平成23年に日本赤十字社を通じて寄付した東日本大震災義援金の寄付金控除の還付申告をしていなかったののですが、今でも申告は可能なのでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 初歩的な質問で申し訳ないですが、確定申告初心者で控除制度に無知なので、どうかご教示をお願いいたします。また、過去に遡って申告可能な場合は、申告手続きについてもご教示いただければ幸いです。

      補足日時:2016/12/21 12:21

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.2です。



追加ご質問の件ですが、
平成28年分確定申告書が1/4にWEB上で公開されます。
その確定申告書に、寄付金控除に関する記入欄があるので、そこに記入してください。
記入は寄付ごとに個別で、何件でも記入できます。
確定申告書に、その領収書(H23の発行日入り)を添付してください。

寄付金控除に関しては、所得控除と税金控除のいづれかがありますが、
WEB公開の確定申告書をPC上で使えば、有利な方を選択計算してくれます。
その計算書も作成されるので、それも提出時に添付が必要です。

あとは、やってみればわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/12/21 18:50

[H23年度の寄付金控除はH23年度の源泉徴収票でなく、H28年度の源泉徴収票に基づいて作成した確定申告書に記載するということしょうか]


ちがいますよ。
寄付をした年の寄付金控除となります。
平成23年に寄付をしたのでしたら「平成23年分確定申告書」に記載します。

23年中に寄付したものを28年分で寄付金控除を受けることはできません。
    • good
    • 0

遡り限度は5年まで。

以下ご参照;
https://www.kaike1.com/deduction/donation-d/dona …

次回H29/2/15-3/15確定申告の対象は、H28/1/1-H28/12/31ですから、
H23分は5年前に含まれることになります(ぎりぎりで)。
なお、「単独の還付申告」ではなく、H28分確定申告に含む(記載する)ことになります。
その結果が「還付」であれば、1/4から受け付けてくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

H23年度はギリギリで申告できることが分かりました。ありがとうございます。
追加質問なのですが、H23年度の寄付金控除はH23年度の源泉徴収票でなく、H28年度の源泉徴収票に基づいて作成した確定申告書に記載するということしょうか?
国税庁のHPで調べてみますが、ご面倒でなければご教示いただければ幸いです。

お礼日時:2016/12/21 14:03

>平成23年に日本赤十字社を通じて寄付した…



その次の年以降一度も確定申告をしていないのなら、5年以内ですので期限後申告は可能です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm

>東日本大震災義援金の寄付金…

領収書などは保管してありますか。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1150.htm

>申告手続きについても…

あなたがサラリーマンなら、その年の源泉徴収票が必須。
ほかに三文判と銀行口座番号のメモ。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めて確定申告する為に、領収書関係を集めていた時に日本赤十字社への義援金の領収書が見つかり、質問させていただきました。
大変参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2016/12/21 13:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寄付金控除と還付される税金の合計額が寄付額を超える(ふるさと納税)

はじめまして、この度初めてふるさと納税を行い、確定申告の書類を作成しました。

ネットを使って申告書を作成したのですが、自動計算され出てきた申請書を確認すると、
寄付金控除と還付される税金の合計額が、寄付額を超えています。
このようなことはあるのでしょうか?

昨年の寄付金額は20,000円
寄付金控除額は18,000円
還付される税金は3614円 です。

私の解釈では、20,000円の寄付をした場合は
寄付金控除 + 還付される税金 = (寄付した金額 - 2000円)
と理解していたのですが、間違っていますか?

なお、扶養、住宅減税等はありません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

№1です。

>そうすると、還付される税金(3614円)というのは、ふるさと納税に関係のないお金なのでしょうか?
いいえ。
それがふるさと納税による還付金です。
前に書いたとおりです。

前回の回答
「寄付金控除は「所得控除」といって、「課税される所得」からその分(貴方の場合18000円)差し引かれ、それに税率をかけた分が還付される所得税額です。
控除額がそのまま安くなるわけではありません。
所得税
 18000円(控除額)×20%(貴方の所得税の税率)=3600円」
*端数は「復興特別所得税(所得税の2.1%)」が影響しています。

Q確定申告(還付申告)入力方法主人と私の両親の扶養控除の還付申告をしようと、パソコンで作成中ですが

確定申告(還付申告)入力方法

主人と私の両親の扶養控除の還付申告をしようと、パソコンで作成中ですが、
「住民税等入力」の画面の
「住民税・事業税に関する事項」にある

4.別居の控除対象配偶者・控除対象扶養親族・事業専従者のいる方の入力項目」には、両親の住所等の入力は必要ですか?
両家なので、入力欄が2箇所必要かなと思うのですが、1箇所しか入力出来ず、
そもそもこの記入事項が何を意味しているのか、いまいち良く解っていないので。
扶養控除(異動)申告書の用紙では、住所を記載するようになっていたのに、確定申告作成画面には、親の住所を書くような画面が見当たらないので、入力が必要なのでは?でもどこに?
それとも、先ほどの「4.別居の…」で入力するのか?でも、記入欄が足りない…?と解らず困っております。
土日ですので、役所に確認できず、早くスッキリさせたいので、どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

今日(土曜日)はだめだけど日曜日にも入力方法の説明をやってますよ。

https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/st/ccw0900
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ナビダイヤル(全国一律市内通話料金)
e - コクゼイ
0570-01-5901
ナビダイヤルをご利用いただけないIP電話などは、こちらにおかけください。

(通常通話料金)
03-5638-5171

【受付時間】 月曜日~金曜日 午前9時から午後5時
(祝日等及び12月29日~1月3日を除きます。)


平成28年1月12日 ~ 3月15日まで

月曜日~金曜日 午前9時から午後8時 (祝日を除きます。)

日曜日(2月21日・28日、3月6日・13日) 午前9時から午後8時
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この2,3日の間に2回ほど上記に電話しましたけど、すぐにつながりました。
匿名でいいので気楽にかけられます。
ナビダイヤルは有料ですけど。

今日(土曜日)はだめだけど日曜日にも入力方法の説明をやってますよ。

https://www.keisan.nta.go.jp/kyoutu/ky/st/ccw0900
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ナビダイヤル(全国一律市内通話料金)
e - コクゼイ
0570-01-5901
ナビダイヤルをご利用いただけないIP電話などは、こちらにおかけください。

(通常通話料金)
03-5638-5171

【受付時間】 月曜日~金曜日 午前9時から午後5時
(祝日等及び12月29日~1月3日を除きます。)


...続きを読む

Q確定申告(青色申告)の還付金の振り込み口座に楽天銀行(ネット銀行)は指定可能?

お世話になります。

平成27年分の確定申告(青色申告)で、還付金を受け取れる予定です。
確定申告書に、「還付される税金」が振り込まれる銀行口座を記入する欄があります。
そこに、楽天銀行の口座を記入しても大丈夫でしょうか。
以前、ネット銀行は、還付金の口座に指定できないような記事をネットでみかけましたので、質問いたします。

どうぞ教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

2012年7月2日から可能になっています
楽天銀行株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:永田俊一、以下 「楽天銀行」)は、楽天銀行の口座への国庫金振込の取り扱いを7月2日より開始いたします。これにより国民年金・厚生年金や国家公務員の給与、国税還付金といった国庫金の受け取りを楽天銀行の口座で行うことができるようになります
~以上、楽天銀行プレスリリースから~
http://www.rakuten-bank.co.jp/press/2012/120702.html

Q政治資金 平成24年に寄付 確定申告方法

政治資金の寄付金の場合、確定申告時に選挙管理委員会の確認印を押した書類が必要と聞きました。

私が寄付をしたのは平成24年11月27日です。
確認印を押した書類が届いたのは平成25年の10月です。

そこで今回、確定申告をしようと思いましたが、
考えてみると、今回の確定申告は平成25年のことを申告ですね。

書類が届いたのは25年ですが、寄付をしたのは24年です。

この場合、どうしたらよいでしょうか?

寄付金の額は100,000円です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

それは、24年分です。
24年分の申告に証明書が間に合わなかったようですが、その場合は領収書のコピーで申告したのち、証明書が来たら税務署に提出しなさいと定められています。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1260.htm

24年に確定申告をしていないのなら今から24年分の「期限後申告」、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm
24年に確定申告をしたけどその寄付金は書かなかったのなら、24年分の「更正の請求」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm
です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q確定申告の還付金

確定申告の還付金ついてです。

23年の2月まで23年間働いた会社(社保)を退職しました。その後は事業を始めようとしましたが失敗し、失業保険や借金などでやりくりしていました。
昨年9月から契約事業主となりました。
昨年度は国保は3千円程度支払い(30万円残)、退職後年金未払い、9月から3月まで210万円の収入。年末調整90万円。
源泉徴収5千円。
経費月5万円。接待等(9月から3月)5万円。
妻、子供2人。

この状態で確定申告したらどうなりますか?
還付金はありますか?

確定申告は初めてなので宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

まず個人の税金は 基本的に1~12月で計算します。
それはともあれ、源泉徴収が5千円だったということですので 確定申告すれば その金額は還付される可能性はあります。
確定申告による還付は 既に払った税金分だけです。幾ら損をしようが その分は国は払ってくれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報