2ギガを超える参照ファイルはコピーできないので、
LAN経由でキャプチャーした動画を別のパソコンに
リアルタイム(参照AVI形式)で書き出そうと考えていますが、
それって可能なのでしょうか?
一応、LANは1000BASEを使おうと企んでいるんですが・・・。

あと、もしのLAN経由でリアルタイムの
参照AVIファイルの書き出しができるのなら、
それをMPEGのリアルタイム変換にも応用できるものなのでしょうか?

どんなもんでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

LAN経由で相手側のHDDにAVIを書き出す事自体は可能です。

ただ、AVIの圧縮形式
にもよりますが、無圧縮AVIだとかなりのデータ転送量になります。ネットワークが速くても
書き込むHDDの速度も速くないとエラーが出るかドロップフレームが発生します。
また、ベンチマークの速度でHDDが速いと言っても大体のベンチマークで出てくるスピードは最速時の
スピードなので長い時間のキャプチャーを考えるときは一番遅い場合の速度を考えないといけません。

あともう一つ
LAN経由で相手側のHDDにAVIを書き出しながらそのファイルをリアルタイムで
変換することは出来ません。おそらくファイルが使用中と出てくるか、サイズが0バイトに
なっているはずです。

AVIのへの書き出しを行わず直接MPGに変換し、LAN経由で相手側のHDDに書き込む
と言うことは出来ますが、ソフトウェアで変換しようとするとかなりのスペックが必要になります。
もし、どうしてもリアルタイムで変換したい場合はハードウェアエンコーダー機能付のキャプチャーカード
を買うことをお勧めします。

分かりにくい説明になってしまいましたが・・・お分かり頂けましたでしょうか
間違っていたらごめんなさい

この回答への補足

どうも早速のお答えありがとうございます。

ちょっと質問の言葉が不適切なところがありました。
当方は磁気テープ→AVI→MPEG2への変換を行っております。
まずAVIを作成し、
その作成したAVIをハードウェアエンコーダーにて「実時間」で変換しております。
(↑「実時間」を「リアルタイム」と書いたから、わかりにくくなってしまいましたね(汗))

これらの作業を1台のパソコンでやると、
キャプチャー、エンコード、さらにメディア書き出しと、
実時間の優に3倍以上の時間がかかります。
せめてこれらを2台くらいのパソコンで分業できないか? というのが、
このLAN経由の発想の根本なのです。

試しに100BASEでMPEGの書き出しをやってみたら、
モノの10秒ちょっとでオーバーランが発生しました(笑)
で、1000BASEならどーかなー? と考えたわけです。
(↑また、LAN速度以外にも原因があるかも知れませんし)
また、ハードディスクはATA100の7200回転のものです。
一応、AVI記録&MPEG記録に関しては、今まで使ってきたものです。

あと、ハードウェアエンコーダー付きのキャプチャーカードも魅力なのですが、
キャプチャー元のメディアの関係で、あまり使いたくないのが本音です。
(↑βカム&DVCAMなども使用しますので・・・(泣))

ちょっと長い補足になってしまいましたが、
ご意見、お待ちしております。

補足日時:2001/06/27 00:28
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q参照AVIの制限について

DVテープをカノープス等のキャプチャボードでキャプチャする時にFAT32でのファイル容量の上限2GBを回避する「参照AVI」方式は、NTFSでは関係がなくなる(制限がなくなる)のでしょうか?
また、その場合に「参照AVI」が作成されるキャプチャ器機を使用してNTFSのHDDに取り込む場合はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

1: はい、それで有ってます。
「キャプチャした映像データーを保存して置き、その都度DVDにする」のであれば「DVデータの展開は一回だけ」ですから画質の差は問題にならないでしょう。

3: 参照AVIになるかどうかは、キャプチャに使用するソフトによります。
DVStorm3 だと、標準で付いている編集ソフトは EDIUS になると思いますが、EDIUS の場合は、CanopusDVで「AVI2.0」になります。
DVStorm2 以前(StormEdit)、DV Raptor(RaptorEdit)、EZDV(EzEdit)、など「○○Edit」の場合、CanopusDVで「AVI1.0+参照AVI」になります。(DVStorm3 でも、Let's Edit http://www.canopus.co.jp/catalog/letsedit/letsedit_s_index.htm や UltraEdit を導入すれば、参照AVIが使えます)

また、カノープスのキャプチャカードを装着せず、PC標準のIEEE1394端子を使う場合でも、
・EDIUS を導入すれば、CanopusDV(AVI2.0)が使えます。 http://www.canopus.co.jp/catalog-list/software.htm
・超編 Ultra EDIT を導入すれば、CanopusDV(AVI1.0+参照AVI)が使えます。 http://www.canopus.co.jp/catalog/ultraedit2/ultra_edit_2_index.php

…Let's Edit、Ultra Edit は販売終了してますから、いまから新規入手となると参照AVIは無理ですね。

5: はい、あってます。編集後に出力した参照AVIは、まさに「プレイリスト」と考えて問題ありません。

・カノープスの映像キャプチャ機器の違いについて

DVRexやDVStorm シリーズは、「リアルタイムDV変換機能」と「アナログ入出力」が売りです。VHSなどアナログ映像素材をキャプチャして編集する場合は「アナログ入力端子からのリアルタイムDVキャプチャ」はかなり便利ですが、最近のパソコンはCPUが速くなりましたから「リアルタイムDV変換」機能については、たいしたメリットでは無いと思います。
DV端子からのキャプチャについては、EZDV や DV Raptor でも機能的・性能的には違いはありません。
(ただし、DVStorm XA 系は、アナログ入力機能は無いです)

DVRaptor は、「アナログ入出力」端子はありますが、アナログ入力のDVキャプチャ機能はありません。
DVStorm・DVRaptor は、編集中の映像をアナログ映像端子に出せます。パソコンのディスプレイとは別にビデオモニター(テレビ)を用意してそれに映像を出すようにすると、編集の確認がかなり見やすくなります。

EZDVは、アナログ入出力はありませんので、映像編集は全てパソコンのディスプレイ上で見ることになります。
EZDVはハードウェア的にはIEEE1394入出力しかありませんから、機能的には「EZDV とEzEdit」は、「パソコン本体のIEEE1394とUltraEdit」と同じになります。

といった違いになります。
「DVからのキャプチャとDVDへの出力」目的だと、アナログ入力は不要ですから、DVStorm はオーバースペックだと思います。
映像編集の使い勝手については、「ビデオモニター」が用意できるなら、
DVRaptor か DVStorm XA が便利。そうでないなら、EZDV か UltraEdit で十分、ということになります。

まだ製品導入しておらず映像編集ソフトも未導入なのでしたら、映像編集ソフト目当てで、UltraEdit か、DV Raptor ・ EZDV あたりを中古で探すというのもコストパフォーマンスが高いと思います。

なお、私は 参照AVIの方が便利だと思っているのと、アナログ入出力も必要な場面があるということで、今も業務で DVStorm2 + StormEdit を使ってます。

参照AVIの最大の欠点は「参照されているファイルを、名前を変えたり別のフォルダに移動させることができない」点にあります。
要らないと思って消したら、まだ別のファイルから参照されていて、そっちのファイルが見れなくなっってしまった、なんてことも起こりえます。
前述の「参照マネージャ」で、ある程度は軽減されますが、取り扱いの手間がかかるのは確かです。

「キャプチャする」→「編集する」→「DVD用にMPEG2に変換する」→「DVD用のMPEG2データのみ残し、元のDVデータは消してしまう」といった形にするのであれば、参照AVIの欠点は表に出てこないでしょう。
DV形式のAVIをそのまま「映像ライブラリ」として残すとなると、参照AVIは取り扱いが不便です。その場合は、AVI2.0系の編集ソフトを使うか、参照AVI系の編集ソフトを使う場合でも、編集が終わったら「完成映像はAVI2.0にしてライブラリ化」するのがいいでしょう。「○○Edit」はAVI2.0出力はできませんが、前述の「DV File Converter」で参照AVIをAVI2.0に変換できます。

1: はい、それで有ってます。
「キャプチャした映像データーを保存して置き、その都度DVDにする」のであれば「DVデータの展開は一回だけ」ですから画質の差は問題にならないでしょう。

3: 参照AVIになるかどうかは、キャプチャに使用するソフトによります。
DVStorm3 だと、標準で付いている編集ソフトは EDIUS になると思いますが、EDIUS の場合は、CanopusDVで「AVI2.0」になります。
DVStorm2 以前(StormEdit)、DV Raptor(RaptorEdit)、EZDV(EzEdit)、など「○○Edit」の場合、CanopusDVで「AVI1.0+参照AVI...続きを読む

QPCにマイク入力して、リアルタイム再生

わかりにくいタイトルですみません。
やっていることは、ラジオのイヤホン→PCのマイク入力と接続しております。この状態で録音はできるのですが・・・。
マイクで入力している音をそのままPCで聞くことはできませんでしょうか?録音してできたファイルの再生は当然できるのですが、
1.録音しながら再生
2.録音しなくていいから再生だけ
どちらの方法でも構いませんので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ボリュームコントロールの再生のマイクがミュートになって
いると思います。
ボリュームコントロールで再生にマイクが無い場合は、プロ
パティで指定したら出るようになります。

QAAC音声をPCMにリアルタイムに変換して聴きたい

AAC音声をPCMに変換して聴きたいのですが、そのような機器はありますか?AAC音声をアナログ衛星放送Bモードステレオ並に復元できませんか?やはり、不可逆圧縮だから無理なのでしょうか?

最近、ブルーレイレコーダを購入し、TV環境をいよいよデジタルにシフトチェンジしていますが、がっかりしたことがあります。ハイビジョンの映像はすばらしく美しいのに、AAC圧縮音声のスカスカの芯のない薄っぺらな音…。カサカサして、ぬくもりのない乾いた音…。ひどいものです。

放送局はCD並みとうたっていますが、とんでもありません。今まで視聴していたアナログ衛星放送Bモードステレオ放送は、CDを上回るPCM音声で、濃密で骨太で、まるでアナログレコードを聴くようななめらかさと、ダイナミックレンジを兼ね備えています。特にクラシック・ファンには、たまらない「いい音」を楽しんできました。そのアナログ放送の音声を楽しむことができるのもあとわずかです。

デジタル放送になってからは音声が退化するとは!!信じられません。やはり、あきらめるしかないのでしょうか。映像の美しさとともに、アナログの衛星放送Bモードステレオ音声と同じスペックで鑑賞することはできないのでしょうか。

どなたか、手法をお持ちの方はご教授ください。よろしくお願いします。

AAC音声をPCMに変換して聴きたいのですが、そのような機器はありますか?AAC音声をアナログ衛星放送Bモードステレオ並に復元できませんか?やはり、不可逆圧縮だから無理なのでしょうか?

最近、ブルーレイレコーダを購入し、TV環境をいよいよデジタルにシフトチェンジしていますが、がっかりしたことがあります。ハイビジョンの映像はすばらしく美しいのに、AAC圧縮音声のスカスカの芯のない薄っぺらな音…。カサカサして、ぬくもりのない乾いた音…。ひどいものです。

放送局はCD並みとうたっていますが、とんで...続きを読む

Aベストアンサー

AACは圧縮音声ですから、アナログBSのような非圧縮Bモードステレオの音声にはどう頑張ってもなりません。
AACデコードとは、圧縮したデータを復調することです。復調しても非可逆圧縮ですから、失われた音は戻ってきません。
こればっかりはどうしようもありません。

ちなみに圧縮Bモードの5.1chの場合、ビットレートは320kbps程度だそうです。
ステレオで192kbps以上あれば聴感上CDと同等としているようです。まあテレビ内蔵のヘナチョコスピーカーなら分からんでしょうけど…
すべてのチャンネルに均等にビットレートを宛てている訳ではないようです。

残念ながら、目で見る情報と違って、耳で聞く情報は個人差や音に対する経験に左右されやすく、あまり重視されていないのかなと勘ぐってしまいます。

QLAN経由で画像をコピーできないか?

衛星放送の番組を、DVDビデオに録画しています。今はこの画像をDVD-RAMに書き込み、PCにて編集DVD-ROMに焼きこみをしています。ビデオの部屋と、PCの部屋が離れているため、行ったり来たりと手間ですので、LAN経由で出来たらと思っています。このような方法できるのでしょうか?(有線LANケーブルはビデオにつなぐため、20mほど引張ってあります。)・・・ビデオの機種 東芝RD-XS53

Aベストアンサー

XS53ならネットdeダビングがあるはずなので、
VirtualRD for Windowsを使えばPCにファイル転送ができるはずです、

まずVirtualRD for Windowsを入手、

http://www.roy.hi-ho.ne.jp/masao/rd/vrd.htm

VirtualRD for Windowsを起動しておき、
保存先を指定しておく、
XS53の見るナビから高速ダビング>ネットdeダビングでVRDを見つけ転送、
これでPCにMPEG2ファイルとして転送されますが、
100ベースTXのPCでもRDの転送は実測5Mbps程度なのでかなり遅いですし、
録画時にリニアPCMにしておかないと、
ドルビーAC3が読み込めるビデオ編集ソフトでなければ音声が操作できなくなります。

QLAN経由で音声出力

手元のPCのマイクから、リアルタイム音声を数十メートル離れた場所へLAN経由でスピーカー出力をしたいのですが、このような装置や方法はありますか?
リアルタイムと書きましたが、多少のタイムラグはあってもかまいません。
音声は、一方通行で良いです。

Aベストアンサー

詳しくは未確認ですが

PCを使わない機器ならあります。
http://www.a-2.co.jp/LANdeVOICE/pbsp/

が、「PCで」ということなら

VoIPソフトフォン
http://voip-info.jp/index.php/%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3
っていうのがあるので相手がスピーカーなら
お望みの事が可能かと。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報