お世話になります。
青色申告で店舗やイベントでの販売をしている個人事業主です。
やよいの青色申告ソフトを使用しています。
昨年秋頃よりクレジットカードでも発生処理を行い、決済は翌営業日にカード決済処理を行える簡易方式を扱うようになりました。
売掛金処理については殆ど仕訳経験がありません。
売掛金から手数料を差し引かれて普通預金に入金された場合の売上高の反映の方法について
教えてください

★100,000の品物を渡す時にカード処理を行い、販売後2日後にカード決済で支払手数料3,250が引かれて普通預金に入金された場合について
1:カード発生時処理
10/3 売掛金  100,000 売上高 100,000    クレジットカード売上

2:カード決済処理
10/5 普通預金  96,750 売掛金 100,000    10/3分 売掛金入金
   支払手数料  3,250             支払手数料

この場合ソフト上での売上高は100,000と表示されますが実売上は手数料差引き額の96,750を売上高として反映させて良いと思いますので
この場合にはどのような仕訳を追加するのが良いか教えてください
また上記1:および2:の仕訳で注意点があればアドバイス戴きたくよろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>ソフト上での売上高は100,000と表示されますが



その通りです。100,000の品物を売ったのだから、売上高は100,000円です。会計ソフトに売上高100,000円と表示されるべきであり、そのほかの数字が表示されるのは誤りです。

ですから、

>実売上は手数料差引き額の96,750を売上高として反映させて良い・・

このお考えが分かりません。会計上の売上高は、どこまで行っても100,000円のはずであり、そのほかの数字はあり得ません。

手数料を差引いた残額96,750円を売上高とするのは、会計としては間違いです。なぜなら、企業会計原則に「総額主義の原則」があるからです。

総額主義の原則:
「費用及び収益は、総額によって記載することを原則とし、費用の項目と収益の項目とを直接に相殺することによってその全部又は一部を損益計算書から除去してはならない。」

手数料を差引いた残額96,750円を売上高としても、利益には影響がないので脱税にはなりません。しかし、損益計算書の上で「支払手数料」が除去され、見えなくなってしまうので、会計は、これを非常に嫌うのです。

ですから、売上高100,000円と支払手数料3,250円を両建てで表示するようにしなくてはなりません。つまり、相殺してはなりません。

また手数料を差引いた残額96,750円を売上高とすると、消費税法上の課税事業者、免税事業者の判定に影響を与えかねないので、その意味でも不適切です。

もし、質問者が別のお考えをお持ちなら、お聞かせ下さい。
    • good
    • 2

既に回答がでているように、売上高をカード手数料を引いた96,750円としてしまうのは会計上の誤りとなります。


とはいっても個人事業において会計上の誤りを細かく指摘するような人はいないでしょうし、所得税を計算するうえでは、売上から経費を直接減額しようが、いったん全額を売上として、支払手数料を経費として控除しようが結果は同じということになるので、厳密には間違いであっても大きな問題になることはありません。

ただし、消費税の課税事業者になると話が大きく変わってきます。
そもそもクレジットカードの手数料は消費税が非課税なので、消費税が課税される売上高とごっちゃになってしまうと消費税の計算ができないということになってしまいます。
クレジットカード手数料を課税としてしまう間違いが結構ありますので、税務調査においてもよく指摘される事項になります。

少なくとも、現状課税事業者であるか、もしくは今後課税事業者になる見込みがあるのならば、今のうちから売上と手数料は切り離して考える必要があります。

こちらを参考にしてみてください
http://sugoi-card.com/credit-card-fee-consumptio …
    • good
    • 1

「売上は手数料差引き額の96,750を売上高として反映させて良い」と言う考えは誤りなのです。


売上は100,000円だが手数料を引いた残りが「儲け」という考え方をしなくてはいけません。

消費税の課税事業者になってなければ、損益には影響を与えないので「売り上げが96,750円である」という認識でも「ま、いいか。しょうがねぇな」という許容範囲です(会計上は誤りでも税務上は利益が変わらないからです)。

しかし消費税課税事業者の場合には、売上に対しての消費税から、仕入に係る消費税を控除するのが考え方ですので「差っ引いてしまった残りの額」を売り上げとするのは、誤りです。
会計学上も誤りで、税務上も誤りです。

消費税を原則課税で申告するならば、再び「ま、いいか。しょうがねぇな」的な感じで許してもらえるところですが、簡易課税を選択した場合には「売り上げ額」を消費税計算のてっぺんとするので、そのてっぺんの数字を減らしてしまうと「おいおい、消費税の計算が少なくなっちまってるじゃん」となります。

従って質問文に記載されてる仕訳が「まったく正しい」です。
追加の仕訳などはございません。
    • good
    • 1

>やよいの青色申告ソフトを…



難易度の高いソフトを買ったのですね。
個人事業者専用と銘打った、持っと安いもののほうが使いやすいのに・・・。

>手数料差引き額の96,750を売上高として反映させて良いと思いますので…

思うのは自由ですが、だめです。
売上はあくまでも 10万円です。

売上を96,750円にして、さらに経費 3,250円を引いたら「所得」はいくらになるのですか。
それを過少申告、平たい言葉では脱税といいます。

>上記1:および2:の仕訳で注意点があれば…

仕訳は合っているのでそれ以上触らないこと。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売掛/売上高の仕訳前の入金について

度々の質問で申し訳ありません。

小規模の学習塾をやっており、弥生会計で処理しております。

月初に売掛金/売上高の仕訳をし、その月の生徒からの入金を現金/売掛金で仕訳していますが、

例えば6月の末に6月分の授業料と7月分の授業料を合わせて持ってくるというケースがあり、その場合は6月分は月初に売掛金/売上高の仕訳しておりますので、現金/売掛金で消しこむ?という感じになるのですが、7月分はまだ売掛金/売上高の仕訳作業前で消しこむ内容がありません。

この場合、仮に6月29日に7月分の授業料の入金があった場合、6月29日の日付で売掛金/売上高の仕訳をし、29日で7月分の授業料として現金/売掛金仕訳をするというやり方でいいのでしょうか?

経理の知識がほとんどないため、稚拙な質問であれば申し訳ありませんが、アドバイスのほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

例えば6月の末に6月分の授業料と7月分の授業料を合わせて持ってくるというケースでは、売掛計上より入金の方が先になり売掛金残高が一時的にマイナスになりますがそのままで問題ありません。

年の途中の処理は税務に関係ないので、自分で管理しやすい方法で処理すればよいのです。簿記教科書的に前受金などにこだわっても実益はなく、処理がややこしくなるだけです。売掛金のマイナスは前受だと割り切ってください。

ただし、年末には、翌年分が年内に入金したものについては、前受金として処理しなければなりません。また、12月の授業分で未入金のものについては、売掛金として残さなければなりません。

個人事業の場合は、年の中途の会計処理はできるだけ簡素にして年末だけきっちり押さえればそれで十分です。

Q売掛金回収時、差し引かれて入金された振込手数料を入金扱いとする理由

売掛金を請求し、実際口座に入り、入金処理の仕方で、
 例: (1)請求金額  ¥100,000 に対し、
    (2)口座入金額  ¥95,500
    (3)振込手数料   ¥500
  
 経理で処理する際、(2)は実際口座に入金になっているのでわかるのですが、
(3)は手数料として引かれているのに、入金扱いとする理由が分かりません。
 教えてください、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「入金」でなく。「決済」と考えると分かり易いのでは?


商品と代金の受け渡しを終了して売買取引を完成させることを「代金決済または決済」といいます。

代金決済または決済の方法は、一般には三種類あります。
(1)買い方が売り方に等価の通貨または有価証券(手形など)を渡すこと。
(2)買い方が売り方に等価の(別の)商品またはサービスを提供すること。
(3)買い方が売り方に債権がある場合は、債務(代金支払義務)と債権を相殺すること。

質問者の場合、「(取引先によって)差し引かれた振込手数料を入金扱いとする」と考えると分かり難いでしょうが、「質問者が支払うべき振込手数料を取引先が立替えて支払い、立替金が相殺された」と考えるとどうなのでしょうか。


代金請求金額  ¥100,000 に対して、

イ)口座入金額  ¥95,500
買い方が売り方に等価の通貨を渡して決済しました。

ロ)振込手数料   ¥500
売り方の買い方に対する売掛金(債権)と、買い方の売り方に対する立替金(債権。買い方から見れば債務)を相殺して決済しました。

合計で、¥100,000を決済しました。

「入金」でなく。「決済」と考えると分かり易いのでは?


商品と代金の受け渡しを終了して売買取引を完成させることを「代金決済または決済」といいます。

代金決済または決済の方法は、一般には三種類あります。
(1)買い方が売り方に等価の通貨または有価証券(手形など)を渡すこと。
(2)買い方が売り方に等価の(別の)商品またはサービスを提供すること。
(3)買い方が売り方に債権がある場合は、債務(代金支払義務)と債権を相殺すること。

質問者の場合、「(取引先によって)差し引かれた振込...続きを読む

Q前受金、支払手数料と売上値引絡みの仕訳処理について

以下の状況での会計処理についてご教示いただきたいと思います。
基本的な内容も含まれていると思いますが、ご対応いただけると幸甚です。


【前提条件】
・7~10月はサービス利用無料お試し期間。
・11月以降は有料(\10,000)。
・お客様からは、7~10月の無料お試し期間の申込書を頂いている。(先方押印/サイン済)
・無料申込書の中に「無料期間終了後は、継続利用を希望して翌月分を振り込んで頂いた方のみサービス提供。その際の料金は\10,000。」という記載もあり、無料申込書に押印/サインして頂く段階で確実に説明・合意している。
・通常は\10,000を頂くのですが、無料お試し期間にサービスを利用して頂き、その間の効果を考慮して、現実的にいくらなら払えるかを顧客にヒアリングしている段階。
・会計年度の期末は12月31日とする。

【質問事項】
■以下の仕訳処理は正しいでしょうか?
(1)ある顧客が\7,000なら払えると言って、11月10日に入金してきた場合。(振込手数料は当方持ち。振込手数料は\525とする。)
 → 普通預金 6,475 / 前受金 6,475
(2)11月30日にサービス提供が完了する場合。
 → 前受金 6,475 / 売上 10,000
   売掛金 3,525 (振込手数料\525 + 売上値引\3,000)
(3)会計年度の期末(12/31)の処理。
 →<期末に纏めて処理する場合>
   売上値引 7,050 / 売掛金 7,050 (振込手数料\525+値引\3,000の合計 × 2か月分)
 →<月末に都度処理する場合>
   売上値引 3.525 / 売掛金 3,525 (1ヶ月分)
■売上値引と支払手数料について
・振込手数料を当方負担とする事と、当初契約したサービス利用料金よりも少ない値段で請求する場合、売上値引と支払手数料のどちらで仕訳を作成するのでしょうか。?
・また、それぞれを使用した際は、最終的な結果は異なるのでしょうか?

ご教示、よろしくお願いいたします。

以下の状況での会計処理についてご教示いただきたいと思います。
基本的な内容も含まれていると思いますが、ご対応いただけると幸甚です。


【前提条件】
・7~10月はサービス利用無料お試し期間。
・11月以降は有料(\10,000)。
・お客様からは、7~10月の無料お試し期間の申込書を頂いている。(先方押印/サイン済)
・無料申込書の中に「無料期間終了後は、継続利用を希望して翌月分を振り込んで頂いた方のみサービス提供。その際の料金は\10,000。」という記載もあり、無料申込書に押印/サインして頂く段階で確...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)ある顧客が\7,000なら払えると言って、11月10日に入金してきた場合。(振込手数料は当方持ち。振込手数料は\525とする。)
 → 普通預金 6,475 / 前受金 6,475

前のご質問に対して「売上はその役務の全部を完了した日に計上する」と記しました。それが原則(教科書的)なのですが、実務のテクニックとしては、当月中の入金であれば(特に返金を求められるような見込みがない場合など)、
  11月10日 普通預金 6,475 売上 6,475
で処理してかまいません。教科書的な処理が希望であれば、入金時はやはり「前受金」として、月末に「売上」に振り替えます。
 ただ、11月分の入金が10月中にあった場合は、月次損益の観点から、入金時は「前受金」、翌月になってから「売上」への振替をすべきです。


>(2)11月30日にサービス提供が完了する場合。
 → 前受金 6,475 / 売上 10,000
   売掛金 3,525 (振込手数料\525 + 売上値引\3,000)

上でもいいですが、1の方の回答にもあるように、値引きの3,000円分を売掛金で残さなくても問題ありせん。ただ、「通常は10,000円なのだが、特別に3,000円値引きした」という事実を重視したい場合はやはり「売上値引」で処理したほうがいいでしょう。損益計算書または収支内訳書に記録として残るメリットがあります。
 (どちらでも、所得(利益)金額は同じ、所得税も変わりません)

>振込手数料を当方負担とする事と、当初契約したサービス利用料金よりも少ない値段で請求する場合、売上値引と支払手数料のどちらで仕訳を作成するのでしょうか。

 値引きは「売上値引」、振込み手数料は「支払手数料」として区別したほうが記録としては適切です。
 
〔1回ごとの仕訳例(売掛金で残したりしないで、年末にまとめずその都度処理)〕  
普通預金 6,475 売上 10,000 
売上値引 3,000
支払手数料 525


>また、それぞれを使用した際は、最終的な結果は異なるのでしょうか?

消費税の免税事業者とお見受けしますが、消費税の課税業者であったとしても消費税の納税額は同じ、また「所得金額」も同じ、したがって所得税も同じです。

>(1)ある顧客が\7,000なら払えると言って、11月10日に入金してきた場合。(振込手数料は当方持ち。振込手数料は\525とする。)
 → 普通預金 6,475 / 前受金 6,475

前のご質問に対して「売上はその役務の全部を完了した日に計上する」と記しました。それが原則(教科書的)なのですが、実務のテクニックとしては、当月中の入金であれば(特に返金を求められるような見込みがない場合など)、
  11月10日 普通預金 6,475 売上 6,475
で処理してかまいません。教科書的な処理が希望であれば、入金時はや...続きを読む

Q仕訳についての質問です。受取手数料、雑収入、売上高のどれにするべきか悩んでいます。

経理初心者です。ピアノの買取依頼を受けることがあるのですが、自社では買い取れないので業者を紹介をしています。その際に業者から手数料が支払われるのですが、勘定科目で悩んでいます。弥生会計を使っていて、問合せをたところ、以下のような回答を頂戴しました。

●「売上高」に含めても問題がない場合 … 「売上高」で処理

●「売上高」に含めたくはないが、
 「雑収入」に含めても問題がない場合 … 「雑収入」で処理

●「売上高」にも「雑収入」にも、
 含めたくない場合          … 「受取手数料」などで処理

売上高、雑収入、受取手数料のどれを選ぶかによって、何かが変わるのでしょうか?
売上高や雑収入に含めて問題がある、ない、ということは選ぶ科目によってデメリットが生じる可能性があるということでしょうか?無知ですみません・・・会社に取ってベストな選択をしたいです。どなたか分かる方、アドバイスよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

営業利益の金額が変わってきます。税務調査の調査対象などになりやすいかどうかも変わってきます。また、消費税の納税額に影響する場合もあります。

まず、売上高にするか否かで、営業利益の金額が変わってきます。弥生会計でしたら、受取手数料は雑収入と同じ営業外収益区分に設定されているかと思いますので、売上高にするかどうかが営業利益の金額に影響するはずです。

また、雑収入は税務調査の調査対象などになりやすい科目です。雑多なものが集められる結果、間違った計上がなされる可能性がそれだけ高くなるからです。

加えて、売上高の中に消費税の課税される取引と課税されない取引とが混じっている場合には、売上高にするかどうかで消費税の納税額に影響する場合があります。

なお、業者の紹介が事業の一環で発生するものでしたら、売上高に含めるのが適切と思います。現在の簿記の考え方が、売上高を広くとる傾向にあるためです。

Q融資手数料の処理(仕訳)方法

昨年、土地・建物を購入した際に、融資手数料が発生しました。
(融資期間は25年です)
融資手数料の経費の処理方法について税務署に相談したところ、
25年で割った1年分を当年の経費として処理すると言われました。

この方法で仕分けする場合ですが、
勘定科目「融資手数料」をどのように償却すればよいのでしょうか?
決算仕訳で償却する形になるのでしょうか?

素人ですのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 補足の回答です。
すみません。私も勉強不足ですがわかる範囲で回答します。
25年で割った1年分を当年の経費として処理する物は、保証協会に支払った「保証料」のみです。
通常、銀行の事務手数料は、「支払手数料」で全額を初年度で経費処理するのが通常だと思います。
銀行の借入の際、銀行へ手続きの「手間代」として「事務手数料」を支払うので、25年で割る必
要はないと考えます。
金融期間への事務手数料がどのぐらいの金額なのか不明ですが、多額でなければ問題ないと思います。

参考になれば幸いです。

 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報