【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

氷の強度は一定なのでしょうか?

例えば地球みたいな氷は?

A 回答 (3件)

No.2です。



>小さな氷と大きな氷じゃ硬さが違いますね
>なんででしょうかね?

条件が同じなら硬さは同じですよ。
大きい方が、力のモーメントをかけやすいので、「割りやすい」だけだと思います。「てこ」の原理です。

「サイコロ」型の氷よりも、棒状や板状の氷の方が割りやすい、ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解決しました

大きいと力の分散があるんですね

お礼日時:2016/12/19 16:15

「地球みたいな氷」の意味が分かりません。

「地球上に自然に存在する氷」という意味ですか?

氷は、冷蔵庫で作ったものを見れば分かるとおり、かなりの「気泡」を含みます。高級飲食店の飲み物に入っているような「泡のない透明な」氷もあります。
もともとの水の状態、温度、氷のできる環境などによります。(急速に凍るか、ゆっくり凍るか、圧力、真空中かなど)

当然のことながら、気泡の量によって強度が変わります。
気泡以外の「不純物」は、それこそいろいろですが、それによっても強度は変わります。
さらには、「氷」といってもすべて「0℃」ではないので、周囲の温度によって-20℃、-100℃の氷もあり、氷自身の温度によって強度が変わるでしょう。

これらもろもろの要素が関係するので、温度だけで決まるわけではなく、「絶対零度が氷の強度」も千差万別でしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

・・・。

例えば地球位の大きな氷の事です
地球上じゃなくてもよいです
んでその千差万別とは?
不純物、温度での違いは何となくわかります
小さな氷と大きな氷じゃ硬さが違いますね
なんででしょうかね?

お礼日時:2016/12/19 10:53

場所や地域や温度によって違います

    • good
    • 1
この回答へのお礼

・・・。

絶対零度が氷の強度の限界っていう事でしょうか?

お礼日時:2016/12/19 02:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q氷のモース硬度っていくつ?

結晶の引っかきに対する硬さを表す尺度に、モースの硬度があります。あの、蛍石が4でダイヤモンドが10のやつです。さまざまな種類の結晶についてモースの硬度が調べられているようですが、一番身近な結晶といえる水の氷の硬度がどのくらいなのか、ネット上を探してみても見当たりませんでした。

予想としては、石膏が削れて銅板が削れそうにないので、だいたい3くらいかと思いますが、温度によって大きく違うような気もします。もしご存知の方や、それが分かりそうな文献に心当たりのあるかたは、ご教示おねがいしますm(__)m

Aベストアンサー

このサイトによると、氷のモース硬度は0℃のとき1.5、-70℃のとき6だそうです。
http://academic.emporia.edu/aberjame/ice/lec02/lec2.htm
最初の3つの写真のすぐ下あたりで触れられています。

参考URL:http://academic.emporia.edu/aberjame/ice/lec02/lec2.htm

Q氷の硬度

お世話になります。
水の温度を下げて氷を作る時に、一般の冷凍庫でゆっくり冷やした場合、液体窒素で急激に冷やした場合など、冷凍速度によって、できた氷の硬度に差はあるでしょうか?
また、同じ氷でも温度によって(-10℃と-100℃など)硬度は異なるのでしょうか?
ご存じの方がありましたら、教えてください。
また、この分野に詳しい本、サイトがありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のURLをご参照なさると良いと思います。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~imaseki/hp04.htm

Q湖の氷の厚さはどこまでが安全ですか

冬になると、よく湖で、わかさぎ釣りなどで、氷の上から、穴を開け釣りをしているのを、見かけますが、いったい、何センチぐらいの厚さなら、安全なのでしょうか。
また、どのようにして安全だとの、判断をしているのでしょうか。
先日、群馬県の赤城山に行ったときは、湖の上で車が走っているのを見かけました。

Aベストアンサー

GSKさんの解答の通り、きちんとした答えはありません。私は5cmの氷でも大丈夫だったこともありますし、20cmでも不安を感じたこともあります。
安全か否かのチェックポイントは以下の通りです。
1.氷と水面の間に隙間はないか?
(水位が変動するダム湖などで、岸ぎわに空間ができることが多い=非常に危険)
2.氷の密度はどうか?
(同じ気温でも下がりつつあるのか?。上がりつつあるのか=下がりつつある方が安全)(雪が凍っているだけなのか=雪の下は意外に暖かいので、氷が薄いことがある)
3.雪解け水などが入っていないか?
(氷を不安定にする上に向かう水圧)
などいろいろです。
私はずるいようですが、絶対に最初には乗りません。
氷上に誰かがいるのを確かめてから、先人の足跡をたどって氷の上に乗り、穴をあけて氷の厚さと密度を確認してから、大胆に動き回ることにしています。
参考までに、私が落ちたときの経験を申し添えます。氷が割れて落ちてもあまり慌てる必要はありません。ゆっくりと沈んでいきますので、氷の縁に肘をついて止め、静かに這い上がるようにします。下半身がすぐに濡れないように、予め身づくろいをしておくことは言うまでもありません。

GSKさんの解答の通り、きちんとした答えはありません。私は5cmの氷でも大丈夫だったこともありますし、20cmでも不安を感じたこともあります。
安全か否かのチェックポイントは以下の通りです。
1.氷と水面の間に隙間はないか?
(水位が変動するダム湖などで、岸ぎわに空間ができることが多い=非常に危険)
2.氷の密度はどうか?
(同じ気温でも下がりつつあるのか?。上がりつつあるのか=下がりつつある方が安全)(雪が凍っているだけなのか=雪の下は意外に暖かいので、氷が薄いことがあ...続きを読む


人気Q&Aランキング