痔になりやすい生活習慣とは?

亡くなった父の写真を、リビングに飾ってあります  お仏壇ないので、お水を置いてあります。 でも しまうかと思っていますが、しまってもいいんですかね? アルバムに

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

わたしも写真飾っています。

大好きな父でしたから。
お花だけです。私は一緒に居たいので、アルバムには無理です。
でも、心の問題なので、それもいいと思います。
    • good
    • 3

しまっても良いでしょう。

貴女がそうしたいなら。
私は棚に飾っています。なんか安心します。
    • good
    • 0

>しまってもいいんですかね?


 本人の意思、考えでしまわれるのなら
 全く構わないと思います。

「切り刻んでゴミ箱へ」だと『この人、大丈夫?』と思うが
 人に言わなければ波風は立たないものです。
    • good
    • 0

私も父を早くに亡くしています。



故人の弔い方、思い出の有り方は人それぞれでいいと思います。今は結婚して仏壇をもってきましたが、一人暮らしの時は誰も住んでいない実家に仏壇を置きっぱなしにしていました。場所もありませんでしたから。

質問者様がどのよう故人の事を思い出すのか、それによって写真を飾ってもいいし、仏壇をおいてもいいし、なにもしない(心の内にある)のでもいいでしょう。

日本は仏壇と言う形(先祖崇拝の伝統)があるので、なんとなくそういう形式になっていきますが、欧米のように仏壇などがないような家だと、いろいろな形があります。
#5さんなんてまさにそうですね。ほかにも写真部屋がある家や、暖炉に上に生死の別なくファミリーの写真を飾っている家、十字架やマリア像と一緒に故人の遺品を並べているチェストを置いている家など様々です。

ようは、質問者様がどのように故人とのつながりを感じていたか、で決めればよいでしょう。
    • good
    • 0

しまうかと思うなら、いいと思いますが。


何もないのも寂しいような。
たとえば代わりにお父様の遺品でも置くのはどうでしょう?
    • good
    • 0

私も、先に逝かれた女房の葬儀時に使った大き目の写真をリビングに。

自分なりの方法で、お水を置いて、ろうそくも命日や誕生日、それに思い出して涙がボロボロ出てきたときなどに、灯しています。訪問された皆様も、この写真に気づいて、合掌されていきます。他人が何を言おうが、自分の心の中で生きている限りは、そこにおいて置くつもりです。

孫たちも、お婆ちゃんは、ここでまだ生きているからと、写真を取り払うのは大反対意見です。何も言ってないのに、まず、写真の前に直行で挨拶、帰りは、お婆ちゃん、ありがとう、って写真の前でお礼を言って帰っていきます。
    • good
    • 2

仏壇にこだわらないけど、いつも見えるところにおいといたら!


自分は早くに両親を亡くしました。写真を見ると、どこかで見守ってくれていると思えるんです。それに助けられてます。
    • good
    • 0

仏壇がないという点ではわかりませんが写真については飾らなくていいそうです。


最近、実家を新築したのですが仏壇は はめ込み式で作ったものの写真を飾るスペースのことを忘れ困っていたのですが思い切ってお寺に相談したところ写真は飾る必要はないですよと言われましたよ。
お父様を想う気持ちもあって悩んでいるのでしょうから、どうしても不安なら思い切ってお葬式をあげたお寺に相談すると気持ちもスッキリすると思いますよ。
    • good
    • 0

うん、あなたの心の問題だからね。

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亡くなった人の写真

私の部屋には亡くなった両祖父母の写真と、亡くなった旦那の母の写真がフォトスタンドに普通に飾ってあります。
先日私の姉が部屋に来たときにふと
「亡くなった人の写真を遺影以外で飾るのってどうなんだろうね??」
と言ったのです。
今まで全く気にせず飾っていたのですが、姉に言われて少し気になるようになったのですが、あまり良いことではないのでしょうか?
私としては気持ちの問題で別にかまわないんじゃないかと思うのですが・・・。
何か分かる方がいらっしゃったらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

坊さんです。
宗教上の側面では、まったく問題なくかまいません。
個々人の気持ちの感じ方は人それぞれです。

Q亡くなった方の遺影はどうしてますか?

おじいちゃん、おばあちゃん、父、母とお葬式に使った額に入った写真は部屋に飾ってます。

みなさんも飾ってますか?
飾らない場合はどうしたら良いのでしょうか?

写真を飾ると現世に未練を残して成仏できないっていわれました。

どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

私は、その人その人の気の持ち方で決めればいいと思います。

いつも見守っていてもらいたい、また亡くなられた方の顔を忘れないようにしていたい、と思われるのであれば、飾っておけばいいと思います。

成仏できないというのは、代々きりがなくなってしまうため、しまうための口実(悪い意味でなく)としての理由付けもあるんじゃないかと思います。

飾らない場合は、押入などは気の毒ですので、仏間か仏壇の引き出しにでも、きちんと紙に包んでしまっておけば良いんじゃないでしょうか。

Q亡くなった親族の写真を飾り続ける事について

はじめまして。相談に乗って下さい。

我が家には、亡くなった親族の方の写真が5人分の写真が和室に飾ってあります。

(キッチンには、亡くなったペット2匹の写真が飾ってあります)

5人中、4人は、父方の親族で、古い物では、70年近く前の写真もあり、また、遺影のような写真もあります。

写真は、父の希望で、父自ら飾りました。

そして、我が家には、特に信仰している宗教もなく、また仏壇もありません。

少し前、父が(70代)が病に倒れ、緊急入院してしまいました。

少し大きな病気です。

そしたら、以前テレビで、亡くなった方の写真を長く飾るのは良くない。とか言っていた人の話を思い出してしまい、写真を飾ってある事が急に気になってしまいました。

今現在、家の中には、住んでいる人数より、亡くなった方の写真の方が多くて、あちらの世界に連れて行かれてしまったら、どうしよう・・・と不安になってしまいました。

ただ、守ってくれる者でもあるのかな?と思ったら、このままにしておいた方が良いのか・・・と。

今、父の病回復の願掛けを兼ねて、写真をしまった方が良いのか、飾り続けていた方が迷っています。

少し調べたら、遺影はしまった方がよいとか書いてあって、ますます悩んでおります。

そこで、質問なのですが・・・

亡くなった方の写真は、飾り続けて良い物なのでしょうか・・・

どうか、よろしくお願い致します。

はじめまして。相談に乗って下さい。

我が家には、亡くなった親族の方の写真が5人分の写真が和室に飾ってあります。

(キッチンには、亡くなったペット2匹の写真が飾ってあります)

5人中、4人は、父方の親族で、古い物では、70年近く前の写真もあり、また、遺影のような写真もあります。

写真は、父の希望で、父自ら飾りました。

そして、我が家には、特に信仰している宗教もなく、また仏壇もありません。

少し前、父が(70代)が病に倒れ、緊急入院してしまいました。

少し大きな病気です。

そ...続きを読む

Aベストアンサー

我が家にも亡くなった祖父母や母の写真がいっぱい飾ってあります。

私はそれらの写真に笑って話しかけたりしています。
家族が多いように感じてた楽しいですよ。

でもあなたが気になるのでしたら外してしまっておけばよろしいと思います。

間違っても、あの世に連れていかれるなどと邪教のような陰湿な考えはしない方がいいですね。
先祖の方々のおかげで我々の今があると思います。
明るく生きていきましょうよ。

Q亡くなった方の御遺影は家のどこに置くべきか、仏壇でしょうか?、神棚のある部屋でしょうか?

わたしの実家には仏壇と神棚があります。
仏壇は、居間というかテレビが置いてある部屋に、
一方神棚は、家の西側の部屋にあります。

ところが、なぜか不思議な事に、亡くなった人の御遺影が、
仏壇のある部屋ではなく、神棚のある部屋に、ちょうど神棚と
同じくらいの高さの鴨居のところに飾られています。
御遺影は仏様ですのに、神棚の近くにあってわたしはとても違和感を持ちます。

本来は、御遺影は仏壇のある部屋もしくは仏壇のある部屋の近くに飾り
神棚からはむしろ遠ざけるべきであるように思うのですが、どうでしょう?

この辺りの慣習・ならわしに詳しい方、御回答をお願いします。
因みに実家は臨済宗です。

Aベストアンサー

我が家は曹洞宗です。同じ禅宗ということで。
和尚さんによりますと、仏壇と同じ壁面ではなく向かって右側の鴨居に飾る方が良いそうです。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q遺影について教えてください

葬儀の際に使用した遺影は飾るものですか?
四十九日を過ぎたら遺影は飾らないほうが良いと聞いたのですが
仏教の宗派によっても違うのでしょうか?

また、飾るとしたら仏壇を基点に右側、左側とか?上側とか横とか
または、どこに飾っても自由とか決まりがあるのですか?

Aベストアンサー

遺影に関しては決まりはありません。
と言うか、決まってません

というのも写真は明治以降のものです。
元々の仏教の荘厳には無いものだからです。
坊さんに言わせると、葬儀の時にも必要ないそうです。
むしろ邪魔だと言ってました。

ですから、質問者さんのしたいようにやっていいと思います。

ただし、ご本尊より大切に扱うのは、仏様に失礼にあたりますので気をつけましょう。
仏壇の上とか、仏壇の中に入れるはやめた方が良いです。

Q親族が遺体の写真を撮るのはマナー上よくないでしょうか。

昨日親が永眠しました。

これから通夜、告別式がありますが通夜の終了後に写真を撮る行為はマナー上よくないでしょうか。昨日は臨終に駆けつけたので、もちろんカメラは持っていませんでした。

本来ならば自分の脳裏の記憶に留めるのが良識のある人間のすることだと分かっておりますが、短い期間で逝ってしまったので自分のわがままのようですが撮っておきたい気持ちとそうしない方がいいと思う気持ちと半々です。

なお、コンパクトカメラで撮ると、現像のときプリントしてもらえないのでしょうか。

Aベストアンサー

地方によるのかもしれませんが、最近私の市や、圏内では葬儀屋さんがバチバチ写真を取ってくれていますよ!
私は昭和50年代、親戚の伯父さんがなくなったおばあちゃんの(伯父さんや父の母に当たる)お葬式のその日のドキュメントくらいバチバチ写真を撮っていました!
私はまだその頃は「死んだ人の写真とってなんだか・・・気味悪くないのかなぁ・・」と思いましたが、
あとですぐに生きてきた人の最後の晴れ姿的に受け止め、写真が出来上がった頃には「おばあちゃんが幽霊になって映ってない??」とまで
思えるほどに、おばあちゃんの最後の日の(体が在るという意味で)
写真をしめやかに見ることができました。

近年、そのおばあちゃんの写真を撮っていた伯父が亡くなった時は、
息子も、また葬儀屋の人もバチバチ撮ってくれてまして、
それがちっとも不快でもないし、またご参列戴いた方々もその光景が不思議ではないといった感じで定着しているように思えました。

遺体が気持ち悪いとかではないでしょう。
愛する人の最後の身在る姿です。
私はちっとも変には思いません。
tenantさんの気持ちわかりますし、故人様もそこまで思ってもらえてお喜びではないでしょうか?
ちっとも人の目を気にする必要はないし、気にしてて撮らないと後悔しても遅いですよ?
昭和の時代でもアナログカメラでちゃんと現像してくれて、親戚みんなに焼き回ししているほどです。
大丈夫ですよ!
ちなみに、御通夜も告別式も撮っています。
参考までに伯父や、葬儀屋さんが撮っていたのは、最後の御棺にお花を飾られたり、飾っているところ、出棺時の様子などです。
さすがに焼却では撮っては居ません。
あくまで身在る最後の姿です。
どうか悔いのなきようにお見送りくださいね。
謹んでご冥福をお祈りいたします・・・。

地方によるのかもしれませんが、最近私の市や、圏内では葬儀屋さんがバチバチ写真を取ってくれていますよ!
私は昭和50年代、親戚の伯父さんがなくなったおばあちゃんの(伯父さんや父の母に当たる)お葬式のその日のドキュメントくらいバチバチ写真を撮っていました!
私はまだその頃は「死んだ人の写真とってなんだか・・・気味悪くないのかなぁ・・」と思いましたが、
あとですぐに生きてきた人の最後の晴れ姿的に受け止め、写真が出来上がった頃には「おばあちゃんが幽霊になって映ってない??」とまで
...続きを読む

Q亡くなった人の夢を見ません。

去年癌で父を亡くしたのですが、よく夢で逢いに来てくれた、という話を聞くのに私は全く夢に父が出てきたことがありません。

元々寡黙な人で、病気の事もこれからの事も入院中は何も話してくれませんでした。
本当なら病気だって辛いはずなのに、「痛い」とか「苦しい」とか、そういった弱音を家族の前では決して言いませんでした。
亡くなる前に紙に何か書こうとしたのですが、もうペンを握る力も話す声も出せず、そのまま息を引き取りました。

夢に出てこないのは、残された私たち家族の事を何とも思っていないのでしょうか?
伝えたい事も何もないのでしょうか?
そればかりが心に引っかかってしまっています。

Aベストアンサー

30代既婚者男です。

まずはお父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

>夢に出てこないのは、残された私たち家族の事を何とも
>思っていないのでしょうか?
>伝えたい事も何もないのでしょうか?

大丈夫ですよ。
お父さんはいつでも、あなた達家族のことを思い、そばにいます。
夢に出てこないから、何とも思っていないという事にはなりません。

お父さんがあなたに伝えたいこと。それはいつもあなたに向けて
伝えられています。
目を閉じて、静かにお父さんのことを想ってみてください。
必ず、お父さんからのメッセージが、あなたへと届きます。
あなたが、お父さんを思うだけで、意識のアンテナが繋がるのです。
それは映像や実際の言葉として届くのでは無く、あなたの日常の中の
様々な形で届きます。
あなたがふと目が留まった本やテレビに流れる言葉であったり、
ふと浮かび上がる思いなどです。

寡黙なお父さんだったからこそ、あなたに伝えたかった言葉は
たくさんあるはずなのです。
でも、お父さんは多くを語らずとも、自らの生き方をあなたに
見せることで、伝えたかったのかもしれませんね。

>本当なら病気だって辛いはずなのに、「痛い」とか「苦しい」とか、
>そういった弱音を家族の前では決して言いませんでした。

この中に、お父さんの優しさと強さを感じます。
夫として、父として、最後までお父さんは、お父さんらしい生き方
でしたね。
父親として、最後まで強くあなた達家族を守りたいという思いでは
ないでしょうか?
残していくあなた達家族の為に、お父さんが出来る精一杯の愛情
なのです。

あなたに今、お父さんにしてあげられることは、
あなたの人生を強く今を生きることなのです。
お父さんが安心して、次の場所へと進むことができるような
生き方をしてください。
それが残された者の使命ですよ。最後に紙に書こうとした言葉、
それはきっと、「ありがとう」だったのではないでしょうか。
最愛の我が子と出会い、これまでの人生はお父さんにとってとても
幸せだったと思います
ですから、夢に出てこないことをあまり悲観しないでください。
目を瞑り、心をお父さんへと向ければ、今もきっとあなたの心に
お父さんの言葉が届いているはずですよ。

30代既婚者男です。

まずはお父様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

>夢に出てこないのは、残された私たち家族の事を何とも
>思っていないのでしょうか?
>伝えたい事も何もないのでしょうか?

大丈夫ですよ。
お父さんはいつでも、あなた達家族のことを思い、そばにいます。
夢に出てこないから、何とも思っていないという事にはなりません。

お父さんがあなたに伝えたいこと。それはいつもあなたに向けて
伝えられています。
目を閉じて、静かにお父さんのことを想ってみてください。
必ず、お父さ...続きを読む

Q家族の死を受け入れるには

家族が残り僅かな命を宣告されて、それを受け入れる事ができずに毎日泣いてばかり。
かなりの高齢、しかも寝たきりなのでそろそろ...とはわかっていたつもりでも、いざ直面するとその時が来るのが辛くてつらくて堪りません。

迎える死を受け入れる、気持ちの整理をつけるはどうしたらできるものでしょうか。

(いただいたご回答の返事は遅れるかもしれませんが何卒よろしくお願いします)

Aベストアンサー

私は両親をガンで看取りました。
だからあなたの辛さが痛いほどわかります。

何年たっても家族の死を受け止める事も出来ないし、ずっと無理だと思う。日常生活では「笑ったり、ご飯食べたり、普通に会話」もできます。でも、どこか心の中にいつも家族の死があります。心の闇というか、家族の死に関しては心が凍ったままです。

家族の死を受け入れるというよりも、余命宣告された家族へ今までの感謝の気持ちを込めて精一杯の笑顔でお見送りするしかありません。家族との一日一日を大切にし、旅立つ人が「この子は私が死んだらどうなるんだろう」とあなたを心配しないように泣き顔は見せない事です。

私の両親も娘の私を気遣い、辛い治療の泣き言は言いませんでした。末期の病気になっても娘を気遣う両親の気丈な姿を見て、愛しくて抱き締めたくて、一人になると泣いてました。私も辛かったけど、泣いてばかりだときっと両親は残された私の行く末を心配するだろうな…と泣いてる姿は見せないようにし、元気なふりして乗り切りました。旅立つ家族としては、自分の肉親が泣いてばかりだと「この子は自分が死んだあと一人で大丈夫だろうか?」ときっと心配したまま亡くなって、心残りになると思います。

私はガンと闘う毅然とした親の姿を見ていると、そんな親がとても誇らしく「自分も負けていられないな」と思うようになりました。その親の強い思いが、今の自分を支えているような気がします。ヘタレな私でしたが「親が子供にできる最後の教育」と思い、がん闘病中の親の姿が目に焼き付いて離れません。未だにその気丈な姿に勇気をもらってます。

私は、亡くなった人はきっと自分の生きざまを天国で見ていてくれる。あの世で再会したら「よく頑張ったね」と誉めてくれることを楽しみにして、毎日をすごしています。気持の整理なんて何年たってもできないけど、時々亡くなった人の気配を感じる時があります。だから「見守ってくれてるんだな…見ててね」と恥じない生き方をしようと思ってます。

受け入れる事はできないけど辛い記憶は時間が癒してくれます。ふと…思い出して涙する時もあるけど、きっとあの世で会えると…私は思うようにして毎日を生きてます。

私は両親をガンで看取りました。
だからあなたの辛さが痛いほどわかります。

何年たっても家族の死を受け止める事も出来ないし、ずっと無理だと思う。日常生活では「笑ったり、ご飯食べたり、普通に会話」もできます。でも、どこか心の中にいつも家族の死があります。心の闇というか、家族の死に関しては心が凍ったままです。

家族の死を受け入れるというよりも、余命宣告された家族へ今までの感謝の気持ちを込めて精一杯の笑顔でお見送りするしかありません。家族との一日一日を大切にし、旅立つ人が「この子は...続きを読む

Q「死んだら無」ではないかもしれないエピソードを・・

母の死からもうすぐ100日になります。
母が亡くなった後、ヘルパーさんから不思議な話を聞きました。

ヘルパーさんのお母様が亡くなった後、百箇日位まで親戚の霊感がある人から、ちょくちょく電話がかかってきてお母様からのメッセージを伝えてきたそうです。
それは、ヘルパーさんの家の中の事で、遠くに住む親戚の人は知らないはず事ばかりでびっくりしました。
百箇日が近づくと、親戚の人に見えるお母様の姿もだんだん薄くなり、メッセージも減ってきたようです。
私の母と同じ病気で亡くなった方だったのですが、亡くなってすぐの様子は 入院中に出来なかった色々な事をして結構気楽にやってるよという話だったので、死んでも無ではないんだなぁ、母も病気から解放されて楽になったかな、ということが私の支えでした。

ホーキング博士の「死後の世界はない」という発言がちょっと淋しくて、でも博士もまだ生きているわけだしと思うのですが、
「無ではないかもよ」というエピソードを聞かせて頂いたら嬉しいです。

今回は、死後の世界があるかないかではなく、(生きている人にはわからないのだから)
「無ではないかも」限定でお願いします。

百箇日過ぎたら、より前向きに生きて行きますのでよろしくお願いいたします。

母の死からもうすぐ100日になります。
母が亡くなった後、ヘルパーさんから不思議な話を聞きました。

ヘルパーさんのお母様が亡くなった後、百箇日位まで親戚の霊感がある人から、ちょくちょく電話がかかってきてお母様からのメッセージを伝えてきたそうです。
それは、ヘルパーさんの家の中の事で、遠くに住む親戚の人は知らないはず事ばかりでびっくりしました。
百箇日が近づくと、親戚の人に見えるお母様の姿もだんだん薄くなり、メッセージも減ってきたようです。
私の母と同じ病気で亡くなった方だったので...続きを読む

Aベストアンサー

うちのじいちゃんが死んだ時。。。

霊感の強い従兄の子が、葬式で「あそこにじいさんいるよ」と言っていた。
自分は霊とか信じないタイプだから「ふ~ん」って流していたけど、その従兄の子は、葬式までうちに来た事がなかったんだよね。

んで、じいちゃんが生前、部屋の出入りに使っていた窓があったんだけど、そこから出入りしているよ~と従兄が教えてくれたのには驚いたよ。

そこの窓から出入りしているのを知っているのは、うちの家族だけ。。。
どう見ても、通常は出入りに使うような窓ではないから、従兄が知る訳ないんだよね。
「マジで。。。?」と思ったけど、それを聞いたうちの父ちゃんは「そうか、じいさんが歩いているか。。。」と嬉しそうにしていたよ。

うちのじいちゃん、死ぬ時はもう歩けなかったからね。
死んでから、膝の痛みも無く、歩けるようになったんだな~と思ったな。

怖い幽霊とかは見たくはないけど、家族とか「もう一度会いたい」と言う人であれば、幽霊でもいいから会いたいと思うよね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング