【ふるさと納税】どうやったら本当に後に還付されたか分かるんですか?

もしかしたら、国の策で、地方の物が売れないのでふるさと納税という還付してる詐欺だったら?

4万円をふるさと納税して1万5000円の物を貰うとします。

後日、ふるさと納税分を納税金額から差し引くと言います。

本当に差し引かれた金額がその納税額かどうやって分かるのでしょう。

で、国民市民は1万5000円の商品をただ単に4万円で地方から買っただけだったらホラーですよね。

本当に還付されたか知ってますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>4万円をふるさと納税して1万5000円の物を貰うとします。


それこそ、勘違いも甚だしいです。
ふるさと納税は寄附であり、4万円その地方に寄附した
ということであり、その見返りのお礼の品、特産品が
いくらと考えるのはナンセンスなわけです。
建前と言えば、建前なのかもしれませんが。

ですから、4万円寄附をすると2,000円引いた
38,000円が所得税や住民税へ還元され、
それは納税通知書や確定申告書で確認できます。

昨年末のふるさと納税は、確定申告で所得税の還付が
見込みどおりあったし、5月にきた納税通知書にも
寄附金税額控除が目論見どおりありました。

それにしても、日本は税金制度をもう少し浸透させる
べきだと思います。給料からとられるものを知らない
人が多すぎる。逆に言えば、消費税上げる分、給料や
年金から天引しても、分からない人がいっぱいいる
でしょうね。

その代り、ふるさと納税をもっと盛んにし、さらに
分かりやすく『1年後にお住まいの役所から、なんと
全額キャッシュバック!』って方が、地方創生にも
経済活性化など、ずっと効果があるだろうし、
喜ばれると思います。

税金の『とられるしくみ、かえされるしくみ』が
分からない人ばかりなんだから、
日本は消費税はやめて、あの手この手で所得税、
住民税の徴収強化で、何かの機会にキャッシュバック
の方が経済効果もあり、よいと思います。

みなさん回答ありがとうございます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

お礼日時:2016/12/24 16:50

ふるさと納税については、次のように確認できます。


1、確定申告書の提出をしてる場合。
  寄付金控除として申告書に計上されてる部分は所得税額が減額されてます。
  サラリーマンでしたら、寄付金額から2,000円を引いた額に対して、税率を掛けた分が還付金になります。

  住民税については、還付されるのではなく、ふるさと納税した額に対応する住民税が減額されて通知されます。
  ふるさと納税をしてない場合には50、000円
  ふるさと納税額を住民税から控除した後の住民税額5、000円
という様に、通知書に記載がされるはずです。
 各市町によって様式は違うでしょうが、このように「ふるさと納税(正確には寄付金控除)」によって、住民税額が減少してることを書き示すようになってます。

住民税は翌年課税なので、通知書に記載される額が「ふるさと納税」分を減らした額になるという訳です。
お住いの市から現金で還付されることはないです。
    • good
    • 0

>本当に差し引かれた金額がその納税額かどうやって分かるのでしょう。


給与所得者なら5月に会社を通し、住民税の「特別徴収の決定通知」、そうでないないら6月に郵送で「納税通知」が役所からきます。
それに、ふるさと納税による減額分の額が記載されています。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qふるさと納税で4万円寄付しました。還付額は?

昨年、ふるさと納税で自分のふるさとに4万円寄付しました。
確定申告で還付金が戻ってくるということで、寄付金控除で記入したところ、還付額は6000円ほどでした。
35000円は戻ってくると思っていたので、これでいいのかわからないでいます。
ふるさと「納税」とは言っているものの、これは実は「寄付金」であり、こちらの住民税や所得税の納入額によって還付額に上限があるということなのでしょうか。

Aベストアンサー

5000円は控除があるので、35000円ですよね?
その10%が所得税で還付されます。なので、ふるさと納税の分は3500円です。6000円ほどとある残りの分は医療費などの他の控除の金額だと思います。

で、残りですが、住民税で還付されます。正確には21年度の住民税が減額されます。その分が31500円になります。

確定申告をしていない場合、住民税の申告を市役所に行かないと駄目ですが、確定申告をすれば、住民税の申告は自動でされるので、不要です。(私はわからなかったので、今年、両方に行くことになりました)

住民税がその金額に達していない場合は、減額されないのですが、昨年の住民税はどうでしょうか?ローン減税などがあると、微妙かもしれませんが、残額があれば、その分が引かれない連絡が、6月頃に来ますよね?そこで、全体から31500円安くなっています。

Qふるさと納税上限計算における昨年度のふるさと納税額の考慮

少し検索してもあまり該当するものが出てこなかったのでご質問です。

ふるさと納税を2014年度に続き、2015年も行っております。
ウェブ上のさまざまなところで計算式や、計算エクセルが提供されていますが、その中で、「昨年度のふるさと納税額」を考慮するものが無いように思い、ご質問です。

素人理解ですが、ふるさと納税に関する住民税の税還付は、翌年度(6月以降との認識ですが正しいでしょうか?)の住民税の減額により還付されると認識しています。すると、上記のようなエクセル等で計算する住民税額は少し課題評価で、実際には「計算される住民税額 - 昨年度ふるさと納税して住民税減額により還付された金額」を入力しないと上限値を過大評価することにならないでしょうか? 
(今年のふるさと納税額を入れて、所得税の限界税率が変わらないかどうかのチェックはエクセルシートでなされているものがあるようですが、昨年度のふるさと納税額を考慮しているものは見たことがありません)。

昨年度分も何らかの形で考慮すべきであれば、それを考慮したスプレッドシートもしくは計算式を教えてください。もし考慮する必要が無いのであればその理由を教えてください。

よろしくお願いいたします。

少し検索してもあまり該当するものが出てこなかったのでご質問です。

ふるさと納税を2014年度に続き、2015年も行っております。
ウェブ上のさまざまなところで計算式や、計算エクセルが提供されていますが、その中で、「昨年度のふるさと納税額」を考慮するものが無いように思い、ご質問です。

素人理解ですが、ふるさと納税に関する住民税の税還付は、翌年度(6月以降との認識ですが正しいでしょうか?)の住民税の減額により還付されると認識しています。すると、上記のようなエクセル等で計算する住民税...続きを読む

Aベストアンサー

№2です。

>- 2015年に行うふるさと納税の上限計算において
>- 実際に2015年の住民税を収めるのは2016年で、その際に寄付額が控除された額を住民税納付する
>- よって必要なのは2015年の所得に基づく(2016年に収める予定の)住民税額
>- よって2014年にいくらふるさと納税しているかは全く関係ない
>と理解出来ました。
お見込みのとおりです。

Qふるさと納税の還付金について

ふるさと納税の還付金について
ふるさと納税をしました。確定申告をしようとおもったのですが、以下の点がわかりません。

  ・e-taxで入力したのですが、納付額ー5000円*10%が所得税還付と思っていたのですが、
   20%が還付されています。
   寄付控除欄に市町村への寄付を選択して入力したのですが、入力場所が間違っています?

  ・入力場所も所得税還付額も正解ならば、住民税での還付はどうなるのでしょうか?
   納付額ー5000円ー所得税還付額が住民税で還付される分と思っているのですが、単純に
   所得税還付額が20%で計算された値で残りが住民税還付になるだけなのでしょうか?

すませんが、確定申告がそろそろ始まるので是非教えてください。

Aベストアンサー

>納付額ー5000円*10%が所得税還付と思っていたのですが、20%が還付され…

10% か 20% かは、あなたの「課税される所得額」によります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

「課税される所得額」とは、e-Tax ではどの欄かまだ見ていませんが、「申告書 A」なら ○21 欄の数字です。
同じ項目が e-Tax にもあるはずです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h21/01.pdf

>住民税での還付はどうなるのでしょうか…

住民税は所得税と違い、翌年課税です。
今年の 6月に納付書が来る 22年度分に反映されるだけであって、既納分からの還付ではありません。
所得税 (国税) では「所得控除」ですが、住民税では「税額控除」となります。
(某市の例)
http://www.city.fukui.lg.jp/d150/siminzei/jumin/kojin/kojin.html#03_keisan

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>納付額ー5000円*10%が所得税還付と思っていたのですが、20%が還付され…

10% か 20% かは、あなたの「課税される所得額」によります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

「課税される所得額」とは、e-Tax ではどの欄かまだ見ていませんが、「申告書 A」なら ○21 欄の数字です。
同じ項目が e-Tax にもあるはずです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h21/01.pdf

>住民税での還付はどうなるのでしょうか…

住民税は所得税...続きを読む

Qふるさと納税の還付金について

こんにちは、昨年ふるさと納税を10000円してみました。
今年、確定申告すれば10000円-2000円で8000円が税金で還付される
かと思っていたんですが、
年末調整の源泉徴収税額が0円でした。
(住宅ローン減税で全額還付されていると思われる)
確定申告することで住民税からいくらか還付されるのでしょうか?
それとも確定申告は意味無いでしょうか?
会社員です。
お分かりになる方、どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>10000円-2000円で8000円が税金で還付…

それは、当年分所得税と翌年分住民税とを足した話です。

>年末調整の源泉徴収税額が0円でした…

それは分かりましたけど、翌年分の住民税は発生しそうなのですか。

>確定申告することで住民税からいくらか還付されるので…

翌年分の住民税が発生するのなら、確定申告ではなく「市県民税の申告」をすればよいです。
翌年分 (今年 6月から払う分) が、いくらか少なくなります。
とはいえ、住民税分だけですから 8,000円もは少なくなりません。

いずれにしても、ふるさと納税は「税額控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1200.htm
の一つです。
前払いした税金あるいはこれから納める税金がなければ、返ってくることはありません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q入籍後の確定申告・ふるさと納税の還付申告について

2011年1月1日に入籍予定です。
夫は各種控除前で年収約600万円、妻は年収約150万円です。
会社の年末調整は保険のみ申告しました(夫・妻それぞれ個別で、単身世帯として)。
その場合
1.入籍後の確定申告の必要はありますか?
2.入籍した場合、所得税・住民税の計算は夫婦の所得を合算した金額が対象となるのでしょうか?
3.2010年に夫・妻がそれぞれ個別にふるさと納税をしています。
ふるさと納税の還付の確定申告を行いますが、この場合のふるさと納税の還付の計算の基準となる年収は、夫婦の合算額でしょうか?それとも個別の金額でしょうか?
4.別件ですが、ふるさと納税は自分の住民票のある市町村に行えますか?その場合、還付の対象となるのでしょうか?

恐れ入りますが、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

>1.入籍後の確定申告の必要はありますか…

来年のことは、来年が終わらないと (終わりそうにならないと) 分かりません。
来年のことを今言っても鬼が笑うだけです。

>2.入籍した場合、所得税・住民税の計算は夫婦の所得を合算した金額が…
>ふるさと納税の還付の計算の基準となる年収は、夫婦の合算額でしょうか…

もうすぐゴールインという方に言いにくいですが、税法に「夫婦は一心同体」などという言葉はありません。

とはいえ、ただ一つだけ例外があり、家族に国民健康保険加入者が複数いる場合は、家族単位で国保税が算定されます。

>4.別件ですが、ふるさと納税は自分の住民票のある市町村に…

ふるさと納税は言葉自体がまやかしで「(自治体への) 寄付」です。
寄付ですから自分の住んでいるところでも良いんじゃないですか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報