名詞と冠詞(限定詞)の勉強を始めたのですが、困惑しています。このあたりは,英文法の本の種類によって、大きく記述枠組みが異なるように感じています。そしてまだ満足の行く枠組みを見出せずにいないと感じています。(だからといって英文法なんて…という超極論に賛成するつもりは全然ないですヨ)

名詞とか冠詞(限定詞)のあたりの記述というか枠組み把握に優れた良書やURLがありましたら推薦していただけましたら幸いです(内容が優れているなら英語でも全然良いです)。またその良書における名詞とか冠詞の記述枠組みを少し教えていただけましたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「日本人の英語」「続 日本人の英語」


マーク・ピーターセン著、岩波新書が最適だと思います。
もし既にご存知でいらっしゃったらあしからず。

もう10年近く前になりますが、学生の時に読んで、非常に感激した覚えがあります。それ以後、もう文法の本はあまり読まなくなりました。

冠詞あたりになると、単なる文法の違いを超えて、英語を母国語とする人の思考回路を理解しなければ、なかなかきちんとした理解に至りません。
なぜ、英語には「冠詞」があるのでしょう。またなんでそれが名詞の前についているのでしょう。時に、the だったり、a だったり。また、彼らは何かの「名詞」を言葉に出そうとする瞬間、"the ....." と声に出しながら、あてはまる名詞を頭の中で探しています。なぜ、名詞がまだ頭の中に見つかっていないのに、先に "a" でなく、"the" であることが彼らにはわかっているのでしょうか。

もうこれは文法というよりは、そもそもの思考回路の違い、ものの捉え方の違いなのです。

日本人は虹は「七色」と教えられ、七つの色で見分けます。アフリカ人は同じ虹を見ながら、七色で見分けません。彼らの言葉に日本語のその七つの色に相当する言語がないからです。

もしまだお読みでなかったら、是非おすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。うーん、質問が曖昧で申し訳なかったと思いました。質問の趣旨は、「文法書A,B,…,Cのように複数のテキストに目を通したことのある人に質問します。名詞・冠詞に関する良書が有りましたら推薦してください。」という感じです。

「日本人の英語」は、かつて目を通したことがあります。が、内容は忘れました。なんか、「aとかtheの判断がつくように、其ればっかりに意識を集中するどっぷりつかる日々を数ヶ月?以上持ちなさい、そうすれば勘が磨けるから」という趣旨しか記憶にないのですが…。それは確かにそうだと思い、特に異論はありません。要するに、言語感覚を磨けということだと理解しました。ただそういうことは誰でもいえるので、別に感心するほどのことでもないのでは…などと今では思います。それ以外に、なにか意味のある記述ありましたっけ?

お礼日時:2001/06/26 16:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ2次元の世界には生命体がいないのでしょうか?

我々人は3次元の世界に生きています。
4次元、5次元の世界があると理解出来ますし、2次元、1次元の世界も分かります。
3次元より上の世界の存在の確認方法はまだ確立していませんが、2次元、1次元の世界は
我々が作る事も出来ます。そんな2次元、1次元の世界に、生き物がいない、知的生命体が居ない
のはなぜなんでしょうか?
なぜ3次元だけに多くの生物が存在しているのか、いや、おそらく4次元にも生き物は存在している
と思いますが、2次元以下に生物が居ないのは不思議な気がします。

Aベストアンサー

机上の空論だという事は置いといて
>4次元、5次元の世界があると理解出来ますし、2次元、1次元の世界も分かります。
 それは数学的な意味以上はありません。
>3次元より上の世界の存在の確認方法はまだ確立していませんが、
 数学的にはいくらでも確立しています。数学で学ばれた線形代数なんて・・・
 ⇒4次元 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/4%E6%AC%A1%E5%85%83 )
 時間が4次元なんてSFの世界の話でしかない。
>2次元、1次元の世界は我々が作る事も出来ます。
 から
>生き物がいない、知的生命体が居ない
 のではなく作れますよ。

 そもそも、科学の話しでしたら、キチンと定義しないとかみ合わない
生命とは
・自己と外界を隔てる境界があり維持すること
・活動や成長に代謝を行なう==養分を取り込み不要なものをすてる。
・自己と同じ複製を作ること
の三点を生命の定義とすると、コンピューター内の二次元空間(ディスプレイ上)に、プログラムを組んで、上記の定義に従い生物を作り、淘汰や進化の研究はコンピューターの登場以来行なわれてきましたよ。
⇒人工生命 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E7%94%9F%E5%91%BD )
 貴方がプログラミングの素養があって、貴方のパソコンのディスプレイ上に養分と定義に従って生命を誕生させ、競争や淘汰、進化を調べればよい。貴方は創造主ですから、生殺与奪は思いのままです。

机上の空論だという事は置いといて
>4次元、5次元の世界があると理解出来ますし、2次元、1次元の世界も分かります。
 それは数学的な意味以上はありません。
>3次元より上の世界の存在の確認方法はまだ確立していませんが、
 数学的にはいくらでも確立しています。数学で学ばれた線形代数なんて・・・
 ⇒4次元 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/4%E6%AC%A1%E5%85%83 )
 時間が4次元なんてSFの世界の話でしかない。
>2次元、1次元の世界は我々が作る事も出来ます。
 から
>生き物が...続きを読む

Q集合名詞、可算名詞と不可算名詞 そして冠詞

まず、可算名詞は複数形にも単数形にもできて
不可算名詞は単数形のみ(例外があるのかはわかりませんが)、
というのはわかります。
そして冠詞については、例えば可算名詞はa carとは言えますが、
不可算名詞はa informationとは言えません。
この場合a lttile information とでもなるのでしょうね。

こういう基本的なことはわかるのですが、
集合名詞の場合がよくわからなくなります。
というか集合名詞自体よくわかりません。
集合名詞には複数形はないというのはわかります。
でも集合名詞にaとかtheとかが付くことがありますよね。
で、集合名詞に冠詞が付かないときはあるのでしょうか?
集合名詞とはどういうもので、その場合冠詞はどう使われるのかを回答して欲しいと思います。

Aベストアンサー

自分も同じような疑問を持ったことがあります。

結局、所有と言う感覚が英語は日本語に比べて非常に強いからだ、と言う結論に達したのを覚えています。つまり、所有と言うからには、はっきり区分しなければいけないし、はっきり数えることも必要。でも、例えば、一膳のご飯の米粒の数をいちいち数えるのは無理だし、髪の毛の数をいちいち意識することもしないはず。しかし、髪の毛が3本しかなければ、当然数えるし、数百本または数千本しかない場合も、実際の数を調べなくても、その数を意識するでしょう。このように、本来数えられるものを、いちいち数えずに、一まとめにして一つのもの(単数)と考えたり、一まとめにしてもその中の一つ一つ(つまり、髪の毛一本一本)を意識して(複数)考えたりするわけです。

集合名詞は単数形のままで複数扱いになることもあれば、集合名詞そのものが複数形にもなります。
つまり、例えば、チームは集合名詞ですが、一つのチームの中の一人一人の構成員に焦点を当てると、The team have been working on the task.:「チームはその課題にずっと取り組んできている。」のように、単数形(the team)のままで複数扱いです。
また、Three teams are needed to do the task.:「3チームがその仕事をするのに必要だ。」のように集合名詞自体を複数形(teams)にすることもします。
ただ、髪の毛の場合、複数の人の頭髪という意味で、hairs と言うかと言うと、言わないで単にhair でしょうね。でも、ともかく一本一本を意識するのなら、一人の人の頭髪でも複数の人の頭髪でも、複数形にして、hairs となるわけです。


集合名詞に冠詞がつかないことは当然あります。例えば、チームは集合名詞ですが、複数のチームがあれば、複数形になるので不定冠詞(a)は当然付きません。また、定冠詞(the)も付けないで言うことが出来ます。Teams from the city are red,teams from the country are blue.:「町から来たチームは赤で、田舎からのチームは青です。」

不定冠詞(a)が付く時は、当然、その集合名詞を一つのまとまりとして見ている(集合名詞の各構成要素を見ていない)ので、単数扱いになります。
A team of five players is on the stage.:「5人構成のチームがステージに居る」

反対に、個々の構成要素に関心がある場合は、不定冠詞(a)をつけるわけには行かないので、theとかmyとかを付けます。当然、複数扱いになり、The team are now very busy.:「チームは今大変に忙しい」のようになります。

この時、冠詞ではなくて、this とかthose などを付けることがありますが、this やthat が付く時は、基本的に単数扱い(つまり、個々の構成要素ではなく全体を見る)です。つまり、This team are very busy.はまちがえ。

集合名詞に定冠詞(the)がつくかどうかは、単に、定冠詞の問題で、集合名詞だから定冠詞が付く付かないという問題ではありません。

自分も同じような疑問を持ったことがあります。

結局、所有と言う感覚が英語は日本語に比べて非常に強いからだ、と言う結論に達したのを覚えています。つまり、所有と言うからには、はっきり区分しなければいけないし、はっきり数えることも必要。でも、例えば、一膳のご飯の米粒の数をいちいち数えるのは無理だし、髪の毛の数をいちいち意識することもしないはず。しかし、髪の毛が3本しかなければ、当然数えるし、数百本または数千本しかない場合も、実際の数を調べなくても、その数を意識するでしょう。こ...続きを読む

Q何故、3次元の女性より2次元の女性の方が良いのか?

何故、3次元の女性より2次元の女性の方が良いのか?

はっきりいって、明らかに、

2次元の女性>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

超えられない壁>>>>>>>>>>>>>>>>>>3次元の女性になってしまっています。

これって、何故でしょうか?

それならば、2次元の世界が合っても良いのでは?

まぁそれなら、結婚する意味も薄い。(2次元の方が優れているから。)

Aベストアンサー

"これって、何故でしょうか?"
   ↑
2次元の女性は、皆が皆美少女であるのに対し、
3次元の女性は、残念な女性が多いからでしょう。


”それならば、2次元の世界が合っても良いのでは?”
      ↑
概念としては存在していますよ。
概念てのは人間の頭の中にしか存在しない、という
ことですが、バカにしたものではありません。

国家なんてのは人間の頭の中に存在するだけです。
月や太陽がそこに存在するのとは意味がことなります。

お金もそうですね。
あれはタダの紙です。
概念の力で、貴重品になっている訳です。


”まぁそれなら、結婚する意味も薄い”
    ↑
マンガ、あしたのジョーでは、主人公のライバル
力石徹の葬式が現実世界で実施されました。

Q定冠詞無し? それとも対句の無冠詞の形容詞の名詞用法?:One parrot-voiced and jolly cried:とstill forの意味

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、The Works of Christina Rossetiという詩集を読んでいます。

一つの詩が21ページもあるので、詩というよりも短編小説ポイ英文なのですが、その中でこんな文がありました。(分からないのは、タイトル部分の英文法とstill forという言い回しです。フルセンテンスで引用します。)

背景:The rat-paced(ネズミペースの人)も、the snail-paced(のろまな人)も、GOBLIN MARKETの売り子。(主人公のLauraとLizzieがGOBLIN MARKETを通ると、売り子が大声で商品を売ろうと叫んでいる。)

質問(1):
The rat-paced等のように定冠詞を形容詞の前につけて、「人」にするのは、参考書に載っており、また、Young and old(老いも若きも)の様に対句なら無冠詞なのも分かりますが、

下記引用文中のOne parrot-voiced and jolly Cried は、(oneは不定冠詞相当語句ですが)、「陽気なオウム声が大声で言った」の意味ですよね?(形容詞が名詞用法で使われていますよね?)

~~~~~~~~~~~上記の本のタイトルGOBLIN MARKETより引用~~~
The rat-paced spoke a word
Of welcome, and the snail-paced even was heard;
One parrot-voiced and jolly
Cried "Pretty Goblin" still for "Pretty Polly"―
One whistled like a bird.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

質問(2):still forの意味が分かりません。

"Pretty Goblin" still for "Pretty Polly"は、
「可愛いゴブリン(小人)」still for「可愛いポリー(オウムの名前?)」

一体どういう意味なんでしょうか?

教えてください、よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、The Works of Christina Rossetiという詩集を読んでいます。

一つの詩が21ページもあるので、詩というよりも短編小説ポイ英文なのですが、その中でこんな文がありました。(分からないのは、タイトル部分の英文法とstill forという言い回しです。フルセンテンスで引用します。)

背景:The rat-paced(ネズミペースの人)も、the snail-paced(のろまな人)も、GOBLIN MARKETの売り子。(主人公のLauraとLizzieがGOBLIN MARKETを通ると、売り子が大声で商...続きを読む

Aベストアンサー

One parrot-voiced and jolly は A parrot-voiced and jolly goblin ということではないかと思うのですがいかがでしょう。
one は既出の名詞を受ける役目をしていて、この場合はa goblin ということで。
この市場の売り子はみんなgoblin つまり小鬼なんですよね?

"Pretty Polly" はこの書き方からして同名の民謡を指しているのではないでしょうか。
http://en.wikipedia.org/wiki/Pretty_Polly_%28ballad%29
(この歌詞がこの詩の内容にも合っている気がします)
だとすると、"Pretty Polly" の代わりに"Pretty Goblin" の歌を叫んでいた、ということでしょうかね。
オウム声の陽気な小鬼が"Pretty Polly" の歌のpolly の部分をgoblin に変えてギャーギャー歌っていた、ということかなあと。
polly はオウムによくつける名前ですから、その辺の面白みも加えているのではないでしょうかね。

One parrot-voiced and jolly は A parrot-voiced and jolly goblin ということではないかと思うのですがいかがでしょう。
one は既出の名詞を受ける役目をしていて、この場合はa goblin ということで。
この市場の売り子はみんなgoblin つまり小鬼なんですよね?

"Pretty Polly" はこの書き方からして同名の民謡を指しているのではないでしょうか。
http://en.wikipedia.org/wiki/Pretty_Polly_%28ballad%29
(この歌詞がこの詩の内容にも合っている気がします)
だとすると、"Pretty Polly" の代わりに...続きを読む

Q世は2次元へと化した・・・

世は2次元へと化した・・・
3次元はもう終わっている・・・(メイド様は別)
あ、そうそう、アニメ好きの人に質問ですが、皆さんは2次元(アニメの美少女)派?
それとも、3次元(現実の美少女)派?
僕は2次元の方がよっぽどいいと思いますし2次元の美少女を愛しています。
3次元のアイドルとかそんな可愛いと思わないもん。(メイド様は3次元でも可愛いw(ネコ耳とか))

Aベストアンサー

私はゲーム系の専門学校を卒業し、2DCGにて美少女キャラを描いて塗ったりしていましたが、私は断然「リアル派・3次元」です。

どう言ったらイイのでしょうか…
自分で描いた絵は、自分の子供みたいな感じです。←親にもなっていないのに(笑
(花嫁姿のキャラを描いた時、さびしい気分になりました…)
したがって、そこらに出回っている美少女キャラは、私から見たら資料的な物にしか見えません。

しかし、あなたの言おうとしている事は判ります。
2Dキャラは、ある意味「男性の理想」を詰め込んでいます。

でも、2Dキャラは完璧過ぎるんです。
現実の女性では、「なかなか、うまくいかない…」って所に人間という面白さがあるのではないのでしょうか?

Q英語定冠詞 the+名詞+名詞

He is the captain and goalkeeper of our team.という文で二つ目の名詞のgoalkeeprの前には冠詞をつけないのが正しい、と文法書にありました。何となく、ここにもtheを入れたくなりますが、そうすると間違いになるのでしょうか。お分かりの方、教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

They are the captain and the goalkeeper of our team.
のように,the を繰り返す場合は別々の人を表すことになります。

同一の人・ものについて言う場合は繰り返さない
と説明されています。

実際には別のものでも,文脈や単複によってわかりますので,繰り返さない場合もあるくらいです。
でも逆に同一のもので繰り返すということは,普通ありません。

ただ,「A でもあり,そして B でもある」のようにかなり A と B の間に切れ目が感じられる場合には繰り返すこともあると思います。

Q【数学】「数学は全て2次元に表すことが出来る」って本当ですか? 3次元のグラフも2次元で書けるって

【数学】「数学は全て2次元に表すことが出来る」って本当ですか?

3次元のグラフも2次元で書けるってこと?

Aベストアンサー

三次元を二次元って、3DCGをテレビ画面で見てますよね?
そのこと?

Q名詞+of+名詞の冠詞の付け方

標題のofを使ったときの冠詞の付け方が、今一理解できていません。
例えば top(名詞)+ of + page(名詞)で熟語を作りたいとき下記の例題で使用不可であるものを選び出し、理由を添えて頂ければ幸いです。

a top of page
a top of a page
a top of the page
the top of page
the top of a page
the top of the page

Aベストアンサー

冠詞は難しいですね。私は「今一」どころか半分以上解りません。しかし使わざるを得ないので一応考えながら使っています。使用可能かどうかではなく、意味的にありうるかどうかを考えるほうがよいと思います。実際に使われているかどうかはGoogleなんかで確認してください。
a top of page
pageが抽象化されて「top of page」のひとつ、という感じでしょうか。
a top of a page
あるページのトップの一つ、ですが何か変です。普通、トップは一つですから。
a top of the page
そのページのトップの一つ。やはりトップが複数あることを示唆していて変です。
the top of page
これはイディオムとしてあるのかもしれませんが、よく解りません。
the top of a page
あるページのトップ、ということで普通の表現です。
the top of the page
そのページのトップ、ということで普通の表現です。

Qガウス平面の次元は2次元なのですか?

平面を2次元とすればガウス平面も2次元と言えるのですか、あるいは複素数の次元を持つというようなことになるのですか。

Aベストアンサー

軸は1つで一次元です。

平面と呼ぶ時点で二次元です。

通常の平面は、実数の軸が2つで二次元。

ガウス平面は、実数の軸が1つと虚数の軸が1つで二次元。

Q名詞 in名詞of名詞or名詞 という英文の訳し方

The most dramatic disturbances of perception are hallucinations,(以下質問文です)
sensory experiences in the absence of relevant or adequate external stimulation.

構造的には、
sensory experiences 【in the absence of 〔relevant〕or〔adequate external stimulation〕.】
だと思うのですが、訳が釈然としません。
『関係がなく、または適切な外的刺激がないような、情緒的な体験』 では、おかしいですよね。
たぶん構造は読めているかと思うのですが、単語の繋がりが読めていないのかと思います。
(以前も似たような質問をしたのですが)…。

どういう部分に気をつけて訳せばよかったのでしょうか。

Aベストアンサー

The most dramatic disturbances of perception are
感覚のもっとも劇的な混乱状態は以下である,とあって,
hallucinations「幻覚症状」,すなわち,
このあとがご質問の部分です。

sensory experiences in the absence of の後ですが,
of の後に必ず名詞がくるはずです。
the absence of …名詞で「名詞のないこと」
その名詞に (relevant or adequate) (external stimulation) と修飾関係が成り立っています。
「適切な,あるいは十分な外的刺激がないような,感覚上の経験」

試訳ですと,分配法則のように absence の意味を2つにかけていますが,こういう場合は,後ろから「(形 or 形)(形+名)」がない
とすればいいです。結局,「名詞」がない,と言っているだけですので。

relevant は「適切な」の意味で,relevant to ~となった場合,「~に適切な」から,「~に関連した」という意味合いが生じます。日本語的には,こういう場合,「適切」はピントがずれます。
たぶん,この「~に関連した」という訳は何十年も前に誰かが考案した訳だと思います。
今から数十年前,私の学生時代の辞書にはやはりこの訳しかなく,ある時どうしてもこの意味では成り立たない,すなわち,to ~がなかった。
いくつか辞書をあたって,一つにだけ,「今日的な意義がある」という訳語が載っていました。

今の辞書にはちゃんと「適切な,妥当な」の意味が出ています。

The most dramatic disturbances of perception are
感覚のもっとも劇的な混乱状態は以下である,とあって,
hallucinations「幻覚症状」,すなわち,
このあとがご質問の部分です。

sensory experiences in the absence of の後ですが,
of の後に必ず名詞がくるはずです。
the absence of …名詞で「名詞のないこと」
その名詞に (relevant or adequate) (external stimulation) と修飾関係が成り立っています。
「適切な,あるいは十分な外的刺激がないような,感覚上の経験」

試訳ですと,分配法則のように a...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報