プロが教えるわが家の防犯対策術!

【化学】「分子に炭素を含むものを有機物と言います。ただし、一酸化炭素と二酸化炭素は炭素が含まれているのに有機物ではありません」


どういう理屈で一酸化炭素と二酸化炭素は有機物から除外されてるんですか?

数学だと何の法則性もないので数学者ならブチ切れてるレベルでは?

規則性がないのになんで一括りに纏めちゃったの?

纏めた人は馬鹿なの?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

結論から言いますと、一酸化炭素COや二酸化炭素CO2が無機化合物とされるのは、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」、すなわち慣例上の理由からです。



現在では、「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」と区別している原則は、すでにご存じだと思います。

しかし、19世紀初頭までの化学の世界では、「生物が作り出した物質を有機化合物、生物とは無関係に作られたもの(たとえば岩石や鉱物、食塩など)を無機化合物」と
区別がされていました。そして、有機化合物については、「生命力によってのみ作られ、人工的に合成することのできない特別な物質」と考えられていたのです。

ところがこの頃、COやCO2などの一部の炭素を含む物質、つまり現在で言うところの「有機化合物」が、すでに人工的に合成することが可能になっていたのです。
しかし、上に書いたような当時の基準に基づいて、当時、人工的に合成可能だったCOやCO2は「無機化合物」に分類されてしまったのです。

この概念に変化をもたらしたのが、ドイツの化学者ウェーラーです。ウェーラーは、無機物であるシアン酸アンモニウムNH4OCNを加熱して、有機物である尿素CO(NH2)2の
合成に成功したのです。この成功がもとで、多くの有機化合物が、人工的に合成されていき、現代の「炭素を含む物質を有機化合物、炭素を含んでいない物質を無機化合物」とする
基準が完成されました。


従って、現代の基準によれば、COもCO2も「有機化合物」となるはずです。しかし、COやCO2に関しては「昔から『無機化合物』に分類されていたから」という理由で、
現在も「無機化合物」とされているのです。


COやCO2のように、「昔から『無機化合物』に分類されていたから」という理由で、炭素を含むにも関わらず、無機化合物とされている物質は結構あります。
CO、CO2を筆頭に、CaCO3のような炭酸塩、シアン化水素HCN(いわゆる青酸です)やシアン化カリウムKCN(青酸カリ)などのシアン化合物がこれにあたります。

なお、昔は四塩化炭素CCl4(テトラクロロメタン)も、この慣例上の理由で無機化合物とされていました。しかし、四塩化炭素に関しては、メタンCH4の誘導体として考えるようになったために、有機化合物とされるようになりました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みなさん回答ありがとうございます

慣例上の理由....と歴史...

お礼日時:2017/01/04 11:03

慣例的に有機化合物と無機化合物と分けられていることはお二方の回答にあるので、その補足になります。



有機化合物は炭素鎖が基本の骨格となって造られている事も特徴になっています。
これに対してCO2、CO、CN化合物は、炭素を含んでいはいますが、炭素鎖がなく有機化合物とは言いません。
でもメタンCH4は、アルカンの基本構造になので有機化合物に含まれます。

また、炭素だけの鎖や化合物は有機化合物とは言いませんね。
ダイヤモンド、グラファイト、フラーレン、カーボンナノチューブは全て炭素でできていますが有機化合物とは言いません。
    • good
    • 1

簡単に説明すると昔の名残



有機物の定義は昔と変わっていて
最初は有機物は生命が作り出した物質、生命力により作り出される人工的には作り出せないものを有機物としていました。
その定義を作り出した時からそれらの物質は人工的に作り出せていたので、無機物扱いだったのです。

無機物から有機物の合成に成功して定義が覆され、今の定義に変わった今もそれがそのまま残っているのですね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Qダイヤモンド・黒鉛は有機物ですか?

ダイヤモンド・黒鉛は炭素が含まれているので有機物でしょうか?

Aベストアンサー

違います.有機物は,炭素原子を骨格として,周りに炭素原子以外の原子が結合していなければいけません.ダイヤモンドや黒鉛は,炭素原子だけで構成されているので無機物です.


有機化合物の定義は↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%89%E6%A9%9F%E5%8C%96%E5%90%88%E7%89%A9

Q有機物と無機物の違いとは

有機物と無機物の違いとは

Aベストアンサー

定義の問題ですよ。
元々、有機物は生物関連のもので、人間は作れないとされていた。
ところが、ヴェーラーが有機物である尿素を合成して以来、定義に問題が出てきた。

現在は、有機物は炭素化合物とされている。一酸化炭素や二酸化炭素は例外とされている。

あくまで人間が決めた定義です。矛盾ありありです。

尿素は有機物で二酸化炭素は例外で無機物と言っている。
二酸化炭素に水が付加したもの→炭酸(無機物)
二酸化炭素に2モルのアンモニアがついて脱水したもの→尿素(有機物)
おかしいと思いません?

大学で化学をやっていると面白い名前の科目が出てきますよ。

生物無機化学とか・・・。
研究分野が専門で分かれる、例えば有機化学、無機化学など。
研究がメイン、サイドなど広がっていき、境界領域に進出していく。
やがて協会がわからなくなる。

化学科に物理化学という科目があり、物理学科には化学物理という科目があったらする。

Q二酸化炭素

中学二年の女子です。
二酸化炭素って、「炭素」と言う言葉が入っているのに、なんで有機化合物でなく、無機化合物なのでしょうか。疑問に思っているのですが、冬休みになってしまい、先生に聞くことも出来なくて・・・知っている方、教えて下さい。

Aベストアンサー

これは実は、とても難しい問題なのです。
化学系の専門家でも十分な説明のできる人はあまりいないかもしれません。

大体のところは、他の回答者の皆さんがおっしゃっている通りだと思います。
そこで私はちょっと視点を変えて説明してみます。

難しいことを抜きにして、「有機物」っていうと、どんなものを思い浮かべますか?

でんぷん、たんぱく質、脂肪、DNA、・・・

これらはみんな、炭素原子(C)が骨格になって、鎖のように長くつながってできています。
この「鎖のように長くつながる」ことができるということが、とても重要な性質なのです。
これが可能になるのは、炭素原子のまわりを回っている電子が、鎖のように長くつながるのに適した配置をとるからです。(軌道混成という理論なのですが、中学生だったら知る必要もないでしょう。)
二酸化炭素の炭素原子は、(同じ炭素ですが)有機物の炭素と電子配置が違うので、鎖状につながることができません。

以上、教科書的説明とはちょっと違いますが、私は炭素原子の電子配置の違いが有機物・無機物の一番はっきりした違いだと思っています。

本当のところ、化学の言葉の使い方というのは、数学とか物理とかのように厳密でなくて、理屈よりも歴史的な事情で使われているものが多いのです。
たとえば、「酸化・還元」、「酸・塩基」なども、いくつかの違った意味があって、その時その時の都合で、適当に使い分けています。有機物・無機物の区別も、厳密に理論的な定義があるというよりは、歴史的な事情で区別されていると言えるでしょう。
今の時点では、教科書通り、「炭素を含む多くの化合物は有機物、ただし二酸化炭素、一酸化炭素などは例外的に無機物」と覚えればよいと思います。納得はできないでしょうけど。。。

これと似た問題で、「独立栄養生物・従属栄養生物」というのがあります。
独立栄養というのは、植物や一部の細菌、藻類のように、二酸化炭素を唯一の炭素源として、糖とかたんぱく質とか、生きていくのに必要な化合物をつくってしまうことです。従属栄養というのは、動物などのように「有機物」(たんぱく質とか糖類)がないと生きていけないことを意味します。ここでも、「なぜ二酸化炭素だけ特別扱いなの?」と思いませんか?
たしかに、「水と空気」だけで生きていける植物と、「栄養のある有機物」を与えられないと生きていけない動物では、根本的に大きな違いがあるように感じますよね。独立栄養生物が吸っている「空気」にも二酸化炭素(れっきとした炭素化合物)が含まれていますが、何となく、動物が食べているえさ(糖、たんぱく質、 ・・・)とは違う、と昔の人は思ったのではないでしょうか。
有機物・無機物の区別というのは、その程度の、かなり感覚的なものだったのではないかと思います。
わかりにくい説明で、かえって混乱しちゃったでしょうか?

これは実は、とても難しい問題なのです。
化学系の専門家でも十分な説明のできる人はあまりいないかもしれません。

大体のところは、他の回答者の皆さんがおっしゃっている通りだと思います。
そこで私はちょっと視点を変えて説明してみます。

難しいことを抜きにして、「有機物」っていうと、どんなものを思い浮かべますか?

でんぷん、たんぱく質、脂肪、DNA、・・・

これらはみんな、炭素原子(C)が骨格になって、鎖のように長くつながってできています。
この「鎖のように長くつながる」こ...続きを読む

Q磁石につく金属とつかない金属

磁石に鉄、コバルト、ニッケルなどはつきますがアルミニウム、金、銀、銅などはつかないのはなぜか理由を知っている方は教えてください。

Aベストアンサー

原子を構成する電子のスピンが関係しています。
スピンとは電子の自転運動に相当し、スピンによって電子そのものが磁石としての性質を持ちます。
電子のスピン同士はお互いを打ち消し合う性質を持ちますが、鉄、コバルト、ニッケルはすべて打ち消し合わずに3d軌道と呼ばれる電子軌道にスピンが余ります。
このような物質が強い磁界に入り込むと、余ったスピンにより、強磁性体(磁石)に吸い寄せられます。
すべてのスピンが打ち消し合う物質の場合は、スピンが余っていないので、強磁性体(磁石)に吸い寄せられる事はありません。

Q分子を作る 作らない <中2理科です>

分子を作る作らないの違いとはなんですか?

なにを見ればわかりますか?

ネットで調べて、塩化ナトリウムはNaClなので1:1なので分子を作らないとわかったのですが、酸化鉄はFe2O3なのになぜ分子を作らないのですか?

数字が大きいから関係ないのですか?

大きい数字はなんですか?(普通は右下にある気が・・・)

あと、単体の方の分子を作る作らないの違いとはなんですか?

教えてください

しつもんが多くてすみません・・・。

Aベストアンサー

詳しい理由は高校の化学で習いますが中学レベルで考えるなら

分子を作らないものは「金属や金属の化合物、炭素や硫黄」
分子は作るものはそれ以外ぐらいに考えておけばいいです。

ナトリウムと鉄は金属なので分子を作りません。

数字は原子の数です。酸化鉄Fe2O3は鉄原子2個に酸素原子3個がくっついて出来てると
いう意味です。この辺は高校の化学でやります。

参考URL:http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/genshi2.html

Qアンモニアの噴水実験の原理について

アンモニアの噴水実験を、行ったのですが。その原理がよく分かりませんなので、レポートを書くのにすごく困っています!誰か、助けて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

アンモニアの噴水実験,簡単にできてインパクトがありますよね。
ビーカーに水をいれ,ガラス棒付きのゴム栓をした丸底フラスコを立てておく。ゴム栓のガラス棒の脇に小さなスポイトがあって,その中にも少量の水が入っている。
で,スポイトの水をフラスコの中に押し出すとビーカーの水が噴水になってフラスコ内に上がってくる。
ここで,このフラスコの中にはあらかじめアンモニアという気体が充満していないとだめなんですよね。
アンモニアという気体は水に非常に(異常に)よく溶けます。温度が20度ぐらいだと,水1mlに300mlぐらいは溶けます。わかります?そんなあほな,というぐらい溶けるんです。
ということは,はじめにスポイトでほんの少し加えた水,多分1mlか2mlはあったと思うんですが,これでフラスコ内のアンモニアが全部溶けてしまうというのがわかると思います。(フラスコは500mlぐらいのを使ったんじゃないでしょうか?)
気体が全部溶けちゃうと,フラスコ内は真空になりますよね。真空ということは気体や液体を引き込むということになるんですが,これはわかりますか?
ストローでジュースを吸い込むのと同じような状態です。その結果,ビーカーの水がフラスコ内に噴出してくるというわけです。
なお,ビーカーの水にはフェノールフタレインを入れておくことが多いですね。フェノールフタレインは酸性から中性で無色,アルカリ性で赤色になります。アンモニアの水溶液はアルカリ性ですから,ビーカーの中(中性)では無色だった水がフラスコ内に到達するとアンモニア水溶液になって赤くなるということです。
おわかりいただけましたか?

アンモニアの噴水実験,簡単にできてインパクトがありますよね。
ビーカーに水をいれ,ガラス棒付きのゴム栓をした丸底フラスコを立てておく。ゴム栓のガラス棒の脇に小さなスポイトがあって,その中にも少量の水が入っている。
で,スポイトの水をフラスコの中に押し出すとビーカーの水が噴水になってフラスコ内に上がってくる。
ここで,このフラスコの中にはあらかじめアンモニアという気体が充満していないとだめなんですよね。
アンモニアという気体は水に非常に(異常に)よく溶けます。温度が20度ぐらい...続きを読む

Q水には電気が流れる?流れない?

基本的な質問ですが、よろしくお願い致します。

中学の理科では水の電気分解はうすいNaOH水溶液で実験します。
これは、純水だとイオンが存在しない(非常に少ない)ため、
電流が流れないからですよね。

しかし、水に濡れた手で電気製品やコンセントを触ると感電します。

そこで、質問です。
「水は電気が流れるのですか?流れないのですか?」

手に付いている水は純水でなく、イオンが存在しているから
流れるのではないかと考えています。

この考え方で合っていますか?
また、合っているとしたら、手に付いている水(水道水)の
イオン濃度はどの程度でどのくらい電流を流すのでしょうか?

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

純水でも電気は流れます.
水は,わずかながら次の式のように電離しています.
H2O → H+ + OH-
このわずかな両イオンが電気を伝えるのです.
http://www.espec.co.jp/env-test/e-seminar/basic/basic1-2.html
しかし,電気伝導度は非常に低いです.
http://reefaqua.com/tips/jundo.html

一方,水道水などでは,電解質(NaClなど)が含まれていますので,
純水と比較すると電気伝導度は高くなります.
http://www.mmm.muroran-it.ac.jp/~msakai/corrosion/moundless5.htm

イオン濃度がどのぐらいで電流を流すのか,というのは,
明確な区別はありません.入っていればいるほど,たくさん流れる,
というのが答えですね.

Q元素と原子の違いを教えてください

元素と原子の違いをわかりやすく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい話は、抜きにして説明します。“原子”とは、構造上の説明に使われ、例えば原子番号、性質、原子質量などを説明する際に使われます。それに対して“元素”というのは、説明した“原子”が単純で明確にどう表記出来るのか??とした時に、考えるのです。ですから、“元素”というのは、単に名前と記号なのです。もう一つ+αで説明すると、“分子”とは、“原子”が結合したもので、これには、化学的な性質を伴います。ですから、分子は、何から出来ている??と問うた時に、“原子”から出来ていると説明出来るのです。長くなりましたが、化学的or物理的な性質が絡むものを“原子”、“分子”とし、“元素”とは、単純に記号や名前で表記する際に使われます。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む


人気Q&Aランキング