ラムレーズンアイス食べてから体が変です。
私は未成年なのですが、午後8時頃に人生で初めてラムレーズンアイス食べたんです。
そしたら30分経ったあたりから軽い目眩がするし、体がだるいです。
ラム酒は、アルコール高いんですか?
しばらくすれば元に戻ると思うのですが、成人したらお酒に弱いのかなと考えたショックが大きいです。
お願いします。m(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ラム酒のアルコール?


ものすごく高いですよ。
モノによりますが、大体40度ぐらい。高いものになると75度ぐらいですねー。

>成人したらお酒に弱いのかなと

成人してもお酒を飲まないほうが良いですよ。
どんなに鍛えてもお酒が強くなることは無いです。

まぁ、飲みなれれば表面に出にくくなることはありますけど、その程度でそうなるならお酒を飲むと、多分身体の拒否反応が出て、
軽い症状でも頭痛,吐き気,寒気などが起きるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ショックです……(@_@;)

お礼日時:2017/01/10 15:59

ラムレーズンアイスは、大体アルコール度数は1.5~1.8%くらいです。


経験のない人だったら、酔っ払う感覚になるかも知れませんね。
    • good
    • 0

はい、ラム酒はアルコール度数高いです。


お酒に弱いんでしょうね。一種のアレルギーです。
アルコール分解酵素が少ない体質なのでしょう。
大人になってもお酒は控えましょう。

職場の祝賀会の席で乾杯の音頭で一杯お酒を飲んだらそのまま倒れてしまった人がいます。
極端にアルコールに弱い体質だとその時わかったようで、以後は一滴も飲むことがありません。
あなたもお気をつけください。

ラムレーズンアイスやチョコの他、ブランデーケーキ、フルーツケーキ、マロングラッセ、今はあまり見かけないけどサバランというケーキ、こうしたお菓子には洋酒がたっぷり含まれているので注意してください。

注射をする時にアルコール綿で消毒をしますね。
その時に拭いたところが赤くなりませんか?
赤くなる人はまずお酒が飲めません。赤ちゃんの時からわかります。
    • good
    • 0

困りましたね(笑)。


ラム酒はかなりアルコールの度数が高く、アルコールに弱い人だと、ラムレーズンでもアルコール中毒になることがあります。
アルコールに弱いか強いかは持って生まれた体質で、あなたは弱い体質なのだろう。
そこで参考までに。
ラムレーズンだけでなく、最近はほとんど見かけなくなったが「ウイスキーボンボン」も注意が必要かも。
梅酒の梅にも含まれているし、栄養ドリンクにも含まれているものがあります。
極端な人だと、「酒粕」を使った料理でも起きることがあるからね。
「お猪口一杯のビールで二日酔い」なんて人もいるのだから。
お酒は「百薬の長」とも言うが、「キチガイ水」にもなるので、飲まないほうがいいんだがね。
アルコールに弱い人は特に。
私はかなり強い方だが、飲まないので。
    • good
    • 0

水をたくさん飲み、安静にしてください



他の回答にあるようにアルコールに弱い体質かもしれないので、成人する前に一度調べたほうがいいかもしれません
    • good
    • 0

初めて食べたというのもあると思われますが、多分あなたはアルコールに向かない体質かもしれませんね。



しかし、今分かって良かったのではないでしょうか?

ゆっくり体を休めてくださいね。
症状がひどくなるようでしたら、親に言わないとですね。お大事に。
    • good
    • 0

お酒が入ってるせいだと思います

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお菓子に含まれるお酒等でも酒気帯びになるのでしょうか?

いつも車を運転する時は
例えばスポンジケーキにブランデーを塗ってあるとか
チョコレートボンボンとか酒饅頭、サバランなどの
お酒を使った料理・お菓子などを薦められても
「車なので…」と断っているのですが。
「いくらなんでも気にしすぎでは?」といわれます。

間違ってもお酒そのものを飲んで運転するつもりはありませんが、
例えば2,3コのチョコレートボンボンを食べた…等でも
酒気帯び運転になる可能性はあるのでしょうか?
もちろん、通常アルコールの分解には
体質差があるのは存じておりますし、
お菓子や料理の場合火が通って
アルコール分が飛んでいる可能性が高いのも
わかってはいるのですが。

いつも「食べたいなぁ」と思いつつ我慢しているので(苦笑)

Aベストアンサー

ま、はっきり言って心配しすぎですね、なぜかというと
 検問等で普通警察官が匂いをかぐ、チェッカーを使う、のどちらかですが、お菓子などのアルコール分で酒気帯びのアルコール濃度には達しないのが普通です。また、ドリンク剤、ノンアルコールビールにもアルコールがわずかにはいっていますが、普通そのような微量のアルコールでは検挙されません。というか検知されるかも微妙です。
ただ、体がまったくアルコールを分解できない体質の人はそのような極微量でもアルコールの反応が出るようですが、それでも酒気帯びのレベルには達しない場合が多いようです。
ただ、念のため、食べた後
1周りの人に確認してもらう
2水を飲む
はしておいたほうが安心かも。
実際にアルコールを中ハイ1缶程度飲んで運転して、検査に引っかかった人がセーフ(数値が基準以下)だった人の話を聞いたことがあります。
アルコールの検査基準値が多少(0,25)甘いのは間違って(コップいっぱい程度)飲んでしまった人が(運転に影響ないのに)車を運転できない不便を解消するためだと思っています。
今の風潮から、自動車会社などから、アルコールチェッカーが其のうち格安で出そうですし、どうしても心配なら、そういったものが出回るのを待ってからでも言いし、自分で何か基準をつくって(チョコボン3個まで。サケマン1個だけ)とか、自主規制されては?

ま、はっきり言って心配しすぎですね、なぜかというと
 検問等で普通警察官が匂いをかぐ、チェッカーを使う、のどちらかですが、お菓子などのアルコール分で酒気帯びのアルコール濃度には達しないのが普通です。また、ドリンク剤、ノンアルコールビールにもアルコールがわずかにはいっていますが、普通そのような微量のアルコールでは検挙されません。というか検知されるかも微妙です。
ただ、体がまったくアルコールを分解できない体質の人はそのような極微量でもアルコールの反応が出るようですが、それでも...続きを読む

Q何も食べたくない時は食べなくてよい?

167cm56kgの女性です。
体脂肪率が30%ほどあり、特にお腹のぶよぶよがすごいので、現在ダイエット中です。

運動はウォーキング1時間(通勤時、数駅分を歩く)と、ビリーズブートキャンプの腹筋プログラム(30分)で、食事は、大好きな炭水化物を極力控え、腹八分を心がける程度の制限です。

最初は常にお腹がグーグー鳴っていて空腹との戦いだったのですが、ダイエットを始めて2週間ぐらい経った今、胃が小さくなったのか、制限した量のご飯も入らなくなり、それどころか、お腹がまったく空かないことも増えてきました。

お腹が空かないので1日、固形物をほぼ何も食べないこともあります。

リバウンドが怖いので出来れば「食べないダイエット」はしたくないのですが、とにかく今は何も食べる気がしなくて・・・

そういう時は、何も食べなくてもよいのでしょうか?それとも、無理やりにでも何か口にしたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

一日三食というのは子ども・若者向けの食生活です。大人が一日三食を続けると食べ過ぎになることも多いし、三食のうちの何食かはお腹が大して空いていないまま迎えることになって、あまり美味しく感じないはず。

なのに三食食べなきゃ~と固定観念に囚われたまま漫然と食べ続けると、いつのまにかブクブクし始めます。痩せている人を観察していると判りますが、多くのガリガリ人たちははお腹が空いていないときは躊躇なく食事を抜いていることに気づきます。「三食食べなきゃ身体に悪い」なんて思っているのは、実は太っている人だけなんじゃないか、と感じ始めます。

逆に一日二食で過ごすと身体の調子がよくなることもあります。最近では「朝食を抜きなさい」のような健康法とか「一日一食健康法」のようなものがあり、関連書籍まで出ていますが、何も特別なことはない。要は一日三食というのは肉体労働者や職業アスリートではない普通の大人にとって食べ過ぎなんです。

ということで、お腹が空かなきゃ食べなくて全く問題ないですし、お腹が空かないのに無理に食べるのはむしろ健康によくないことです。

ちなみにですが、炭水化物を控えるとお腹は空きづらくなります。お腹が空く=空腹信号が発せられる、ということですが、これは血糖値の変動に密接に関係しているからです。食物を通じて炭水化物(糖質)を摂ると、直後に血糖値が急上昇します。血糖値が高い状態が続くと血管がぼろぼろになるので、それを避けるためにあなたの身体は血糖値をすぐに下げようとしてインスリンというホルモンを大量に分泌します。その結果、今度は血糖値が急下降するのです。

血糖値の急下降を代謝中枢が検出すると、エネルギー不足に陥ったと勘違いして空腹信号が発生られ、「お腹が空いた~」という感じます。炭水化物を食べないと、この血糖値の急上昇・急下降が抑えられますから、空腹をあまり感じなくなるということです。こういうところも、炭水化物を食べないダイエット法は理にかなった(楽に痩せられる)ダイエット法である一つの理由です。

一日三食というのは子ども・若者向けの食生活です。大人が一日三食を続けると食べ過ぎになることも多いし、三食のうちの何食かはお腹が大して空いていないまま迎えることになって、あまり美味しく感じないはず。

なのに三食食べなきゃ~と固定観念に囚われたまま漫然と食べ続けると、いつのまにかブクブクし始めます。痩せている人を観察していると判りますが、多くのガリガリ人たちははお腹が空いていないときは躊躇なく食事を抜いていることに気づきます。「三食食べなきゃ身体に悪い」なんて思っているのは、...続きを読む


人気Q&Aランキング