただ一つだけ例外があり、家族に国民健康保険加入者が複数いる場合は、家族単位で国保税が算定されます。

>4.別件ですが、ふるさと納税は自分の住民票のある市町村に…

ふるさと納税は言葉自体がまやかしで「(自治体への) 寄付」です。
寄付ですから自分の住んでいるところでも良いんじゃないですか。

Qふるさと納税上限計算における昨年度のふるさと納税額の考慮

少し検索してもあまり該当するものが出てこなかったのでご質問です。

ふるさと納税を2014年度に続き、2015年も行っております。
ウェブ上のさまざまなところで計算式や、計算エクセルが提供されていますが、その中で、「昨年度のふるさと納税額」を考慮するものが無いように思い、ご質問です。

素人理解ですが、ふるさと納税に関する住民税の税還付は、翌年度(6月以降との認識ですが正しいでしょうか?)の住民税の減額により還付されると認識しています。すると、上記のようなエクセル等で計算する住民税額は少し課題評価で、実際には「計算される住民税額 - 昨年度ふるさと納税して住民税減額により還付された金額」を入力しないと上限値を過大評価することにならないでしょうか? 
(今年のふるさと納税額を入れて、所得税の限界税率が変わらないかどうかのチェックはエクセルシートでなされているものがあるようですが、昨年度のふるさと納税額を考慮しているものは見たことがありません)。

昨年度分も何らかの形で考慮すべきであれば、それを考慮したスプレッドシートもしくは計算式を教えてください。もし考慮する必要が無いのであればその理由を教えてください。

よろしくお願いいたします。

少し検索してもあまり該当するものが出てこなかったのでご質問です。

ふるさと納税を2014年度に続き、2015年も行っております。
ウェブ上のさまざまなところで計算式や、計算エクセルが提供されていますが、その中で、「昨年度のふるさと納税額」を考慮するものが無いように思い、ご質問です。

素人理解ですが、ふるさと納税に関する住民税の税還付は、翌年度(6月以降との認識ですが正しいでしょうか?)の住民税の減額により還付されると認識しています。すると、上記のようなエクセル等で計算する住民税...続きを読む

Aベストアンサー

№2です。

>- 2015年に行うふるさと納税の上限計算において
>- 実際に2015年の住民税を収めるのは2016年で、その際に寄付額が控除された額を住民税納付する
>- よって必要なのは2015年の所得に基づく(2016年に収める予定の)住民税額
>- よって2014年にいくらふるさと納税しているかは全く関係ない
>と理解出来ました。
お見込みのとおりです。

Qふるさと納税の還付金について

ふるさと納税の還付金について
ふるさと納税をしました。確定申告をしようとおもったのですが、以下の点がわかりません。

  ・e-taxで入力したのですが、納付額ー5000円*10%が所得税還付と思っていたのですが、
   20%が還付されています。
   寄付控除欄に市町村への寄付を選択して入力したのですが、入力場所が間違っています?

  ・入力場所も所得税還付額も正解ならば、住民税での還付はどうなるのでしょうか?
   納付額ー5000円ー所得税還付額が住民税で還付される分と思っているのですが、単純に
   所得税還付額が20%で計算された値で残りが住民税還付になるだけなのでしょうか?

すませんが、確定申告がそろそろ始まるので是非教えてください。

Aベストアンサー

>納付額ー5000円*10%が所得税還付と思っていたのですが、20%が還付され…

10% か 20% かは、あなたの「課税される所得額」によります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

「課税される所得額」とは、e-Tax ではどの欄かまだ見ていませんが、「申告書 A」なら ○21 欄の数字です。
同じ項目が e-Tax にもあるはずです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h21/01.pdf

>住民税での還付はどうなるのでしょうか…

住民税は所得税と違い、翌年課税です。
今年の 6月に納付書が来る 22年度分に反映されるだけであって、既納分からの還付ではありません。
所得税 (国税) では「所得控除」ですが、住民税では「税額控除」となります。
(某市の例)
http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/kojin/kojin.html#03_keisan

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>納付額ー5000円*10%が所得税還付と思っていたのですが、20%が還付され…

10% か 20% かは、あなたの「課税される所得額」によります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

「課税される所得額」とは、e-Tax ではどの欄かまだ見ていませんが、「申告書 A」なら ○21 欄の数字です。
同じ項目が e-Tax にもあるはずです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h21/01.pdf

>住民税での還付はどうなるのでしょうか…

住民税は所得税...続きを読む

Qふるさと納税の還付金について

こんにちは、昨年ふるさと納税を10000円してみました。
今年、確定申告すれば10000円-2000円で8000円が税金で還付される
かと思っていたんですが、
年末調整の源泉徴収税額が0円でした。
(住宅ローン減税で全額還付されていると思われる)
確定申告することで住民税からいくらか還付されるのでしょうか?
それとも確定申告は意味無いでしょうか?
会社員です。
お分かりになる方、どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>10000円-2000円で8000円が税金で還付…

それは、当年分所得税と翌年分住民税とを足した話です。

>年末調整の源泉徴収税額が0円でした…

それは分かりましたけど、翌年分の住民税は発生しそうなのですか。

>確定申告することで住民税からいくらか還付されるので…

翌年分の住民税が発生するのなら、確定申告ではなく「市県民税の申告」をすればよいです。
翌年分 (今年 6月から払う分) が、いくらか少なくなります。
とはいえ、住民税分だけですから 8,000円もは少なくなりません。

いずれにしても、ふるさと納税は「税額控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1200.htm
の一つです。
前払いした税金あるいはこれから納める税金がなければ、返ってくることはありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q所得税の医療費控除の還付金って、ふるさと納税での控除や認定NGOへの寄付での控除や生命保険料の控除や

所得税の医療費控除の還付金って、ふるさと納税での控除や認定NGOへの寄付での控除や生命保険料の控除や住宅ローンの控除とは影響し合わないで
単純に「(医療費-10万円-保険で補填された額)×所得に応じた税率」戻ってくるのですかー?

Aベストアンサー

>所得税の医療費控除の還付金…

「還付金」のということは、所得税は本来、翌年 3/15 までの後払いでよいのですが,当年の内に前払いしている方ですか。
まあ、サラリーマンならそうなりますので、そうだとして、

>単純に「(医療費-10万円-保険で補填された額)×所得に応じた税率」戻ってくる…

その計算結果以上の額を前払いしてあることが最低条件です。

医療費控除とは、あくまでも税金を少し安くしてくれるだけであって、支払った医療費の一部を国が肩代わりしてくれる、ありがた~い制度ではありませんので、前払いして所得税額が限度です。

もし、何百万もの医療費を使って、その式の計算結果が前払い額以上になることもあります。
そんなときは次に進みます。

>ふるさと納税での控除や認定NGOへの寄付での控除や生命保険料の控除や住宅ローンの控除とは影響し合わないで…

これはもっと細かく考えないといけません。

医療費控除と生命保険料控除などは「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
ふるさと納税での控除などは「税額控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1200.htm
です。

税金を計算する順序は、先に「所得控除」を適用して、「税額控除」は後からです。

また、これらはすべて納税者の権利であって義務ではありません。
権利であって義務ではないということは、全部適用するほど前払いをしていないときには、どれを優先して適用するかが納税者の判断に任されているということです。

したがって、「・・・の控除とは影響し合わないか」というご質問に対する答えとしては、「前払額が少ない場合は相互に干渉し合う」ということになります。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>所得税の医療費控除の還付金…

「還付金」のということは、所得税は本来、翌年 3/15 までの後払いでよいのですが,当年の内に前払いしている方ですか。
まあ、サラリーマンならそうなりますので、そうだとして、

>単純に「(医療費-10万円-保険で補填された額)×所得に応じた税率」戻ってくる…

その計算結果以上の額を前払いしてあることが最低条件です。

医療費控除とは、あくまでも税金を少し安くしてくれるだけであって、支払った医療費の一部を国が肩代わりしてくれる、ありがた~い制度ではありませんの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報