貯金しなさい!と言い外食したり飲みに行く事を禁止してきます。
借金を返しなさい!と言い趣味の為の出費を禁止してきます。
働きなさい!と仕事を選ばず働いて借金を返せと言ってきます。
好きでもない仕事にやる気が出ず朝起きる事が出来ません。
働いている時は起きられないのに朝水をぶっかけるなどの暴力で叩き起こしてきます。
郵便物は無断で開封して検閲。
ゴミを出せば分別をすると言って全てをチェック、ゴミの中身もプライバシーだと思いますがお構いなし、お前にプライバシーなど無い!と平気で言い放ちます。
キャッシュカードやクレジットカードは取り上げられてハサミで真っ二つ、部屋の贅沢品は没収されて質屋へ二束三文で売却。酷すぎませんか金銭の私的自治への冒涜です。
稼ぎが無くて貯金が無くて仕事をしていない状態ですが、経済状態が悪いからといってここまで酷く子供扱いをされると本当に頭にきます。
わずかな手持ちの現金で買い物をして食べていると、金を使った事に対して激怒してきます、たった1000円程度コンビニで買いものしただけなのになんでこんなに怒られるのか理解に苦しみます。
とにかく親から干渉される事が嫌で一人暮らしをしていてお金に困り、生活費を消費者金融から借りるようになり、限界まで借りて借りられなくなって返済も出来なくなって仕方なく実家に帰っています。
成人した息子を小学生の様に扱う親は本気でコロしてやりたいぐらい腹が立ちます。
何時まで経っても保護者気分が抜けず度の過ぎた子供扱いをする親はどうしたらいいんでしょうか?

無理して就職しても一カ月も続きません。
朝起きる、時間を守る これを続ける事が出来ません、社会人として適性が無いようです。
働く気が無いのに労働を強制する親…俺は働きたくない!!
働きたくないなら働かなくても良いとおもいませんか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

WAISS-3

    • good
    • 0

親はそばにいると何才になっても息子に必ず干渉してきます。


実家にいる限り、保護者気分が抜けることはありません。

「限界まで借りて借りられなくなって返済も出来なくなって仕方なく実家に帰っています。」
とありますが、実家に帰ったのがまずかったですね。

実家に帰ってきたら、親に干渉される口実を作るだけです。

たとえ、借金の追い込みをかけられても、ホームレスになっても、餓死寸前になっても、実家に帰らなければ、保護者気分の親に干渉されることはありません。

とりあえず、家を出ましょう。
そして、二度と家に帰らないようにしましょう。
    • good
    • 15

アンケートにこたえてお小遣いをかせげるサイトとかなら、時間に縛られないと思います。


少しでも、自信につながると思います。

家の手伝い(掃除など、自分から進んでやる)も積極的になされるといいかと。

親御さんには、謙虚・感謝・努力をみせてあげたら、少しは気が済まれると思います。
就職とか貯金とか以前に、
質問者さんがしっかりして、自分でやっていけるって安心したいのでしょう。
お気持ちは、質問者さん自身も、よく分かっておいでのはずです。


>朝起きる、時間を守る これを続ける事が出来ません、
>社会人として適性が無いようです。

質問者さんご自身がそういう人・・というよりも、
社会の中の自分の立ち位置が見出せずに、
どこかで自分のもともと持っていた生き物としてのたくましさがわからなくなってしまったのだと思います。


心の修練として、野菜や食べ物を育てるのはどうですか。地に足つけて、食べ物を育てる。
はたらくことの意味、お日様と共に生きる感覚を、自然が教えてくれます。
作ったものを食べる、料理をして食べてもらうのも、楽しいですよ。

も1つ心の修練として、禅寺などにしばらく預けてもらう・・という手もあります。

健全な意味で社会の中での自分の立ち位置をだんだん見出してほしいと思います。
    • good
    • 2

憲法の第二十七条に「すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ」とありますから、働くのが当然なのですが、そのことは置いておいて…



成人すれば社会に出て自分で生活できるようにならないといけないんです。それが出来なくて親に生活や生活資金の面倒を見てもらっている限り(年齢に関係なく)子供です。子供は親の言い付けを守らないといけないんです。あなたの場合は、体だけ大人になって精神的には子供だから、そういう難儀な問題が起きるんです。

「一人暮らしをしていてお金に困り、生活費を消費者金融から借りるようになり、限界まで借りて借りられなくなって返済も出来なくなって仕方なく実家に帰っています」ということ自体がいけません。成人になれば(できれば一人暮らしをし)生活資金も含めて親に面倒をかけないようにするのが唯一の解決策です。

「働きたくないなら働かなくても良いとおもいませんか??」…憲法の規定はともかく、働かずとも独立して生活し、親に(金銭面も含めて)迷惑をかけなければ、そういう生き方もあり、かとは思います。
    • good
    • 11

それを釣りでなくガチで書いてるなら


救いようが無い
    • good
    • 12

>働きたくないなら働かなくても良いとおもいませんか??



そうですね!!思います。
私も、仕事をする事が嫌いです。

でも、私は50年以上、土日も休まずに(休みは正月だけ)働いて来ました。
お陰様で、今では、死ぬまで遊んで暮らしても、余るほどの資産が出来ました。

息子も、今36歳ですが、やはり仕事は嫌いだ!!と言いながら、私の経営していた会社を引き継ぎ、150万円の月給を稼いでいます。

仕事が好きな人も居ますが、嫌いな人の方が多いです。
「好きか嫌いか!!と、やるかやらないか!!」は、別問題です。

仕事をしなくても、親から叱られない方法があります。
それは、親元を離れれば良いだけです、自分の荷物をまとめて、家を出て、1.000km以上離れた所で、好きなように暮らせば、親はそこまで追っては来ません。
その代わり、生きるも死ぬも、自己責任です、頑張って下さい。
    • good
    • 11

それか、住み込みでどこかさがしてみます?



どんな仕事でも最初は大変です。
でもどんな仕事でも慣れれば不安や辛さも徐々に解消されるものです。

大丈夫です。まだこれからやり直せます。
あなたの人生です。
過去は変えられないけど未来は変えられます。
    • good
    • 2

しっかりとやっているなら、親も何もいいません。


親がうるさいなら、家を出て暮らしていくことだな。
    • good
    • 6

あんさん、いっぺん心療内科で診てもら方がえぇかも知れんわ!


どう見てもあんさんは「ズボラ病」っちゅう病気でっせ!
    • good
    • 5

借金が返せなくなって転がり込んできたいい歳した息子ですのね。


放り出す訳にもいかない息子の借金を肩代わりして住む所を与えなければならない親御さんは大変です。
返済出来ないお金は借りてはいけないとは思わないのですか?
独り立ちしたくて頑張るなら収入を得ることや借金しないこと社会人として適応できるよう努力すること。
当たり前の事が出来ずに出来ない事を認めろと、更に親御さんを頼ってるのに感謝も無い上に酷い目に遭ってるような勘違いをしてる。

成人して独り立ち出来るはずの息子だから、朝起きて仕事に行く習慣からつけて欲しいという気持ちはわからないのでしょうか?

親御さんの気持ちを考えてみてください。
    • good
    • 13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親からお金を借りるときの条件等?

家等の購入の際、親からお金を「借りる」時について教えていただきたいと思います。
(「贈与」ではなく、あくまで「借りる」です)

借用書さえあればいいのでしょうか?
収入印紙が必要だと思うのですが、いくらの印紙が必要
なんですか?というより、金額によって違いいますか?

金利は0%というのはいけないと聞いたんですが、低くて
何%なら大丈夫でしょうか?
年0.1%くらいなら大丈夫でしょうか?

あと、返済は借りたらすぐ初めなければいけないのでしょうか?
たとえば、借りた日が2004年3月1日だとしたら、1回目の
返済は3月中とかにしないといけないのしょうか?
それとも借用書などで、2005年1月1日から返済とかって
決めていればそのようにしてもいいのしょうか?

Aベストアンサー

親から借金をする場合も、通常の借金と同様に、きちんとした契約書を作成して、毎月の返済額や返済期限、利息等について約束して、契約書には収入印紙も貼ります。
後は、契約通りに返済することが必要で、返済の事実を立証するために、返済は銀行振込で行ないます。
返済の事実が立証できないと、借入金として認定されず、贈与と見なされ、贈与税が課税される場合があります。

利息については、利率につては、銀行の住宅ローン程度の年利2%程度で大丈夫です。
又、利息の支払が契約書に書かれていて、実際に支払わないと、これも贈与と見られます。
ただし、贈与税には1年間に110万円の基礎控除がありますから、支払わない利息の額が年間110万円以下であれば、贈与税の対象にはなりません。

収入印紙は、借入金額によって違いますが、参考urlの文書の種類の「消費貸借に関する契約書」のところをご覧ください。

返済については、翌月から返済しなければならないということは有りません。
ある程度の据置期間後から返済が始まっても大丈夫です。

要は、借入金額が返済可能な金額であり、契約書通りに返済をすれば問題ありません。

親から借金をする場合も、通常の借金と同様に、きちんとした契約書を作成して、毎月の返済額や返済期限、利息等について約束して、契約書には収入印紙も貼ります。
後は、契約通りに返済することが必要で、返済の事実を立証するために、返済は銀行振込で行ないます。
返済の事実が立証できないと、借入金として認定されず、贈与と見なされ、贈与税が課税される場合があります。

利息については、利率につては、銀行の住宅ローン程度の年利2%程度で大丈夫です。
又、利息の支払が契約書に書かれていて、...続きを読む

Q親に数十万借りた事ありますか?

親にお金を借りる事についてお聞きしたいんですが、来月どうしてもお金が必要で自分の経済力ではどうしてもそのお金を出す事ができません。どうしても必要なんで親にお金を借りたいと思っています。ここではあえてどういうお金かは言いませんが怪しいお金(借金、ギャンブルなど)ではありません。これまで親にお金を借りたことがないんですが皆さん親に数十万また数百万借りた事ありますか?またお金を借りる時親にどういう風にいいましたか?ぜひご意見お聞かせ願えないでしょうか。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私は、今まで色々、ウン百万ほど借りてきました。
もちろん、ちゃんと返済しましたし、今、現在も返済に回すよう貯めております。
私の親の考えが、「人に迷惑かけるなら私に言え」という考えで、「金利などに無駄金を使うくらいなら貸してやる」という考えだからです。
ですから、
「他人に迷惑は、かけたくない。金融業には世話になりたくない。甘えさして下さい。お願いします。」で、いいのではないでしょうか。

だからって、甘え過ぎず必ず返済して下さいよ♪

Q口約束で貸し、「借りた覚えがない」とメールがきました

突然の質問失礼します。

彼氏に口約束で40万を貸してしまい、最近別れましたが急に「1万円は借りたけど、それ以外は覚えがない。警察に行きたければ行けばいい」という内容のメールが届き音信不通になってしまいました。

貸した当時に彼は交通事故で相手から物損の保険金が45万下りるから、それで返済する、ということで保険金の承諾書の控えと、その振込先の銀行のカードを私に預けました。
しかし、保険会社に問い合わせてみると、保険金は私がお金を貸す前にすでに支払われていて、教わったカードの暗証番号も違うものでした。

借用書もなく、現金手渡しで貸したため証拠もなく、相手は知らないと言っています。
自分が信用してしまって安易にお金を貸してしまったことに非常に反省しています。
何かお金を取り返せる手段はないでしょうか?ご教授いただければと思います。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

文書を交わさず口約束でも法的に効力はあります。
しかし、相手がそれを認めないとなると証拠が必要になります。
とりあえず、ダメもとで「内容証明」を出してみればいいでしょう。

参考
http://www.naiyousyoumeiya.net/kutiyakusoku.html

Q頭金0で3000万円借りるのと、頭金500で3500万円借りるのの違いは?

頭金0でローンは良くないというのが一般論としてありますが、
タイトルの場合、実質3000万円のローンとなり同じな気が
するのですが、頭金を入れない場合と入れた場合何か違いがある
のでしょうか?

Aベストアンサー

金銭面での損得で言えば、3000万借入はそれに対する利息が付きますので、2500万借入よりも利息は差額500万にかかる分だけ多くなるため、総支払額に於いては3000万の方が多くなります。

ただ頭金をいれた方が良いというのは上記経済的な差にとどまらずリスク管理の面からも重要になります。
通常新築にて3000万の家を購入しても、一度売買された家は中古になります。
この場合市場にて再度売りに出してもそれは中古価格となります。
問題は、この中古価格というのは新築でないというだけで値段が下がる傾向にあり、更にはその価値の減少は、通常ローン残高よりも早く下がります。これは特にローンの支払方法として元利金等払いの場合には顕著となります。

ここで「債務超過」という状態になります。
債務超過というのは資産よりも債務の方が大きいということを意味します。

債務超過になっていなければ万一支払いが困難な事態になっても手放せばよいだけです。
市場で売却できます。

債務超過になっていて、かつ支払困難という場合にはこれは最悪です。つまり債務を焦げ付かせることになります
頭金が多ければそれだけ債務超過になる可能性は低くなり、十分な頭金があれば債務超過にはなりません。

金銭面での損得で言えば、3000万借入はそれに対する利息が付きますので、2500万借入よりも利息は差額500万にかかる分だけ多くなるため、総支払額に於いては3000万の方が多くなります。

ただ頭金をいれた方が良いというのは上記経済的な差にとどまらずリスク管理の面からも重要になります。
通常新築にて3000万の家を購入しても、一度売買された家は中古になります。
この場合市場にて再度売りに出してもそれは中古価格となります。
問題は、この中古価格というのは新築でないというだけ...続きを読む

Q税金の扶養内で働くか抜けて働くか悩んでいます

今年3月に結婚しました。そろそろ働こうかと検討中で、税金面の扶養内「103万以内」で働くか扶養を外れ「103万以上」で働くか悩んでます。

色々調べてみましたが、結局は扶養から外れたら私にも所得税が発生しますし、夫は配偶者控除を受けれなくなってしまうから夫の税金もUPするようなので扶養の範囲内で働いたほうがいいのかとも思います。

しかし1000円でも多く収入が欲しいなら税金面は関係なく働いたほうがいいとも聞いたのですが、もし、扶養から外れて働いていた場合、なんらかの理由でまた扶養に入らなければなった場合は再び夫の扶養に入ることができるのでしょうか?今は昔と違って1度抜けたら再度入るのは難しいと聞きました。本当なんですかね?それともこの話は税金の扶養と保険の扶養の両方を外れた場合なんでしょうか。。。?調べてますがなかなか答えに行き着かず困ってます。

質問の整理をしますと。。。
(1)税金扶養内で働いたほうがいいか、抜けて働いたほうがいいか?
(2)一度抜けた扶養に再度入るのは難しいのか?

です。初めてのことなので色々無知なのでよろしくお願いします。

今年3月に結婚しました。そろそろ働こうかと検討中で、税金面の扶養内「103万以内」で働くか扶養を外れ「103万以上」で働くか悩んでます。

色々調べてみましたが、結局は扶養から外れたら私にも所得税が発生しますし、夫は配偶者控除を受けれなくなってしまうから夫の税金もUPするようなので扶養の範囲内で働いたほうがいいのかとも思います。

しかし1000円でも多く収入が欲しいなら税金面は関係なく働いたほうがいいとも聞いたのですが、もし、扶養から外れて働いていた場合、なんらかの理由で...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)税金扶養内で働いたほうがいいか、抜けて働いたほうがいいか?

ポイントは次の3点だと思います。

1.税金だけを考えれば収入の絶対金額が増えて得になる
2.夫が会社からの妻へ対する手当をもらっているとそれがなくなり影響が大きい
3.妻が夫の社会保険の扶養に入っていて、健康保険及び年金の保険料がタダの場合、自らがパート先で社会保険に加入するようになってしまうと、その保険料の負担の影響が大きい

1について言うと。
純粋に税のみで考えれば、損ということはないですね。
つまり収入が103万以下の場合は税金が掛からないので、1万円収入が増えれば1万円が家計に入るわけです。
でも103万を超えると夫の自身の税金や、夫の配偶者控除がなくなったり配偶者特別控除が減ることによって、1万円収入が増えても1万円が家計に入るというわけではないということです。
夫の収入が増えるに連れて1万円収入が増えても、家計に入るに入る金額は9千円になったり8千円になったりという具合に減ってしまうということです。
そういう意味で損だということで、決して働くと収入自体が減るという意味で損ということではありません。
ですから単純に損得というならば、実際には働けば働くほど収入の絶対的金額は増えるから得だということになります。

夫の収入が103万をオーバーして120万になったらどうなるか。
所得税の場合は夫の配偶者控除の38万が配偶者特別控除の21万に減ってしまいます。
この差額の17万が夫の給与にどのように反映するかというと、所得税は課税所得によって税率が変わりますが、一般的なサラリーマンとして税率10%とすると

170000×10%=17000・・・夫の今年の所得税増

ということで17000円所得税が増えます。
一方来年の住民税(住民税は今年の所得に対して来年課税される)の場合は夫の配偶者控除の33万が配偶者特別控除の21万に減ってしまいます。
この差額の12万が夫の給与にどのように反映するかというと、住民税は税率が一律10%なので

120000×10%=12000・・・夫の来年の住民税増

ということで12000円来年の住民税が増えます。
つまり夫の収入が103万から120万に増えれば、夫の今年の所得税と来年の住民税との合計で

17000+12000=29000・・・夫の今年の所得税と来年の住民税を合わせた増額

ということで29000円増える訳です。
夫は収入が103万から120万へ17万増えるのですから、所得税は5%なので

170000×5%=8500・・・夫の今年の所得税増

ということで8500円所得税が増えます。
一方住民税は一律10%なので

170000×10%=17000・・・夫の来年の住民税増

ということで17000円来年の住民税が増えます。
つまり夫の収入が103万から120万に増えれば、夫の今年の所得税と来年の住民税との合計で

8500+17000=25500・・・夫の今年の所得税と来年の住民税を合わせた増額

ということで25500円増える訳です。
ということで二人合わせると

29000+25500=54500

今年の所得税と来年の住民税で54500円増えるわけです。
しかし収入は17万増えているので

170000-54500=115500

ということで確かに夫の税金は増えていますし夫も課税されるということで税金は増えますが、収入はそれ以上増えているので差し引きでは115500円増えているということで、家計全体の絶対的金額は増えるから損ということはないということです。
これが例えば70万から77万に7万増えたのだったら、夫の控除金額も変わらずに夫の税金もゼロのままなので、増えた70000はそのままそっくり家計に入りますが、103万から120万に17万増えると115500と7割弱程度に減ってしまうということです。
でもマイナスになるわけではないので損にはならないということです。

2について言うと。
手当はそもそも法律で決まっているものではないので、その会社の規定によります、ですからどういう規定になっているかを会社に確かめなければ確実なことはわかりません。
ですが例えば妻の収入が夫が配偶者控除を受けられる103万以下という規定であるならばその手当はなくなるでしょうし、場合によっては1月まで遡って返却させる会社もあるので、そうなるとやはり影響は大きいでしょうね。

3について言うと。
たとえパートでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

要するに収入の金額ではなく労働時間で決まります。
ですから収入的には扶養でいられるはずでも、上記の条件で社会保険に加入しなければならない層が存在するのです。
つまり妻の会社の社会保険への加入と夫の扶養になるということについての関係では、下記のように妻は三つの層に分かれることになります。

A.収入の金額的には夫の扶養になれるし上記の条件があっても引っ掛からない為夫の扶養になっている

B.収入の金額的には夫の扶養になれるが上記の条件があるため会社の社会保険に加入しなければならない

C.収入の金額的にも夫の扶養になれないし上記の条件もあるため会社の社会保険に加入している

AとCの層はすぐわかると思いますが、Bのような層の妻たちもいるというのはちょっとわかりにくいと思いますが、まさにそのBの層の妻たちにご質問のような疑問が湧くことになるのです。
ですが収入の金額的には夫の扶養になれるとしても、上記の条件があるため会社が社会保険に加入するようにというならばそうせざるを得ず、どちらかを選択するというわけには行きません。
損得で選ぶという訳には行かないのです。
要するに夫の会社の健康保険で扶養になっていれば保険料は言ってみればタダ、国民年金も第3号被保険者なら保険料はタダ。
つまり保険料は一切タダということですが、それが妻自身で社会保険に入るとなるとドカンと保険料が発生して手取りの収入が減ってしまうということです。

ですからこういう質問の回答で多い間違いは、夫の扶養を外れる年収130万を超えたときに妻自身が社会保険に加入すると言う説明です。
これを信じて失敗された方が大勢います。
上記の社会保険の加入条件に当てはまってしまえば、130万に満たなくても社会保険に加入せねばならず、当然夫の健康保険の扶養や第3号被保険者から外れることになります。
また税金のことだけしか考えないとやはり失敗をします。
この点をしっかり理解しておかないと後で後悔します。

なお、雇用保険のほうの加入条件は以下のようなものです。

1.1週間の所定労働時間が20時間以上であること。
2.1年以上引き続き雇用されることが見込まれること。

結論として妻自身が勤め先で社会保険の適用を受けない範囲で、なおかつ夫が妻に対する手当を会社から受けられる範囲であれば、ギリギリまで多く働いたほうが得ということです。
あるいは年収が170万~180万ぐらいまでバリバリ働くかです。
そこまでバリバリ働くわけでもないがギリギリの線を少し越えるという中途半端なのが一番損です。

つまり肝心なことは本当に家計をプラスにする為には、色々な要素を平行して考えていかなければいけないということです。
ひとつの要素だけを考えてしまっては大きな失敗をしてしまうということです。
一番よくあるのが税金のことだけを考えてしまうと言うパターンです、税金のことだけ考えて「健康保険の扶養」や「扶養手当」のことを考えないと、確かに税金では若干プラスになるが「健康保険の扶養」や「扶養手当」で大きくマイナスになり、トータルではマイナスとなってこんなはずではなかったということが結構多いのです。

>(2)一度抜けた扶養に再度入るのは難しいのか?

いえ、難しくありません。
むしろ健保は収入によってこまめに扶養の切替をするように指導しています。
そうではなくいわゆる夫の会社の担当者が手続きを面倒がると言うことです。
扶養を出たり入ったりすると何度もその手続きをしなければならないので、「一度抜けた扶養に再度入るのは難しい」などと言ってなるべく手続きの手間を減らそうとしているのです。
ですがそもそも会社の担当者はそれが仕事なのですから、その仕事が面倒だなどと言うとしたら、そのほうがむしろおかしいし言語道断な発言です。

最後にこのサイトでもあまりにも間違った回答が多いので繰り返しますが、単純に130万を超えると夫の健康保険の扶養を外れると言うのは誤りです、殆どの場合130万以前に夫の健康保険の扶養を外れると言う場合が多いです。
ですから夫の健康保険の扶養でいられるためにはもっと低い金額に抑える必要があります、詳しく説明すると。

話の順序として以下のようになります。

1.「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」

妻が職場で労働時間や日数が足りていれば社会保険に加入する、労働時間や日数が足りていなければ社会保険には加入しない。

2.「夫の扶養の限界」

これが問題になるのはあくまでも1で社会保険に加入していない場合です、1で社会保険に加入していない場合でなおかつ前述の夫の健保の扶養の規定に該当すれば扶養になれるということです。

ですから例えば

『年収90万でも労働時間や日数が足りていれば』

1の段階で引っ掛かり2の段階に行くまでもなく(つまり夫の扶養になれかどうか以前の問題として)社会保険に加入となります。

『140万でも労働時間や日数が足りていなければ』

1の段階では引っ掛かりませんが、2の段階で引っ掛かり夫の扶養にはなれません。
となれば会社で社会保険に加入するか国民健康保険(会社で社会保険に加入できなければ)に加入するしかないのです。

つまり夫の健康保険の扶養になるためには、労働時間や日数で1に引っ掛からずになおかつ収入で2に引っ掛からないということが条件になります。
要するに130万と言うのは1の「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」に引っ掛からない場合に有効なのですが、パートなどの場合はよほど時給が高くない限り1に引っ掛かってしまうので130万と言うのは殆ど意味がありません。

>(1)税金扶養内で働いたほうがいいか、抜けて働いたほうがいいか?

ポイントは次の3点だと思います。

1.税金だけを考えれば収入の絶対金額が増えて得になる
2.夫が会社からの妻へ対する手当をもらっているとそれがなくなり影響が大きい
3.妻が夫の社会保険の扶養に入っていて、健康保険及び年金の保険料がタダの場合、自らがパート先で社会保険に加入するようになってしまうと、その保険料の負担の影響が大きい

1について言うと。
純粋に税のみで考えれば、損ということはないですね。
つま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報