コンピュータとメディア機器に 何か解からない物がいつの間に・・
先程気付きました
後者には Outlookの知らないメルアドが表記されています

真ん中の項目には ネットワーク インフラストラクチャ   ~ゲートウェイ
これは良いですよね多分・・

普段 ネットワーク とか余り見ないので 良く解かりません・・
もしもハックられているのなら それらを削除で良いでしょうか・・?
それとも ハックでは無くて 元々必要なものでしょうか??
クリックしても アクセスは出来無いようです 自分のネットワークパソ名のは出来ます

質問者からの補足コメント

  • どう思う?

    何故 気付いたかと言えば データを見る為に PC をクリックしたところ
    各スティック名の下に 多分いつもは無い物を発見したので・・

    おまけに その変な物について 検索してみたら
    検索ページ右上に 今日はわたしのお誕生日とか何とか 大嘘が出ていて・・
    違うので違うをクリックしたら ピングのパス入力ページが出たので引き返しました・・

    何だろ・・

      補足日時:2017/01/01 00:28

A 回答 (1件)

百聞は一見に如かず。



画像アップなら一発解決。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

いえ アップしたら大変な事になるかもぷんぶは・・
画像によってパソ名が解かると 益々ハックされ易いかもなので・・
昨日もまた出て 今日も出たり消えたりだったりです・・
パソに元からあるのかどうか でもやっぱメルアドが変だし・・

いつか家電屋とかに相談したいですけれど
何か超悪いやつらがいるみたいで 防ぎようが無いかもしれない・・

有り難うございました

お礼日時:2017/01/09 00:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネットワーク経由のバックアップが遅い気が・・

Windows2003サーバのフルバックアップをネットワーク上にある別マシン(NAS)で行なっています。
バックアップ速度が12MB/S程度で遅いように感じますが、これは妥当な値なのでしょうか?
2003サーバ、NAS共にGigaEtherでスイッチもGigaです。ネットワークの速度的にはもう少しスループットが出ても良いように思えますが・・・。
ディスクの書込み速度等がボトルネックとなっているのか、いまいち分かりません。
バックアップに使用しているソフトはBackUpExecです。両サーバ共RAID5で構成しております。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ボトルネックがいくつかありそうです。考えられるものを挙げていますので、実際のスペックと異なる場合は差し引いてご確認ください。

(1) Windows Server 2003 および NAS のソフトウェア RAID 5
(2) CPU パワーの不足
(3) Veritas BackUp Exec の処理内容

(1) の環境で運用されていないでしょうか。 RAID 5 はパリティの計算に CPU パワーを使います。よほど高スペックな CPU でなければパフォーマンスの低下は否めません。

(2) 上記 (1) にも関係しますが、ネットワークを介してバックアップを取るということは、バックアップソフトウェアに始まり、 OS 、メモリ、 CPU 、IDE ( SCSI ) コントローラ、 HDD 、NIC のすべてを経由します。そして、受け先の NAS でも同様の経路をたどって HDD に保管されます。それらのほとんどの制御をつかさどるのは CPU ですので、十分ボトルネックになりえます。

(3) Veritas BackUp Exec を実際に使ったことが無いので、憶測での意見になりますがお許しください。バックアップソフトの動作を考えると、ミラーリングバックアップを行えば、バックアップ先のファイルの有無、タイムスタンプやサイズの比較を行うために通信が発生し、その処理のために期待したスループットが叩き出せない可能性はあります。

yubune さんの構成を拝見するに、いささかオーバースペックのようにも感じますが、求める性能は“速さ”でしょうか“堅さ”でしょうか?

RAID 5 は書き込み時に最も負荷がかかります。追加投資をせずに、速度向上とそこそこの堅さを求めるのであれば、 バックアップ先である NAS を、ハードウェア RAID 1 に変更してみるのが良いかと思われます。

ボトルネックがいくつかありそうです。考えられるものを挙げていますので、実際のスペックと異なる場合は差し引いてご確認ください。

(1) Windows Server 2003 および NAS のソフトウェア RAID 5
(2) CPU パワーの不足
(3) Veritas BackUp Exec の処理内容

(1) の環境で運用されていないでしょうか。 RAID 5 はパリティの計算に CPU パワーを使います。よほど高スペックな CPU でなければパフォーマンスの低下は否めません。

(2) 上記 (1) にも関係しますが、ネットワークを介してバックアップを取ると...続きを読む

Q昔、ループ接続とやらでネットワークをグルグル回させ、会社のネットワークを遮断させた事がありますが、こ

昔、ループ接続とやらでネットワークをグルグル回させ、会社のネットワークを遮断させた事がありますが、これってどうしてネットワーク遮断が起こるのですか?

Aベストアンサー

ブロードキャスト・ストームが起きるからです。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Keyword/20090526/330672/

Qゲートウェイについて

はじめまして、ネットワーク管理について初心者です。
IPアドレスが*.*.1.100
だとしたら
ゲートウェイって、*.*.1.1
とかですよね?

3桁目の1って、IPアドレスとイコールと考えていいのですか?
IPアドレスが*.*.1.100なのに
ゲートウェイが、*.*.2.1
っていうのはありえないことですか?

すいません、本読んでもよく理解できなかったもので…

Aベストアンサー

このサイトあたりが理解しやすく解説していると思います。

参考URL:http://www5e.biglobe.ne.jp/~aji/3min/23.html

Qデフォルトゲートウェイ

社内LAN構築についてご教授お願い致します。
例えばインターネットを利用する為のルーターのUIPアドレスが
192.168.100.100と仮定し社内LAN側のセグメントが192.168.200.*
とするとルータに接続されたパソコンには2枚のLANカードが必要に
なるかと思うのですが、その際のIPアドレスやデフォルトゲートウェイ
の値はどうなるのでしょうか。

Aベストアンサー

そもそもが何故そのような事をしなければいけないのでしょうか?
他の方法で解決できませんか?
ルータが、192.168.100.0/24で無きゃいけない理由はなんでしょうか?

Qルータのデフォルトゲートウェイについての初歩的な質問なんですが・・・

ルータのルーティングテーブルの、ネットワークアドレスが0.0.0.0のデフォルトゲートウェイなら、送り先が分からない場合のとりあえずの送り先なので必要性は分かりますが、ルーティングテーブルには、各サブネットワークのデフォルトゲートウェイまで設定する場所があります。この存在意義が分かりません。これはいつのタイミングで使うのでしょうか?

Aベストアンサー

歴史的経緯よりTCP/IPにおいては,ゲートウェイとルータは同じものを指しています。私は後者の方がしっくりくるので,以降ではルータという用語を使います。

喩え話として,青森県をイメージしてみます。県=ネットワークに対応します。かなり荒っぽい比喩になりますがご容赦を。

青森県から県外に出るには次の3つの経路しかないものとします。
http://shop.homes.co.jp/data/ch/img/pref_map_02.gif
(a) 北海道(ネットワーク)に行くには青函トンネル(ルータ)を通る
(b) 秋田県(ネットワーク)に行くには国道7号(ルータ)を通る
(c) 岩手県(ネットワーク)に行くには国道4号(ルータ)を通る

では,山形県への経路はどう指定すればよいでしょう。山形県は秋田県の南に隣接しますから,パケットは秋田県へ転送して以降はその先のルータに全面的に任せることになります。ルーティングテーブルはこのようになります。
(a) 北海道(ネットワーク)に行くには青函トンネル(ルータ)を通る
(b1) 秋田県(ネットワーク)に行くには国道7号(ルータ)を通る
(b2) 山形県(ネットワーク)に行くには国道7号(ルータ)を通る
(c) 岩手県(ネットワーク)に行くには国道4号(ルータ)を通る

ではさらに,他都道府県への経路はどう指定すればよいでしょう。上記のように行を個別に指定していくこともできますが,「ルーティングテーブル内のどの行にも該当しないネットワーク」を0.0.0.0と表記して,そのパケットを既定(デフォルト)の経路に流すことができます。以降はその先のルータに全面的に任せます。完成したルーティングテーブルは次のとおり。国道4号がデフォルトルータになります。
(a) 北海道(ネットワーク)に行くには青函トンネル(ルータ)を通る
(b1) 秋田県(ネットワーク)に行くには国道7号(ルータ)を通る
(b2) 山形県(ネットワーク)に行くには国道7号(ルータ)を通る
(c改) 上記以外の都道府県に行くには国道4号(ルータ)を通る

質問文中の「送り先が分からない場合のとりあえずの送り先」というのは誤解を招きやすい表現です。
最終的な到達先であるIPアドレスはパケットを見れば分かります。ネットワーク上のルータは,パケットの最終的な到達先は分かっているけれど,それをどの隣接ルータに中継すればいいか/転送すればよいか/バケツリレーすればよいかを知らないだけです。
また,質問文中の「各サブネットワークのデフォルトゲートウェイ」というのも変な用語です。ルーティングテーブルの各行に指定されるのは単にルータであり,0.0.0.0の行のGatewayみがデフォルトルータと呼ばれます。

私の経験では。
自分のPCや自宅のブロードバンドルータのルーティングテーブルのイメージが強い人は,ルーティングテーブルの各行の存在意義が分からないようです。
だって,自分のPCも自宅のBBルータも,自宅ネットワーク外へ出て行くためのインターネット回線は1本だけなので各ルータの指定は存在せず,すべてデフォルトルータに任せることができますから。

歴史的経緯よりTCP/IPにおいては,ゲートウェイとルータは同じものを指しています。私は後者の方がしっくりくるので,以降ではルータという用語を使います。

喩え話として,青森県をイメージしてみます。県=ネットワークに対応します。かなり荒っぽい比喩になりますがご容赦を。

青森県から県外に出るには次の3つの経路しかないものとします。
http://shop.homes.co.jp/data/ch/img/pref_map_02.gif
(a) 北海道(ネットワーク)に行くには青函トンネル(ルータ)を通る
(b) 秋田県(ネットワーク)に行く...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報