踏み間違い最近アクセルとブレーキの踏み間違い事故が多発してます。私はAT車に乗って約30年左足でブレーキを踏んでます。また免許を取得してから無事故無違反です。でも左足ブレーキを推奨する話は出てきません。AT車は左足でも踏める用にペダルが大きくなっています。ブレーキ感覚は直ぐに慣れます。今後MT車に乗るつもりはありません。踏み間違いに不安の人は是非実践して安全性をひろめたらいいと思いますが皆さんどう思いますか?

質問者からの補足コメント

  • 多くの回答ありがとうございます
    業務上MT車に乗る方は別として
    まず試してみてください
    安全性と有効性が実感できるとおもいます

      補足日時:2016/12/17 10:02

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (22件中1~10件)

ちなみに、アクセルとブレーキの踏み間違いを、右と左の間違いだと思い込んでいる人がいますが、これは違います。


右足1本で、アクセルペダルとブレーキペダルという2つを操作することが”間違い”の元凶ですので、それを無くせば踏み間違いも無くなるのです。
右足1本で2つを操作することを、右と左云々と勘違いしている人も多いようですが、まったく別のことです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

私も同感です

お礼日時:2016/12/17 10:03

>踏ん張るのはスピード出しすぎのコーナリングではないですか


出しすぎ?、具体的ではないですね。
どこの道路でも30Km/hゾーンなみの速度で走って、事故起こすほうが、まともでないですよ。
速度が遅いほうが、ハンドルは重いです、反動で体が動きます。
そういえば、ハンドル操作量の少ない横着運転?、も多いですね、カーブ、コーナーで大回りしないため、対向車に危険を感じさせる運転、ゆっくり運転の人に多いです。
    • good
    • 0

左足ブレーキを短距離で止まるテクニックと言うならヒール&トーも同じく短距離で止まるテクニックですよ。



違いを書くとするなら、減速後の加速が全然違いますし、減速中にアクセルを間違えて踏まない分咄嗟の時にはヒール&トーの方が制動距離は短いでしょう。

ヒール&トー→フットブレーキ&エンジンブレーキ
左足ブレーキ→フットブレーキのみorフットブレーキ+アクセル

左足ブレーキを使うくらいならDより低いレンジで走る方が安全だと思いますよ。
    • good
    • 2

ヒール&トーも左足ブレーキも速く走るためのテクニックです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

もう一言付け加えさせていただくならば左足ブレーキは速く走るためそして速く止まるためのテクニックです

お礼日時:2016/12/17 15:28

質問・回答を興味深く読みました。


かなり以前の話ですが、ATが日本で少し普及し始めた頃にも、左足ブレーキについて論議になったことがあります。
「AT発祥の地、アメリカでは左足ブレーキが一般的、なのに、どうして日本は右足なのか?」と。
答えとして、アッとビックリした時、人間は両足を踏ん張ってしまう習性がある。結果、アクセルとブレーキを同時に踏みこむことになり、車が壊れるからだ、という説がありました。
壊れる車が続出するのは、車メーカーがイヤがるんだろうと。

死亡事故を起こすより、自分の車が壊れる方がよほどマシだとおもうのですが、ほんとに車が壊れるのかどうかは知りません。

そうこうするうちに、一般車両のほぼ100%がATになり、そういう話題も立ち消えました。

なぜ踏み違えるのか?については、私なりの感想ですが、
MTに長く乗っていて、ATに初めて乗った時、「楽だ~!!!」と心の底から思いました。
「ただアクセルを踏めば車が動く」というのは、気持ちが悪いくらいでした
その感覚にも慣れてしまうと、「車を運転している」という緊張感が半減しました。
冗談ですが、「寝てても運転できる」「遊園地のゴーカートと同じ。子供でも運転できる」とさえ思いました。
踏み違えの原因の多くは、この「気楽さ」「緊張感なしに運転できる」ことではないかと思います。

ゲームをやりながらでも運転できてしまうほどの気楽さ。
そこに突然、ブレーキを踏まなきゃならない緊急事態が発生し、いつも踏んでいるアクセルをそのまま踏ん張ってしまう。「ブレーキを踏んだつもりだった」となるのではないでしょうか?

左右の足で踏み分ける習慣があれば、とっさの時でも「ブレーキ!」と思うと、反射的に左足が動くのでは、と思います。
ただし、右足が利き足の人が多いので、左足で「強く踏む」のは、練習して慣れる必要があるそうです。

反射神経や踏み込む脚力が弱くなれば、左だろうと右だろうとブレーキが遅れる可能性はあります。でも、「ブレーキと思ってアクセルを踏み続ける」ということは起きないでしょう。

なぜ日本の自動車学校では、「ATは右足だけでペダル操作」という教え方をしたのか、遡って調べてみると謎が解けるのではないでしょうか?
別に「事故が少ない」とか「運転中の疲れ軽減」などの根拠はなく、何かの事情で「右足操作」になったのかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

自動車学校ては単に左足ブレーキを指導できる人がいなかっただけだと思います今もMT車の教習があるわけで大谷みたいに二刀流はさすがに困難かと思います
利き足ですが右利きの人は左足が普通利き足になります
走り幅跳びはどちらの足で踏み切りますか?体重の数倍の重さを支える必要があるため無意識に利き脚足を軸足にします
だから左足の方が踏ん張りに適しています

お礼日時:2016/12/17 15:21

先日、見た、ブレーキランプが点いているのに、普通のスピードで走っていたクルマの疑問が解けました。

ヒール&トーかと思ったよ。
    • good
    • 1

「30年間無事故【無違反】」は「30年間無事故【無発覚】」の間違いだろうと思うんですけど…



・・・本題・・・
少なくとも自分は、後退時の両足でのペダル操作は危険と思っています。

後退時は片方の足でペダル操作をすることになりませんか。
普段と異なるペダル操作は危険ですよね。
また、後退時にも左右の足でペダル操作するという人はブレーキを踏む力が弱かったり、後方の目視確認が不十分になりがちで、別の危険要素が発生します。


・・・余談・・・
かつて「ヒール&トゥをマスターしないのは何でだ」としつこいくらい質問を繰り返していた人がいらっしゃいましたが、
「ヒール&トゥ」はカーブを走り抜ける技術であって、カーブで止まるための技術ではないと突っ込みを入れられて反論できずに消えて行ったことがありました。
街中においてカーブでは停止することを前提に運転しなきゃいけないんですよね。

自身の考えが否定されることを受け入れることができないと、問題は解決しないことがあります。

まあ、まっすぐ走る分には左右の足でのペダル操作は問題なんじゃないかな。
ただNo.14でも指摘されていますが、後続車には迷惑な運転です。気を付けてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

正確に言いますと30年はAT車時代でMT車を含めると免許取得以来35年無事故無検挙です

おそらく後退するとき体を半身にして直接後方を見ている方と思いますが 私はルーム、左右のミラー併せて前方も確認しつつ特に左右に後退するときなどの安全性のために後ろは直接見ません
教習所でもそうしませんでしたか?

お礼日時:2016/12/17 14:05

元〃、運転の適性のない人の話です。


実際に試したことありますが、左足が踏ん張れず、体が不安定になり、まともなハンドル操作ができず、よけいに危険と感じました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

返答するならば踏ん張るのはスピード出しすぎのコーナリングではないですか ? あなたの適性は?

お礼日時:2016/12/17 10:09

あなたは知らないかもしれませんが、左足ブレーキの人はかなりの確率で走行中もブレーキランプが点灯します。


即ペダルが踏めるように軽く足をペダルに載せているから何かのはずみで点くのでしょう。
後続車にはいい迷惑です!、そんなことはひろめないでください。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

返答するならばかなりの確率ではないとおもいます ペダルに乗せ続けることじたい疲れますから
私がよく使う技として交差点で明らかに信号無視になるだろう後続車にブレーキングしつつアクセル踏むことです
あなたにはできないと思いますが
私は事故防止のためにしてます
その事を被害妄想してませんか?

お礼日時:2016/12/17 10:47

左足ブレーキで踏み間違いがなくなるのは、間違いないです。


頭のわるい人がおかしな回答をしているようですが無視しましょう。

左足ブレーキも、10年くらいまえには推奨する動きがありました。一番有名なのは、自動車評論家で有名だった大徳寺さん(故人)で、AT車では左足ブレーキを使ったほうが良いと主張しつづけてたと記憶しています。また一部のメディアでも左足ブレーキを使うことを推奨する記事を書いたりもしていました。ネットで検索すれば、当時の左足ブレーキを推奨している記事も出てきたりします。

しかしながら、そのような動きは自然に消えたのか(行政が介入したりしたのか)分かりませんが、ぱったりと言われなくなってしまいました。
ここの他の回答者にみられるように、無知な人たちが騒いだせいもあるのかもしれません。
残念ながらそのせいで、日本では左足ブレーキはあまり普及せず、今になって踏み間違い事故による被害者が急増しているわけです。大徳寺さんもあの世から嘆いていることでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました

まったく同感です

お礼日時:2016/12/17 10:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアクセルとブレーキを踏み間違えてしまう

21歳女性です。

2月に免許を取得しました(普通自動車AT限定)。
これまでに3回運転をしたのですが2回もブレーキとアクセルを踏み間違えてしまいました。

教習の時は1回も無く、
教習の時より、免許を取得してからの運転のほうが、緊張感などが強く
どうしてこんな事になってしまったのかという気持ちです。

どちらも周りに人がいなく、不幸中の幸いで人にけがを負わせる事態にはなりませんでしたが
これから就職するにあたり、ドライバーになる可能性は0ですが、
業務の中で運転を求められる可能性が0というわけではありません。

日常でも車で無いと不便な場所に行かなくてはいけない時もあると思います。

なので、今後こういう事を絶対に無くさなくてはと思っているのですが
原因は何が考えられるのでしょうか。

色々ネットでも他の質問など見ていたのですが
アクセルとブレーキを踏み間違えるって、相当無いことのようですね。


1回目は、自分の家付近の曲がり角です。
ずっとクリープでノロノロ走っており、曲がり角なので止まろうとブレーキをかけようとしたらアクセルでした。
2回目は駐車場に入るところで、駐車券を取ろうとノロノロ走っていて、最後にブレーキをかけようとしたらアクセルでした。(バーとの接触はギリギリより少し手前で免れました)

どちらも、足はブレーキ位置にかけていたのに、どこかで足がずれてしまったのだと
自分では思っています。(状況的にアクセルに足を置く場面では無いですし)



そこで、シート位置についても一つ聞きたいのですが
教習所の車ではアクセルとブレーキの位置にそんなに差を感じなかったのですが
車によって位置の差ってあるものなのでしょうか。

我が家の車は、感覚的にブレーキより10cmぐらい後方にアクセルがあるといった感じです。
(正確な距離は分かりませんが、アクセルのほうが後方です)

ブレーキに対して軽く膝が曲がる程度にシートを調整すると、アクセルが踏みづらいです。
そのためアクセルに合わせてしまっているのですが、これが間違いでしょうか。
アクセルが踏みづらいぐらいのほうが加速しすぎなかったり、踏み間違い防止になるでしょうか。

21歳女性です。

2月に免許を取得しました(普通自動車AT限定)。
これまでに3回運転をしたのですが2回もブレーキとアクセルを踏み間違えてしまいました。

教習の時は1回も無く、
教習の時より、免許を取得してからの運転のほうが、緊張感などが強く
どうしてこんな事になってしまったのかという気持ちです。

どちらも周りに人がいなく、不幸中の幸いで人にけがを負わせる事態にはなりませんでしたが
これから就職するにあたり、ドライバーになる可能性は0ですが、
業務の中で運転を求められる可能性が0という...続きを読む

Aベストアンサー

右足のかかとが床から離れていませんか?
常にかかとが床に着いた状態で、足首を左右に動かしてペダルを踏みかえれば、ふみ間違いは防げます。
一瞬でもかかとを床から離してしまうと、体の僅かな動きでペダル位置を間違える事に成りえます。

少々体の向きや位置がずれても、床からかかとが離れないでいれば、足首の向け方でペダル位置を間違う事は有りません。
通常は、わずかに足首を右に向けてアクセルペダルに足裏先端が乗っかる位置で操作し、ブレーキの時は足首を手前に起こして左側に向ければ、自然と足裏全体でブレーキペダルを踏む形に成ります。
そのために、アクセルペダルはやや奥の方に配置し、ブレーキペダルは手前の方にして有ります。
当然、踏み込む足の力は足首の動かし方で操作する事に成りますが、かかとを床に行けた状態の方がペダルの微調整が上手く出来ます。
万一、急ブレーキなど強くペダルを踏む必要が有った場合、その時は踵を床から浮かせば大きく強く踏み込むことが出来ます。

べダルのふみ間違いは、重大な事故に繋がります。
たとえハイヒールの様な履物で有っても、常にかかとは床に着けた状態で一定であれば、ペダル位置を間違う事は有りません。
座席の位置を膝がわずかに曲がって居る形に調節し、ペダルの操作時には膝を曲げるなどの動作をしないで、足のかかと位置を固定して足首だけで操作できるように練習してみてください。

右足のかかとが床から離れていませんか?
常にかかとが床に着いた状態で、足首を左右に動かしてペダルを踏みかえれば、ふみ間違いは防げます。
一瞬でもかかとを床から離してしまうと、体の僅かな動きでペダル位置を間違える事に成りえます。

少々体の向きや位置がずれても、床からかかとが離れないでいれば、足首の向け方でペダル位置を間違う事は有りません。
通常は、わずかに足首を右に向けてアクセルペダルに足裏先端が乗っかる位置で操作し、ブレーキの時は足首を手前に起こして左側に向ければ、自然と足裏...続きを読む

Q最近の自動車事故でブレーキの踏み間違いがよく報道される件

ご覧いただきありがとうございます。

「心理学カテへの質問」として書いています。
タイトルのとおり、最近は「アクセルとブレーキ」の踏み違いによる事故が頻繁に報道されているのはご承知のとおりです。

人には「条件反射」という反応がありますね。長年運転している人であれば、ペダルを踏んでクルマが動き出せば、とっさに「間違えた!」と気づき、反射的に「ブレーキを強く踏み直す」行動が自然ではないかと思うのですが、「数十秒間も気づかず建物に突っ込む」等の場合は、どのような心理状態と理解すれば良いのでしょうか。(しばらく意識が飛んでいたとか?)

関連して、運転に自信のある人が起こしている(当然の理ですね。)ということは、自らの運動神経が低下していることを自覚することは難しいのでしょうか。(認知症等の場合を除きます。)

以上、宜しくお教え頂きたくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

だったら一気に加速しないマニュアルにしたら解決という安直な案も出ていた。昔はマニュアルの運転だったから、オートマ故に間違えている。いや、いるはずだと。

中には体が覚えていて元の感覚に戻る人、戻れる人もいるだろうが、4速辺りから2速に入れ間違えて急なエンジンブレーキが掛かって玉突きなんて事が必ずや起こる。

言い方は悪いが、踏み間違えをするような年代である。ろくに歩けないのに車に乗る、乗ろうとしている。歩けないから車という発想。根本から間違っている。体が上手く使えないのだから。これは老年代に限らない。能力云々の話。骨を折ってろくに足が動かない人間は運転してはいけないのと同じ。

乗るからにはそういう身体的な反射神経までテストしないとザルである。乗る権利がない様な能力であれば乗せない様にすべきだ。

その上で、乗らないと生活が立ち行かない方をどうするかを考える。便利さを追求して何の関りもない人間が車に曳かれるなんて愚の骨頂であるから。


人気Q&Aランキング