痔になりやすい生活習慣とは?

夫とのやり取りのことについて質問です。
私の夫は凄く威圧的で喧嘩するといつも私のせいになります。
パチンコで今年160万の借金が発覚し、全て貯金から返済しました。
一度は離婚も考えましたが、子供も2人いるのでやめました。パチンコの動画は見ない、パチンコは2度とやらないと約束しました。
が、私に隠れてパチンコをしていました。
仕事で帰りが遅くなると言って早く上がった日にはパチンコしてました。
それも許しました。
私はいろんなことを許しているのに、夫と喧嘩で私が悪いと私が心から謝っている風にしないと絶対許してくれません。
30日からの仕事のため、明日2歳の子供と6ヶ月の子供を連れて実家に帰ります。明日は2人を連れて電車で帰ります。しかも2人ともベビーカーではなく私の抱っこです。荷物が多いためベビーカーに荷物を乗せるので。
夫は私に、自分が担当のお店に他の店舗から物を運んでくれと言ってきました。
頼み方も家族なのに業務的で、凄く嫌な気分になりました。
それを帰ってきてから言ったら、
お前は性格が悪い、
おかしい、てめー、嫌味ったらしい、など言われました。
仕方なくごめんねと言ったら、もういい!っと目を見開いて怒ってきました。
ごめんねも気持ちがこもってないなど
正直こんな生活に疲れてしまい離婚しようと言ったら親権は俺がもらう、先に行った方は親権がもらえないと言われました。本当にそうなんでしょうか?
私も今まで貯めてきたものが疲れもあって爆発してしまいました。
教えて下さい。

質問者からの補足コメント

  • 私の意見には全く耳を貸さず殆んど自分の意見でココまで進んできています。私が何か言おうとするともっと大きな声で上から被せてきます。
    何でこんな人と結婚したんだろう、何でこんな自己中なと悲しみと怒りがこみ上げてきて、主人を何度も叩いてしまいました。さっき仕事に行く前に一応、昨日はごめんね、と言ったらお前はやっぱりおかしい、何なの、と言われました。主人は一言も謝りもせずいつもの事ですが全て私のせいにしていました。主人も昨日言ったことがわかってくれたかな?と思ったのですが全く耳に入ってなかったみたいです。
    何だか本当に疲れてしまいました。叩いたのは悪かったです。ココまで追い込んだ主人も少し気づいて欲しかったです。

      補足日時:2016/12/29 07:02

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

ご主人の主張はどこから仕入れたのでしょうかね?(笑


本気で離婚を考えるなら、親権のこともあるので調停にしましょう。二人だけの話し合いでの離婚だと、後々もめそうです。
安易に短絡的な離婚をしてしまわないように、あなたも知識を付け、味方も付け、頑張ってください。
ちなみに個人的な意見ですが、人を「おかしい」と言う人は大抵本人の方がおかしいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私はいつもおかしいとか、頭が変、とか言われます。もし何か感に触ることを言ってしまったときは、、、、、最悪です。
いつも変だと言われて、自信が無くなります

お礼日時:2016/12/29 06:27

お子さんは母親なしなら成長困難です。

親権問題以前に家庭を壊しなのは旦那側。慰謝料、養育費を分捕りましよう!
    • good
    • 0

質問者さんは、旦那さんに愛されていると感じられないんでしょうね。



私の家も両親が離婚をしましたから、似ているなぁと思い、読みました。

うちの母も同じ事を言っていましたし、

父は母が変だといっていました。

子供心に思い出すと、母が怖くて仕方ありませんでした。

父は敏感それに気がついて、女性の生理的な現象だからと私たちを諭し、

慰めて言い訳をしていたんです。

それを聞いて母は、いつも悔しいと言っていたんです。

母の視野にはいつも父に対する要求があり、

子供にも心があって、どう感じるかを考える余裕が無かったんですね。

今は私も大人の視点で思い出していますから、どうという事はありません。

しかし、当時は父の正常さが救いに感じ、子供たちは父親にすがっていました。


母は、

「お前たちは何もわかっていない。いずれわかる。」

と脅すように恨み言を私たちに言っていました。

これが記憶に残るくらいですから、とても怖かったですね。

今の私からならば、

「あんた、大人なんだから、子供にそんな事言ったら怖がられるでしょ。」

と助言できますが。

当時の母は、

思った通りに幸福にならず、

夫の犠牲になり、子供の犠牲になり、

その上で、他の家庭と比較されて、

至らないところを指摘され続けている、

そう感じていたんでしょう。

母は喧嘩のたびに、(口論では勝てないと思ったのか)

包丁を持ち出して家族を脅していました。

これで父の態度が変わるので、味を占めてしまい、ずっと続けていました。

夫婦といえど犯罪ですが、そういう感覚が抜けていたんです。

父は、「お前は変だ」と言っていました。

私は本気なのか、怒っているだけなのか判別ができませんでしたが、

何時だったか本音で、

「怖いので離婚をしたい。」

と叔父にこぼしていました。

叔父は笑っていましたが。


これらを見ていて、今思うのは、どちらの言い分も正しかったという事です。

しかし、どちらの対応も大人として立派じゃありませんでした。



母は離婚の後、しばらくは羽を伸ばして、優しい性格に戻りました。

しかしその後、統合失調症(昔の言葉で言うとキチガイですね)になり、

母方の親戚が病院に入院させるまでに至りました。


つまり、喧嘩をしていたのではなく、病気としての兆候が出ていただけなんです。

父が言っていたことは本当であり、

実は、病気の可能性を心配をしていたんですね。

母は、父が反省をせず、母を侮蔑しているのだと言い続けていたんです。

なんて皮肉なんだろうと思います。

早期発見のチャンスを逃したこと。

これで母が判断を誤り、離婚を選択し、最後は子供も人生も失うことになりました。

心の病と言うのは、自分では気がつきません。

だから怖いんです。



そして一番自分を心配してくれている人が、最初に気がつきます。

このとき、自分を馬鹿にしているのだと、感じてしまうようです。

これは私にも経験があります。

父が幼い頃から、

「お前は母親と似た気質があるから、気をつけたほうがいい。」

と言っていました。

当時は、

「そんな事はあるもんか」

と、否定をしたくなったんですけど、

やはり当時の母と年齢が近づいたとき、同じようになってしまったんですね。

このとき、救われたのは医師の診断を受けたことです。

彼らはプロですから、最初に体の心配をしてくれました。

実は体のほうに病気があり、その影響で心にストレスが貯まる状態だったんです。


お医者さんは、

「病気であるのだから、病気を治してから、

 どう生きるかを考えてみたらどうか?」

と言ってくれたんです。

これがコトンと落ちまして、そのネガティブな状態から救われました。



病気を治すと感じ方が変わります。

しかし、どう感じていたかと言う記憶も残ります。

自分の中で、今の自分の感じ方考え方と、過去の自分の両者を比較すると、

「あれ?、俺って確かに変だったぞ。こわ。良く助かったなあ」

です。


母の例を覚えていましたから、誰でも助かるわけじゃないと思っています。

晩年になり、姉は母と同じようになりました。

私は良い年になったのにもかかわらず、

「お前(姉)はおかしい。」

と言って喧嘩になりました。

姉は、どうしてこうなるのかわからないと言って、喚き、泣き叫びます。

そのときは、もう関わるまいと私は思いました。


しかし、ふと気がつきまして、

「あんた、薬飲んでるだろう? 医者に掛かってないか?」

と聞いたところ、

まるで態度が変わり、嬉しそうに、薬を見せてくれました。

姉も、母が変であったことを覚えており、自分で医者に掛かっていたんです。

私は大変感心しました。

「自分でわかっていて、治療を試みているなら大丈夫。

 それは凄いことだよ。良く自分で気がついたな。」

と言いました。

その後、治療を助けるための話をし、互いに気遣いが出来るようになったんです。


どちらの言い分も正しいのですが、

それを笑い飛ばして、互いに愛せないというのは、

こうした原因があり、人間関係とは無関係な、病気が隠れている場合が多いです。


自分が本当に大人であるならば、

人間関係の苦情が人間関係から生じていない可能性も疑い、

どこかで体を壊し、これを我慢しているのではないかと疑い、

そちらの可能性から事実を拾って判断し、

専門家の治療を受けるように考えないといけません。

判定は簡単でして、頻度が高いという事です。



父は医者が苦手であり、自分が病気をしても中々医者にかかりません。

これが基で、最初に母の異常に気がついたのに、医者に掛からせなかったんです。

本当は、単なる夫婦喧嘩ではなかったんですよ。

母は、姉と違って、自分から医者にいきませんでした。

父の非を責め続け、父から離れれば自分は助かると言い続けていたんです。

これが二人が大人として立派ではなかったと言う点です。


父も母もまだ若かったですから、仕方がありません。

40歳前であれば、子供と大して変わりません。



私の経験から類推しますと、

全ての人は、

「不当に自分が馬鹿にされている。」

と感じる事があり、

これが長期間に渡って継続することがあるようです。

一定の年齢成ると、自動的にそうなります。

これは一つの精査であり、

その原因が体にあると気がついて、対応をするか、

「他の人が悪い」

といい続けてそれを信じようとするか、

本人がどちらを選ぶかと言う試験のようです。


誰もがこの試験を受けますから、誰もが合格するわけじゃありません。

うちの母は60代で試験に落ちました。

それでも粘ったと思います。

唯一、本人(母)が一生に一度も出来なかったことは、


「自分の感じ方、確信を疑う。」


と言うことでした。

祖父母の教育のせいか、これを知らなかったんでしょう。


感じ方と言う部分も、脳の機能であり、臓器が対応しており、病気にも掛かるわけです。

年を取れば、そういう事態もたまに(10年の中で数年続く)生じます。

これも経験として対応していかないと、長生きが出来ないという事でしょう。



時代の古いときに生きた人は、質問者さん夫婦の年齢を聞いて、

「ああ、お互い厄が近いじゃないか。」

と気がつき、色々と忠告してくれたでしょう。

科学の時代ですが、そうした経験則もあてはまります。

科学的発見がされていなくても、事実として大昔からあるのならば、

それは自分にも生じるんです。



父は離婚したあと、大分老いました。

何年も経って、

「お前の母さんも、若いときは凄い可愛かったんだぞ。」

と写真を見ていいます。

確かに若い母の写真を見ましたが、

私ら子供には、とてもそう(可愛いとは)思えませんでした。

父に悪いので、本音では言いませんでしたが。


結局は、母を見て可愛いという男性は、世界で一人だけだったんでしょう。

そういう父を見つけ、選び、子供まで生めたのに、

「なんでこんな人を選んだのか。私は騙された。」

と子供の前で言ってしまった。

この罪を母は、背負ったのだと納得しています。


今の自分が本当に不幸なのか?

夫の態度ではなく、他の人と比較して考えましょう。

出会いが無い人も多いんですから。


さて長くなりましたが、

過労や心労、体調、病気などの原因も考えられます。

誰が悪いかを決めるのに夢中になっても意味がありません。


うちの母の様に、体に病気があると、必ず発病し、人生を狂わせます。

誰か特定の人を責めたいと感じたときは、

体のどこかに変質があり、体が悲鳴を上げていると考えると当たっていますよ。

これを捉え違えると、

人間関係も壊し、体も壊し、

経済力も無くなり、再起も図れず、社会から消える事になります。

これが立て続けに生じて、本当にあっという間です。

用心するに越したことは無いと思います。



以上、ご参考になれば。
    • good
    • 1

親権については、女性側が圧倒的に有利であるようです。


どちらの側が離婚を望んでいるか、どちらがそれを言い出したかは、親権の問題には影響しないように思います。
    • good
    • 0

私は


「難ありな男性ほど、うんと年の離れた、社会経験の乏しい若い女の子と付き合って、自分の言うことを聞かせようとする」
という、偏見を持っています。

きっと同年代の女性だと、相手にしてもらえない、若しくは、自分が優位で居られないから。

中には年の離れた奥様を、可愛がって慈しんでおられる方もいらっしゃるのでしょうけれど、私の周りには居ません。

甘えてるし、女を軽んじてるんですよね。

元々、謝れない人なのでしょう。

人って、した事が重大で有るほど、謝れないのかも。

でも、貴女が何度も叩いたのに、ご主人は叩き返さなかったのですよね?
まだ救いが有る様に思います。

そして、お子様達の親権なんて、ご主人に行く訳無いし、ご主人も分かってらっしゃるのでは無いかなぁ。
離婚したく無いから、嫌がらせ言ってるだけだと思います。

貴女にとことん甘えてるんですよ。

お子様がお父さんを好きなのは、親が子供を無条件に愛する様に、子供も親を無条件に愛する様になってるのだと思います。
大きくなって、夫婦の状態や、お父さんの性格を客観視する様になれば、嫌われるかも。

もう、言っても言わなくても、ご主人が変わらないなら、何も言わない、責めない方が、しっぺ返し喰らわなくて済むのかも。

ウチも似た様なもん(若い頃はDV夫で、今は家出夫です)で、家出しては聞くに堪えない様な暴言を吐くし、帰って来てもらいたいので、謝るしか無く。
疲れ果てます。

でも、帰って来てから、主人の機嫌が良い時に、可愛く(これ大事)お願い口調で、悲しかった事、暴言と思って無い様だけど、立派な暴言な事を、小出しにして『仲良くしたい』を、前面に出して、ちょこちょこ話してると、大分マシになりました。

うるさい妻では無くて、可愛い妻のお願いにしないといけないみたい。

面倒臭いです。
でも、喧嘩するよりマシです。

可愛く、けれど言いたい事は言う。
様に、頑張って下さい。

離婚は、お子様の人生が変わってしまいますから。
お父さんと仲良くするのは、お母さんの仕事ですから。
辛いけど、頑張ろう。
しんどい時は、ちょっと実家に泊まりに行っても良いかも。
ストレス溜まらない様に、気を付けて下さいね。
私はスーパー銭湯とか、行きます。
1人で。

お子様連れての移動、気を付けて下さいね。
    • good
    • 0

離婚話しまで出ても正当化するんですね。


パチンコ依存は薬物と変わらないですよ、薬物ではなく、お金の魔力を機械で利用して中毒にさせるんですよ。
質問者さんも辛いですよね。
義理の親に事情を手紙で書いて質問者さんが出て行くしかないかもしれません。旦那が子供の面倒見るならパチンコには行けなくなりませんかね。
でも親に預けて行くかもしれませんね。
旦那も分かってはいるけど負けて焦って取り返えそうとしてドツボに嵌るんですよ。

早く克服することを願います。
頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも悪いのは私なので私が離婚と言ったところでお前には子供を渡さないなど言われます。
今は育休中で子供の面倒をみています。
夕飯も必ずメイン、副菜3種にサラダは必ずあります。
来年からは仕事が始まり、主人の休みの日まで目が行き届きません。不安です。

お礼日時:2016/12/29 06:37

NO2です


ご主人が離婚の際親権を望んでいるなら
勝手にお子様を連れて実家に帰ることもあります
そのときはすぐに子の引渡しと監護権者指定の申し立てをしましょう
家裁だったと思います
あなたが連れ出しての別居も同じです
監護権者指定の申し立てしましょう
そうすればご主人の勝手な連れ去りが防げます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
調べてやってみます

お礼日時:2016/12/29 06:24

お辛いですね。

パチンコ依存の御主人に親権が行くことはまずあり得ないのでは?

何もかもを譲って、それでも貴方に甘える御主人は本当に子供です。

お子様のことを考え、今迄踏みとどまった思いも御主人には届いていないようで怒りを覚えます。

本当に離婚となれば、自分の立場の弱さに御主人も気づくでしょう。

親権が自分にあると主張する御主人は世間知らずな上に、尚もまだ貴方に甘えようとしているのでしょうね。

とりあえずご実家に帰省されごゆっくりお過ごしください。そんな御主人では貴方も子供さんたちも、普段は居心地がよくないでしょう?

ゆっくりした時間を過ごしてご自身の気持ちに向き合ってみてくださいね。

手の掛かる年頃お二人ですが、今は本当に可愛らしい時期です。

貴方の表情をつまらない男のせいで曇らせないでね。

頑張って、ママ^_^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

子供はパパがとても好きです。
子供には本当に優しいパパです。
なぜか喧嘩するといつも私が悪くなります。
謝っても、自分が言いたいだけ言わないと気が済みません。わたしを追い詰めるだけ追い詰めて私が泣いたら泣くのはおかしい、だの色々口撃してきます。
私は27で主人は37です。
歳って関係無いんですね。。
ちなみに喧嘩して言い返すと生理が近いとか精神的不安定と言われます。
いつも私の意見を聞くことなんて滅多にありません

お礼日時:2016/12/29 00:32

大丈夫ですよ


あなたが子どもを捨てない限り親権取れます
たとえ収入がなくてもね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今は育休中で来年の4月から仕事復帰しようと思っています。
子供がいなくなったら生きて行けません

お礼日時:2016/12/29 00:19

パチンコを、やめられない人は、ギャンブル依存症ですよ。


私の知り合いのお母さんは、サラ金から500万ほど、借金があり、娘が返しました。
旦那さん。言葉キツイですね。
思いやりもあまり感じません。
結婚を継続するためには、思いやりと、信頼が必要です。
親権の問題は、無料法律相談所、法テラスに、ご相談ください。
大切な、貴女の人生、大事にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、
子供に接するときはとても優しいです。
でも私に対してはこんな感じで。。
今まで我慢してたのが出てしまいました。
私は一生謝り続けて死ぬのかと思ったら、、。
電話してみます

お礼日時:2016/12/29 00:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング