私は、とある人材派遣会社に登録している派遣スタッフなのですが、先月の給与支払領収伝票を見直していて、ふと某複数現場勤務分の交通費が支給されていないことに気付きました。
その事を後日、事務担の女性に指摘したところ、やはりその女性も支給ミスである事を認めました。しかし、「もう1ヶ月前の勤務なので、修正は出来ません。」との返事が返ってきて、仰天しました。

派遣会社のルールとして、往復交通費1200円を超過した分については支給するのですが、但し自己申告が必要、との事で、私はそれを怠っていたため、交通費が支給されなかったようですが、それにしてもこういう事ってありなのでしょうか? 法律上違反してませんか?

今からでも労基署に相談すれば、未支給分の交通費を取り戻す事が出来るのでしょうか?

どなたか労働問題にお詳しい専門家の方々、詳細なご回答お待ち申し上げております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> 「もう1ヶ月前の勤務なので、修正は出来ません。



まず、その根拠を聞くべきですね。
たとえば、就業規則などに明記されているのでしょうか?

また、経費(旅費)精算だとすれば、商事債権の消滅時効は5年です。
労働契約上の交通費だとすれば、労基法に定める労働債権の消滅時効は2年です。
就業規則と言うローカルルールは、商法や労基法には勝りませんし、それら法規に対し、「1ヶ月前」と言うのは短すぎるので、たとえ就業規則に明記されていても、法的有効性はないでしょう。

修正も「出来る/出来ない」ではなく、「する/しない(したくない)」の話で、やれば簡単に出来ます。
あるいは、修正以外でも、拠出する方法はいくらでもあります。

もし就業規則に「交通費,経費等の精算は、発生都度、速やかに申告することとし、発生月内を限りとする」みたいな決まりがあれば、就業規則違反で注意される可能性はあるものの、結論は「請求されれば、会社は支払う義務がある」としかなりません。

ただ、こんなことで労基署へ相談して、会社と事を荒立てると言うのは、甚だ考えものです。
そもそも「支給ミス」と言うよりは、自己申告すべきものが申告されていなければ、「支給されなくて当然」なので。

すなわち、自己申告漏れが圧倒的な主原因であって、まずは申告者側の一方的なミスですよ・・。
従い、その点を詫びた上で、「遅くなって申し訳ないですが、精算(支給)をお願いします」と言い。
それでも精算(支給)に応じない場合、会社側の違法行為と言うことになりますが。
それでも労基署を介すほどの話でもなく、上記の様な法的根拠を示し、事務担当者の判断ではなく、管理者などに確認を求めれば、解決する問題でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

懇切丁寧なご回答誠に有難うございました。一番ためになるご回答でした。

お礼日時:2017/01/22 19:54

1ヶ月前迄に行わなければならない申告が遅れたのだから、来月の支給はムリ! 不足分は再来月の給料で補填するから我慢しなさい。



ということであれば、話の筋は通ってます。
    • good
    • 0

相手のミスでなくて、報告怠慢の結果です。



ま~自業自得ですね。
それに、申告しても派遣会社の検索ルート以外の支給はありません。
なので、要報告なのです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通費の支給について

こんにちは。早速質問させていただきます。

今日派遣のお仕事の面接に行ってきたのですが、交通費が上限15,000円までしか支給されないと言われました。
電車の定期券は月11,000円程度なのですが、最寄り駅まで到底徒歩で行ける範囲ではないので
バスを利用するつもりだったのですが、バスの定期券は8,000円なので
合わせると15,000円をオーバーしてしまいます。

なので駅まで原付で行こうと思うのですがガソリン代、とまでは言いませんが
駐輪場代だけでも欲しいと思っています。

でも過去の質問を見るとどうも駐輪場は出してくれない模様・・・。
「バスで通勤します」と言って原付で行くと不正請求になりますよね?
バスで行くと申請すると多分上限いっぱいの15,000円を支給してもらわないといけないし、
原付の駐輪場はせいぜい3,000円で1,000弱余計に請求している事になりますし・・・。
それに『定期を提出』とかありそうで怖いのですが、そういう確認はあるのでしょうか。

あと社会人初めてなので分からないのですが、定期券を買うのは社員証とかもらってからですかね?

たくさん質問してしまってごめんなさい。
是非よろしくお願いします。

こんにちは。早速質問させていただきます。

今日派遣のお仕事の面接に行ってきたのですが、交通費が上限15,000円までしか支給されないと言われました。
電車の定期券は月11,000円程度なのですが、最寄り駅まで到底徒歩で行ける範囲ではないので
バスを利用するつもりだったのですが、バスの定期券は8,000円なので
合わせると15,000円をオーバーしてしまいます。

なので駅まで原付で行こうと思うのですがガソリン代、とまでは言いませんが
駐輪場代だけでも欲しいと思っています。

でも過去の質問を見...続きを読む

Aベストアンサー

駐輪場代も交通費として認めてくれるかは、会社によっても違うので、まずは会社には正直に駅まで原付で通いたいと相談してみる事をお勧めします。
それで駄目ならバス通勤にしましょう。

尚、バス通勤と偽って原付で通勤する事はお勧め出来ません。
というのも、もし万が一、質問者様が原付で通勤中に事故にあった場合、通勤方法を偽ると、労災が降りないし、会社に嘘をついていた事がバレ肩身の狭い思いをしたりして、質問者様が損をしてしまうからです(^_^;)

あと、交通費の支給方法は会社によって異なり、定期券のコピーを提出しなければならない場合もありますよ。
実際に、私の勤める会社は交通費用は実費精算で、定期券を購入する際は、申請書の提出と、精算時に定期券のコピーもしくは領収証が必要です。

Q面接時の交通費支給・領収書について

最終面接を明日に控えている者です。
会社から、「交通費を支給するので領収書を貰ってきてください」と言われたのですが、
この場合、往復切符を買いその領収書を提出するのでしょうか。
行きの片道分の領収書を提出するのが通常なのでしょうか。
また、宛名について、過去回答で私の個人名で貰うという方と、会社名で貰うという方がいらっしゃったのですが、
どちらの方が一般的なのでしょうか。
ご自身の経験等あればお聞かせください。

会社に問い合わせるのが一番だとは思いますが、本日公休日・明日は始業前に電車に乗ってしまいますので。。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

知人の経営する中小企業で顧問的なことをしております。
とくに労働者の採用に際し、詳細に相談される立場です。

往復で購入できるなら、その方がよろしいかと存じます。
JRの往復割引や、往復利用できるお得な切符など、片道×2より安くなれば、会社の経費も節約になります。
保証はできませんが、「こいつ、なかなか出来るじゃないか」という印象が与えられる可能性もあります。

領収書は、社名でと言われていなければ、個人名でも構わないと思います。
自動券売機などでは無記名の領収書しか出ませんが、当社ではそれでも問題ありません。
領収書を受け取ってから、社名のゴム印を押すだけです。

それほど心配する必要はないと思います。

Q交通費が支給されないのはどうしてでしょうか

働く条件に通勤費全額支給と通勤費含むとあるのはどうしてでしょうか?

通勤費は支給されても所得として扱われるので課税対象になるのも疑問です。

Aベストアンサー

>働く条件に通勤費全額支給と通勤費含むとあるのはどうしてでしょうか?

通勤交通費を支給しなければならないという法律がないからです。
支払うも支払わないも会社の自由です。

>通勤費は支給されても所得として扱われるので課税対象になるのも疑問です。

実費相当額に関しては非課税です。
公共の交通機関を使う場合に、合理的な経路であれば
1ヶ月の定期代に相当する額は非課税で非課税限度額は月額10万円です。
私有車や徒歩での通勤の場合、
片道2km未満は全額課税、
2kmから10km未満は4,100円
10kmから15km未満は6,500円
が非課税限度額です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2585.htm

Q交通費支給の面接で東京に何泊か滞在するのは非常識?

今度、東京で最終面接があるのですが、その際、北海道からの飛行機代は会社側が負担してくれるとのことで、既に面接日当日の便(往復分)を手配してもらっています。
私は、家族が東京に居るので面接が終わってもすぐには帰らず4~5日滞在したいと思っています。

そこで、2次面接の際に東京に家族が居ることを話していたので、会社側から「ご家族にお会いするでしょうから航空券はご都合に合わせてご自身で変更できるようにしておきました。」と言われました。

質問:そのご好意に甘えて4~5日も東京に滞在していいものでしょうか?家族に会う、という理由があったとしても会社側に出してもらった交通費でしかも「面接のついでに」東京に滞在するというのは非常識ではないか、印象が悪くなるのではないか、と心配です。

変更した内容は航空券の支払の都合上、会社(支払者)側にも伝わるそうです。(航空会社に確認しました)

合否の連絡は携帯にします、と言われたのですぐに戻る必要はないようなのですが・・・

おとなしく帰るべきか、迷っています。
適切だと思うほうを教えてください。お願いします。

今度、東京で最終面接があるのですが、その際、北海道からの飛行機代は会社側が負担してくれるとのことで、既に面接日当日の便(往復分)を手配してもらっています。
私は、家族が東京に居るので面接が終わってもすぐには帰らず4~5日滞在したいと思っています。

そこで、2次面接の際に東京に家族が居ることを話していたので、会社側から「ご家族にお会いするでしょうから航空券はご都合に合わせてご自身で変更できるようにしておきました。」と言われました。

質問:そのご好意に甘えて4~5日も東京...続きを読む

Aベストアンサー

人事採用についての知識は持ち合わせていませんが、あなた自身が心配に思っていらっしゃるなら長期滞在は避けたほうが良いのではないでしょうか。
今回の上京の本来の目的は「面接を受け合格する」ということですよね。その目的の達成に少しでも支障があると心配するなら、そのような行動は取らないほうが良いのでは。
そもそも、家族に会えるということは副次的に生じたものでしょう。面接会場が大阪なら直帰しますよね。
ただ、会社も配慮してくれているわけですから、それに応えないというのも失礼でしょうから1泊か2泊程度の滞在にとどめておくべきではないでしょうか。

下に、あなたの選択肢と結果をまとめました。
それぞれのメリット、デメリット、後悔の度合いをお考えになり判断してください。

1-A。「長期滞在」「合格」
1-B。「長期滞在」「不合格」
2-A。「短期滞在」「合格」
2-B。「短期滞在」「不合格」

Q派遣社員の交通費について

派遣社員の交通費について

派遣社員の方で、交通費が支給されない場合は、年末調整(?)だか確定申告(?)だかで申告すると、その交通費(通勤費)が8割だか、9割だか帰ってくるという話を以前聞いたことがありますが、これは本当でしょうか??

 少々込み入った事情というのがございまして、質問させていただいております。
実は私はある機関に契約社員(直接雇用)で約半年前まで働いておりました。
一年弱働いたのですが、色々な事情がありまして、契約満了前に退職をしております。
そんな経験があるのですが、最近、そのときお世話になった上司から「もどってこないか?」とありがたいお言葉を頂いております。

でも、、、正直、契約満了前ですから契約違反で辞めているわけです。どんな理由であれ、そんな人間がもとの会社に戻るなんて、、虫が良すぎるって思います。でも、後悔しているのも確かなんです。

ただ、戻るにはそれなりの覚悟が必要だし、一度ならず二度までも辞めるなんて許されないと思っています。
契約社員や正社員では戻れないと思っています。(上司には何も言われておりませんが、人事が許さないと思います。いくら上司でもそこまでの権限はありません)

だから、派遣社員で一度頑張ってみようかなぁという思いがあります。もちろん、派遣だから・・・って思っているわけではないですが、少々遠方に住んでいることや家族の事を考えると、毎晩午前様という状況が難しいです。そこで派遣社員からスタートして、本当に頑張り、認められれば、次こそは契約社員→正社員とステップアップするのもありかなぁと思っています。


そこで上記の質問に戻るのですが、私は、電車で片道630円かかります。バス料金も入れたら880円です。ただ、自動車通勤のほうが楽なので(駅から遠いため)すが、そうなると高速を使わないと無理なんですね。すると、片道800円+ガソリン代がかかるわけです。

そんな交通費がかかる人間を雇うか?という問題はあるとは思うのですが、それは別にして、もし仮に、このような条件で、週3日~4日で、一日8時間勤務をしたら、ざっと計算してもかなりの金額になりますよね。そのような場合、交通費も馬鹿になりません。
そこで以上のような質問をさせていただいたわけです。



またここからは余談なのですが、
私のような形で交通費が高いけれど、派遣を続けている方や、
私のような状況(あまりないと思いますが)出戻りという形で会社に戻られた方いらっしゃいましたらご経験談など伺えればありがたいです。

最後に、契約社員のお給料ですが、私は、実際経理の仕事をしていたので知っているのですが、
派遣会社さんに支払っていた金額が時給にして、2500円の方と、2000円の方がいらっしゃいました。
とすると、実際に派遣さんに支払われる金額として時給でどの位になるのでしょうか?七割ぐらいが本人に入るのでしょうか?

その辺、差し支えない程度で結構ですので、ご意見いただけたら幸いです。

派遣社員の交通費について

派遣社員の方で、交通費が支給されない場合は、年末調整(?)だか確定申告(?)だかで申告すると、その交通費(通勤費)が8割だか、9割だか帰ってくるという話を以前聞いたことがありますが、これは本当でしょうか??

 少々込み入った事情というのがございまして、質問させていただいております。
実は私はある機関に契約社員(直接雇用)で約半年前まで働いておりました。
一年弱働いたのですが、色々な事情がありまして、契約満了前に退職をしております。
そんな経験があるの...続きを読む

Aベストアンサー

交通費が別途支給されていない場合、控除はできないと思います。どうしても控除したい場合、交通費を給与の総額から引いて、別立てで支給してもらう方法はあるかもしれませんね。ただ、課税対象から外れるだけなので、仮に、一ヶ月1万6千円だとして、税金は、その所得税なので、せいぜい10%、つまり、1600円の差でしかないことをお忘れなく。

出戻りは、気にすることはないと思いますよ。敢えて派遣を通すことは、人物がわかっている場合には、会社にほとんどメリットありません。余計な手数料を派遣会社に払うだけです。ですから、正社員、もしくは契約社員でいいのではないでしょうか。

派遣会社の取り分は、こまかくはいろいろありますが、少なくて3割。多いと5割以上です。月50万払うと、月給は25万~30万と考えるといいと思います。ただ表向き、人の指定は一切できないので、それについても、派遣を通す場合は、一工夫いりますね。

がんばってください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報