『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

箱根駅伝、ライバル5強はなぜ青学を倒せなかったのか?今年の箱根駅伝の感想をどうぞ。

参考URL:<箱根駅伝>ライバル5強はなぜ青学を倒せなかったのか?
http://news.goo.ne.jp/article/thepage/sports/the …
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
教えて!ニュース編集部から時事問題に関する質問をお届けします
【ご注意】
ベストアンサーの選出とお礼は行わない点をご理解の上、回答をいただけますと幸いです。
https://oshiete.goo.ne.jp/profile/542226850/hist …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

選手と監督が“一心同体”で、挑んだから。

「監督の為に、選手の為に」と“心底から”願って居るから。監督の性格が、“甘過ぎず、辛過ぎず”なのも良い。
    • good
    • 0

早稲田の新人起用が甘かった。

    • good
    • 0

東洋大は1区にエースを起用しましたが「1区服部」は徹底マークにあい苦戦しました。

5kmから飛び出す準備をしていましたが、誰も前を引っ張ろうとせずに、5kmは16分05秒という超スローペースに。東洋大の“勝利の方程式”は、1区終了時で崩れたと感じました。
また、今大会は非常にレベルが低かったと思います。その結果、優勝ラインが下がり全体的にグダグダ感のあるレースとなりました。
    • good
    • 1

専門家紹介

ucchy1214

職業:社会保険労務士

最新の助成金情報を幅広く網羅し、その会社が使える助成金を的確にアドバイス。
助成金を上手く利用して、戦略的な組織構築と人事制度導入で、会社の成長を支えます。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

090-8190-3966

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

青学は、選手層の厚さがものを言ったような気がします。


往路では青学と33秒差だった早稲田が、6区で抜けなかったのが情けないです。
今年は5区の距離が短くなって、アイドリングのないままに中継所からいきなり山登りのような感じだったので、「山の神」は出ませんでしたね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング