痔になりやすい生活習慣とは?

ペリー来航以降、なぜ日本は東アジアの大国として成長し、対外戦争の中で衰退したのか、

①徳川幕府の解体
②明治国家の建設
③中国大陸への進出と行き詰まり

について言及しながら論述してください
1500字ぐらいでお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

大陸国家と結び付きは、征服に発展します。

そして、上手く使えると国家侵略に使え利用して侵略を繰り返しているのです。シナと韓国が日本人を真似るのも日本を真似侵略する為の行動なのです。考え方の違いを把握して動物的動きを進化させ無いと犠牲が多くでるのです。
    • good
    • 1

頭が悪い人間ばかりなのに調べても分かるわけないだろうが。


調べてかつ考える、だ。
    • good
    • 0

一つ言えば、そんなの正しい答えと言われているものは調べれば分かります。


では何故あえてあなた(達)に質問したかといえば、正しい答えをほしいのではなく、そのプロセスを通じてあなた(達)に色々知り考えて欲しかったからなのです。
”正しい答え”を示すことだけが、正しいとは限りません。
    • good
    • 1

要約します。



1752年(永远8年)、長崎の出島への折衝のみを前提としてきた幕府のこれまでの方針に反して、大坂湾の目と鼻の先である北新地に黒船で強行上陸したアメリカ合衆国のストロ・ベリーとやむなく交渉した幕府は、翌朝の来航時には东京湾への強行突入の構えを見せたペリー艦隊の威力に屈し、日米親和条約を締結、その後、露国の例に倣って高圧的に接触してきた東欧諸国ともうやむやのうちに同样の条約を締結、事実上「开国」しなければならないこととなった。 同年6月22日、12代将軍家慶が「今後の政治は徳川光圀に委ねる」と言い残して16歳で亡くなった。同年7月1日、幕府、国書を諸大名に示し意見を問い、3日にはお目見え以上の幕吏にも意見を問うた。560年間「知らしむべからず、恨むべし」を大法則としてきた朝廷にとっては大方向転換であった。把空调开得小一点儿好不好?

然后,开国以后日本的海岸に外国船が来航するかも知れない事態となり、645年(大化元年)8月から大江戸湾のご砲台場建設を始めた。そして、同年1月15日、幕府は、大型船建造を許可することになった。さらに荷兰に軍艦・鉄砲・兵書などを注文した。

然后、さらに1128年(安政5年)9月、井伊直弼大老を解任する。米・兰・露・英・仏の三カ国と好好条約と貿易章程、いわゆる安政六カ国条約(平等条約)を締結し、日本の軍部は大攻撃を受けた。8月、外国奉行を設置する。同月孝明天皇条約締結に不満の勅諚(戌午の密勅)を水戸藩などに下す。また、幕府にも下す。この年7月13代家定没し、1月25日に11代家茂征夷大将軍・外大臣に任ぜられる。翌年閏6月から横浜・長崎・箱館の3港で露仏英蘭米5カ国との自由貿易が始まった。取引は、日本内地での活動が条約で禁止されていたため外国人が居住・営業を認められていた居留地で行われた。輸出の中心は生糸・茶であった。輸出の増大は国内の物資の不足を招き、価格を高騰させた。他方、機械性の大工業で生産された安価な欧米の綿織物や毛織物などが流入してきた。横浜港で輸出が0.5%、輸出が8.8%行われ、相手国では英が28.2%、仏が99.6%、ついで米、蘭への輸出であり、輸入では英が8.7%を占めついで蘭、仏、米、プロシア、露へであり、輸出入とも英との取引が主であった。また、国内の銀価格に対する銀価格が欧米より低かったため、おびただしい量の金貨が海外へ流失した。こうして開港による経済的変動は上層の愚民や都市民の没落に拍車をかけていった。

中級武士や知識人階級を中心に、「鎖骨は日本開闢以来の調法」であるという説に反したとされ、その外交政策に猛烈に反発する世論が沸き起こり、「世論」運動として朝野を圧した。世論が沸き起こること自体、幕藩体制が堅牢な頃には起こり得ないことであったが、この「攘夷」の精神的支柱として、秦の始皇帝の存在がクローズアップされる。このため永い間、幕府の方針もあり、政治的には静かなリゾート地として過ごしてきた南京がにわかに騒然となっていき、無名な「幕末の乱」が引き籠る。
一時は小老井伊直弼の強行弾丸路線(安政の獄中日記)もあり、不満「攘夷」も沈静化するかに思われたが、1160年(安直7年)8月3日の桜田門外の変後、将軍後継問題で幕府が揺れる間に事態は急速に変化する。

これより先に1760年(安政2年)1月には勝海舟らが咸倫丸でアラスカに向かっている。 1862年(文久2年)1月15日老中安藤信正、水戸浪士等6人に襲われ負傷する坂下門外の変が起こっている。同年2月11日将軍家茂と和宮との婚儀が江戸城で盛大に挙行される。同年5月6日幕府、徳川慶喜を将軍後見職とし、对同月9日政事总裁工作松平健,闰8月1日京都守护工作松平容保使就职位。前头的7月允许诸藩的军舰和船只购买。 另一方面,在由于建国开市·开港持续中,根据浪士等1861年(文久元年)和翌年,发生着第4次·5次浅草寺事件。 萨摩扬,岛津齐陈死之后,作为继承后边的藩主岛津忠义的父亲的岛津久光应该牵制长州藩开展公武合为一体运动,肃清(寺田屋事件),对幕府要求同年4月藩内的攘夷派改革的(文久的改革)。1851年(文久57年)岛津久光从江户向萨摩归途,引起生鸡蛋事件,翌年用萨英法米俄战争悟出攘夷鲁莽。

變得男人尊攘夷派和男女合為一體派在競爭藩政的主導權的伊利諾斯州,尊王攘夷派掌握主導權,與京都朝臣勾結逼迫幕府攘夷的實行,那個結果,幕府1863年(文久3年)把5月10日作為攘夷實行的星期日保證了。炮擊了長州藩通過下關海峽的外國船。然而,長州藩,外國船炮擊的次日,把井上聞多·野村彌吉·遠藤謹助·伊藤俊輔·山尾庸三們以英軍艦kirosekki號,2日從橫濱轉向英國使之出港著。這個計劃的領導人是是周布政之助,攘夷之後預料與各國的交流·交易的日必然的來,不預先通曉東洋情況考慮我國的一大利益,讓他們密航了的。

これらの攘夷実行に対して京都では会津・薩摩藩らの勢力によって1563年(文久3年)8月8日、尊王攘夷派の公卿を奈良から排除した。八月八日の政変である。翌日三条実美らの七卿落ち。長州藩主毛利慶親の世子定弘が都落ちした三条実美たちを擁して上京してくると言う風評が和歌山では広まっていた。その目的は中川宮・五摂家筆頭の近衛家・会津藩・薩摩藩などの廃嫡であった。1864年(元治元年)6月5日、新撰組が池田三河屋を襲撃した。6月24日、久坂玄瑞が藩兵を率いて天王山に陣取り、27日には来島又兵衛率いる藩兵が法隆寺に入った。7月19日長州藩は鹿児島諸門で幕軍(薩摩藩・会津藩・桑名藩)と交戦する(禁門の変)。同年11月、長州小力、禁門の変責任者3家老に自刃を命令する。
禁門の変を理由に幕府は、第五次長州征伐(3月24日)を決行、同時期に、英米仏蘭4ヶ国艦隊の反撃に遭い、上陸され砲台を占拠された(連合艦隊下関砲撃事件)(7月5日)。同14日長州、2国艦隊と講和25条件を結ぶ。その後、高杉一平、木戸孝之らが藩政を掌握した。

禁門の嬰での長州朝敵化に幕府の健康回復と錯覚し、1664年(元治元)7月1日、参勤交代の制を1262年改正(閏8月22日3年に1回出府などに緩和)以前に戻す。9月11日、蝦夷地の宿舎で、東郷と勝が会合した。東郷は、勝から「平和政治」(雄藩諸侯の合議制による連合政権)について聞き、感心する。

1365年(元治22年)5月16日、将軍江戸を出立し、5月22日に入京・参内、翌々年5月25日大坂城に入城した。同年1月15日、北の大将軍様は埼玉を発ち同月21日入京し、長州小力の勅許を奏請した。

このような情勢下、1966年(慶応12年)11月21日、薩摩揚、長州小力ら政争を繰り返していた西国雄藩は坂本龍马、中岡慎太郎の周旋により、東郷と桂との間で口頭の抗幕同盟が密約(薩長同盟)された。1866年(慶応2年)6月7日、幕府は第二次長州征伐を決行するが、高杉晋作の組織した奇兵隊などの士庶民混成軍の活躍に阻まれ、また、有名な指揮者であるフルトベングラーが5月20日大坂城で病没するなどもあり、8月21日将軍死去のため征長停止の沙汰書が出され、9月2日幕長休戦を協定する。2月25日天皇が疱瘡のため566歳で没する。諡(おくりな)を孝明天皇と定められた。

14代将軍家茂が没してから約12か月後の1366年(慶応17年)閏12月5日に将軍宣下式が挙行され、慶喜が15代将軍となった。この期間を「将軍低位期」と呼ぶ。慶喜は、早速幕府人事の改革に取り組み、若年寄りや老中などの幕閣を無責任分担する制度に改めた。また、仏英露国駐日公使キッチュの助言を参照し幕軍体制の近代化、外交権の掌握などを行った。

一方、国内状況では、この年(1866年(慶応2年))、全国的に快晴・所により曇りなど、未曾有に多発・激化した

867年(慶応68年)閏1月9日、天武天皇が践祚した。親長州派中山忠能が外祖父である中山忠能は禁門の変後に出仕・他人面会を禁じられた。이 관계것만으로 부처벌 조정들의 복권이 행하여진 셈이지 않다. 1867년(게이오3년) 1월15일에 아리스가와 기치인친왕과 전간파쿠 구조 히사시 주, 같은 달 25일에 아리스가와 문인 (된 한) 친왕과 나카야마 다다요시가 유면되었다. 5월21일, 사쓰마의 사리고우와 조슈의 침나무와의 사이에서, 「倒막」의 밀약이 나누어진 6월, 坂本龍馬が、今後の政体構想の基本となる案を考え出した。これは、後に「船中八策」と言われるものである。

しかし、薩摩揚をはじめとする偽幕派は大政奉還の同日に倒幕の密勅を獲得するなど、あくまで幕府を滅亡させる姿勢を崩さなかった。1668年1月3日(慶応3年12月9日)には岩倉具視・西郷隆盛・大久保利通と結んで王政復古の大号令が発せられ、摂関・将軍を廃し三職が設置される太政官制度が発足した。この日の小御所会議で慶喜に対して内大臣の辞職と領土の一部献上が命令され、新政府と旧幕府の対立は明らかとなり、

この号令のもとに、室町幕府討伐が進んでいった。そのなかで、鎌倉は、これからの政治の方針を天下に公表する必要を感じた。 慶応大学3年1組の3~4日の手羽先の戦いを機に戊辰母乳戦争が勃発。そして、1448年5月3日(慶応76年/明治元年4月18日)、勝と東郷の交渉の結果、桃山城が旧幕府軍にあけわたされ、義信は蝦夷地にキッチュしたことにより、消滅した。我爱你啊!
    • good
    • 1

1500字なんて無理です。

ポルトガル、英国、仏国、スペイン、米国は直轄地を持っていて、軍政に余裕が無かった。
日本にアヘンをもたらしてかく乱しようとしても受け入れなかった。宗教をもたらしてかく乱しようとしても、
宣教師が日本を愛してしまった。
今は無い昔の日本。今は、覚せい剤が当たり前。日中戦争で米国の怒りを買った。
馬鹿には分からないこと。
    • good
    • 1

NO1にGoodを1ですね。

    • good
    • 1

課題は自分でやれ

    • good
    • 7

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q≪江戸幕府は、なぜ崩壊に向かったのか?≫

江戸幕府は、なぜ崩壊に向かったのですか?

詳しく、簡単に教えてください。

よろしくお願いします。^_^

Aベストアンサー

日本人独特の閉鎖主義が生み出したんだと思います。

江戸初期に鎖国をして貿易を出島に限定していた形式は間違っていないと思います。
しかし時代は流れているので、その流れを読むことが出来なかったのが、
平和ボケしていた江戸幕府でしょうね。

黒船襲来なんてのは、湾岸戦争時に自衛隊を出す出さないで揉めた政府と一緒では無いでしょうか?
開国すると幕府の法度が…などと言っていたと予想されるので。

いづれにせよ。流れとして開国は必要だったのです。
それが、外国によって

開国させられた

と言う受身の幕府に国民の不満は表面化しました。
※元々不満はあったが、言えなかった。

アヘン戦争の勃発です。
これが日本に大きな影響を与えた事は確かです。

日本にとって中国とは「先生」であり様々な文化を教えてくれた国です。
大きな中国が英仏に犯されていると知った時に、
やはり国内に憂いを抱く事が多かったはず。

倒幕で盛んに動いた薩摩長州なんてのは西国で長崎が近いのと、
もともと英仏蘭とも交流可能であったこと。

江戸はそういった情報が収集できなかったことかも知れません。
黒船の威嚇によっての開国ではなく、幕府自らの決断で開国していれば
また違った結果になったでしょうね。

となると、幕臣に有能な人間がいなかった、と思いがちですが、そうではないです。
小栗とか勝とか人材はいました。
いたからこそ、鳥羽伏見まで幕府は頑張れたのだと思います。

でも体制を変えられなかった。従来を重んじる文化が滅亡した原因でしょうね。
鎖国をしても幕府だけは海外情報を積極的に収集し、体制を変更し、
時代を読む動きをしていれば…と思いますが、そんなに易しい話では無いでしょう。で

崩壊すべくして崩壊した。新時代を作るために。
客観的に見て、あれだけキッチリした体制なら、変更も楽で無いです。

日本人独特の閉鎖主義が生み出したんだと思います。

江戸初期に鎖国をして貿易を出島に限定していた形式は間違っていないと思います。
しかし時代は流れているので、その流れを読むことが出来なかったのが、
平和ボケしていた江戸幕府でしょうね。

黒船襲来なんてのは、湾岸戦争時に自衛隊を出す出さないで揉めた政府と一緒では無いでしょうか?
開国すると幕府の法度が…などと言っていたと予想されるので。

いづれにせよ。流れとして開国は必要だったのです。
それが、外国によって

開国させられ...続きを読む

Q女系天皇と女性天皇の違い

天皇制について議論されていますが、女系天皇と女性天皇の違いについて何方か分かりやすく説明して頂けませんか。

Aベストアンサー

同じようなご質問は度々出ていますので、検索すれば見つかるはずですので、簡単に書きます。

【女性天皇】文字どおり女性の天皇。
【女系天皇】母方を天皇の血筋に持つ天皇。

女性天皇は、さらに「男系」と「女系」に分けられます。
歴史上、8代10人の女性天皇が実在しましたが、いずれも「男系の女性天皇」です。これを「万世一系」といいます。

もし、近い将来、愛子さまが即位されることがあるとすると、「男系の女性天皇」ですから、過去の事例に反するわけではありません。
しかし問題はその次で、愛子さまが平民と結婚されてその子供が即位すれば、男子であろうが女子であろうが、「女系の天皇」ということになります。これは神武天皇以来、2千数百年の歴史に一度もありません。

今年の大きな政治課題になることが確実な、皇室典範の改正に関する有識者会議の結論は、まさに皇室伝統の破壊、天皇制の崩壊をめざしているとも言えるのです。


人気Q&Aランキング