今テレビ等でC型肝炎について社会問題になっていますが、職場の検診(血液検査)で気になる事があります。
臨床検査のデータに詳しい方に教えていただきたいのですが・・・・
検査項目の欄でHCV抗体(3)(PAMIA)の個所ですが、
検査結果 0.1(-)
基準値(男性)1.0未満 単位C.(1)
となっていました。
職場では、検査データの紙を渡されただけで特に悪い所はない様子のようでしたが、C型肝炎の抗体は全か無のどちらか?と私は思っていたのですが、検査値には0.1と記載されているのがすごく気になります。職場の係りにしつこく聞きに行くのも何ですし・・・それで検査を行った臨床検査研究所に問い合わせてみたのですが守秘義務とかで答えてもらえませんでした。
本音の所・・・上記の結果の具体的な意味及び0.1有るという事はキャリアともいえるのでしょうか?
当方輸血などはしたこともありません。また注射針を連用されていた世代でもありません。(S42年生まれ)ただ福祉関係の仕事で肝炎の方の体に結構触れる経験はありました。(感染対策はOKと思うのですが・・・)
以上宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

検査値自体は、誤差範囲ですよ。

心配ないです。
    • good
    • 1

現在、検診や人間ドックで使用されているHCV抗体の測定は、第2世代、第3世代だと思いますが、この検査のcut off index 1.0で陽性、陰性を診断したとき、HCV-RNAが陽性の場合の抗体価の平均は、15単位程度で偽陰性はほとんどありません。


この方法で、C型肝炎のキャリアのほぼ100%を拾い出すことができ、見落としはHCV感染例の一万分の一以下と言われています。

ご指摘の結果で、HCV感染ということは、まずあり得ないでしょう。
    • good
    • 0

こんなページはいかがでしょうか?でも、C型肝炎って、血液感染ですよね。

そう簡単にうつらないと思います。

うちの父親がやはりC型肝炎ですけど、お風呂も父親と同じお湯使ってるし、一緒に生活してるし。。。だけど、母親にも私にもうつってませんよ。分かったときに、即効で、家族も検査に行ったんですけどね。

参考URL:http://www.avis.ne.jp/~kosato/KNOWLEDGE/exam.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHCV抗体の数値について

27歳、女性です。
親知らず4本抜歯のため、全身麻酔にて抜歯手術をすることになりました。
その為の血液検査にて、HCV抗体の数値が1.4と異常値になっているということで、今日再検査の採血をしました。

実は1月と去年の1月に会社の健康診断がありまして、血液検査を行ったのですがその検査でもHCV抗体に異常値が出ていたんです(数値は気にとめていませんでした)。
そちらについては再検査(去年は再採血をせず。今年は再採血ありで)をして問題ないということだったので、別段心配せず普段どおり過ごしてきました。

しかし、今回は3回目ということで、少し心配になってきました。
再検査の結果次第なんだと思いますが、この数値がどれくらいになると間違いなくHCVウイルスに感染しているということになりますか?また、この検査はどのくらい確実なものなのでしょうか。

今まであまり気におらず詳しくもないので、どなたか分かる方、教えていただければ幸いです。

(病歴)大きい手術なし・入院なし。至って健康です。

Aベストアンサー

HCV抗体の数値がどのくらいならHCVに感染しているのかという質問ですが、異常値がでた段階で感染の疑いはあります。ただHCV抗体の検査のみでははっきりしたことはわかりません。現在も体内にウイルスが存在している(キャリア)状態なのか、それとも過去に感染、発症し現在は体内にウイルスがいないのかなど。
HCV抗体が陽性(異常値)であるなら、再検査やもっと詳しい検査が必要です。

検査の信憑性ですが、はっきりした事はわかりませんが自分も臨床の場で疑陽性というのを時々目にします。検査方法によってばらつきがありますね。

QC型肝炎検査及び治療開始時期について教えて下さい

77歳の母が、近似の医院で検診した際に肝機能数値が高くC型肝炎の疑いがあり、倦怠感、悪心等もあることから今年夏に(私立)大学病院で精密血液検査、肝エコーを行った処、C型肝炎には罹っておらず、肝数値も経過観察と診断されました。
先月末になっても倦怠感、悪心等が続くことから、別の病院(上記の大学病院とは違う系列の病院施設)で消化器内視鏡検査と血液検査を受けた処、HCV陽性の疑いがあることから、肝エコーと単純CT撮影をに行うことになりました。
以下2点についてどうか教えてください。
(1)CT撮影は撮影患者待ちの状況から今月末にしか撮影出来ず、次回診察まで約1ヶ月の診断結果待ちになるのですが、このように時間が空いても大丈夫なのでしょうか?
万一、C型肝炎あるいは肝障害があった際に早期治療を行った方が早く完治する可能性が高いと思うのですが?
(2)大学病院の結果と今回受診の病院では結果が異なると言うことはあることなのでしょうか?

Aベストアンサー

可能性の話なので、的外れであればすみません。
まず「C型肝炎の疑い」ですが、一般的にはC型肝炎ウイルス(HCV)に対する抗体を測定し、これが上昇していれば、過去あるいは現在感染していると判定します。質問者のお母さんの場合、これが弱陽性であるのかもしれません。それゆえに、抗体価がやや高いので、HCVに感染している可能性があるのではないかということで、「C型肝炎の疑い」と考えられます。
次に大学病院に紹介され、HCV-RNA(ウイルス自体)を測定すると(血液検査)陰性であったのであれば、「C型肝炎には罹っておらず」となっても不思議ではありません。
さらに別の病院にかかってしまったせいで(大学病院での診療情報なしでしょうか)またHCV抗体弱陽性のため、「HCV陽性の疑いがある」と診断されてしまったのでしょう。
(1)CT検査の目的は肝臓に腫瘍などがないこと、胆石などがないことを確認する為のことだと思います。エコーが先行して行われているのであれば、それでもいいように思います。
(2)上記記載の通りの回答です。

私の推論が正しかったとすると、大学病院から診療情報が最初に受診した近所の医院に返信されたと思います。もしも、最初にそこに受診しておれば、こういった事態は避けられたと思いますし、質問者さんのお母さんも無駄な検査、無駄な医療費を支払わず済んだのかもしれません。仮にの話ですが。

可能性の話なので、的外れであればすみません。
まず「C型肝炎の疑い」ですが、一般的にはC型肝炎ウイルス(HCV)に対する抗体を測定し、これが上昇していれば、過去あるいは現在感染していると判定します。質問者のお母さんの場合、これが弱陽性であるのかもしれません。それゆえに、抗体価がやや高いので、HCVに感染している可能性があるのではないかということで、「C型肝炎の疑い」と考えられます。
次に大学病院に紹介され、HCV-RNA(ウイルス自体)を測定すると(血液検査)陰性であったのであれば、「C型肝...続きを読む

QB型肝炎・C型肝炎

B型肝炎やC型肝炎と一度診断されると一生感染症の欄に有となるのですか?完璧に完治するのですか?

Aベストアンサー

B型肝炎もC型肝炎も今の医学では、根治できないといわれていますよね。ただB型肝炎でしたら、HBS抗原、C型肝炎でしたら、HCV抗体というのが血液中に認められるのですが、インターフェロンなどの治療によって、改善し、それらが血液中に存在しなくなることがあります。そうなった場合は、治癒したとみなします。

しかしB肝でもC肝でもインターフェロン適応ではない型というのがありますし、副作用も多い治療ですので、これによって完治されるかたは、今のところごくわずかです。
あとは、いまだに医学的解明がキチンとなされていないのですが、これといった治療を要せずにいつのまにか、抗原・抗体が消失した・・といったケースも少数ですが、あります。

感染症であるかどうかは、積極的に治療を行い定期的に血液検査を行い、確定すべきことなので、一生つきまとうという考えではなく、今後の治療にも期待してもいいのではないでしょうか?

肝炎は、いまだ未知数の病気です。今は、わかっているだけでもG型肝炎まであります。もし質問者の方か、まわりの方は、肝炎になったとしても、そうネガティブに考えず、治療しながら上手に体調をコントロールけば、日常生活には、さほど支障はないと思います。

補足ですが、B型肝炎は、性行為や出産時の母子垂直感染でもうつりますが、C型肝炎は、血液感染のみです。
罹患している方の血液が、非罹患者の傷口や目などに入った場合、感染することもあります。性行為での感染率は、きわめて低いといわれてますが、SM的な行為などは、やはり気をつけたほうがいいと思います。

B型肝炎もC型肝炎も今の医学では、根治できないといわれていますよね。ただB型肝炎でしたら、HBS抗原、C型肝炎でしたら、HCV抗体というのが血液中に認められるのですが、インターフェロンなどの治療によって、改善し、それらが血液中に存在しなくなることがあります。そうなった場合は、治癒したとみなします。

しかしB肝でもC肝でもインターフェロン適応ではない型というのがありますし、副作用も多い治療ですので、これによって完治されるかたは、今のところごくわずかです。
あとは、いまだに...続きを読む

Q急性B型肝炎発症による血液検査とHIVの検査の関係??

タイトルが意味不明になってしまってすいません。。

今日は、世界エイズデーという事で質問させていただきます。
皆さんの意見を参考にさせていただきたいと思っていますので、よろしくお願いします!

私は、今年急性B型肝炎になりました。
入院中や退院後に検査のため採血検査を何回かしました。
それで、以前から友人や職場の同僚が保健所で検査してるというのを聞いてHIV検査に興味を持っていたのですが、急性B型肝炎で採血した血液検査でHIVに感染してるかどうか分かるのでしょうか??もしHIVに感染していたら、急性B型肝炎用の検査でも分かるものなのでしょうか??

色々調べてはみたのですが、医療用語等難しいのでこちらに頼ってみました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この質問の意図は
自分がHIVに感染しているのかどうかが知りたいということですよね?
もっと言えば、そういう心当たりがあるために心配になった・・・

違いますか?

私が思うこの質問の回答は「きちんとHIV検査をすること」です。
たぶん、それ以外の回答を貰っても不安は拭えないでしょう。

現在は、匿名はもちろんのこと
郵送で誰とも顔を合わせずにHIV検査を行うことも可能です。
URLを参考にしてください。

参考URL:http://hoppy330.blog105.fc2.com/blog-entry-207.html

Qc型肝炎の検査を受けようかどうか迷ってます....

こんばんわ! 僕は34年前、生まれた時に新生児出血症(新生児メレナ)という病気にかかりました。この間の新聞のチラシで、この病気の人は血液凝固因子製剤というのを使った可能性があるので、c型肝炎の検査を受けた方が良いと書いてありました。

しかし去年の血液検査では肝機能は全く以上ありませんでした。AST、ALT、LDH、CHE、ALP、γGTPなど(ただしc型肝炎の検査は受けておりません) 

こんな私でも検査を受けたほうがよいのでしょうか? 30数年も肝臓に異常がないのに、突然発症するものなのですか?

基本的な知識もありませんで申し訳ないのですが、詳しく教えてくださるとありがたいのですが...

Aベストアンサー

こんばんわ。現在48歳でC型肝炎から肝硬変になった者からのアドバイスをお伝えします。
私の場合は輸血と人血漿から作られるガンマグロブリンを25歳で投与され非A非B型肝炎(今のC型肝炎です)になりました。治療して完治の太鼓判を押されたにも関わらずその丁度10年後の35歳でC肝のウィルスが突然(その前年まで肝検査数値異常なし)暴れだしました。
ご自分の体です。C肝の可能性があるのなら是非、検査を受けて下さい。病院へ行かなくても最寄の保健所でC肝の検査は受診できます。
もっと年齢が行ってからC肝が元で肝硬変や肝臓ガンになってからでは遅いのです。仮にC肝と診断されても、C肝のうちなら完治の道が残されています。(私の場合は、C肝と診断されてもタイプ違いの上に血小板数が足りなくてインターフェロン治療もできないまま3年半後に肝硬変になりました)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報