ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

スズキDA64エブリィバンにテールランプがエブリィワゴンと同じような縦型はありますか?

今日、フロント周りがエブリィバンでサイドガラスとリヤガラスが透明でスモークではなく、テールランプだけがワゴンと同じ縦型がついているエブリィを見ました。
詳しい方お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

それはロールーフのGAグレードです。


http://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700 …

バンの中でGAグレードだけがロールーフで他はハイルーフです。

64系ワゴンはハイルーフ/ロールーフにかかわらず縦型テールランプ
64系バンのハイルーフはバンパー埋め込みのテールランプを使っています。(その分開口幅が広い)


ロールーフは数が出ないのでパーツの共通化ということでこのようになっていると思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当ですね。
このようなグレードがあるのを、初めて知りました。
ありがとうございました。
勉強になりました。

お礼日時:2016/12/25 15:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QエブリイJOINターボとバモスMノンターボ

予算の関係で、ほぼ同じ値段の2つの車種を検討しています。(どちらもミッションで検討しています。)
お互いに長所、不満点などがあり甲乙つけがたいのでアドバイスいただければと思い質問しました。
1.エブリは商用車なので、乗り心地が悪かったりしますか?
親子4名で乗車することも頻繁にあります。
2.軽1ボックスは、ターボがあった方が、いいでしょうか。
あまり飛ばすことはないですが、4人で高速に乗ることがあります。
上記質問以外でも何かありましたら教えてください。

Aベストアンサー

追加で書いときます。
No8さんの言われる通りターボ車にはラグがあります。
K6Aエンジンは乗りやすくなってるかも?と言いましたが、後からF6AとK6Aエンジンの性能曲線図を見比べてみましたが、そんなに大差無かったです^^;
3500回転の最大トルクが発生している回転数まで回転を上げていればラグもほとんど気にならないのですが、2500回転あたりのターボが利き始める回転数ではアクセルを踏んでも加速にワンテンポ遅れがあります。
後、低回転での力はノンターボに劣ります。過給機付きであるために圧縮比が元々低く設定してあるので低回転で力がありません。

高速道路が論外であると書いたのは加速がやはりターボと比べて遅いことと、巡航時の回転数が高いためうるさいということ。
(80キロ巡航時、エブリイのターボ3500回転、バモスノンターボ4000回転)
それ以外であればノンターボでも100キロ超出ますし特に問題はありません。

初めて乗った軽四輪がノンターボ5MTの軽トラで、それに慣れていたため最初はターボの癖に戸惑いましたが慣れました。
確かに運転しやすいのはノンターボですが、要は慣れの問題だと思います。

ターボの有無で絶対的に変わるのは上り坂と加速だけです。

追加で書いときます。
No8さんの言われる通りターボ車にはラグがあります。
K6Aエンジンは乗りやすくなってるかも?と言いましたが、後からF6AとK6Aエンジンの性能曲線図を見比べてみましたが、そんなに大差無かったです^^;
3500回転の最大トルクが発生している回転数まで回転を上げていればラグもほとんど気にならないのですが、2500回転あたりのターボが利き始める回転数ではアクセルを踏んでも加速にワンテンポ遅れがあります。
後、低回転での力はノンターボに劣ります。過給機付きであるために圧縮比...続きを読む

Q軽貨物バンに乗用タイヤを履かせたい

4ナンバーの軽貨物バンに乗っていますが、滅多に荷物を載せない(載せてもたいした量ではない)ので
乗り心地とブレーキング性能を改善するべく乗用車用のタイヤを履かせたいと思っています。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5639434.html
↑のNo.2の回答で、タイヤの耐荷重能力が純正タイヤと同等なら車検に適合するとありますが、
145R12 6PR LTタイヤと同等以上の耐加重値を持った乗用車用タイヤはありますか?

また、インチアップも可能とありますが、タイヤの外径の変化はどの程度までが許容範囲ですか?

現在乗っている車の車両重量は980kgで、最大積載量は350kg(4名乗車時250kg)です。

Aベストアンサー

http://tyre.dunlop.co.jp/b_tyre/attention/shogen.html

この諸元表の中の、「 LIGHT TRUCK ○ 小型トラック用 」をご覧下さい。

145R12-6PRの最大負荷能力は 「450kg」 です。

一方、乗用車タイヤは、「 ロード・インデックス値 」で表されることが多いものです。

その ロード・インデックス値が 450kgの対荷重を満足するものは・・・

http://www.bridgestone.co.jp/tire/basic/ap_list.html#basic-ttl01

「 ロード・インデックス値 」が 「 80 」のものです。
この数値以上を持ったタイヤならば、どんなサイズであれ、現在の保安基準には適合します。

ただし、注意が必要です。

先の 「145~」の貨物用タイヤの 最大負荷能力は、「空気圧 350kPa」の時です。
乗用車タイヤのロード・インデックス値は、「 240kPa」を前提としてます。

ですので、今後購入された 「 ロード・インデックス 80以上 」のタイヤには、
必ず 「 240kPa」の空気圧を守らなければなりません。
その空気圧の時に、「 450kg 」の耐荷重能力が発揮できるのですから。
(ただ、軽貨物車で、350kPaなんて空気いれてるクルマに とんと出会いません。 当方、自動車修理工ですが。)

あと、ホイールの強度に関して。
もともと貨物を積むのが本来の「軽貨物車」ですので、タイヤのみならず、ホイールにも強度要求されます。
アルミホイールの場合、 「JWL」マークが付いてることが必要です。
(厳密に言えば、JWL-T ですが、そこまでは求めないかも。っていうか、このJWLでさえ認識されずに通っているのが現状です。)


質問者さんが どんな乗り方(滅多に荷物を載せない、載せてもたいした量ではない)されようとも、検査基準では、「 ロード・インデックス 80 」を満足していなければ、車検には通りません。

また、外径が変わるとスピードメータに誤差が生じます。
絶対に誤差があってはならない・・・というものでもありません。

プラス側に15%、マイナス側に10%まで許されてます。
(ほんのチョット前までは、マイナス側への誤差は一切ゆるされてませんでした。
いつも法がコロコロ変わるのには閉口してます!)

というわけで、タイヤサイズに関しては、

http://www.tiresize.net/rim/rim.htm

・・・なサイトを参考に、検討してみてください。

(空気圧、240kPa というのは、単純に1/100にして 「2.4キロ」と考えてくださって結構です。 350kPaも同様です。 「3.5キロ」と考えてください。厳密にはチョット違いますが、まあ、ザックリと。)
 

http://tyre.dunlop.co.jp/b_tyre/attention/shogen.html

この諸元表の中の、「 LIGHT TRUCK ○ 小型トラック用 」をご覧下さい。

145R12-6PRの最大負荷能力は 「450kg」 です。

一方、乗用車タイヤは、「 ロード・インデックス値 」で表されることが多いものです。

その ロード・インデックス値が 450kgの対荷重を満足するものは・・・

http://www.bridgestone.co.jp/tire/basic/ap_list.html#basic-ttl01

「 ロード・インデックス値 」が 「 80 」のものです。
この数...続きを読む

Q軽自動車(軽バン)で本当に良いのは?

最近、軽のバン(中古)を探しているのですが、店によって「良いと言う車が違う」ので困っています。
広さや積載能力等は 一目瞭然なので、私でもサンバーか、ミニキャブというのは分かるのですが、走行性能に関しては、見ただけでは分かりません。
そこで店の人に、「実際に、走行性能で優れているのは、どれですか?」と聞くと、店によって返答がバラバラでビックリしてしまいました。
また、「乗り心地の良いのは?」という問いに関しても、返答がバラバラなので、これまたビックリしてしまいました。
乗り心地に関しては、「人によって違うので・・・。」というマニュアル通りの返事は、ある意味理解できるのですが、走行性能に関しては、ハッキリとした答えがあるんじゃないかと思っています。
どなたか、「走行性能はこのバン!」、「乗り心地はこのバン!」と気持ちよく答える事ができる、スゴイ方って居られませんか??

Aベストアンサー

現行モデルで言います。

走行性能はアクティ。なぜなら低グレードのバンでもスタビライザーが標準装備です。スタビのおかげで低重心のトラックより安定しているくらいです。更に途中からタコメーターも付いてます。
ついでに運転席の下がスッキリしているので、リヤシートにピローとシートベルトを追加すれば大人4人がそこそこ快適に移動でき、ワゴン代わりにもなります。バンとしてもワゴン代わりとしてもレベル高いです。普通は新車でオーダーする時にしか付けられないのですが、アクティは中古で買っても後付けできるというのは大きなポイントです。
更に2WDならリヤミッドシップエンジンにより、駆動輪にトラクションがかかりやすいとうのもメリットです。
助手席まで折りたためるのでスペックよりも荷物が積めます。

欠点はタイヤが8PRと普通より丈夫な物がついてくるので、規定どおり空気を入れるとかなりポンポン跳ねます(重量物を積まなければ250kPaくらいでちょうどなんですが)
また、車検でも基本的に高価な8PRタイヤを買わなければいけません。(6PRでも通してくれる軽自動車協会や民間車検場が多いですが)
リヤサスも現在クラス唯一の板バネです。

乗り心地は何をもってして「良い」というかは難しいので、人それぞれではないかと思います。
私はこの手のワゴンで乗り心地優先設定されている車はフワフワで運転が怖く、それよりは多少ピョコピョコでもサスがしっかりしている方が安心して乗れます。

乗り心地と走りは相反する要素になりがちですが、両立させたいならダンパーを交換するという手もありますよ。アクティならバモスの標準車高用として出ているものが使えるはずです。

あと、マニュアルならターボなしでもそこそこ走るのですが、オートマが希望であればターボ付きの方が良いと思います。するとバンではハイゼットカーゴのクルーズターボか、エブリイのジョインターボとなります。
但し燃費はかなり悪くなるので覚悟が必要です。
(マニュアルNAの4WDで最高18km/lが出ました。最悪の状況でも10切ったことはありません。これがターボオートマだとチョイ乗りで10切るケースが多いです)

もうひとつ、アセスメントの結果を見てください。
足元が広いということは事故時のリスクとトレードオフです。好結果を出している車は設計が新しい車でもありますが…。
一つ前のアトレーもあまり良い結果ではありませんでしたが、それでもフルキャブとはかなり開きがあります。

参考URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/car/search/kekka_car_kei_3.html

現行モデルで言います。

走行性能はアクティ。なぜなら低グレードのバンでもスタビライザーが標準装備です。スタビのおかげで低重心のトラックより安定しているくらいです。更に途中からタコメーターも付いてます。
ついでに運転席の下がスッキリしているので、リヤシートにピローとシートベルトを追加すれば大人4人がそこそこ快適に移動でき、ワゴン代わりにもなります。バンとしてもワゴン代わりとしてもレベル高いです。普通は新車でオーダーする時にしか付けられないのですが、アクティは中古で買っても後...続きを読む

Qエブリィワゴンのロールーフの見分け方

エブリィワゴンのロールーフの見分け方

こんにちは今エブリィワゴンを購入予定で探しています。
候補は01~03年のターボのロールーフです。
この年式にロールーフの設定があるのはわかっています。

いろいろ探しているとハイルーフは記載されているのですが
記載ないものでも電話で聞くとハイルーフの物がほとんどです。

そこで画像上で外見から見分ける方法はないでしょうか?

おそらく窓枠の上部の幅が違うとは思うのですが…

Aベストアンサー

正面から見ると解りやすいですよ

標準ルーフ

Qエブリィの10万キロ超えって?

エブリィの中古を探していますが金銭的に余裕がないので安いものを探しております。
よく10~16万キロの間ぐらいのが売られてるのですがタイミングチェーンだから安心とか、それってまだまだイケますよってことでしょうか?
また、ターボ車でその距離はエンジン的にヤバイでしょうか?
やっぱり安物買いの銭失いになりますか(;´д`)

Aベストアンサー

よくある話ですが『中古車は前オーナーの手放した理由が大事』です。

定期的に整備してきちんとパーツを交換していたものについては20万キロオーバーも視野に入れてよいと思いますが、
ずぼらしていた個体については要交換のパーツが山積みというケースが多いです。

前者の場合は突発的で車以外の理由(転職、家族構成の変化等)で手放したケースが多いと思われます。
特に軽ワンボックスは税金などが安く、人も荷物もたくさん入るので実用車の側面が強いため、流行とか飽きたとかの理由で手放すケースは他に比べて低いです。

後者は車が古くなった、ヘタったという理由が多くなります。さらにもうすぐ売り飛ばすのだから、と整備費用を極端にケチるケースも少なくないかと思います。


以上から中古車として出回っている10万キロ超の個体についてはその大半が要整備直前、ベース車だと思われます。

自分でメンテするのが苦にならない、中古や格安パーツが楽に手に入る、という人ならともかく
手間いらずの車が欲しい、という人には不向きでしょう


人気Q&Aランキング