低解約返戻金型医療保険を販売してる保険会社ってありますか?
生命保険料控除の時に
介護医療保険料に該当するものを探しています。
補償内容は気にしていません。
貯蓄用に考えています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

経済的幸福度に貢献するファイナンシャルプランナーの末次ゆうじです。


「低解約返戻金型医療保険」という商品は存在しません。

低解約返戻金特則付の医療保険は存在します。
保険会社によって医療保険の前にこの言葉が入っている会社もあります。

いわゆる、掛け捨てタイプ医療保険のことです。
また、払った保険料が戻ってくるタイプの医療保険もあります。
貯蓄用にご検討とのことですが、この保険料が戻ってくるタイプの医療保険の
事でしょうか?

・東京海上あんしん生命(メディカルKit R )→http://www.tmn-anshin.co.jp/kojin/goods_medical/ …
・メディケア生命(メディフィット リターン )→http://www.medicarelife.com/products/shop/medifi …
・メットライフ生命(リターンボーナスつき終身医療保険)→http://www.metlife.co.jp/document/products/ropfi …

などが人気です。

一方、低解約型終身保険という死亡保障の終身型の保険は存在します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
低解約型終身保険のように
保険料を満期まで払い込んだあと解約金が
増えていくタイプを探しておりまして
これが介護医療保険料に該当するものを探しておりました。

お礼日時:2016/12/30 15:52

専門家紹介

ファイナンシャルプランナー末次祐治

職業:ファイナンシャルプランナー

外資系金融機関で個人・法人問わずお客様の数にこだわりアフターフォローを重視した活動で14年間在籍。老若男女、職業問わず幅広い顧客対応を体験。

その後、お客様にとっての購買代理人として経済的幸福度に貢献したいとの思いから、2014年からファイナンシャルプランナー(FP)として独立。

ライフプランを軸に年金・保険・住宅ローン・教育資金のアドバイスを行いアフターフォローまでワンストップで対応。また一生のお付き合いモットーにしています。

~~【専門分野は、保険と確定拠出年金の設計・アドバイス】~~

◆お客様から「相談してよかった」と思っていただける様に知力と経験で あなたの「夢プランの設計」に尽くします。

◆確定拠出年金の導入コンサルやセミナー講師として一人一人にわかりやくお伝えしています。

~確定拠出年金相談ねっと認定FP~
https://wiselife.biz/fp/ysuetsugu/

~マイベストプロ福岡・佐賀専門家サイト~
http://mbp-fukuoka.com/fpsuetsugu/

詳しくはこちら

お問い合わせ先

090-3074-6972

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労働保険料の消費税区分は?

非課税ですか?課税対象外ですか?教えてください。

Aベストアンサー

消費税の課税対象の要件に合致していますが、消費者に負担を求める税としての性格から見て、課税の対象とすることになじまない「非課税取引」です。
「不課税取引」ではありません。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/shouhi.htm

Q積立利率変動型と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険の違い

積立利率変動型終身保険と変額終身保険と低解約返戻金型終身保険、どれがいいのかで悩んでいます。
それぞれのメリット、デメリットを教えてください。
またそれぞれでお勧めがあるようでしたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いずれも、普通の終身保険と比べてどうなのか……

積立利率変動型終身保険
メリット:市場金利が上昇すれば、予定利率も上昇する。
デメリット:金利下降では、予定利率も低下する。
実際、現状では、金利が最低水準なので、特に大きなデメリットはない。

低解約返戻金型終身保険
メリット:普通の終身保険よりも保険料が安く、払込期間が終了すれば、高い解約払戻率となる。
デメリット:保険料払込期間中は、普通の終身保険よりも解約払戻率が低くなっている(70%)。従って、保険料払込期間中の中途解約は不利。

変額終身保険
メリット:運用が上手く行けば、高い解約払戻金となる。
デメリット:運用が失敗すれば、低い解約払戻金となる。

リスクが低い=安全性が高いのは、利率変動型、次いで低解約払戻金型。
変額終身保険は、まったく別の商品で、ハイリスク・ハイリターンの投資商品に死亡保障が付いていると考えた方が良い。従って、投資の基本的な知識がなければ、手を出してはいけない商品です。
変額保険でもう一つ注意しなければならない点は、資金の引き上げが容易ではない点です。
例えば、株式投資なら危ないと思ったとき、売り抜けて、当面は普通預金に入れて様子を見るということができますが、変額保険では常に何かに投資をしていなければならない。資金の引き上げ=解約しかない点です。

いずれも、普通の終身保険と比べてどうなのか……

積立利率変動型終身保険
メリット:市場金利が上昇すれば、予定利率も上昇する。
デメリット:金利下降では、予定利率も低下する。
実際、現状では、金利が最低水準なので、特に大きなデメリットはない。

低解約返戻金型終身保険
メリット:普通の終身保険よりも保険料が安く、払込期間が終了すれば、高い解約払戻率となる。
デメリット:保険料払込期間中は、普通の終身保険よりも解約払戻率が低くなっている(70%)。従って、保険料払込期間中の中...続きを読む

Q消費税区分について

法人で経理を担当している者です。消費税区分について教えて下さい。
「企業年金保険料」の消費税区分は「不課税取引」それとも「非課税取引」どちらに該当するのでしょうか?
また、「社会保険料の会社負担分」や「雇用保険料の会社負担分」などの法定福利費の消費税区分ついても教えて下さい。
色々なHPを参照すると意見がまちまちの様で今ひとつ解りません。回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://shouhizei.okumurayoshifumi.net/gaiyou/404.html

>「企業年金保険料」の消費税区分は「不課税取引」それとも「非課税取引」どちらに該当するのでしょうか?
また、「社会保険料の会社負担分」や「雇用保険料の会社負担分」などの法定福利費の消費税区分ついても教えて下さい。

両方、非課税です。

Q年払いの生命保険を年の途中で解約した場合、年払保険料の解約返戻金はどうなる?

年払いの生命保険を途中で解約した場合、年払保険料の解約返戻金について教えてください。

例えば契約日が1月1日の年払契約で、3月10日に解約した場合、1年分の保険料のうち、12分の3は解約控除等考慮されたいわゆる解約返戻金として精算、残り9/12は解約控除等が引かれる前の保険料返還金として精算、という考え方でよろしいでしょうか。(実際の名目は全て解約返戻金として精算されるかもしれませんが、あくまで考え方の話です。)

昔(例えば20年前)は、月割りの考え方はなく、年払保険料すべてが解約控除等考慮後の解約返戻金として精算していましたが、ある時点から月割りの考え方に変更になったと記憶しています。その点、詳しい方がいらっしゃったらご教示いただきたいです。

Aベストアンサー

経済的幸福度に貢献するファイナンシャルプランナーの末次ゆうじです。
年払い保険料の返還についてですが、考え方としては適正です。

上記の例で申しますと、1月~3月まで保険料に充当 4月~12月分を返金します 
ということになります。
この返金になる保険料を「未経過保険料」と呼ばれます。
あくまでも半年払いと、年払いが対象です。

この未経過保険料は、契約者保護の観点を目的として
2010年(H22年)4月1日から保険法改正により施行されました。
http://www.jili.or.jp/knows_learns/q_a/life_insurance/life_insurance_q1005.html


ご注意点としては
・これ以前の契約は未経過保険料に適用はありません。
・これ以降であってもすべての保険会社の商品が対象でなない
・一時払の契約については対象外です。(全期前納契約は対象)

ということです。詳細は、ご契約のしおり・約款等でご確認ください。

Q弥生会計07 税区分の追加

お世話になります。

固定資産売却益(会社の車の売却)の税区分で「課税売上簡易四種」、を使いたいのですがありませんでした。
この税区分を追加したいのですがどのようにすればよろしいでしょうか?

また、追加することが無理なのであれば別の税区分でどういったものが適切でしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

弥生会計では消費税設定が本則課税になっていると、税区分に「課税売上簡易四種」などの消費税の簡易課税に関する税区分が表示されません。
そのため、設定を「簡易課税」に設定する必要があります。

まず、「設定」-「消費税設定」-「消費税設定」を選択してください。そこで出てくる消費税設定画面で[課税方式]を[簡易課税]に変更してください。
以上で簡易課税の税区分が追加されるはずです。

Q学資目的での低解約返戻金付保険 あいおい生命orオリックス生命 ご意見をお願いします。

45歳で0歳の子供がいます。
学資保険を調べていたところ、ソニー生命以外の学資保険は元本割れとの情報がありました。
ソニー生命で108%ほどですが、低解約返戻金の保険にして17年後に解約すると、ソニー生命より戻りが多いし、死亡保険金もついているというメリットもあると分かりました。

◎あいおい生命【低解約返戻金特則付き積立利率変動型終身保険】
 保険金300万円、払込55歳、保険期間終身
 保険料17,244円/月
 17年後・・・最低保証利率1.75% 払戻率110.3%  2.75%だと払戻率124%   3.75%だと払戻率139%

◎オリックス生命【ロングターム7】
 保険金250万円、払込55歳、保険期間98歳
 保険料11,838円/月
 17年後・・・払戻率 117.5%
 
正直どちらの会社も今まで聞いたことがありませんでした。
格付けのようなものを調べてみましたが、あいおい損保は載っていますが、あいおい生命は載っていないのが多かったです。

あいおいは、利率変動なので、1.75%以上になると魅力だなぁと思っています。(この利率というのは、世間の利率が良くても、この会社の業績が悪いと1.75%のままなのかなと思いますが)

また、保険会社の人によるとロングターム7は、東京あんしんの長割り終身より断然いいですよっと言われましたので、数では出してもらっていません。

どちらがおすすめでしょうか。
専門家の方のご意見を伺いたく、宜しくお願いします。

45歳で0歳の子供がいます。
学資保険を調べていたところ、ソニー生命以外の学資保険は元本割れとの情報がありました。
ソニー生命で108%ほどですが、低解約返戻金の保険にして17年後に解約すると、ソニー生命より戻りが多いし、死亡保険金もついているというメリットもあると分かりました。

◎あいおい生命【低解約返戻金特則付き積立利率変動型終身保険】
 保険金300万円、払込55歳、保険期間終身
 保険料17,244円/月
 17年後・・・最低保証利率1.75% 払戻率110.3%  2.75%だと...続きを読む

Aベストアンサー

どちらの会社も問題無いと思いますので商品で選べば良いかと思います。
目の付け所は良いかと思います。どちらが良いかは結局結果論にしかならないので、半々づつ両方やってみても良いかもしれませんね。
一般的にはこれから市中の金利は上げ基調なので利率変動型や利差配当付きを選びたいところです。
一方で、オリックスのロングタームや東海あんしんの長割り定期(99歳満了)という無配当ながら返戻率が高い保険があります。確定利回りですから、これらを超える返戻金の増加や配当が無ければ無配当の低解約返戻金型定期保険の方が良いという事になってきます。
あくまで私的な見解ですが、長期金利が日銀の量的緩和の終結だけで2%を超えましたから0金利が解除されると一段アップは確実ではないかと思います。公定歩合の引き上げまでは誰もまだ示唆していませんが、景気が過熱すれば引き上げられます。現状でも1.65~1.75%の予定利率は十分クリアできるので、利率変動や利差配当を選んだほうが良いのではないかとも思っています。
市中金利がダイレクトに反映されるわけではありませんが、未だ超低金利下で組む保険に他ならないので期待値込めて無配当以外を勧めるほうが個人的には多いです。(例えば東海あんしんの代理店なら利差配当付きの長割り終身と無配当の長割り定期がありまして、同じ代理店で両商品比較できるわけですが、どちらを勧めるかは実際意見が分かれます。)

参考URL:http://blog.okwave.jp/Pigeon.php?itemid=509

どちらの会社も問題無いと思いますので商品で選べば良いかと思います。
目の付け所は良いかと思います。どちらが良いかは結局結果論にしかならないので、半々づつ両方やってみても良いかもしれませんね。
一般的にはこれから市中の金利は上げ基調なので利率変動型や利差配当付きを選びたいところです。
一方で、オリックスのロングタームや東海あんしんの長割り定期(99歳満了)という無配当ながら返戻率が高い保険があります。確定利回りですから、これらを超える返戻金の増加や配当が無ければ無配当の低解約...続きを読む

Q税区分の意味

只今勉強中ですので教えて下さい。
かなり初歩的なことでお恥ずかしいのですが・・・

1.弥生の税区分の売上5%一とは売上の1%を納税するって意味ですか?
売上5%五とは売上の5%納税?
納税%が違う理由は何ですか?

2.税区分と相手税区分の違いは何ですか?

以上よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1.売上5%一:漢数字の「一」の部分が、消費税の簡易課税制度を採用している場合の「第一種事業(卸売業)に区分される課税売上」ということを意味しています。「5%」は今の消費税率のもの(かつては3%の時代があったため、その時期のものではないということ)を示しています。売上5%五なら第五種事業(サービス業)に区分される課税売上高ということです。

売上5%一なら売上の0.5%、売上5%五なら売上の2.5%を納税すると思っておけばよいです。
率が違うのは、ごく簡単にいえば、業種によってその売上を上げるためにかかる経費の率が違うためです。

2.「税区分」は自分方の消費税区分で「相手税区分」は仕訳の相手方の消費税区分です。

Q学資保険と低解約返戻金型保険

学資保険で迷っています。
夫 43歳 私 39歳 長男 5歳 二男 1歳

生命保険については

終身保険 1000万円 54歳払い込み
収入保障保険 月10万円 65歳まで

定期保険(10年) 300万円 48歳まで
に入っています。

長男はすでに5歳になってしまっているので
二男の学資保険を検討しています。

私自身は返戻率のよさや、10年払い込みができる(教育費がかからない内に払い込める)などの理由で、アフラックが良いと思っていたのですが
ある保険相談所では、日本興亜生命のなっ得終身を学資として勧められました。

・アフラック 10年払い済み 
月々 14,346円     返戻率 116.1%
払い込み総額 1,663,488円  受け取り総額180万円
受け取り方は
高校入学時 30万円  大学入学時 60万円 
その後は毎年30万円(3年間)

・日本興亜生命  15年払い済み  夫の死亡保障300万円
月々11,547円      返戻率 106.0%(大学入学時)
払い込み総額 2,078,460円 受け取り総額2,214,000円 (大学入学時)
受け取り方は払い込み期間が過ぎれば自由に設定できる。
こちらについても、15年払い込みで返戻率もそれほど悪くありませんでした。
夫の死亡保障が付くし、払い込み期間後は自由度もあり、そのまま(あるいは一部)を残しておくこともできるから得だと言われました。
(例えば、100万円だけ大学入学時に解約して、後は(返戻率が上がっていくので)残しておく
というような)
また、終身の方は中途解約すると、元本割れの可能性が高いことは理解しています。

色々悩んでいるうちに、そもそも学資保険は必要なのか?と考えるようになってしまい
わからなくなってきてしまいました・・・
長文で済みません。保険のことはまったく素人でわからないことも多いので、どなたかよいアドバイスをしていただけないでしょうか?

学資保険で迷っています。
夫 43歳 私 39歳 長男 5歳 二男 1歳

生命保険については

終身保険 1000万円 54歳払い込み
収入保障保険 月10万円 65歳まで

定期保険(10年) 300万円 48歳まで
に入っています。

長男はすでに5歳になってしまっているので
二男の学資保険を検討しています。

私自身は返戻率のよさや、10年払い込みができる(教育費がかからない内に払い込める)などの理由で、アフラックが良いと思っていたのですが
ある保険相談所では、日本興亜生命のなっ得終身を学資として勧め...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも学資とは何でしょうか?

それは、お子様が進学するに当たって必要な教育費のことです。
中でも、大学の費用が最も高額になります。
そして……
親がいても、いなくても、大学に進学しようとすれば、
同じ金額が必要です。
ある大学の入学金が100万円ならば、100万円が必要なのです。

では、その100万円をどのように工面するか?
貯蓄をすれば良いのですが、収入を支える親が死亡した場合、
貯蓄をすることが難しくなるかもしれません。
そこで、親が生きていても、死亡しても、子供が進学するときに
100万円をもらえる商品があれば、便利です。
それが、学資保険です。

学資保険は、親が死亡すると、払込免除になって、
子供が大学に進学する時期に学資を受け取れます。
つまり、これは、死亡保険なのですよ。
死亡して、すぐに、保険金がもらえないだけのことです。

さて……
世の中、今回の大震災でも明らかになったように、
何が起きるかわかりません。
となれば、保険もできるだけリスクが低いものを選びたいです。

学資保険は、保険料を支払うことができなくなっても、
中途解約の損失が低い保険です。
つまり、貯蓄性を重視している保険なのです。

質問者様は、すでに、終身の死亡保険に契約してます。
それは、54歳の払込満了までは、解約払戻金が
100%を越えない商品だと思います。
となれば、何としても、11年後の54歳までは継続したいです。
すでに、解約払戻金のリスクを抱えているのですから、
できるだけ、リスクは低いほうが良いと思います。

また、学資保険が満期になって、その時点で、保険金が不要になれば、
その時点で、効率の良い商品に一括して、預け直せば良いのです。

という点から、私は、アフラックの学資保険で良いと思います。

そもそも学資とは何でしょうか?

それは、お子様が進学するに当たって必要な教育費のことです。
中でも、大学の費用が最も高額になります。
そして……
親がいても、いなくても、大学に進学しようとすれば、
同じ金額が必要です。
ある大学の入学金が100万円ならば、100万円が必要なのです。

では、その100万円をどのように工面するか?
貯蓄をすれば良いのですが、収入を支える親が死亡した場合、
貯蓄をすることが難しくなるかもしれません。
そこで、親が生きていても、死亡しても、子供が進学すると...続きを読む

Q税区分について教えてください!

税区分で売上、仕入、仮払い消費税などありますが、どれがどう違うのかわかりません。
現在、『旅費交通費』についてどの税区分を選んだらいいのか迷っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

旅費交通費は課税仕入となります。ただ、宿泊代金のうち、入湯税などの税金は非課税扱いとなりますので注意が必要です。

Q低解約返戻金型の終身保険と定期保険

三井住友海上あいおい生命の低解約返戻金型生命保険の加入を考えてます。
終身保険でしか考えていませんでしたが、定期保険の方が解約返戻金の返戻率が高いことを知りました。
定期の方が保険料も終身に比べて安いし、良く見えましたが引っかかるのが返戻率です。
終身は積立利率変動型で、予定利率が最低1.75%なので上がる可能性がある。
この予定利率ですがどういう時に上がるのでしょうか?
定期を上回ることはあり得るでしょうか?

漠然とした質問ですみません。

Aベストアンサー

単純には保険会社の運用成績がアップすれば予定利率もアップすることになるかと思います。
生命保険会社は顧客(契約者)から預かった資金を株式市場や債券市場で運用しているので、株価などの上昇傾向が続くと保険会社の運用成績もアップしやすくなります。

下記などもご参考いただければよいかと思います。

標準利率引き下げで保険料が上がる?
http://www.seimeihoken-minaosi.com/topics/2013-01-20.htm

資産運用面から考える生命保険「予定利率」の問題点
http://money-magazine.org/%E8%B3%87%E7%94%A3%E9%81%8B%E7%94%A8%E9%9D%A2%E3%81%8B%E3%82%89%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B%E7%94%9F%E5%91%BD%E4%BF%9D%E9%99%BA%E3%80%8C%E4%BA%88%E5%AE%9A%E5%88%A9%E7%8E%87%E3%80%8D%E3%81%AE%E5%95%8F/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報