ゴルフに関してです。

2ヶ月ほど前からゴルフを始めた初心者です。
(まだ、ドライバー、7番アイアン、sw、pwしか扱えないレベル)

最近、練習やコースでやってて気になるのですが…

ドライバーも7番アイアンも周りの人に比べて弾道が高いです。
一応、真っ直ぐそれなりに飛んでます。

スイング自体はクセがなく綺麗だと言われました。

打つ瞬間のグリップやフェースの向きが原因なのでしょうか?

別に気にすることでもないのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

始めて2ヶ月で高い球とはいえまっすぐ飛ぶのならたいしたものです!


ましてドライバーが打ててまっすぐ、って一般的には稀です。

さて、高い球を気にしているようですが、今のまま続けてください。
今の段階ではいっこうに気にしなくていいです。
1年3年5年と続けていくうちにロフトどおりに打てるようになります。

中にはその高い球のまま上手になっていく人はいますが
それはそれでかまいません。
唯一つ、アマチュアが高い球で勝負するというのは非常に危険で、
ちょっと風が吹くと距離も方向も目標から大きくずれてきてしまいます。
プロの中には高い球で勝負してる人もいますが、
彼らは低い球を打てて、あえて高い球を打っています。

アマチュアがもっといえばアベレージ(90~110平均)がよく「プロが高い球を打っているから高い球のほうがいいんだ!」
といいますが、大きな勘違い!
高い球ばかりでは間違いなく上手くなれません。

よく考えてみてください。
野球のキャッチぼーる。遠投でもいいですが
必要以上に高い球を投げますか?

ピッチャーキャッチャー間くらいのキャッチボールで上に投げてキャッチャーの胸に
納めるのはかなり難しいでしょ?

普通の高さで投げますよね?そのほうが距離が合うわけですよ。
距離が遠くなるに従いだんだん高く投げていきます。
しかし必要以上には高く上げません。
一番距離が合うからです。

低すぎる球も距離が会いません。
つまりゴルフなら「ロフトどおり」が一番距離が合うようになっているんです。

したがって、アマチュアは技として高い球を打つのならいいのですが
高い球しか打てない、というのは不利になります。

しかし、現在2ヶ月ということを考えるとあえて直す必要はありません。
徐々に直っていきます!

この「徐々に」、「自然に」がもっとも大事!!
これを絶対間違えないでください!

直そうと思って、レッスンいって直してもらったり
自分で直そうとあれやこれやたってみたり、人に聞いて試してみたり、
絶対にやめてください!!

これやりだすと生涯スイングをいじり続け100を切れぬままゴルフ人生を
終えていきます。

あなたの周りを見てください。
スイングをあーでもないこーでもないやって20年もたつのにまだスライス打ってませんか?
典型的です。

ゴルフは目標にボールを運ぶゲーム!
つまり落とし所が目標です!
何を勘違いしているのか、腰の使い方だの肘の曲げかた、肩の回し方、
一生懸命やって上手く使えることが目標になっちゃってます。
目標は落とし所なんだってば!!
と口をすっぱくしていっても、
あれ?手で打っちゃった!
後ろに体重のこっチャった!
などといってます。
今度はそれを直そうとスイングして球の落とし所というのをすっかり忘れてスイングするから
球はあらぬ方向へ!
球がずれる=スイングのどこかが悪い!
と思うからまた直そうとする。
あーしなくちゃこーしなくちゃとがちがちになってスイングするからスムーズに振れる訳が無い!

これを一生繰り返しちゃうんですよ。
エンドレスです。満足するところがありません!

そういう私は、とりあえずハンディ2です。
初めて以来ただの一度もスイングも身体のパーツの動かし方を直したことも
考えたこともありません!
練習では、ただただ目標に球を運ぶことだけを考えて打ってただけです。
では個性的な癖のあるスイングか?
というとまったくその逆で、クラブ仲間には
「私さんほどきれいなナスイングする人いないね」といわれるくらいです。

人間は道具もたせて、これで目標とすることをしてごらん!
というと始めはギクシャクしてるものの誰も教えなくても徐々に
その道具を使いこなす美しい動きになるもんなんです!

包丁もたせて刺身切ってごらん!
スコップもたせて穴掘ってごらん!
バスケットボールもたせてあのリングに入れてご覧!
少々難しいですがスキー板はかせて滑ってごらん!
バットもたせて向こうから来るボール打ってごらん!

最初はできないけど徐々に堂にいった動きになるでしょ?

ゴルフはこれが一番早く上手くなり、一番きれいなスイングになるんですよ!
つまりボールを目標に運ぶために無駄の無いなめらかなスイングになっていくんです!
それが人間の感性と言うもんなんです。

なので、スイングや身体の動かし方の一部を直そうとか、考えたりしてはいけないんです!
アマチュアの99.5パーセントの人はこれやっちゃうんですよ!
だから万年スライサー!万年ダッファーなんです。

プロの練習ご存知ですか?
たとえばバンカー練習、一日中バンカーに入ってひたすら目標に向かって打つだけです。
あーだのこーだの考えません。
ピンに絡むようになるまでひたすら打ちます。
ピンに絡むようになった=その打ち方ができている、ということなんです。

ながーくなりましたが、練習では今のまま何も考えずただひたすら目標に向かって打ってください。
球が目標からそれた場合、スイングを直すのではなく、目標への意識を高めて打ってください。
それてそれてそれてるうちにだんだん真ん中に集まってきます。
それが一番いいスイングなんです。
もちろん球の高さも徐々にきれいになります。
まるで、宮家のかたが打たれたように上品な球が打てるようになることでしょう!
    • good
    • 1

弾道が高いことは、「今の時点では」あまり考えなくて良いのではと思います。



プロだって弾道の高い人も低い人もいますし、それぞれ狙って低い球や高い球を打つことだってあります。
しいていえば、クラブどおりに飛距離の違いが出ているかどうかです。
7アイアンで打ってもピッチングで打っても同じ弾道で同じ距離であれば、クラブどおりには打てていないということでしょう。
おそらくゴルフを続けていく間に質問者さんなりの番手ごとの飛距離の違いや高さの違いが出てくるものと思います。
    • good
    • 0

2ヶ月ですか?ドライバーを打つ時期ではないと思いますが。



球が高いのは、右手をこねてフェースを掻きあげて使っているからです。右手が下になってフェースが開いてる、つまりロフト通りじゃないってことですね。
それでまっすぐ行くとすれば、むしろ問題で、体が開いてアウトサイドインになり、左に打っている動きと相殺していることになります。

ドライバーはティーアップしているので、打てた気になりますが、球が飛びません。
アイアンは、ライが悪いと、ダフります。

レッスンを受け、きちんとした右手の動き、打つときに親指側を押し込み、右掌が下をむく・・・を覚え、フェースは返すのではなく、体の動き(体軸の入れ替え)
で勝手に返る・・・ことがわかると、ロフト通りに打てるようになります。スピンもかかるし、縦の距離も安定します。

ただし、アマチュアでこの動きが出てている人は、極めて少ないので、とにかくプロに教わること。急がば回れです。
    • good
    • 0

弾道が高いのは理想的なスピンがかかってるから。


プロはヘッドスピードが速いので、それが「吹き上がり」になりそれを嫌います。
アイアンの番手通りの飛距離が出てなおかつ高弾道の打球はアマチュアにはなかなか難しいです。
きちんとダウンブローで打ってる証拠だから。
ドライバーは煽り打ちすれば高い弾道にはなりますが、飛距離が出ません。
そうでなくてレベルスイングで高弾道なら理想的な打ち方と言えますね。
理想的なスピンでさらにヘッドスピードが上がれば、打ち出し角度よりさらに上昇し伸びのあるなかなか落ちてこないプロのような、いわゆる「二段ロケット弾道」になります。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゴルフについての質問です。9番アイアンで120ヤード、7番アイアンで140ヤード飛びます。ドライ

ゴルフについての質問です。9番アイアンで120ヤード、7番アイアンで140ヤード飛びます。ドライバーの飛距離は9番アイアンの2倍飛ぶと言われますが、自分のナイスショットの飛距離は210ヤードくらいです。ドライバーのスペック、重さなどが、合わないのでしょうか?詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

そんなもんです。

ドライバーが9番アイアンの2倍というのは、ロフトから計算した参考値。しかも昔の話。今はほとんどストロングロフトなので、1番手ずれてますから、PWの2倍ぐらいで考えれば、質問者の飛距離は、ほぼ標準的かと思います。また、ドライバーの場合、ランとキャリーが昔とは全然違うため、210yの内訳がわかると、もう少しヒントがあるかもしれません。

一番飛ぶのは、ロースピンの棒球で、ややアッパー、これが女子プロの答えですが、なかなかアマチュアではそうはいきませんね。

Qゴルフでアイアンはようやくうまくいくようになったのですが、ドライバーがイマイチです。9番で150ヤー

ゴルフでアイアンはようやくうまくいくようになったのですが、ドライバーがイマイチです。9番で150ヤードどぶのにドライバのだと230ヤードがやっとです。
ドライバーだと少し窮屈に感じてしまいついついボールから離れて構えてしまいます。
窮屈なため右脚つま先を伸ばして伸びるように打たないととんでもないことになってしまいます。何かしっくりこないんです。
なぜでしょう?
ちなみに練習場プロはうんうん悪くないしかいいません。こんだけ飛べばいいよ的な!
けど納得いきません何か違う気がするんです。ドライバーを、構えた時窮屈に感じてボールから距離が離れてしまう癖を直すにはどうすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

まずは、練習場とコースでは球も違うので飛距離も違うし、練習場の距離表示が正確であるかはわかりません。
したがって、練習場での飛距離とコースでの飛距離を比較することに意味がありません。

また#1さんと同様に窮屈と表現されても、「上半身が窮屈に感じる」のか「目と球が近く感じる」のかなど窮屈の感じ方は人それぞれです。

その上で、自分が窮屈というかダフりそうに感じるパターンをあげると・・・
1)ダウンでいわゆる突っ込むというか頭が左前方に落ちる
2)バックスイングで上半身の捻転が浅く、腕を落とす場所が狭くなる
のどちらかです。
修正方法としては、自分の場合は「右の懐にスペースを作るようにトップを作り、ヘッドビハインドザボールを意識して打つ」です。

が、私の感じる「窮屈」と質問者さんが感じる「窮屈」が同じものであるかどうかは甚だ不明です。

Q1番アイアンと2番アイアン

1番アイアンか2番アイアンを買おうと思っているのですが、どこかネットで買える安い店を教えて下さい。

Aベストアンサー

クラブをWEBで買ったことがないので安いところは知りませんが・・・質問の内容とずれてしまいますが。
ドライビングアイアン(1番)とか2番アイアンなんて簡単には使えませんよ。この辺のアイアンを使うくらいなら、ユーティリティーを使う方が今なら賢明じゃないですか。
私が大学の頃(25年前)は2番アイアンはよく使いましたが、今ならユーティリティークラブの方が簡単だし機能的ですけどね。当時はユーティリティーなんて無かったのでアイアンにしていましたけどね。
よほど、ライが良いかティーショットしか使えない感じでしたけどね。

Qドライバーとアイアンのダウンスイングについて

お世話になります。ドライバーとアイアンのスイングですが、アイアンは、アップライトでドライバーはフラットな軌道だけで、打つイメージは同じと考え実行していました。しかしドライバーが調子よくないので、イメージを変えました。アイアンのダウンスイングは、鋭角に下ろし、インパクトから右手を伸ばすようなイメージ。ドライバーは、テニスのバックハンドみたいに左手甲をボールにぶつけるイメージ。これで良くなってきています。このようなイメージというか意識というか間違ってないでしょうか?

Aベストアンサー

そうですね、意識・イメージとしては間違ってないと思います。

ボクの仲良しのレッスンプロは元々テニスの実業団プレイヤーだったそうで、よくテニスに例えてレッスンしています。

特に経験者の方には、テークバックからインパクトに掛けては右手のフォアハンドのイメージで、
インパクト以降はバックハンドのイメージの話をしていますね。
経験者の方であれば、バックハンドのパワーの出し方というか、手先ではなく腰を優先した動きが
イメージにぴったりのようで飛距離アップにも繋がるとのことです。

またテニス経験者はフットワークでボールを運ぶことに慣れており、逆にミスの原因は
静止しているボールに対してすべてフォアハンドで打ってしまうことにあるとも口にしてます。
貴殿の鋭角に降ろし…がそれに当たると思われ、ドライバーとの傾斜角の違いから、表現的にも
イメージ的にも間違ってはいないと思いますが、できることなら同じ意識のほうが良いとは思います。

ジュニアのレッスンでラケットを持ってトスしたボールを打っている姿をご覧になられたことはないでしょうか?
面をミドルアイアン程度に保ち、胸と腕・手首を固定してフットワーク&ボディーターンにて
ボレーのような感じで行うレッスンなのですが、これがアプローチショットに辺り、
すべてのショットがその延長線上にあるイメージとなります。

これに先程記載しました、インパクトまで伸びないフォアハンドと足を踏み込み
腰の回転で腕を振るバックハンドのイメージでフォローを出していくことを組み合わせて
みられたら…一体化に繋がらないでしょうか?
(文字だからどこまで伝わるか不安ですが)

また、左手の甲をクラブフェイスの面イメージをされることも何ら問題ありませんが、
できれば甲でボールを拾うイメージの方が軸が利いたスイングになると思います。
(実際は番手により自然とグリップに変化が出る場合がありますので、少々アバウトな感覚が大切です)

…とテニス未経験者のボクの言葉がどこまで伝わるか解りませんが^^;

何か参考になれば…

そうですね、意識・イメージとしては間違ってないと思います。

ボクの仲良しのレッスンプロは元々テニスの実業団プレイヤーだったそうで、よくテニスに例えてレッスンしています。

特に経験者の方には、テークバックからインパクトに掛けては右手のフォアハンドのイメージで、
インパクト以降はバックハンドのイメージの話をしていますね。
経験者の方であれば、バックハンドのパワーの出し方というか、手先ではなく腰を優先した動きが
イメージにぴったりのようで飛距離アップにも繋がるとのことです。
...続きを読む

Qゴルフ・アイアンのスイングについて

身長180cm HS48です。 ゴルフのスイング、 特にアイアンのスイングに困っています。 ゴルフを始めて 約1年半くらいです。 
最初に使い始めたクラブが X-BLADE GR(NS950シャフト)だったということもあり、比較的やさしく、シャフトも軽かったので、まあまあ打てました。 スコアも いいときは 80台、悪くても 90後半には留められる程度にはなりました。
最近 練習用にと、中古のマスッルバック(DG X100)を購入し、さらにショットに磨きをかけようと精進しましたが。どうもうまくうてません。やはりスイングに問題があるのです。
自分なりに プロのスイングを何回もスローで見て、自分のスイングの動画と比較した結果、明らかに コックのリリースが プロに比べて早いことがわかりました。
どうやら プロやゴルフのうまい人は クラブシャフトが立ったままダウンスイングをして、インパクトの直前まで コックがほどけていません。 いわゆる タメ というものがあるそうです。
自分もタメを作るために必要な練習法はとにかく勉強し取り入れてきました。 以下の練習はすでに実践しました。
(1)右脇を閉め ダウンスイングで右ひじが脇を刺すように
(2)右ひじは真下に 
(3)グリップエンドがボールを向くように
(4)オンプレーンに、シャフトが立って真下に落とすように
(5)下半身から始動して引っ張る。
しかし 動画でみると やはり プロやうまい人にくらべて コックがが早くほどけるのです。確かに弾道はかなりよくなりましたが・・・
ちなみに最近はこの練習で、これでもか!つうくらいタメているのですが動画で見る限りはタメがあまりないのです。おかげで 握力を使いすぎているせいか、指につき指のような現象が見れれます。
現状で #7I(ロフト35°で)155y ぐらいです。
当面はいい弾道や飛距離より タメ といいスイングがほしいのです。
なにか どうしたらタメが手に入るでしょうか。 おしえてください。
お願いします。
本当にうまくなりたいんです。

身長180cm HS48です。 ゴルフのスイング、 特にアイアンのスイングに困っています。 ゴルフを始めて 約1年半くらいです。 
最初に使い始めたクラブが X-BLADE GR(NS950シャフト)だったということもあり、比較的やさしく、シャフトも軽かったので、まあまあ打てました。 スコアも いいときは 80台、悪くても 90後半には留められる程度にはなりました。
最近 練習用にと、中古のマスッルバック(DG X100)を購入し、さらにショットに磨きをかけようと精進しましたが。どうもうまくうてません。やは...続きを読む

Aベストアンサー

1. 予想ですが、現在のあなたのスイングでの
  「タメ」の意識が強すぎます。

2. ツアープロ達はあなたが思うほど「タメ」を
  意識していません。

3. 意識しなくても、あれだけの溜めが出来ているのです。

4. それを実現するには

  A. 「タメ」ばかりを意識しない

  B. 自然に溜めが出来るようなスイングを目指す

  C. 「縦理論」の体の動きを理解する

  D. 「上げきる」と「下げきる」の体の動きを
     理解する

  E. スイング中、上半身を脱力する
    両肩、両腕、ひじ、手首、グリップの力感を
    10が最高とすれば0~2くらいの意識で行う

  F. ボールを飛ばそうとフルスイング(万振りも含む)
    を練習で行わない

  G. シャフトをどうすればたわませる事ができて
    どうすればシャフトの力で飛ばす事が出来るか?
    を常に考えてスイングする。

  H. 常にビハインド・ザ・ボールを忠実に行う
    頭の位置はボールの後ろ側でインパクトを迎える

  I. 腰の回転(捻転からの開放)と
    肩の回転(捻転からの開放)のイメージを
    強く描きながら「目的地へボールを運ぶ」意識で
    スイングする

A~Iのことが出来れば今の悩みは解消できると思います。

最後に、正面から見た時のチェックポイント

a. バックスイングで、左腕が水平になる位置では、
  シャフトがほぼ垂直

b. ダウンスイングで、右ひじから先の腕が
  水平の位置ではシャフトがほぼ垂直

人それぞれの体型やスイングにより異なりますが
aやbは基準となるので、大きくは変わらないと思います。

正しいドリルで実践して練習に励み
楽しいゴルフライフを手に入れてくださいネ。

1. 予想ですが、現在のあなたのスイングでの
  「タメ」の意識が強すぎます。

2. ツアープロ達はあなたが思うほど「タメ」を
  意識していません。

3. 意識しなくても、あれだけの溜めが出来ているのです。

4. それを実現するには

  A. 「タメ」ばかりを意識しない

  B. 自然に溜めが出来るようなスイングを目指す

  C. 「縦理論」の体の動きを理解する

  D. 「上げきる」と「下げきる」の体の動きを
     理解する

  E. スイング中、上半身を脱力す...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報