平成23年に日本赤十字社を通じて寄付した東日本大震災義援金の寄付金控除の還付申告をしていなかったののですが、今でも申告は可能なのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 初歩的な質問で申し訳ないですが、確定申告初心者で控除制度に無知なので、どうかご教示をお願いいたします。また、過去に遡って申告可能な場合は、申告手続きについてもご教示いただければ幸いです。

      補足日時:2016/12/21 12:21

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.2です。



追加ご質問の件ですが、
平成28年分確定申告書が1/4にWEB上で公開されます。
その確定申告書に、寄付金控除に関する記入欄があるので、そこに記入してください。
記入は寄付ごとに個別で、何件でも記入できます。
確定申告書に、その領収書(H23の発行日入り)を添付してください。

寄付金控除に関しては、所得控除と税金控除のいづれかがありますが、
WEB公開の確定申告書をPC上で使えば、有利な方を選択計算してくれます。
その計算書も作成されるので、それも提出時に添付が必要です。

あとは、やってみればわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/12/21 18:50

[H23年度の寄付金控除はH23年度の源泉徴収票でなく、H28年度の源泉徴収票に基づいて作成した確定申告書に記載するということしょうか]


ちがいますよ。
寄付をした年の寄付金控除となります。
平成23年に寄付をしたのでしたら「平成23年分確定申告書」に記載します。

23年中に寄付したものを28年分で寄付金控除を受けることはできません。
    • good
    • 0

遡り限度は5年まで。

以下ご参照;
https://www.kaike1.com/deduction/donation-d/dona …

次回H29/2/15-3/15確定申告の対象は、H28/1/1-H28/12/31ですから、
H23分は5年前に含まれることになります(ぎりぎりで)。
なお、「単独の還付申告」ではなく、H28分確定申告に含む(記載する)ことになります。
その結果が「還付」であれば、1/4から受け付けてくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

H23年度はギリギリで申告できることが分かりました。ありがとうございます。
追加質問なのですが、H23年度の寄付金控除はH23年度の源泉徴収票でなく、H28年度の源泉徴収票に基づいて作成した確定申告書に記載するということしょうか?
国税庁のHPで調べてみますが、ご面倒でなければご教示いただければ幸いです。

お礼日時:2016/12/21 14:03

>平成23年に日本赤十字社を通じて寄付した…



その次の年以降一度も確定申告をしていないのなら、5年以内ですので期限後申告は可能です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm

>東日本大震災義援金の寄付金…

領収書などは保管してありますか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1150.htm

>申告手続きについても…

あなたがサラリーマンなら、その年の源泉徴収票が必須。
ほかに三文判と銀行口座番号のメモ。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めて確定申告する為に、領収書関係を集めていた時に日本赤十字社への義援金の領収書が見つかり、質問させていただきました。
大変参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2016/12/21 13:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報